この記事で紹介されている商品
グリドルパンのおすすめ10選!サイズ感やメーカー・洗い方まで徹底解説

グリドルパンのおすすめ10選!サイズ感やメーカー・洗い方まで徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

キャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンでの料理にぴったりな「グリドルパン」。ガス火やIHに対応している商品が多く、メーカーごとの種類も豊富です。そこで今回は、グリドルパンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。グリドルパンの魅力や洗い方についても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

アウトドアで大活躍!グリドルパンとは?

グリドルパンとは、平たく丸いお皿のような形状の調理器具のこと。素材には軽量なアルミニウム合金を採用したものが多く、持ち運びやすいのでキャンプやアウトドアでの料理にも重宝します。

フライパンと同じように焼く・揚げる・煮るなどさまざまな調理に使え、なかにはオール熱源に対応している商品もありますよ。

グリドルパンが注目されている理由

グリドルパンは表面にコーティングが施されているものが多く、食材が焦げ付きにくいのが魅力です。シーズニング不要で使えるため初心者でも扱いやすく、お手入れも楽にできます。

フライパンとは異なり両サイドに持ち手が付いているため、調理後はそのまま大皿感覚で食卓に提供できるのもポイントです。また、素材に使用されているアルミニウム合金は熱伝導率に優れているので、食材の中心までしっかり火を通せますよ。

グリドルパンの選び方

グリドルパンはさまざまなブランドから販売されているので、どれを選べばよいか迷いますよね。選ぶ際は、次の4つのポイントをチェックしましょう。

  • サイズ・形状
  • 底の形状
  • 付属品の有無
  • メーカー

それぞれ詳しく解説します。

1.人数や料理に合ったサイズ・形状を選ぶ

グリドルパンは19cm程度の小さなものから30cm以上の大きなものまでサイズの選択肢が豊富です。人数や料理に合わせて選ぶのがポイントですよ。ソロキャンプで使うなら20cm前後、2〜3人で使うなら30cm前後が重宝します。サイズは小さいほど軽量なので、ソロキャンプでも楽に持ち運べます。

4人以上やファミリーキャンプの場合は30cm以上の大きめサイズをチョイスするのがおすすめです。たくさんの食材を一度に調理できるので幅広いシーンで活躍してくれるでしょう。ただし、十分な収納スペースが必要になるため、事前に確認しておく必要があります。

2.底の形状も要チェック

グリドルパンを選ぶ際は、底の形状も忘れずにチェックしておきましょう。溝があるものとないものがあり、溝があるものは五徳にフィットしやすく安定して調理できるのがポイントです。

ただし、すべての五徳にフィットするわけではなく、五徳にはまらないと調理中にガタついてしまう恐れがあるため、溝の数や形状などを事前に確認しておきましょう。

IHをメインに使用する方は、溝がないフラットなものがおすすめです。五徳で使用する場合は、滑り止め加工が施されているものだと安定します。溝がないぶんお手入れしやすいのも魅力です。

3.取っ手や収納袋など付属品の有無で選ぶ

グリドルパンは両サイドに取っ手が付いていますが、調理後は熱くなるため持ち運ぶ際はミトンなどを付ける必要があります。取っ手に装着するハンドルやグローブが付属していると、別途で用意する必要がなくすぐに使えますよ。

また、専用の収納ケースが付いているものなら収納や持ち運びの際にも重宝します。取っ手に取り付けるハンドルもまとめて収納できると便利です。ハンドルや収納ケースが付属していないと、別途で用意する手間と費用がかかってしまいます。迷っている方は、付属品が充実している商品で選ぶのもおすすめですよ。

4.メーカーで選ぶ

グリルドパンはさまざまなメーカーから販売されているので、お気に入りのメーカーで選ぶのもひとつの方法です。普段使用しているテーブルやカトラリーなどと同じメーカーで揃えると、キャンプサイトに統一感が生まれておしゃれな雰囲気を演出できますよ。

グリルドパン本体のカラーや持ち手の形状などもメーカーによって異なるので、好みのデザインで選ぶのもよいですね。お気に入りのデザインで選べば愛着の湧く1点になって、長く使い続けられるでしょう。

グリドルパンのおすすめ10選!

グリドルパンの選び方について解説したところで、ここからはグリドルパンのおすすめ10選をご紹介します。幅広いサイズのものをピックアップするので、ソロキャンプやファミリーキャンプなど用途に合わせて選んでくださいね。

JHQ 鉄板マルチグリドル

商品情報

本体サイズ:約35cm(持ち手を含む長さ) × 約29cm × 約6cm(持ち手を含む高さ)
深さ:約4cm
重量:約720g
素材:アルミニウム合金
付属品:木製グリップ、鍋敷き、収納ケース

約4cmの深さがあるディープタイプのグリドルパンです。水のみで約1L入るので、鍋やパエリアなどさまざまな調理に活用できます。表面にはサビや傷に強いフッ素樹脂加工を施しており、シーズニングが不要なので手軽に使い始められるのが魅力です。本体の裏側に溝が12個付いているため幅広い五徳に対応しており、自宅のガスコンロやIHでも調理できますよ。

TUF ザイグルグリドル

商品情報

本体サイズ:約幅430mm(取っ手を含む)×奥行き360mm(取っ手を含まない)×高さ53mm
中心の深さ:32mm
重量:約1400g
材質:アルミニウム合金
付属品:ハンドル、収納ポーチ

表面フッ素コートやアルミ合金などの5層構造になっており、温度ムラを抑えて食材の中心までしっかりと火を通せます。ノンスティックコーティングが施されているので食材がこびりつきにくく、食洗機にも対応しているためお手入れも簡単にできますよ。付属のウッドハンドルを装着すればそのまま食卓に持ち運べて便利です。

熱伝導率の高いアルミ素材を採用しており、本体約530gと軽量なのでキャンプやバーベキューなどにも楽に持ち運べます。焚き火やガス火はもちろんIHやハロゲンヒーターなどオール熱源に対応しているので、幅広いシーンで活躍してくれますよ。蓄熱性が高い鋳物製で、食材に均一に火が通りやすいでしょう。

AND MYSELF マルチグリドルパン

商品情報

サイズ:直径29×幅(取っ手あり)35×厚み0.4cm
深さ:2.5cm
重量:約750g
付属品:木製の取っ手2個、専用ケース

表面にノンスティックコーティングを施すことで食材が焦げ付きにくくお手入れも簡単にできるのが魅力です。直径29cmとソロキャンプにもぴったりのサイズ感で、約750gと軽量なのでひとりでも楽に持ち運べます。テーブルに持ち運ぶ際に便利なウッドハンドルが付属しており、ハンドルと本体の両方を収納できる専用ケースも付いていて便利です。

軽量なアルミ製で扱いやすく、ガスコンロやカセットコンロに対応しているのでアウトドアシーンはもちろん自宅での料理にも活躍してくれます。表面にはフッ素樹脂加工が施されているので食材が焦げ付きにくく、お手入れもしやすいですよ。32cmと大きめのサイズで一度にたくさんの食材を調理でき、ファミリーキャンプにもぴったりです。

braaa 鉄板マルチグリドルポット

商品情報

外寸:(約)幅40×奥行28×高さ4.5cm
内寸:(約)幅33.3×奥行27×深さ4.2cm
重さ:約800g
素材:アルミニウム合金鋳物
付属品:シリコンミトン×2

何層ものコーティングを施すことで油をひかなくても調理でき、食材が焦げ付きにくいのが特徴です。シーズニング不要で使い始められるので初めて使う方にもおすすめですよ。4cm程度の深さがあるため汁物の調理もしやすく、30L程度のオーブンならそのまま入れてることができるので料理の幅が広がりますよ。

武田コーポレーション マルチグリルプレート

商品情報

本体サイズ:直径約33cm
重量:約610g
満水容量:1.5L
素材:アルミニウム合金

大きく深さのあるサイズ感で、炒め料理や煮込み料理など幅広い調理に使えるグリドルパンです。フッ素樹脂加工が施されているので食材がこびりつきにくくなっています。お手入れしやすいのもうれしいですね。素材にはアルミニウム合金を採用しており、約610gと軽量なので楽に持ち運べます。ガスコンロやIHにも対応しているため家庭でも重宝しますよ。

パール金属 マルチプレート

商品情報

本体サイズ:約幅360×奥行300×高さ30mm
重量:約566g
素材:アルミニウム合金

オール熱源に対応しており、キャンプやバーベキューはもちろん自宅でも活躍してくれるグリドルパンです。調理したあとはそのまま食卓に提供できるので、洗い物の量を減らせますよ。30cmと大きめなので一度にたくさんの食材を調理でき、家族で使うのにもぴったりです。本格的な韓国料理を自宅で楽しみたい方にもおすすめですよ。

程よい深さがあり、炒める・焼く・蒸す・煮るの4役をこなせるグリドルパンです。熱伝導率に優れた6層構造で食材に火が通りやすく、汚れが付いても拭き取りやすいのがポイントですよ。ウッドハンドルが付いているので調理後すぐにテーブルに運べます。小物ポケット付きの収納ケースが付属しているので持ち運びもしやすいでしょう。

SWAG GEAR マルチグリドルパン

商品情報

Mサイズ:直径約34×高さ2.2×厚み2.05mm、約760g
Lサイズ:直径約40×高さ3.5×厚み4.05mm、約959g
素材:アルミ素材、麦飯石コーティング

麦飯石コーティングを施すことで耐熱性に優れており、シーズニング不要で使い始められるので便利です。MサイズとLサイズの2種類から選べるため、ソロキャンプからファミリーキャンプまで用途にあわせて選べます。ウッドハンドルや収納バッグも付属しており、すぐに使い始められるセットになっているのもうれしいですね。

グリドルパンの洗い方

グリドルパンはコーティングが施されているものが多いので、水やお湯ですすぐだけでほとんどの汚れを洗い流せます。頑固な汚れは食器用洗剤を付けたスポンジで洗い流し、しっかりとすすいで乾かしましょう。

汚れが付いたまま放置すると腐食してしまう恐れがあるため、使用後は早めに洗うのがポイントです。また、コーティングが劣化しないようにつけ置き洗いは避けましょう。なお、製品によってお手入れ方法が異なる場合があるので、必ず取り扱い説明書を確認してくださいね。

全10商品

おすすめ商品比較表

JHQ 鉄板マルチグリドル

TUF ザイグルグリドル

キャプテンスタッグ ラウンド グリルプレート

AND MYSELF マルチグリドルパン

和平フレイズ グリドル

braaa 鉄板マルチグリドルポット

武田コーポレーション マルチグリルプレート

パール金属 マルチプレート

HOME COCCI マルチグリドル

SWAG GEAR マルチグリドルパン

Amazonカスタマーレビュー
4.71,250
4.5164
4.634
4.3212
5.01
4.472
4.02
4.55
4.3184
4.332
最安値
¥15,290
タイムセール
¥7,900-38%
参考価格¥12,800
タイムセール
¥3,980-12%
参考価格¥4,527
購入リンク

グリドルパンで料理の幅を広げよう

グリドルパンの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。グリドルパンは焼く・煮る・揚げるなどさまざまな調理に使えるので、ひとつ持っておくと料理の幅が広がります。ぜひこの記事を参考にして、自分にぴったりのグリドルパンを見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー