この記事で紹介されている商品
大人も子どもも楽しめるキャンプ遊び12選!おすすめグッズ・遊び道具を紹介

大人も子どもも楽しめるキャンプ遊び12選!おすすめグッズ・遊び道具を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「キャンプ」は日常から離れ、自然を満喫するアクティビティです。野外での食事やテント泊など楽しみが盛りだくさんですが、急な雨や隙間時間などで手持ち無沙汰になることも。そんな時こそ、キャンプならではの「遊び」を楽しみましょう。今回はアウトドアをより楽しめるキャンプ遊びを大特集!大人も子どもも夢中になれておすすめです!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

アウトドアを満喫!キャンプ遊びを楽しもう

キャンプは自然に囲まれ、非日常体験を楽しめるのが魅力です。大人なら家族や友人と一緒に過ごしたり話すだけでも雰囲気を味わえますが、隙間時間が多いと子どもは退屈して飽きてしまう可能性も。そんな時は、みんなで楽しめる遊びを取り入れるのがおすすめです。キャンプでの時間が充実し、子どもや大人にとってもよい思い出作りができます。

キャンプでの遊びは、楽しさをランクアップするだけでなく子どもにとってメリットが豊富なのもポイントです。ゲームなど電子機器がない自然の中では、いかに楽しく遊ぶか創意工夫も欠かせ万。使えるアイテムも限られています。そのため子どもの自発的な思考力や発想力、創造力を自然と養えるでしょう。また変化しやすい天候や川の流れには順応力が欠かせません。虫刺されを事前に防ぐには、起こりえるリスクを想定することも大切です。キャンプでは遊びを通して自然と子どもの心の豊かさも育めるでしょう。

もちろん都会にはないのびのびした空気や広い草地など、アウトドアだからこその開放感も、心身ともによい影響を与えます。大人も体を動かして、気分をリフレッシュできます。

キャンプでどんな遊びができる?

キャンプでは野外の遊びすべてができるわけではありません。各キャンプ場にはルールがあり、禁止されている外遊びもあるため、事前に確認が必要です。特に野球やサッカーなど、ほかのキャンパーに当たるかもしれないボール遊びがNGなケースは多く見られます。スピードが出るスケートボードを禁止しているところも。

キャンプでは、テント張りや調理など大人が作業中でも子どもだけで遊べるリスクの少ない遊びがおすすめです。シャボン玉や水鉄砲などは遠くに飛びにくく、当たっても痛くないため最適。ただし遊ぶ時間はほかのキャンパーの迷惑にならないよう、早朝や夜間を避けるのがマナーです。

キャンプ場での定番の遊びとグッズ5選

キャンプでの空き時間に取り入れるなら、まずは王道の外遊びを。定番なだけに、子どもも大人もルールを知っていて誰もが楽しめます。定番の5選とともに、使えばますます盛り上がる専用グッズもピックアップするので、ぜひキャンプ遊びでの参考にしてみてください。

バドミントン

競技としても有名で、多くの方に親しまれているテッパンの外遊びです。キャンプの遊びで使うなら、ラケットやシャトルなどは本格仕様でなくてよいため、100円ショップでも手に入ります。道具自体が軽量なのも魅力です。

人数分揃えても、持ち運ぶ荷物としてさほど負担になりません。バドミントンは一般的には室内スポーツ。軽いシャトルは少しの風でもあおられるため、屋外ではいつもより難しいゲーム展開になるでしょう。キャンプでは風が少ない晴れの日に楽しむのがおすすめです。

Kaiser バドミントンセット

商品情報

ブランド カイザー
素材 ポリエステル・木材・不織布・ナイロン・ポリエチレン・合金鋼・ポリ塩化ビニル・木
サイズ 20cm×26cm×65cm
重量 0.27Kg
特徴 軽量で使いやすい定番のラケット
ラケット×2・シャトル×2・収納袋のセットもあり

初心者がキャンプでの遊び道具を揃えるなら、すぐに使えるセットアイテムがおすすめです。またバドミントン経験者でも、自宅にラケットを保管しているという方は少ないはず。ラケットとシャトルのセットなら、プレイヤー2人分まとめて届くため、すぐにゲームを開始できますよ。ラケット2本・シャトル2個は、持ち運びに便利な収納袋に入っているのもポイント!キャンプに持参しやすく、遊び終わったらコンパクトに片づけられます。

フリスビー

ディスクを投げてキャッチする、簡単ルールの単純な遊びながら、子どもも大人も全速力で追いかけて夢中になれる外遊びです。使用する円盤状のディスクは力を入れずとも風に乗ってよく飛ぶので、初めてでも楽しめるはず。

上手に相手の元に投げるのはもちろん、まったく違う方向へ飛んでも面白いスポーツです。フリスビーで遊ぶ際は、ほかのキャンパーとの距離が充分あいているか確かめ、ディスクが人に当たらないように注意してください。

ラングスジャパン ドッヂビー

商品情報

ブランド ラングスジャパン
素材 ナイロン・ウレタン
サイズ 32.6cm×25.4cm×5.4cm
重量 45g
特徴 軽い素材で軽量化した本格ディスク
やわらかく当たっても痛くない
水に浮くため水辺のレジャーにも

キャンプでフリスビーを楽しみたいけれど、当たって痛いかもしれない、と心配する方もいるでしょう。しかし「ラングスジャパン」のドッヂビー専用なら、そんな不安もありません。

ナイロンとウレタンを採用した軽いディスクは、至近距離で当たっても痛くないやわらかさ。子どもの室内遊び道具としてもおすすめです。安定感がありキレイに飛ぶプロ仕様の作りで、キャンプで用いれば本気のフリスビー遊びが叶います。

ブーメラン

フリスビーと同じくブーメランも投げる遊びです。一方向に投げっぱなしのフリスビーに対し、ブーメランはある程度まで飛べばU字を描いて手元に返ってくるのが特徴。上手に投げなければキチンと自分のところへ戻ってこないので、何度でも挑戦したくなる遊びです。ブーメランは手作りも可能で、コストを抑えて遊び道具を用意できます。ただ、既製品のほうが手元に返ってきやすいため、初心者にはおすすめです。

ラングスジャパン ソフトアウトドアブーメラン OZ

商品情報

ブランド ラングスジャパン
素材 硬質ウレタン
サイズ 28.4cm×23.3cm×1.8cm
重量 70g
特徴 2枚翼のブーメラン
軽量で投げやすい

ブーメランと聞いて、多くの方がイメージする定番の形。2枚翼のシンプルなデザインで、持ち方も難しくないため子どもも大人も手軽にチャレンジできます。素材には軽く投げやすい硬質ウレタンを採用。上手に飛ばせば10m~15mほど先まで届きます。薄く、70gと軽いため、キャンプで使う大型荷物のついでに運べるのも魅力です。

シャボン玉遊び

小さい子どもをはじめ、誰もが一度はハマるシャボン玉は、立派なキャンプ遊びになります。ひとりでも大勢でも楽しめて、石鹸水とストローだけで手軽に始められるのが魅力です。

現在はさまざまな専用グッズが展開されているので、キャンプで利用してみんなを驚かせるのもおすすめ!電動タイプはボタンを押せば連続でシャボン玉が出てくるので、子どもはもちろん大人も飽きずに夢中で遊べます。当たっても怪我をせず、うるさくもないためキャンプにはうってつけです。

トモダ 超巨大シャボン玉

商品情報

ブランド トモダ
素材 プラスチック・ポリプロピレン・ポリエチレン
サイズ 13cm×13cm×36cm
重量 1.17Kg
特徴 ロープを使用し巨大シャボン玉を作るセット
大容量1000mlのシャボン液付き

誰もが一度は憧れる巨大シャボン玉を、手軽に作れる専用グッズのセットです。専用アイテムといっても、バケツとロープ、シャボン液とシンプルな3種類。ロープ両端には持ち手のスティックが付いています。

使い方も簡単で、シャボン液を入れたバケツにロープ部分を浸し、ゆっくり引き上げるだけ。スティックをゆっくり広げれば、溶液が浸み込んだロープから大きなシャボン玉が発生します。コツを掴めば大きなサイズを連続して作れる可能性も!ぜひチャレンジしてみてください。

水鉄砲

男の子がハマる遊び道具のひとつ。一般的にはお風呂で使うおもちゃとして販売されているケースが多いです。子どもだけでも遊べるので、大人が作業中でも役立ってくれます。昔から遊ばれているだけに、サイズやデザインが多岐にわたるのも魅力!基本的には鉄砲型のボディに水を入れ、引き金を引いて水を飛ばして遊びます。あたっても痛くなく、そこまでびしょ濡れにならずに済むのでおすすめです。

池田工業社 アルティメットスナイパー

商品情報

ブランド 池田工業社
素材 ポリプロピレン
サイズ 47.6cm×25cm×8cm
重量 215g
タンク容量 500cc
特徴 ボディのタンクは大容量の500cc
圧力で水を飛ばす圧縮式
水の飛距離は最大7m

全長約50cmのウォーターガン。おしゃれなボディのデザインと色使いで、子どもの心をグッと掴みます。タンク容量は500㏄と大容量なのもポイント!打ち合いになる水鉄砲では、タンク内の水がどれだけ長持ちするかも重要です。給水タイムが減れば、その分遊びにも集中できるはず!引き金を引くとタンクに圧力がかかる圧縮タイプで、最大で水を7m飛ばせるのも魅力。キャンプはもちろん、毎日の遊び道具としてもおすすめです。

キャンプで楽しみたいスポーツ・ゲーム3選

せっかくキャンプで遊ぶのなら、周囲の自然を活かしたスポーツやゲームはいかが。運動が苦手でも、家族や仲間など大勢でチャレンジすると想像以上に楽しめるはずですよ。以下に紹介するのは、キャンプならではの珍しい2選と、ボールを使ったおなじみの1選です。

スラックライン

難しいルールはありませんが、集中力とバランス感覚、平衡感覚が必須のスポーツです。内容は、木と木を専用ベルトで繋ぎ、その上を綱渡りの要領で渡るというもの。ベルトは低い位置で張るため、バランスが崩れて落ちても怪我のリスクが少ないのが魅力です。

アクティブな動きは少ないものの、慎重さが必要で年齢関係なくドキドキ感を楽しめるでしょう。用意するグッズも少なく、自然を体感するキャンプの遊びにピッタリ!ジャンプや走るなど、アクティブすぎるスポーツは体にこたえるという方にもおすすめです。

Fungoal スラックライン 初心者用フルセット

商品情報

ブランド ファンゴール
素材 ナイロン・スチール
サイズ メインライン15m・ガイドライン13m
重量 3Kg
特徴 ライン幅5cm
ツリーカバーはマジックテープ付き
ガイドラインに通す補助紐付属
一式まとめられる収納袋付き

スラックラインに挑戦するなら、安全のためにも専用グッズを利用するのがベスト。必要なアイテムや装備が一式揃う「初心者フルセット」は、どれか1点を用意し忘れる事態を防げておすすめです。メインラインの体重制限は150Kgなので、小さな子どもならほぼ全員がスラックラインで遊べます。中学生や高校生以上、がっしり体系の大人は、制限をクリアしているか事前に確認しておくと良いでしょう。

モルック

アウトドア好きやキャンパーの間ではよく知られているフィンランドの遊びです。木の棒を使うため、じかに自然と触れ合えるのが魅力。

モルックで遊ぶには準備が必要で、まずは1~12までの数字を書いた木の棒「スキットル」を用意します。スキットルをボウリングのピンのように立てれば準備完了。プレイヤーは木製の棒「モルック」を投げ、スキットルが倒れれば得点獲得です。1本倒すと数字が点数になり、2本以上なら倒れた本数が点数として加算されます。ルールが複雑そうに思えますが、意外に子どもも理解しやすく家族や友人で盛り上がれる遊びです。

基本的に2チームで競技し、50点先取で勝ちが決まります。モルックは、スキットルを完全に倒しきらないと得点にならないのが醍醐味のひとつ。傾いたり当たって移動しても点数にカウントされず、ゲーム後半になるほどスキットルが散らばり倒すのが難しいでしょう。

OHSサプライ モルック

商品情報

ブランド OHSサプライ
素材 フィンランド白樺
サイズ 19cm×32cm×22cm
重量 4Kg
特徴 フィンランドの白樺を使用
数字が入ったスキットル、モルックのセット
収納し持ち運びに便利な木製ケース入り

本場フィンランドの白樺で作られた本格的なモルック専用グッズ。1~12の番号入りスキットルとプレイヤーが投げるモルックのセットです。ゲームに必要なアイテムがすべて揃っているため、すぐに遊べるのも魅力。スキットルやモルックと同じ白樺の収納ケースもおしゃれです。持ち運びに便利なロープがついています。

キャッチボール

キャンプ場のルールで規制されていないなら、定番のキャッチボールもおすすめです。遊び道具としてボールひとつあればいいので、子どもと大人が一緒になって遊ぶのにうってつけ。

点数や順位も競わないため、気軽に楽しめるでしょう。遊ぶ際はほかのキャンパーに当たらないよう、充分スペースを取ってください。万が一コントロールが狂った時を考慮して、やわらかい素材でできた特殊なボールを用意するのもおすすめです。

キャプテンスタッグ ソフトマジックキャッチ

商品情報

ブランド キャプテンスタッグ
素材 ネオプレーン・ポリエステル・ナイロン・ポリエステル・合成ゴム
サイズ 5cm×20.5cm×20.5cm
重量 40g
特徴 直径20cmのプレートと2種類のボールのセット
プレートとボールはくっつきあう素材

ボール投げが難しい小さな子どもも遊べる遊び道具です。ソフト・ハード、2種類のボールとプレートがセットになっています。それぞれくっつきあう素材でできており、投げたボールは直径20cmのプレート面で簡単にキャッチ!手で取るよりも格段に失敗が少なく、ストレスフリーでボール投げを楽しめます。

自然を感じる遊び・グッズ2選

野生の動物観察は自然に囲まれているキャンプならではの体験です。都会では難しい貴重な経験として、ぜひとも子どもに味わってもらいましょう。自然との一体感を得られるハンモックも、キャンプで用意したいおすすめグッズです。

バードウォッチング

森林が生い茂るキャンプ場では、野性の鳥を観察するのも一興です。バードウォッチングは都会の生活ではなかなか体験できません。しかし自然に囲まれたキャンプ場では、さまざまな色や大きさの鳥が生息しています。

まさにバードウォッチングにうってつけといえるでしょう。見たことのない珍しい種類を発見すれば、子どものテンションも一段とアップ!しっかり観察するために、小さくて持ち運びやすいオペラグラスを持参すると良いでしょう。プチプラのアイテムでも充分観察が可能ですが、珍種を狙っている方は本格的なグッズの使用がおすすめです。

オリンパス 双眼鏡 V501022BU000

商品情報

ブランド オリンパス
対物レンズ直径 40mm
重量 715g
最大倍率 8
特徴 持ち運びやすい軽量モデル
色にじみを抑えた設計
広く見やすい対物レンズ

高品質なレンズを展開する「オリンパス」の双眼鏡です。シャープなデザインでボディを軽量化した、持ち運びにも長けたモデル。レンズとプリズムに独自コーティングを施しており、双眼鏡ごしでも、まるで裸眼のようなクリアな視界を実現しています。最大倍率は8倍で、遠方の対象物の細かい箇所まで観察可能。ソフトケースとストラップが付属しており、移動しながらでも活用できます。

ハンモック

子どもやキャンプ初心者が憧れるアウトドアグッズといえば、ハンモックではないでしょうか。全身をすっぽり包む安定感と、ゆっくり揺れる浮遊感は、病みつきの心地よさ!

想像以上に体をホールドしてくれるため、キャンプではハンモック泊にチャレンジする方も多いです。アクティブに動くスポーツやゲームではないものの、年齢問わずハンモックに揺られるだけで自然を満喫でき、アウトドアの醍醐味を感じられます。

キャプテンスタッグ ハンモック

商品情報

ブランド ルハナ
素材 ナイロン
サイズ 2.9m×1.4m
重量 980g
耐荷重 300Kg
特徴 蚊帳との一体型タイプ
耐久性に優れた210Tパラシュート素材採用
内ポケット付き
特徴 蚊帳一体型のハンモックセット
素材は防虫・防カビ仕様
付属のペグとロープで揺れの軽減も可能
収納に便利な専用袋付き

キャンプで利用するハンモックは、基本的なスペックのほか、快適に過ごせる機能性も欲しいところ。軽く簡単に設置でき、充分な耐荷重がある「キャプテンスタッグ」のアイテムは、虫をガードする蚊帳一体型なのが嬉しいポイントです。防虫・防カビ仕様、通気性がよく水に強い素材で急な雨でも慌てずに済みます。設置に必要なアイテムがすべて揃うのも魅力的。初めてのハンモックとしてぜひ検討してみてください。

キャンプの夜を楽しむ遊び2選

初心者がやりがちなのが、日中にイベントを詰め込み、夜に予定がガラッと空くケース。人工的な明かりがないキャンプでは、周囲が暗くなってからも楽しめる遊びがあります。ぜひ特別な夜を味わってください。

天体観測

都会ではなかなかできない夜の遊びのひとつに、天体観測があります。街中だとビルや家屋など常に灯りがついているため、夜間でも一定の明るさがあり星の光が届きません。

一方で、キャンプ場には人工的な光がなく、日が落ちると周囲は驚くほど真っ暗になります。そのため夜空は満天の星空で、天体観測には最適です。地面にシュラフを敷き寝転がって眺めるのもおすすめですが、体の冷えを考慮してリクライニングチェアの活用も検討しましょう。

ビクセン セレストロン Travel Scope 50 with Back Pack

商品情報

ブランド ビクセン
サイズ 60cm×60cm×130cm
重量 1Kg
特徴 高倍率・低倍率のレンズが付属
3倍バローレンズ付き
初心者が観察しやすい45°正立プリズム付属
収納に便利な専用バックパック付き

本格的な天体観測には、天体望遠鏡がマスト!ビクセンの「セレストロン」は、初心者が観察しやすい45°正立プリズム搭載なのが魅力です。レンズごしでも、肉眼で夜空を見上げた時と同じ方向に対象物が映るので、天体望遠鏡に慣れない方にはピッタリ!軽量ボディで、専用のバックパックにコンパクトに収まるのもポイントです。

花火

夏の風物詩で知られる花火。暗闇に美しく映える姿は、子どもから大人まで魅了してやみません。手持ちタイプや打ち上げなど、スタイルは違えど、どれも全員揃って楽しめるのがポイントです。夜のキャンプ場では周囲に灯りがほとんどないため、同じ花火でもいつもとは違う雰囲気を味わえるはず!

夏場ならコンビニでも扱っているため、準備も簡単です。専門店の本格的な花火なら、特別感を演出でき、キャンプ最後の夜を締めくくるのにピッタリ。

夜のイベントとして検討するなら、事前にキャンプ場の利用ルールで花火や火気の使用が可能かどうか、しっかり確認しておきましょう。

稲垣屋 ながもちはなびLL

商品情報

ブランド 稲垣屋
薬量 100g
特徴 燃焼時間が長い花火の詰め合わせ

大容量の詰め合わせなら、家族や友人など複数人でも花火をぜいたくに楽しめるでしょう。1本あたりの燃焼時間が長いのもお得感があります。40秒・50秒・60秒と3種類のタイプが入っており、どれを選んでも火花が長持ちしておすすめです。シンプルに暗闇に輝く炎の色を眺めたり、火薬の鳴る音で盛り上がったり、1袋でキャンプの夜を満喫できるでしょう。

キャンプに遊びを加えて楽しさをランクアップしよう!

キャンプでの非日常体験をより楽しむなら、ぜひ遊びをプラスしてみてください。簡単なゲームでも、自然の中なら特別感を味わえるはず!せっかくならアウトドアならではのスポーツにもチャレンジしてみましょう。きっと子どもも大人も一緒になって夢中になれるはずですよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー