この記事で紹介されている商品
キャンプ用ケトルのおすすめ12選!アウトドアシーンで手軽にコーヒーが楽しめる

キャンプ用ケトルのおすすめ12選!アウトドアシーンで手軽にコーヒーが楽しめる

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

アウトドアでコーヒーやスープを作るのに便利な「キャンプ用ケトル」。ステンレス製のおしゃれなものや直火で使えるもの、コンパクトにできる折りたたみ式のものなどさまざまな商品があります。この記事では用途に合わせたケトルの選び方や、おすすめの商品をご紹介しているので、どれがよいか迷った際はぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

キャンプ用ケトルとは?魅力を解説

キャンプ用ケトルは、キャンプで料理を楽しみたい方におすすめのアイテムです。お湯を沸かすこと自体はクッカーでもできますが、持参したクッカーが少ないと料理中はお湯を用意できなかったり、お湯を注ぐときにこぼれやすかったりといったデメリットがあります。

そんなときにケトルがあれば、料理を作りながらでもお湯が沸かせて、注ぎ口がついているため、湯たんぽなど注入口が狭いものにもお湯を注ぎやすいですよ。お湯を沸かすスピードもクッカーより早く、より快適に料理できるようになるので、キャンプ飯を充実させたい方はぜひ導入してみてくださいね。

キャンプ用ケトルの選び方

キャンプ用ケトルを選ぶ際には、形状や容量、素材といったポイントをチェックしてみてください。使用目的によっておすすめの商品は異なるので、まずはどんなふうに使いたいか考えておくとよいですよ。

1.キャンプ用ケトルの種類をチェック

キャンプ用ケトルは、大きく「やかんタイプ」「縦長タイプ」「寸胴タイプ」の3種類に分けられます。形が違うだけでなく、容量やおすすめの使い方などにも違いがあるので、まずはそれぞれの特徴をチェックしてみましょう。

早く沸騰させられる「やかんタイプ」

やかんタイプは、家庭用としてもおなじみのやかんと同じ感覚で使えて、底面が広いのでスピーディにお湯を沸かせます。キャンプ用のやかんは家庭用のやかんよりもコンパクトで軽量なものが多いので、荷物としてもかさばりにくいですよ。

ただしコンパクトな分持ち手も小さめで、あまり高さがないため、焚き火では使えないこともあります。また、一度に沸かせるお湯の量も少なめなので、大人数でのキャンプというよりも、ソロキャンプなどでの使用がおすすめです。

焚き火で使うなら「縦長タイプ」

縦長タイプはその名の通り縦に長い形をしており、1.5L以上の大容量タイプが多いのが特徴です。一度にたっぷりとお湯を沸かせるので、家族や友達など複数人でのキャンプに向いています。また、高さがあることで焚き火でも使え、焚き火にかける用のハンドルがついている便利な商品も多いですよ。

持ち手は焚き火用ハンドルとは別についており、注ぎやすさにも優れています。このように機能性は充実していますが、サイズが大きくて重いものも多いため、持ち運びやすさを重視する方は注意して選んでくださいね。

料理にも使える「寸胴タイプ」

寸胴タイプは、クッカーに注ぎ口がついたような形をしており、ケトルとしてもクッカーとしてもマルチに使用できるところが魅力です。クッカーとケトルの両方を持ち運ぶのが大変だと感じている方は、寸胴タイプのケトルを持参するだけでもさまざまな料理が作れるので便利ですよ。

たとえばラーメンのような汁物も作りやすく、注ぎ口があるので別容器にも移しやすいです。寸胴タイプのクッカーの中に食品や調理器具を収納すれば、持ち運びの際にもかさばりません。

2.サイズ・容量で選ぶ

ケトルを選ぶときは、キャンプに持って行く際に邪魔にならず、使用時に必要な量だけお湯が沸かせるものを選びましょう。具体的な容量の目安もご紹介しているので、用途や使用人数、収納するバッグの大きさなども考慮しながら選んでくださいね。

使用人数や使い方にあわせて容量を選ぶ

ケトルの容量は、作りたい飲み物や料理、使用する人数に合わせて選びましょう。目安として、1人分のコーヒーやカップスープには約120〜200mL、カップ麺なら約300〜400mLが必要になります。

なお、ケトルを安全に使うためには、満水ではなく7割程度の水を入れて使うのがよいとされているので、必要な水の量に3割程度をプラスした容量のケトルを選ぶのがおすすめです。上記の容量を基準に計算する場合、1人分のコーヒーを淹れたいなら200mL、カップ麺を食べるなら600mLのものを目安に選んでみてくださいね。

また、複数人で使用するなら、1L以上を選んでおけばさまざまなシーンに対応できます。大容量の商品は1.5〜2Lのものが多く、中には3Lの商品もあるので、大人数でのキャンプや料理用のお湯を沸かしたい方はぜひチェックしてみてください。

持ち運べるサイズ感のものを選ぶ

ケトル本体のサイズは、使用するリュックやザックに入れやすいものを選びましょう。たとえば、一般的なリュックやザックの容量は20〜30Lで、このサイズは10〜15cm程度の大きさのケトルなら楽に収納できることが多いですよ。

とはいえ、ケトルはどうしてもかさばりやすいアイテムなので、バッグ内のデッドスペースを減らして効率よく収納したいなら、スタッキングできるケトル付きのクッカーセットを購入するのもよいでしょう。

3.素材で選ぶ

ケトルに使われている素材は、主にステンレス・ホーロー・アルミ・銅の4種類です。それぞれお湯を沸かすスピードが異なり、耐久性や持ち運びやすさにも違いがあるので、好みや用途に合ったものを選びましょう。

耐久性に優れた「ステンレス製」

ステンレスはサビ・熱・衝撃に強く、お手入れの手間もかからず衛生的に使えることがメリットです。非常に耐久性が高いので、長くきれいな状態をキープできます。

ただし、熱伝導率があまり高くないため、温まるまでの時間がかかりやすく、重量があるため持ち運びやすさ重視の方は注意が必要です。見た目は、ステンレスならではの高級感がありますよ。

おしゃれな見た目も魅力の「ホーロー製」

ホーローは金属の表面をガラスコーティングした素材で、カラフルな商品が多いのが大きな特徴です。どこかレトロな雰囲気があり、おしゃれなキャンプ用アイテムを揃えたい方にもぴったり。表面がガラスなので食品のにおい移りや汚れの付着がしにくく、保温力が高いところもメリットです。

焚き火で使うとススがつきやすい点と、衝撃を与えると割れやすい点には注意しましょう。

軽くて持ち運びやすい「アルミ製」

アルミは缶ジュースでもおなじみの素材であり、軽いので持ち運びやすさ重視の方にうってつけです。他の素材と比べて価格も安く、キャンプ初心者の方も気軽に購入できます。熱伝導率が高いため、スピーディーにお湯を沸かせるのも魅力です。

一方で、衝撃を与えると凹みやすく、熱伝導率の高さからお湯が冷めやすいというデメリットもあります。そのため細かいことは気にしない、気軽に使いたいという方におすすめです。

長く使うなら「銅製」

銅は熱伝導率の高さが最大の魅力で、炊飯器の内釜やコーヒーケトルなどにもよく使用される素材です。非常にスピーディーにお湯が沸くので、とにかく時短したい方に向いています

ただし、他の素材と比べると値段が高く、強度の低さや変色のしやすさはデメリットです。しかし、経年による変化やアンティークな雰囲気を楽しみたい方にとっては、デメリットの少ない素材といえるでしょう。

4.ドリップに使うなら注ぎ口と持ち手に注目

ケトルでコーヒーをドリップしたい方は、持ちやすさや注ぎ口の細さにも注目して選んでみてください。一般的にコーヒー用のドリップケトルといえば、注ぎ口が細いものが多く使用されており、お湯を注ぐ場所をコントロールしやすいという特徴があります。

注ぎ口が太いものは出るお湯の量を自由に調節しやすいですが、一定のスピードで注ぐのが難しいので、ドリップ初心者の方はできる限り注ぎ口が細いものを選んでみてくださいね。

5.デザインで選ぶ

おしゃれなキャンプアイテムを揃えている方は、デザインで決めるのもよいでしょう。好きなアウトドアブランドがあるなら、同じブランドで揃えると見た目も統一感が出ておしゃれですよ。

キャンプ用アイテムはシンプルな見た目でも、スタイリッシュで使い勝手のよい形状のものが多いので、ぜひさまざまな商品を見てお気に入りの1つを選んでみてください。迷ったらグッドデザイン賞などの受賞経験がある商品を選ぶのも1つの方法ですよ。

キャンプ用ケトルのおすすめ12選

ここからはキャンプ用ケトルのおすすめ商品をご紹介します。定番のアウトドアブランドのものも多数ピックアップしており、おしゃれなものや携帯性に優れたものもありますよ。気になる商品があれば、ぜひチェックしてみてください。

傷がつきにくいようにハードアノダイズド加工を施した、アウトドアにぴったりなやかんタイプのケトルです。ハンドルは滑りにくく持ちやすいシリコン素材で、限界まで傾けても蓋が勝手に外れない設計になっているので気軽に使えます。持ち運びに便利なメッシュポーチ付きですが、別売りのパックアウェイクッカーセットにも収納可能です。

ハンドルを折りたためばコンパクトになり、サイズが合うクッカーがあればスタッキング収納もできる寸胴タイプのケトルです。クッカーとしても活躍するので、ラーメンやスープなども作れます。小さすぎず大きすぎない絶妙なサイズ感で、ソロキャンプでの料理シーンにはぴったりでしょう。ステンレス製で見た目もおしゃれですよ。

CAPTAIN STAG キャンピングケットルクッカー14cm

商品情報

【サイズ】(約)外径145×高さ90mm
【容量】1.3L
【重量】370g
【材質】ステンレス鋼

ハンドルの向きを変えればケトルとクッカーが切り替えられる、1台2役の寸胴タイプです。実容量は1Lあるため、ちょっとした飲み物作りから鍋のような料理まで幅広いシーンで活躍しますよ。ステンレス製で丈夫なので、気軽に使いやすいのもうれしいポイントです。価格もお手頃なのでキャンプ初心者の方も購入しやすいでしょう。

カクセー ケトル

商品情報

【サイズ】140x152x118mm(直径約126mm、ツルまでの高さ/約185mm、注ぎ口からハンドルまでの長さ:約185mm)
【容量】1.2L
【重量】約358g
【材質】ステンレス鋼(クロム18%)

内側に目盛りが付いているので、計量カップいらずのキャンピングケトルです。カップ麺やガスカートリッジがちょうどぴったり入る直径となっています。ハンドルやツルはコンパクトにたためて、収納袋付きなので持ち運びもしやすいでしょう。丈夫なステンレス製なので扱いやすく、実容量700mLとたっぷり入りますよ。

注ぎ口にも蓋がついていて、焚き火の灰が入らない設計になっている縦長タイプのケトルです。焚き火の際に吊り下げられるハンドルがついており、グローブを着用していても持ちやすいようになっています。お湯を注ぐ際は、水圧で蓋が開くようになっているので注ぎやすいでしょう。キャンプにぴったりなクラシックデザインも魅力的ですね。

VASTLAND キャンプケトル

商品情報

【サイズ】(約)80×150(直径:135)mm
【容量】700mL
【重量】150g
【材質】本体:アルミニウム、つまみ・取っ手:ステンレス鋼・シリコーンゴム

スピーディーにお湯が沸かせる、アルミ製のやかんタイプのケトルです。アルミの表面には硬質アルマイト加工を施しており、一般的なアルミよりも焦げつきにくさや耐食性がアップしています。片手のひらに乗るくらいのコンパクトなサイズですが、シリコンをコーティングした滑りにくい取っ手部分や、短い注ぎ口などにより使いやすいですよ。

アルミよりも軽いチタン製のやかんタイプケトルです。耐食性や強度が高いので、一度購入すれば長く使えます。非常に平たい形をしており、効率的にお湯を温められるのでスピーディーにお湯が沸かせて急ぎの際も便利です。面積が大きいことでコンロやバーナーの上にも安定して置けます。ハンドルはシリコンカバーになっているため、滑りにくく持ちやすいですよ。

使いやすさとデザインにこだわった、イエローの折りたたみ式ケトルです。外側に目盛りがついており、容量は1Lと大容量。イエローの部分がシリコン製で、使わないときは約4.5cmの厚さまでスリムに折りたたんで収納できます。使うときはハンドルを持って上に引っ張るだけという簡単操作。IHにも対応しているので、家でも使える多機能なケトルですよ。

LOGOS たためるケトル

商品情報

【サイズ】(約)21×14.5×13.7cm
【容量】1L
【重量】(約)400g
【材質】シリコン、ステンレス、ナイロン

カラフルなシリコン製で、使わないときはコンパクトに折りたためるため、携帯性に優れたケトルです。容量は1Lと大容量で、ソロキャンプからファミリーキャンプまでさまざまなシーンで活躍します。注ぎ口がやや細めになっているので、コーヒーのドリップもしやすいでしょう。底面はステンレス素材で耐熱性が高いため、直火で使用できますよ。

CAPTAIN STAG ドリップケットル

商品情報

【サイズ】(約)幅195×奥行80×高さ110mm
【容量】380mL
【重量】(約)200g
【材質】本体:ステンレス鋼(クロム18%・ニッケル8%)(底の厚さ0.7mm)、ハンドル:ステンレス鋼

キャンプでドリップコーヒーを作りたい方にうってつけの、注ぎ口が細いドリップケトルです。お湯を一定の速度で狙った位置に注げるので、丁寧にコーヒーをドリップできますよ。余裕のある容量のものを選べば、お湯が冷めにくくなりおいしいコーヒーが淹れられるため、満水容量は380mLですが200mLほどのお湯を沸かすのにおすすめです。

LOGOS マイケトル

商品情報

【サイズ】(約)直径13×高さ10.5cm
【容量】(約)0.8L
【重量】145g
【材質】アルミ、ステンレス、シリコン、木材

直径13cmと非常にコンパクトなやかんタイプのケトルです。蓋のつまみやハンドルが木製になっているおしゃれなデザインも魅力的で、見た目だけでなくお湯を沸かした際にも熱くなりにくいというメリットがあります。本体にはハードアルマイト加工が施されているため、耐久性が高く傷もつきにくいですよ。

スリムなアルミ製のやかんタイプケトルです。同じメーカーのクッカーシリーズとの相性を考えて設計されており、別売のSサイズのクッカーのソースパンにスタッキング収納できます。ソロキャンプや少人数でのキャンプにちょうどよいサイズです。軽くて持ち運びもしやすいでしょう。キャンプギアらしいシンプルなデザインも魅力的ですね。

キャンプ用ケトルを活用してアウトドアをより楽しもう!

キャンプ用ケトルは必須アイテムというわけではないものの、あれば料理の幅やキャンプの楽しみ方がぐっと広がります。商品によってはコーヒーを淹れたりラーメンを作ったりとマルチに使えるものもあるので、1つは持っておくと便利ですよ。ぜひこの記事を参考に、お気に入りのケトルを見つけてみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー