この記事で紹介されている商品
ウエイトゲイナーとは?ホエイプロテインとの違いなど解説!おすすめ商品6選も

ウエイトゲイナーとは?ホエイプロテインとの違いなど解説!おすすめ商品6選も

高カロリーで体づくりに役立つ栄養素が豊富な「ウエイトゲイナー」。マイプロテインやゴールドジムなど、さまざまなブランドから販売されており選び方に迷う方もいるでしょう。今回はウエイトゲイナーを選ぶ際のポイントとおすすめの商品をご紹介します。ホエイプロテインとの違いについても解説するので参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ウエイトゲイナーとは?

「ウエイトゲイナー」とはホエイプロテインを原材料に含む粉状のサプリメントで、体重をはじめとした増量を目的とするものです。ベースのプロテインにタンパク質、脂質、糖質がバランスよく加わっており、高カロリーなのが特徴。太れない体質の方や、理想の体型作りをしたい方のボディメイクをサポートしてくれますよ。

高カロリーのため摂取の仕方には気をつける必要があります。普段の食事で不足している栄養素を補うイメージで、上手く利用することが重要です。

ポイント1:タンパク質

体重を増やす際に筋肉をしっかりと付けるためには、タンパク質が欠かせません。ウエイトゲイナー1食で摂取するタンパク質量は、20~35gを目安にしましょう。ウエイトゲイナーには入っているとうれしいビタミンや必須アミノ酸を含む商品が多いのも魅力のひとつ。こういった細かな栄養素も、ウエイトゲイナーを選ぶ際に注目したいポイントです。

ポイント2:脂質

ウエイトゲイナーは、脂質を多く含むため高カロリーです。エネルギー源となる脂質が豊富なことで、食の細い方も無理なく体重の増加や理想的な体型作りを目指せるのがメリット。とはいえウエイトゲイナーのなかには脂質が控えめな商品もあります。脂肪の付きすぎを防ぎながら体のサイズアップに役立てたい方は注目してみましょう。

ポイント3:糖質

体重の増量をメインに考えている方に向けて、ウエイトゲイナーは糖質も高めに作られています。ただ太りたい場合だけでなく、筋肉を増やしたいときにも糖質は大切なエネルギー源です。摂取量の目安は、ウエイトゲイナー100gに対して、糖質量20g以上。ただし食事で十分な糖質を摂っている方は、過剰摂取にならないように注意が必要です。

ウエイトゲイナーとホエイプロテインの違い

ウエイトゲイナーとホエイプロテインはともにタンパク質をたくさん摂取できるサプリメントですが、ほかの栄養成分を詳しく見ると大きな違いがあります。そのため自分の目指すボディメイクに見合ったものを選ぶことが重要です。

ウエイトゲイナーはタンパク質、脂質、糖質が多く高カロリーなのが特徴で、体重の増加や体のサイズアップを目的として利用されます。

対してホエイプロテインは高タンパクではあるものの脂質、糖質、カロリーは控えめです。トレーニング後のタンパク質の補給やダイエットなどを目的として摂取します。

またウエイトゲイナーのほうが1回に使用する量が多いため、ホエイプロテインよりもコストがかかることを把握しておきましょう。

以下の記事では、おすすめのホエイプロテインをご紹介しています。気になる方はこちらもぜひチェックしてみてくださいね。

  1. ホエイプロテインのおすすめ20選! ソイプロテインとの違いや効果も解説

ウエイトゲイナーを飲むタイミング

ウエイトゲイナーを飲むタイミングは、起床直後やトレーニング後がおすすめです。起床直後やトレーニング後は、タンパク質をはじめとする体内の栄養素が不足している状態。ウエイトゲイナーを摂取してエネルギー補給に役立てましょう。1日数回に分けて飲みたい方は、食間にも取り入れてみてください。

ウエイトゲイナーの選び方

ここからはウエイトゲイナーの選び方を「成分」「カロリー」「フレーバー」「値段」の4つのポイントに分けてご紹介します。自分の目標に近づきやすく、無理なく継続できるウエイトゲイナーを見つけましょう。

1.成分で選ぶ

ウエイトゲイナーは豊富な栄養素を一度に摂取できるサプリメントです。継続して飲み続けるなら、自分の摂取したい成分が含まれているものを選びボディメイクに役立てましょう。糖質、脂質、タンパク質といった三大栄養素に加えて、タンパク質の代謝に欠かせない必須アミノ酸やビタミンB群にも注目してみてくださいね。

糖質・脂質・タンパク質を一緒に摂取

ウエイトゲイナーは、糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素をバランスよく摂取できる商品に注目しましょう。ウエイトゲイナーに含まれる三大栄養素それぞれの量は、商品によってさまざまです。「筋肉を作るために高タンパクなものがいい」「食事で糖質を多く摂っているので糖質控えめがいい」など、目標や自分の状況にあわせて選ぶことも大切です。

BCAA・HMB

三大栄養素に加えて必須アミノ酸を同時に摂取可能な商品を選べるのも、ウエイトゲイナーならではのメリットです。「BCAA」とはトレーニングをする際のエネルギー源になる必須アミノ酸のことで、バリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸3種類を指しています。

また必須アミノ酸のロイシンが体内で代謝されてできる成分「HMB」は、体型作りにも重要な栄養素です。ウエイトゲイナーの成分にもこだわってボディメイクに役立てたい方は、事前にチェックしてみてくださいね。

ビタミンB群

「ビタミンB群」が含まれているかどうかも、忘れずに確認しておきたいポイントです。ビタミンは体調をよい状態でキープするためにも欠かせない栄養素なので、ウエイトゲイナーでまとめて摂取したいですね。

ビタミンを10種類以上含む栄養価の高いウエイトゲイナーもありますよ。食事でビタミンを十分に摂取できていないと感じている方にも、注目してほしい栄養素です。

2.目標摂取カロリーに到達できるものを

ウエイトゲイナーは体重の増量や体型作りを目的とするサプリメントなので、摂取したいカロリーに到達できる商品を選びましょう。1日に必要なカロリーは、年齢や性別、活動量によって異なります。自分に必要なカロリーを算出し、消費カロリーよりも摂取カロリーを多くすることが体重アップへの近道です。

食事により摂取するカロリーとのバランスを見ながら、足りない分を摂取できるウエイトゲイナーを探してみましょう。体重の増加具合を確認しながら摂取量を調節してくださいね。

3.好みのフレーバーで選ぶ

ウエイトゲイナーは1回分の量が多いので、飲みやすいフレーバーかどうかも重要なポイントです。自分好みのフレーバーを取り入れたり、さまざまなフレーバーを順番に試したりなど、無理なく飲み続ける工夫をしてみてくださいね。ここでは甘みが強くまろやかな味わいのタイプと、さっぱりとしたフルーティなフレーバーの2種類に分けて特徴をご紹介します。

定番のプレーン・チョコレート・バニラ

プレーン、チョコレート、バニラなどは、多くのウエイトゲイナーで採用されている定番のフレーバーです。甘めの味を好む方は、定番のフレーバーを試してみましょう。チョコレートやココアなどのフレーバーは、牛乳で割ると美味しくいただける商品もありますよ。甘めのフレーバーが苦手な方はプレーンタイプやノンフレーバータイプを取り入れてみるのもよいでしょう。

さっぱりとした飲み心地のフルーツ系

トレーニング後はさっぱりとした味わいのフレーバーを好む方もいるでしょう。フルーツ系のフレーバーのウエイトゲイナーには、牛乳と混ぜても飲みやすいストロベリーやバナナ、柑橘系のグレープフルーツやレモンなどさまざまな種類があります。

なかでも柑橘系のフレーバーは酸味のある爽やかな味わいなので、甘すぎる味が苦手な方にもおすすめですよ。ヨーグルトとあわせて飲みやすさをアップした商品もあるのでチェックしてみてくださいね。

4.継続できる値段の商品を選ぼう

ウエイトゲイナーは、継続できる値段の商品を選択することも大切です。1日に摂取するウエイトゲイナーの量を計算し、飲み続けた場合にどの程度の金額がかかるのかを確認しておきましょう。ウエイトゲイナーの値段や味をある程度把握して継続する商品が決まったら、まとめ買いでコストを抑える方法もおすすめです。

ウエイトゲイナーのおすすめ6選

ここからはおすすめのウエイトゲイナーを6種類ご紹介します。タンパク質、脂質、糖質のバランスやカロリーをチェックして、目的にあう商品を選んでくださいね。必須アミノ酸やビタミンを多く含む商品にも注目してボディメイクに活用しましょう!

マイプロテイン ウェイト ゲイナー ブレンド

商品情報

名称:ウエイトゲイナーブレンド
内容量:2.5kg
生産国:イギリス

2種類のタンパク質を使用したウエイトゲイナーで、エネルギーは1食(100g)あたり388kcalと高カロリーです。タンパク質に加えて糖質と脂質もしっかりと摂取したい方に向いています。フレーバーはアイスラテ、ストロベリー、チョコレートスムーズ、ノンフレーバー、バニラの5種類。種類が豊富なので自分にあうフレーバーを探したい方にもぴったりですよ。

ゴールドジム 粉末 ウエイトゲイナー チョコレート風味

商品情報

ブランド:GOLD'S GYM(ゴールドジム)
メーカー名: Thinkフィットネス
エネルギー:382kcal(100gあたり)
内容量 :1000g

フィットネスクラブ「ゴールドジム」が販売するチョコレート風味のウェイトゲイナーです。タンパク質量が100gあたり約30.3gと高めなのに対し、脂質は約1.8gと低めなのが特徴。体をサイズアップしたいけれど、余計な脂肪の摂取は避けたいという方に向いています。ビタミンB群が豊富なのもうれしいポイントです。

ザプロ ウエイトゲイナー プロテイン ココア

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(649件)

>

商品情報

ブランド:武内製薬 THE PROTEIN
風味:ココア風味
商品の重量:1キログラム

こちらのウエイトゲイナーは、甘すぎない味にこだわったココアフレーバーです。まろやかな味わいながら、すっきりとした後味なのでトレーニング後にもおすすめですよ。ウエイトゲイナー約50gを牛乳200mlで溶かした場合に、約330kcalのエネルギーを摂取できます。高カロリーでボディメイクに役立つだけでなく、ビタミン11種類を摂取できるのも魅力的です。

グリコ パワープロダクション マックスロード ウエイトアップ チョコレート味

Amazonカスタマーレビュー

4.0

Amazonカスタマーレビュー

(387件)

>

商品情報

ブランド:パワープロダクション
風味:ウエイトアップチョコレート味
内容量:1kg
カロリー:1食(63g)当たり エネルギー 236kcal

三大栄養素として3種のプロテイン、2種の糖質、中鎖脂肪酸油(MCTオイル)を取り入れています。必須アミノ酸やビタミン、乳酸菌も配合されており、素材へのこだわりが詰まった商品です。食事で足りない栄養素をウエイトゲイナーでしっかりと補いたい方にぴったりですよ。定番のチョコレートフレーバーなので、ウエイトゲイナーに慣れていない方も取り入れやすいでしょう。

Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス バナナラテ

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(3,983件)

>

商品情報

メーカー ‏: ‎健康体力研究所
バナナラテ
原産国:日本
内容量:1kg

タンパク質と糖質をそれぞれ2種類ずつ組み合わせており、体重の増加や体型作りをサポート。栄養が不足しているトレーニング後のエネルギー補給にぴったりです。ビタミンやミネラルもたっぷりと配合されています。フレーバーはジュース感覚で飲めるバナナラテ風味です。水で溶かしても牛乳で割っても美味しくいただけますよ。

バルクスポーツ ウェイトゲイナー プロテイン ミルクチョコレート味

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(43件)

>

商品情報

ブランド:BULK SPORTS
風味:ミルクチョコレート味
商品の重量:1キログラム
タンパク源:ホエイ

タンパク質、脂質、糖質を高めに設計した、体重を増やしたい方にぴったりのウエイトゲイナーです。タンパク質には必須アミノ酸が豊富な「WPCプロテイン」を使用。ゆるやかに体に吸収される糖質「低GIカーボ」や、エネルギー源として素早く働く「中鎖脂肪酸」も取り入れており、商品へのこだわりを感じられます。

プロテインシェイカーもチェックしよう!

ウエイトゲイナーは1回分の摂取量が多く、商品によっては1食分を500~1000mlほどの水や牛乳で溶かすタイプもあります。そのため容量が大きめのプロテインシェイカーがあると便利ですよ。ここからはおすすめのプロテインシェイカーをご紹介するので、ぜひウエイトゲイナーとあわせてチェックしてくださいね。

Blender Bottle Pro Series Tritan Pro24

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(21,862件)

>

商品情報

ブランド Blender Bottle
材質 ポリプロピレン
色 スモークグレー
容量 700ml
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :10.4×20.0×10.4

1回量が多めのウエイトゲイナーでも安心な大容量700mlタイプです。本体の素材は防臭性に優れた「トライタン」を採用しており、衛生的に使えるのがうれしいですね。こちらのプロテインシェイカーは冷たい飲み物専用です。冷凍庫での保管や、熱い飲み物を入れての使用はできないためご注意ください。

武内製薬 ザプロ プロテインシェイカー

Amazonカスタマーレビュー

3.5

Amazonカスタマーレビュー

(99件)

>

商品情報

ブランド 武内製薬 THE PROTEIN
色 黒
容量 600 ml
特徴 プロテインシェイカー

洗いやすさや飲みやすさといった、使い勝手のよさに配慮されたプロテインシェイカーです。透明ボトルなので、ウエイトゲイナーの残量を瞬時に確認できますよ。シェイカーの口が大きく、手を入れて底のほうまでしっかりと洗えるのもメリット。こぼさないように工夫された飲み口や、鼻に当たらないキャップも快適です。

グロング GronG プロテインシェイカー

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(7,316件)

>

商品情報

材質:本体/ポリプロピレン、蓋・キャップポリエチレン
サイズ:(約)幅9.5×奥行9.5×高さ21.5cm
容量:600ml
質量:113g

スポーティなデザインがかっこいい容量600mlの商品です。クリアタイプやカラータイプなど豊富な種類からお好きなものを選べますよ。しっかりと飲み口が閉まる構造なので、シェイカーを振る際の液漏れを軽減できるのがメリット。飲み口はなめらかな素材を使用しているため、疲れが溜まったトレーニング後も気分よく栄養補給ができるでしょう。

ビーレジェンド ダンベル シェイカー

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(202件)

>

商品情報

材質:本体/ポリプロピレン、フタ/ポリエチレン
色:ブラック
容量:650ml 
耐熱温度:本体80℃/フタ60℃
耐冷温度:本体-20℃/フタ-20℃  

飲み口の広いプロテインシェイカーをお探しの方にぴったりの商品です。ボトルが太めの構造なので、水や牛乳とウエイトゲイナーがシェイカーの中で大きく動いてしっかりと混ざります。お手頃な価格で手に入るため、初めてのプロテインシェイカーとしてもおすすめのアイテム。シンプルな構造なので、お手入れをスムーズにできるのもうれしいポイントです。

VALX プロテイン シェイカー ブレンダーボトルクラシック

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(143件)

>

商品情報

ブランド:VALX
色:クリア
最大容量:600ml
商品の寸法:10.1幅 x 19.7高さ cm

ウエイトゲイナーやプロテインがダマになりにくい「ブレンダーボール」を採用したシェイカーです。ボトルの底部に丸みのある構造を取り入れているのも特徴。ウエイトゲイナーの粉末がすっきりと溶けやすくなるので、粉っぽさが苦手な方にもおすすめですよ。飲み口には人工工学を基にした構造を取り入れており、鼻に飲み口が当たる不快感がないのも魅力のひとつです。

有名プロテインブランドのザバスから販売されているプロテインシェイカーです。飲み口が広い設計なので、シェイカーの底まで洗いやすいのがうれしいですね。ボディには手に持ちやすいオリジナルの形状を取り入れていますよ。隅々まできれいに洗えるシンプルな造りなので、衛生面を重視したい方にも適しています。

全12商品

おすすめ商品比較表

マイプロテイン ウェイト ゲイナー ブレンド

ゴールドジム 粉末 ウエイトゲイナー チョコレート風味

ザプロ ウエイトゲイナー プロテイン ココア

グリコ パワープロダクション マックスロード ウエイトアップ チョコレート味

Kentai NEWウェイトゲイン アドバンス バナナラテ

バルクスポーツ ウェイトゲイナー プロテイン ミルクチョコレート味

Blender Bottle Pro Series Tritan Pro24

武内製薬 ザプロ プロテインシェイカー

グロング GronG プロテインシェイカー

ビーレジェンド ダンベル シェイカー

VALX プロテイン シェイカー ブレンダーボトルクラシック

ザバス プロテインシェイカー

Amazonカスタマーレビュー
-
-
4.1649
4.0387
4.13,983
4.143
4.421,862
3.599
4.27,316
4.5202
4.3143
4.41,547
最安値

-

購入リンク

栄養が豊富なウエイトゲイナーをボディメイクに活用しよう!

ウエイトゲイナーを選ぶ際のポイントや、おすすめの商品をご紹介しました。体重の増量やサイズアップを目指す方におすすめのウエイトゲイナー。上手く活用して、理想の体型に近づきたいですね。ぜひ本記事を参考にボディメイクの目標にぴったりのウエイトゲイナーを探してみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー