この記事で紹介されている商品
キャンプ向け斧おすすめ14選!ナタ・ナイフとの違いや選び方までわかりやすく解説!

キャンプ向け斧おすすめ14選!ナタ・ナイフとの違いや選び方までわかりやすく解説!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

迫力のある見た目が魅力の「キャンプ向け斧」。ナタやナイフとの違いがわかりにくく、そもそもいらないのでは?と悩む方も少なくはないようです。そこで今回はキャンプ向け斧の必要性や選び方を解説。おすすめのハスクバーナやかっこいい日本製のもの、便利な収納付きの斧を紹介します。さらに銃刀法の注意点もあわせてお伝えするので、参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

キャンプに斧は必要?いらない?

斧を使用するキャンパーが増えていますが、大きくて重い刃物であるため必要性に疑問を感じますよね。これについての結論を述べると、基本的にキャンプは斧がなくてもできます。ですが、大量の木材を割るときに斧があると便利なのは確かです。

焚き火用の木材を斧で割って用意すると、大きな達成感や周囲からの称賛など、普段では味わえない経験ができるでしょう。ただし斧は扱ううえで注意したい点がいくつかあり、キャンプ自体に慣れていない初心者の方にはあまりおすすめできません。斧の必要性を感じる方のみ、購入の検討をおすすめします。

斧・鉈(ナタ)・ナイフの違いは?

わかりにくいのが、斧・鉈(ナタ)・ナイフの違い。いずれも薪割りなど木材に対して使用する道具ですが、刃が最も分厚くて重いのが斧です。斧は木の伐採や材木を垂直に割る道具なので、大きな材木から薪を切り出したいときに活躍します。

一方、鉈は特徴的な細長い刃を持ち、斧よりも軽量です。木材を削ったり小枝を切り払ったりなど、細かい作業をするのに便利。

そしてナイフは木を細く割ったり、包丁として利用したりなど幅広いシーンで活躍します。斧は大きな木材をダイナミックに割るには最適ですが、もし活用する出番が少ないなら鉈やナイフの選択も視野に入れるとよいでしょう。

キャンプ向け斧の選び方

キャンプ向けの斧とひと口に言っても、サイズや持ち手の素材、あるいは刃の厚みなど種類はさまざま。堅い木材を割るために強い力がかかるため、握りやすさや安全性にも注目しましょう。それぞれ詳しい内容を、以下でチェックしてくださいね。

1.使用シーンに合ったサイズを選ぶ

キャンプでよく使用される斧は主に「手斧」と「大型斧」の2タイプです。どちらを選ぶかで使い勝手が大きく異なるため、使用シーンに合うサイズを選ぶことが大切です。以下では、それぞれの特徴をご紹介します。

キャンプ場にはコンパクトで軽量な手斧

バーベキューや焚き火などキャンプ場で利用するなら、コンパクトで軽量な手斧をおすすめします。全長30〜40cmほどの手斧は片手でも持ちやすく、サイズ的にも小ぶりなため荷物がかさばりにくいです。

それでいて鉈よりも重みがあるため、木の繊維をかち割りやすいメリットもあります。キャンプ以外にも、庭の小枝を切断するなど応用しやすい点も魅力です。とくに初めて斧を持つ方や力の弱い方は、手斧から選んでみるとよいでしょう。

本格的に丸太から薪を切り出すなら大型斧

パカーンと薪を割ってみたいなら、両手持ちしやすい大型斧を検討してみましょう。大型斧は持ち手が70〜80cmと手斧の倍ほど長く、両手持ちで垂直に振り下ろすことで木材を割ります。持ち手が長いほど遠心力が生まれるため、コツをつかめば大量の木材を割っても疲れにくいです。

丸太から薪を切り出すのはもちろん、木の伐採など、大型斧なら原始的な経験ができます。ただし持ち手が長いため荷物がかさばりやすく、収納しにくい点は注意しなければなりません。

2.持ち手の素材や握りやすさで選ぶ

斧の持ち手には、木製または樹脂製の素材が使用されています。木製の斧は、好みの細さやカーブに加工がしやすく、劣化しても交換ができるメリットがあります。しかし自然素材なためカビが生えやすく、刃と持ち手の結合部が緩みやすいデメリットは見逃せません。

一方、樹脂製の斧は滑り止め加工による高いグリップ力や耐久性があり、木製のものに比べて軽量かつ安価である点がメリット。刃と持ち手が一体の斧は抜け落ちがないため、安全性が高く扱いやすいです。人によっては人工的な見た目や、好みのカスタマイズがしにくいという点はデメリットになるでしょう。

3.刃の厚みで選ぶ

薪割りをメインにするなら刃に厚みがある斧を、枝払いなど小回りのよい斧を選ぶなら刃が薄めの斧から選びましょう。刃の厚みは斧の形状により異なりますが、厚いものほど太い材木を割りやすく、薄いものは細かい作業に向いています。

斧は刃が厚くなるほど重量がかさむため、手にかかる負担を考慮したうえで選ぶことが重要です。また、刃先のメンテナンス性や、刃と持ち手のバランスもチェックしながら、使い勝手のよい斧を選びましょう。

4.持ち運ぶなら収納ケース付きもチェック

斧を持ち歩く際に、大きな刃がむき出しのままでは大変危険です。必ずカバーをした状態で持ち歩かなければならないため、収納ケースが付いているかもチェックしましょう。

牛革やフェルト製のケースが主流となっていますが、刃先だけ覆うタイプは抜け落ちる可能性があるため注意が必要です。そのため、収納ケースが付属する場合は、外れにくさも注目して選ぶようにしましょう。

キャンプ向け!おすすめの斧14選

ここからは、キャンプ向けの斧を14選ご紹介します。薪割りから行うことで、これまでとは違う達成感を味わうことができますよ。海外製や国内製のものなど、お気に入りのアイテムを探してみてくださいね。

ハスクバーナ キャンプ用斧

商品情報

サイズ:38cm
重量::500g
材質:手製鍛造・柄/ヒッコリー
付属品:エッジカバー

ハスクバーナのロングセラー商品「キャンプ用斧」は、強度が高いヒッコリーを持ち手に使用したハンドメイド製。手に馴染みやすいカーブが持ちやすく、比較的軽量であるため初めての方でも扱いやすいです。持ち手のヒッコリー素材は強度が高く、膨張や収縮が少ないため、刃の抜け落ちがしにくいのもメリット。皮のエッジカバーも付属するので、安全に持ち運びができますよ。

ベアボーンズ フィールドハチェット2.0

商品情報

サイズ:43×16.5cm(ハンドル:43cm、ブレード:L10×H8.9cm、ハンマー:L2.54×H3.1cm)
重量:544g
材質:ブレード/1055高炭素鋼、ハンドル材/ヒッコリー、シース/ポリエステル
付属品:ワックスド キャンバス製 シース

オーソドックスなキャンプ向けの斧をお探しなら、ベアボーンズ「フィールドハチェット2.0」がおすすめ。真っ直ぐに伸びたヒッコリー製の持ち手は扱いやすく、高炭素鋼を用いた鋭い刃先が薪割りをスムーズにします。刃先をしっかり保護するカバーもおしゃれですね。持ち手は別途購入・交換が可能です。

小回りが効く手軽な斧なら、「モーラナイフ ライトウェイト アックス」はいかがでしょうか。軽量で持ちやすい形状が、力に自信がない方でも扱いやすいです。刃には強度の高いボロン鋼を使用し、専用カバーも付属します。カラフルな持ち手のデザインが珍しく、キャンプ場でも目を引くこと間違いないでしょう。

グレンスフォシュ・ブルークの「ミニハチェット」は、ナイフのような手軽さを実現させた超軽量の斧。わずか360gという重さしかないため、身に付けても負担になりません。ワイルドな雰囲気の刃には、職人のイニシャルとスウェーデン王室認定刻印が刻まれています。本革ケースと専用ボックスが付属するため、プレゼント用として選ぶのもおすすめですよ。

ユニフレームの「燕三条乃斧」は、日本が誇る鍛冶職人の町で生まれた小型の斧。キャンプ場での薪割りにちょうどよく、取り回しのよい手斧として活躍します。切れ味のよい大きいブレードには薪を折る機能もそなえ、ギザギザな見た目もかっこいいですね。フィットする持ち手は滑りにくく、初めての方でも扱いやすいです。刃先を保護する専用シース付きなので、安全に持ち運びができますよ。

木製の持ち手にこだわるなら、ハスクバーナの「ハチェット YANKEE」もおすすめです。小ぶりの手斧ながらもダイナミックな動作を可能とし、両手で握りやすいヒッコリーウッドのナチュラルな雰囲気も魅力。斧らしいデザインが大自然に溶け込みやすく、キャンプ場や庭仕事で活躍しますよ。刃先をしっかり保護する革製のカバーも付属します。

オヨの「斧 ヴァイキング」は、バイキング時代のデザインを採用した伝統的な形状が特徴。耐久性にすぐれた合金鋼製の刃と、持ち手のしなりが薪割りの負担を軽くします。小ぶりながらもワイルドな雰囲気があり、付属のフェルトケースには、ブランドキャラであるふくろうがデザインされていますよ。

ダッチウエストジャパン ヘルコ クラシックライン マークl

商品情報

サイズ:柄の長さ/38cm
重量:600g
材質:刃/鋼、柄/木(ヒッコリー)
付属品:牛革カバー

ワンランク上の斧を選ぶなら、ダッチウエストジャパンの「ヘルコ クラシックライン マークl」がおすすめです。全面鏡面仕上げが高級感を醸し、凸凹のある持ち手は使い込むほど手に馴染みます。重厚感のある刃先と太めの持ち手が、ワイルドさをアップ。キャンプでの焚き火や暖炉用の薪割りに最適です。持ち運びに便利な専用の牛革カバーも付属しますよ。

手斧の中でもスワッグギアの「ハンドアックス」は、見た目・耐久性の強さを兼ねそなえたアイテム。全長22cmの小ぶりのサイズがキャンプ場での薪割りにちょうどよく、職人が手がけた巧妙な作りにも魅了されますね。65マンガン鋼の刃は錆に強く、天然ヒッコリーの持ち手が強いグリップ力を生み出します。専用の革製カバーも付属するので、安全に持ち運べますよ。

遊び心のあるデザインを好む方は、ウマレックスの「ワルサー コンパクトアックス」がぴったり。全長28cmに重量280gと小ぶりながらも木を割ったり、ブレードの穴に人差し指を入れて木を削ったりなどキャンプ場で大活躍します。おしゃれなナイロン製のカバーも付属し、コスパ的にもすぐれたアイテムです。

ハルタホースの「ハチェット」は、スウェーデンの伝統的な技術が込められた逸品。持ち手に衝撃に強いヒッコリーを使い、さらに亜麻仁油で柔軟性を高めています。手斧よりもダイナミックな動きに対応するサイズなので、大量の薪割りにも最適。両手で握りやすく、重さを利用してパカーンと気持ちよく割れますよ。革製のカバーも付いているので、持ち運びに便利です。

本格的に丸太から薪を切り出してみたい方には、ビッグマンの「アッキス グラスファイバー柄」がおすすめ。羽付型の鋭い刃先が木材に食い込みやすく、折れにくいグラスファイバー素材の持ち手が振りかざす作業に最適です。持ち手は86cmと長いため、遠心力で丸太を気持ちよく割れますよ。丈夫なうえに刃先サックが付いていて、コスパの高さも優秀です。

おしゃれで手ごろな斧をお探しなら、ドイツブランドのガルデナ「ユニバーサルハチェット900B」はいかがでしょうか。テフロン加工された刃は錆びにくく、持ち手は手が滑りにくい繊維強化プラスチックを使用。ヘッド後部はハンマーとしても使えるため、キャンプなどアウトドアで活躍しますよ。専用のプラスチックケースも付属します。

「ハンドアックス ストレート330」は、キャプテンスタッグと三条の鍛治職人のコラボ商品。日本の技術が詰まった重厚感のある刃と、手馴染みのよい白樫の持ち手が薪割りをスムーズにします。牛革カバーも付属するため、キャンプ場への持ち込みや収納に便利。シンプルで飽きのこないデザインも魅力ですね。

キャンプで斧を使う際の4つの注意点

刃渡りの大きい斧は、使い方を誤ると大事故につながることもあります。キャンプ場へ持ち込み、さらに薪割りなどで使用する際には安全性を最優先させなければなりません。以下でまとめた、キャンプで斧を使う際の4つの注意点を理解したうえで使用しましょう。

1.まず周りに人がいないか確認

薪割りをする際には、周りに人がいないかその都度確認しましょう。木の破片が飛び散ったり、思わず斧が手を抜けてしまったりなど、あらゆる不測の事態を想定しなければなりません。さらに使用前には刃に緩みがないかなど忘れずに確認し、肌の露出は避け、ゴーグルやグローブを着用するのが望ましいです。

人が多いキャンプ場など、安全な場所が確保できない際は、斧の使用を一旦中止しましょう。あらかじめ人が少ない場所や、使いやすいタイミングを調べておくとよいでしょう。

2.使うときに大きく振りかぶらない

実際に斧を使うときに、大きく振りかぶるのは危険なのでやめしましょう。斧を思い切り振り上げると手からすり抜けて飛んだり、勢いよく足元に刃が刺さったりなど、予想だにしない危険を伴います。

また、思い切り薪を割ると思わぬ方向へ破片が飛ぶことがあるため、正しい使い方を徹底しなければなりません。斧は思い切り振りかざすのではなく、刃先を当てた状態で真っすぐ下に落とすイメージで使用します。使い始めの慣れないときこそ、細心の注意を払って斧を扱うことを心がけてくださいね。

3.使い終わったらすぐにカバーをつける

斧は使い終わったら、すぐにカバーを付けることが重要です。鋭い刃先を持つ斧は触れると危険であるのはもちろんのこと、見た目のインパクトも大きいため、周囲に安全性を伝える意味でもカバーは必ず付けましょう。

刃先だけカバーをするタイプは、落下しないか安全性を確認してください。専用カバーだけでは刃をすべて保護できない場合は、しっかり収納できる斧カバーを自分で用意するとよいですね。

4.持ち運ぶ際は銃刀法にも注意する

斧を入手するうえで、銃刀法に関する注意事項は必ず把握しておきたい点です。銃砲刀剣類所持等取締法では、刃渡り6cmを超える刃物は正当な理由がなければ持ち運びができないとされています。

キャンプ場での使用は正当な理由に該当しますが、斧を持ち歩く際にはカバーの装着と露出のない服装をし、車のトランクにしまって安全に持ち運ばなければなりません。また、刃渡り6cm未満であっても軽犯罪法の取り締まり対象になる場合があります。

さらに帰宅後は、速やかに安全な場所に保管することが重要です。カバーを掛けないまま持ち歩いたり、丸出し状態でトランクに入れたりすると、銃刀法違反により最悪の場合は逮捕されてしまいます。斧を持ち運ぶ際には、上記の注意点をしっかり守ってくださいね。

全14商品

おすすめ商品比較表

ハスクバーナ キャンプ用斧

ベアボーンズ フィールドハチェット2.0

モーラナイフ ライトウェイト アックス

グレンスフォシュ・ブルーク ミニハチェット

ユニフレーム 燕三条乃斧

ハスクバーナ ハチェット YANKEE

オヨ 斧 ヴァイキング

ダッチウエストジャパン ヘルコ クラシックライン マークl

スワッグギア ハンドアックス

ウマレックス ワルサー コンパクトアックス

ハルタホース ハチェット

ビッグマン アッキス グラスファイバー柄

ガルデナ ユニバーサルハチェット900B

キャプテンスタッグ ハンドアックス ストレート330

Amazonカスタマーレビュー
4.47,109
3.921
4.654
4.220
4.2393
4.47,109
3.418
4.284
4.3228
4.5127
4.5409
4.1403
4.3866
-
最安値
タイムセール
¥8,140-18%
参考価格¥9,900
¥25,740
タイムセール
¥5,640-5%
参考価格¥5,940
タイムセール
¥6,179-5%
参考価格¥6,534
¥14,800
タイムセール
¥10,455-31%
参考価格¥15,180
タイムセール
¥7,900-11.236%
参考価格¥8,900
タイムセール
¥9,800-26%
参考価格¥13,200
タイムセール
¥3,920-20%
参考価格¥4,876
購入リンク

キャンプ向けの斧で薪割りにチャレンジしよう!

野生味あふれる経験ができるのが、斧を使う醍醐味です。キャンプ向けの斧は想像以上にかっこよく、幅広いアウトドアシーンで役立ちます。ぜひ本記事でおすすめした商品を参考に、憧れの薪割りにチャレンジしてみましょう!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー