楽天モバイルの2回線目の申し込み方法!契約時の注意点は?

楽天モバイルの2回線目の申し込み方法!契約時の注意点は?

楽天モバイルの回線を利用する中で「携帯電話をビジネス用とプライベート用に使い分けたい」「家族にスマホを持たせたい」とお考えでしょうか?

そんなとき、楽天モバイルでは2回線目の契約が可能です。しかし、新たな回線を追加することで、料金プランや利用条件が変わる可能性があるため、申し込み前に確認すべきポイントがいくつか存在します。

そこで今回は、楽天モバイルの2回線目の申し込み手続きや注意すべき点について、詳しく見ていきましょう。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天モバイルの2回線目の申し込み方法

楽天モバイルの2回線目の申し込み方法は以下の通りです。

①申し込みに必要なものを準備する

申し込みの際、以下の書類の準備が必要になります。

申し込みに必要なもの
  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザIDとパスワード
  • MNP予約番号
    ※他社から電話番号乗り換えの方のみ必要
  • 楽天回線対応製品
  • クレジットカードまたは銀行口座

②楽天会員に登録する

③楽天モバイル公式サイトから申し込みを行う

楽天モバイル公式サイトにアクセスしたら、以下の手順で2回線目の申し込みを行いましょう。

  • 1.契約するプランとSIMの種類を選択する
  •   2.購入する製品と支払回数を選択する ※楽天モバイルで同時に端末を購入する場合  
  • 3.楽天会員IDとパスワードを入力してログインする
  • 4.本人確認書類をアップロードする
  •   5.電話番号を選択する ※他社から乗り換えの場合はMNP予約番号の入力  
  • 6.配送先の情報を入力する

楽天モバイルを2回線契約した場合の料金シミュレーション

2022年10月31日までは、2回線目の料金が実質無料になるキャンペーンが行われていました。ただ2024年2月時点では、そのようなキャンペーンは行われていません。

このため、1回線目と2回線目以降の料金システムは同じになります。各回線で使用したデータ容量に応じて段階料金が適用されます。

したがって、2回戦目をほとんど使用しない場合でも、最低1,078円(税込)の支払いが発生します。なお、2回線合計の料金は最安で2,156円となり、どちらもデータ容量20GB以上使用した場合は6,556円となります。

2回線持ち料金シミュレーション(税込)2回線目:3GBまで2回線目:3~20GBまで2回線目:20GB以上
1回線目:3GBまで2,156円 3,256円 4,356円
1回線目:3~20GBまで3,256円4,356円 5,456円
1回線目:20GB以上4,356円5,456円 6,556円

楽天モバイルを2回線契約する3つのメリット

楽天モバイルを2回線契約すると、さまざまなメリットがあります。ここでは、楽天モバイルを2回線契約する3つのメリットについて解説します。

3GBまでなら月額1,078円で2回線目をもてる

楽天モバイルを2回線契約する最大のメリットのひとつは、データ容量が3GBまでなら月額1,078円で回線を持てる点です。この料金プランは非常に魅力的で、他のキャリアでは考えられないほどリーズナブルです。

複数のスマートフォンを使う家族や、自分用と仕事用の2台の携帯電話を持つユーザーにとってぴったりです。

名義がひとつなので家族のスマホ代も管理しやすい

楽天モバイルでは1つのアカウントで複数の回線を管理できるため、家族全員の携帯電話代を一括管理することが可能です。

名義がひとつなので、自分と子どものスマホ代が同じ口座から引き落とされるため、支払い漏れ防止にもつながるでしょう。

専用アプリなら国内通話がかけ放題

楽天モバイルの専用アプリ「Rakuten Link 」を使用すると、国内通話がかけ放題となります。これは2回線目も含めて適用されるため、「家族や友人とよく電話する」「長電話が多い」という方にはとてもおすすめです。

こちらもチェック!
【困ったを解決】楽天モバイルで通信が繋がらない!原因や対処法をわかりやすく解説

楽天モバイルは、楽天モバイル株式会社が提供している格安SIMです。携帯キャリアサービスの契約数は600万回線を突破しており、多くの方に利用されています。 ただ、「ネットや電話が繋がらない」というトラブルも報告されています。そこでこの記事では、楽天モバイルが繋がらなくなる原因と対処方法を解説します。

さらに、Rakuten Linkユーザー間ならSMS(メッセージ)の送受信も無料です。こちらも積極的に活用しましょう。

楽天モバイルで2回線目を契約するデメリット

楽天モバイルでの2回線目の契約にはメリットが多いぶん、デメリットも存在します。
ここでは、楽天モバイルを2回線契約するデメリットについて解説します。

家族割や学割はない

楽天モバイルの2回線目を契約する場合、家族割や学割は適用されません。2回線目も1回線目同様に通常料金となる点は、デメリットといえるでしょう。

ただ、そのぶん楽天モバイルの料金設定はとてもわかりやすいので、「わかりづらいプランはいやだ」という方にはおすすめです。

なお、楽天モバイルでは学割のシステムは存在しませんが、「最強家族割プログラム」という割引制度があります。これを利用することで家族全員のスマホ代が月100円割り引かれます。

ただし、ひとつの名義で2回線を保有する場合は、家族割は適用されません。最強家族割プログラムを利用したいのであれば、2回線目の名義を自分以外の家族の誰かに設定しましょう

2回線目の契約では利用できないキャンペーンがある

楽天モバイルでは、常時さまざまなキャンペーンが実施されています。ただ、楽天モバイルでは2回線目の契約では利用できないキャンペーンも少なくありません。

一部のキャンペーンや特典は新規契約者の1回線目のみに適用され、2回線目の契約では利用できないので注意しましょう。

データタイプの場合は名義変更ができない

楽天モバイルには、音声通話ができる「通常タイプ」とインターネット通信のみの「データタイプ」の2種類あります。そして、データタイプに限っては、名義変更することができません。

例えば、「子どもが小さいうちは親の名義、大きくなったら本人名義に変更する」といったことはできないので注意しましょう。名義を換えるためには一度解約して、契約をし直す必要があります。

なお、音声通話ができる通常タイプのプランであれば、名義変更は可能です。

2回線目の契約で活用できる楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルでは、契約と同時に参加することでお得に回線を利用できるキャンペーンが用意されています。ここでは、2回線目の契約で活用できる楽天モバイルのキャンペーンを4つご紹介します。

1回線ずつ名義を換えれば紹介キャンペーンが利用できる

楽天モバイルでは、紹介キャンペーンが常時行われています。紹介キャンペーンを利用することで、紹介するほうは7,000ポイントもらえ、紹介される側は最大13,000ポイントをもらえます。

ただし、ひとつの名義で2回線目の契約をする場合、自分で自分を紹介することはできないため、この紹介キャンペーンは原則利用できません。

ただし、紹介キャンペーンを利用する方法は2つあります。

ひとつは、ほかの楽天モバイルユーザーに紹介してもらってから2回線目を契約する方法。もうひとつは、2回線目の名義を1回線目と換えて契約する方法です。

ひとつ目に関しては、たとえ2回線目であっても紹介キャンペーンを利用したことがなければ誰かの紹介で特典を受けられます。

また2つ目の方法の場合、2回線目の名義を家族にすれば紹介キャンペーン特典に加えて、家族割も適用されるのでおすすめです。

なお、「楽天回線をもう1回線お申し込みで3,000円相当ポイントプレゼント!」のキャンペーンは終了しているため、注意しましょう。

スマホトク得乗り換えキャンペーン

「スマホトク得乗り換えキャンペーン」は、楽天回線のはじめての申し込みと同時に対象のAndroid端末をセットで購入すると、最大8,000円相当お得になる特別キャンペーンです。

例えば、楽天モバイルと別のキャリアのスマホ2台持ちの方が、楽天モバイルの2回線持ちに変更する際に利用できます。

このキャンペーンでは、乗り換えに対して最大6,000円、さらに「Rakuten 最強プランはじめてお申し込み特典 新規・プラン変更(移行)で2,000円相当分のポイント」を併用することで、最大で8,000円相当の特典を受け取れます。

データタイプ申し込み特典 初月3GB分実質無料

2023年7月3日より、「楽天カード」をお持ちの方対象に、最短3分で即時開通可能なデータSIM「Rakuten最強プラン(データタイプ)」が提供開始となりました。このデータタイプでは、電話番号はもてませんが、インターネット接続や SMS 送受信は可能です。

さらに、提供開始に伴うポイント還元キャンペーンが適用され、初月実質3GB相当が無料で使えます。

楽天モバイルの通話タイプのプランを契約していて、「データタイプを2回線目として持ちたい」という方は初月3GB実質無料キャンペーンを活用しましょう。

Rakuten WiFi Pocket 2Cが楽天モバイルお申し込みで1円

楽天モバイルとRakuten WiFi Pocket 2Cを同時に契約すると、通常7,980円する端末代金がたったの1円になります。

このお得なキャンペーンは、楽天モバイルのポケット型Wi-Fiを利用したい方におすすめです。

なお、楽天モバイル(Rakuten UN LIMIT VII)のみを契約せずに端末のみを購入した場合、キャンペーンは適用されず通常価格の7,980円がかかります。

よくある質問

ここでは、楽天モバイルの2回線目を契約する際のよくある質問をご紹介します。

楽天モバイルの2回線目のみを解約することはできる?

楽天モバイルでは、2回線目のみを解約することができます。
楽天モバイルでは、1つのアカウントで複数の回線を管理することができますが、各回線は個別に解約や変更が可能です。ただし、解約には一定の手続きや条件があります。詳細は楽天モバイルの公式ウェブサイトやカスタマーサポートに確認するのがおすすめです。

楽天モバイルの2回線目の契約時に本人確認は必要?

楽天モバイルの2回線目の契約時にも、本人確認が必要です。そのため、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの公的な身分証明書を準備しましょう。

楽天モバイルを契約後すぐ解約するとどうなる?

契約期間内に解約すると解約料が発生する場合があります。契約内容や料金の支払い状況によっても異なるので、詳しくはカスタマーサポートに問い合わせましょう。

楽天モバイルの2回線目を名義変更することはできる?

楽天モバイルの2回線目を名義変更することは可能です。その際、新しい契約者の情報を提出し、手数料の支払いを済ませる必要があります。ただし、データタイプの名義変更はできないので注意しましょう。

楽天モバイルなら安くで2つの回線を維持できる

楽天モバイルなら2つの回線を安く快適に維持できます。1つ目の回線が実質無料で提供される期間限定のキャンペーンや、低コストでのスマホ購入オプションなど、さまざまな特典が用意されています。

また、1回線目と2回線目の名義を換えて、紹介キャンペーンや家族割を活用するのもおすすめです。そうすることでポイント還元や利用料の割引を受けられます。

こちらもチェック!
楽天モバイルの通話料はいくら?国内通話を無料にする方法もご紹介

楽天モバイルでは、標準通話アプリでの通話は料金プランに従って有料ですが、Rakuten Linkだと国内通話が無料になります。国際通話には別のオプションがお得です。明細を確認し、通話時間やデータ使用量を管理することで節約につながります。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天モバイル,楽天ひかりで通信費を節約!のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー