この記事で紹介されている商品
縦型ブラインドカーテンのおすすめ9選!メリット・デメリットなど解説

縦型ブラインドカーテンのおすすめ9選!メリット・デメリットなど解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

縦に長い羽をつないだデザインが特徴の「縦型ブラインドカーテン」。横型と同時に羽の角度を調整して部屋の中のプライバシーを守りつつ、光を取り入れられ、おしゃれな印象もありますよね。本記事では、縦型ブラインドカーテンのメリット・デメリットや選び方、掃除方法について解説します。おすすめの商品も必見ですよ。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

縦型ブラインドカーテンのメリット

縦型ブラインドカーテンは、閉めている状態でも羽(スラット)の角度を変えて採光と視線を調整できることが最大のメリットです。

縦のラインが強調されることで天井が高く見え、空間が広く感じられる効果もあります。 縦型ブラインドカーテンを取り入れることで、スタイリッシュな雰囲気を演出できますよ。横型ブラインドカーテンと比べて遮光性が高く、ホコリがたまりにくいのも特徴です。

縦型ブラインドカーテンのデメリット

縦型ブラインドカーテンは、一般的なドレープカーテンに比べてコストが2〜3倍かかることがデメリットといえます。

また、窓を開けたりエアコンの風で羽が揺れるとパタパタと音がします。強い風が直接当たらない限り、そこまで大きな音にはなりませんが、部屋で静かに過ごしたい人は気になる可能性も。さらに、素材によっては洗濯不可のものが多く、お手入れに手間がかかることもあるため注意が必要です。

横型ブラインドカーテンのメリット

横型ブラインドカーテンは、オフィスの窓や浴室の窓などに使われることが多く、小さな窓から大きな窓まで、ほとんどの窓に取り付けが可能です。

また、耐水性に優れた商品が多く、キッチンや浴室など湿気のある場所でも使えるのが特徴です。特に浴室に取り付ける際は、錆びにくい素材が使われている「浴室用タイプ」の商品を選びましょう。

横型ブラインドカーテンのデメリット

横型ブラインドカーテンは上下に開閉するタイプのため、リビングなどの出入りの多い「掃き出し窓」には向きません。

また、横型ブラインドカーテンは完全にスラットを閉じた状態でも光が多少漏れてしまう商品もあり、完全遮光を求めている方には不向きといえます。縦型に比べてホコリがたまりやすいため、ハンディモップやはたきなどを使ってこまめに掃除するようにしましょう。

縦型ブラインドカーテンの選び方

縦型ブラインドカーテンは、さまざまな家具メーカーから販売されています。どれを購入すればいいか迷った際は「取り付け方法」「素材」「スラット幅」「操作方法」「オーダーメイド」の5つのポイントに注目して選ぶのがおすすめです。

1.取り付け方法で選ぶ

縦型ブラインドカーテンの取り付け方法は、大きく分けて「天井付けタイプ」「カーテンレール付けタイプ」「正面付けタイプ」の3つです。ここからは、それぞれの特徴とメリットについて解説します。

天井付けタイプ

窓枠をすっきりとした印象にしたい方は、天井付けタイプがおすすめです。天井付けタイプは、カーテンボックスや窓枠の内側にブラインドカーテンを取り付ける方法で、多くがこのタイプで取り付けられています。

ただし、天井付けタイプは横幅が窓枠におさまるサイズのため、サイドや裾から光が漏れてしまうことがあるので購入の際は注意が必要です。

カーテンレール付けタイプ

カーテンレール付けタイプとは、専用ビスを取り付けて、カーテンレールにブラインドカーテンを取り付ける方法です。レースカーテンなどを併用する際にも便利なのがこのタイプ。

カーテンレール付けは壁の穴あけが不要なので、賃貸で使いたい方におすすめです。購入の際には、カーテンレール対応の有無を確認しましょう。

正面付けタイプ

正面付けタイプは、光を遮断したい寝室などにおすすめです。窓枠の上部や壁にせり出すようにしてカーテンレールを設置します

窓枠よりも左右に10cmほど長いカーテンレールを窓枠の外側に設置するため、窓枠全体を覆うように取り付けられますよ。そのため、天井付けタイプよりも外からの光を遮ることが可能です。

2.素材で選ぶ

縦型ブラインドカーテンは、選ぶ素材によって部屋の印象が大きく変わります。また、遮光・遮熱といった機能性や日々のお手入れ方法も異なるため、購入前にしっかりと確認しましょう。ここからは、縦型ブラインドカーテンの代表的な素材の「木製」「アルミ製」「プラスチック製」の3つをご紹介します。

あたたかみのある雰囲気の「木製」

木の一枚板を贅沢に使用した木製の縦型ブラインドカーテンは、部屋をあたたかみのある雰囲気にしてくれます。無垢の木で作られているものは高級感があり、まるでホテルのような上品な空間に。

木製の縦型ブラインドカーテンは、遮光性や目隠し効果が高いのも特徴です。日中でも光を遮ってくれるので、寝室にもおすすめ。またプライバシーを守り、防犯対策にもなりますよ。木製のブラインドカーテンの多くは水や洗剤が使えないため、布でさっと乾拭きするようにしましょう。

インテリアにあわせて色を選ぼう「アルミ製」

アルミ製の縦型ブラインドカーテンは、オフィスや公共施設などでもよく使用されており、書斎などの仕事部屋におすすめです。カラーバリエーションも豊富なので、インテリアに合わせて自分好みの色を選べるのも魅力。

遮熱性が高いため、節電効果も期待できます。また汚れや水にも強く、油分の多い汚れははたきやハンディモップなどでホコリを落としてから、薄めた中性洗剤を布に含ませて拭き取れば清潔に使えます。

光の入りがふんわり明るい「プラスチック製」

プラスチック製の縦型ブラインドカーテンは、光の入り方がやさしく明るいのが特徴です。アルミ製よりも静電気が発生しづらく、ホコリを吸い寄せにくいため、お手入れも簡単ですよ。

ただし、アルミ製品と比較して紫外線に弱く、耐久性も劣るため、あまり強い日の光が入らない窓に設置するのがよいでしょう。

3.スラット幅をチェック

縦型ブラインドカーテンを購入する際に、必ずチェックしたいのがスラット(羽)の幅です。スラット幅は狭いもので15mm、広いものは50mmあり、幅によって与える印象が異なります

スタット幅が広いものはスタイリッシュな印象を与えてくれますが、設置場所には奥行きがある程度必要なので注意しましょう。

スラット幅が狭いものは、コンパクトにまとまりすっきりとした印象を与えてくれ、目隠し効果も期待できます。ただし、スラットが多くなる分だけ掃除に時間がかかるものです。自分の好みや、設置する部屋に合わせてスラット幅を変えるのもよいでしょう。

4.使いやすい操作方法を選ぶ

ブラインドカーテンの操作方法は、「バトン操作」「コード操作」「ワンチェーン操作」「電動操作」の4種類があります。

  • バトン操作:バトンを回転させて調光し、バトンを引いて開閉する方法。必要な範囲をバトンで開閉できるので、出入りの多い窓におすすめ。
  • コード操作:ブラインドの昇降と調光を別々のコードで操作する方法。バトン操作のように移動せずにその場で開閉できるので、幅の広い窓におすすめ。
  • ワンチェーン操作:1本の操作チェーンで開閉と調光を操作する方法。高窓におすすめ。
  • 電動操作(ホームタコス):リモコンやスイッチで操作する方法。高窓や大きな窓、複数ある窓におすすめ。

縦型ブラインドカーテンを取り付ける窓の種類によって、使いやすい操作方法は異なります。ご自身の予算や用途に合わせて、使いやすい操作方法を選びましょう。

5.オーダーメイドを検討するのもあり

縦型ブラインドカーテンにさらにこだわってみたい方は、オーダーメイドを検討するのもよいでしょう。オーダーメイドのメリットは次の通りです。

  • サイズや仕様を1cm単位で調整できる
  • 好みの色や柄、デザインを選べる
  • 自分の生活スタイルに合った機能を選べる

オーダーメイドであれば、自分の希望通りの商品が見つからない場合でも、自分の好みや部屋にぴったりの縦型ブラインドカーテンを選ぶことができますよ。

縦型ブラインドカーテンのおすすめ9選

ここからは、縦型ブラインドカーテンのおすすめ商品9選をご紹介します。有名メーカーの商品やおしゃれで機能的な商品をまとめたので、予算や用途など自分のこだわりに合ったものを見つけてみてくださいね。

PR
イージーブラインド バーチカルブラインド ホワイト

商品情報

ブランド イージーブラインド
材質 ポリエステル(ルーバー)
商品の寸法 幅260cm x 高さ180cm
色 ホワイト

イージーブラインドの縦型ブラインドカーテンは、白を基調としたシンプルなデザインが魅力です。ルーバーの布地は非遮光と遮光とから選べ、非遮光タイプは外の光がやさしく室内に入って、部屋を明るく優しい雰囲気に。サイズ調整は横幅1cm、高さ5cm単位で調整できるため、部屋に合うサイズのものがオーダーできますよ。

PR
グラムスタイル 縦型ブラインド アイボリー

商品情報

材質 ポリエステル
商品の寸法 90長さ x 60幅 cm
ブランド グラムスタイル
色 アイボリー
不透明度 セミシアー

オーダーメイドの縦型ブラインドカーテンです。遮光1級の生地なので、全閉状態では外から入る光をしっかりと遮り、遮熱や保温効果も高くなることで節電効果が期待できますよ。操作はバトン式なので、バトンを左右に動かしてルーバーを開閉します。すっきりとしたデザインで、部屋をスタイリッシュな空間にしてくれるでしょう。取り付け方法は天井付け・正面付けのどちらにも対応しており、ドライバーがあれば取り付け可能です。

PR
グラムスタイル 縦型ブラインド グレー

商品情報

ブランド グラムスタイル
材質 ポリエステル
商品の寸法 90長さ x 60幅 cm
色 グレー
不透明度 遮光1級

グラムスタイルのグレーの縦型ブラインドカーテンは、飽きのこない洗練されたスタイルが魅力です。また、こちらのカーテン生地は1級遮光なので遮熱効果や保温力も高く、冷暖房効率もよくなります。オーダーは1cm単位で調整できるので、どんな窓にもぴったり。無地デザインで、どんなお部屋にもなじみやすいですよ。

PR
イージーブラインド バーチカルブラインド ライトグレー

商品情報

ブランド イージーブラインド
材質 ポリエステル(ルーバー)
商品の寸法 195長さ x 255幅 cm
色 ライトグレー

イージーブラインドのライトーグレーの縦型ブラインドカーテンは、清潔感があり、上品かつクールな印象を演出してくれます。昼間は外の光が入るとカーテンが控えめなシルバーやアイボリーにも見え、白の持つ優しい雰囲気に包まれるでしょう。木製のナチュラルインテリアや北欧風家具などに馴染みやすい一品です。

PR
ReHOME タテ型ブラインド

商品情報

ブランド 二チベイ
操作方法 ループコード式
制作可能サイズ:1cm単位でオーダー可能

ReHOMEの縦型ブラインドは、ファブリック・木製・彩光・遮光の4つのタイプ・全35柄から選べます。木製タイプは木のぬくもりを感じられるナチュラルなテイストにしたい人におすすめです。彩光タイプはカーテンを閉めても部屋が暗くなりにくく、圧迫感を与えないので、部屋を広々とした印象に。遮光タイプは寝室など光漏れを抑えたい部屋に選ばれていますよ。

PR
TOSO バーチカルブラインド デュアル プレーン コルト

商品情報

ブランド TOSO
素材 ポリエステル100%
操作方法 コード&バトン式、バトン式

TOSOのコルトシリーズの縦型ブラインドカーテンもおすすめです。生地は通常のカーテン生地よりも厚手で、こちらの商品は防炎加工が施されているため、火が燃え広がりにくいのが特徴です。家庭用洗濯機で丸洗いできるため、気軽にお手入れもできて清潔に使い続けられます。取り付け方法やサイズ、部品の色まで細かく選べるので、部屋や窓、シーンに合わせてぴったりのカーテンを見つけてくださいね。

PR
ニチベイ バーチカルブラインド ポポラファン

商品情報

ブランド ニチベイ
操作方法 コード式、バトン式

無地のシンプルな色合いでどんな部屋にも馴染みやすい縦型ブラインドカーテンです。透過性が低く、プライバシーもしっかり守られます。豊富なカラーバリエーションで、リビングや寝室など使う部屋に合わせてコーディネートしやすいのもうれしいポイント。かわいらしいデザインから、落ち着いたシックなものまで好みのカラーを選べますよ。

PR
TOSO バーチカルブラインド デュアルシェイプ

商品情報

ブランド TOSO
操作方法 コード式・バトン式、バトン式

TOSOの縦型ブラインドカーテンは光漏れを抑えてくれる生地なので、寝室など外からの視線や光漏れが気になる場所におすすめです。選べる個性豊かな4種類のスタイルからルーバーを組み合わせて、自分らしいコーディネートが楽しめるのも魅力。操作はコード・バトン式とバトン式から自分に合ったものを選べますよ。

PR
ニチベイ バーチカルブラインド アルペジオ

商品情報

ブランド ニチベイ

遮蔽と採光を調整しやすい縦型ブラインドカーテンです。完全に閉めた際の遮蔽性が高く、ブラインドカーテンの光漏れが気になる人におすすめ。ルーバーをたたんだ際にコンパクトなサイズ感になっているのもうれしいポイントです。二チベイの縦型ブラインドカーテンは色や素材など、バリエーションも豊富なので、自分の好みや予算に合う商品が見つかりますよ。

縦型ブラインドカーテンの掃除方法は?

縦型ブラインドカーテンの日ごろのお手入れは、はたきやハンディモップ、軍手などを用いてホコリを取り除くのが一般的です。汚れを落としたいとき、しっかり掃除したい場合の縦型ブラインドカーテンの掃除方法は、羽の素材によって異なります。

木製の商品は、水を使用せず掃除するのがポイントです。乾いた布で拭き取るか、ハンディモップでホコリを取り除いてから、必要であればワックス剤で仕上げをしましょう

アルミ製やプラスチック製の商品は、水を使用して掃除できます。通常、はたきやハンディモップなどでホコリを取り除き、油分の多い汚れは、薄めた中性洗剤を布に含ませて拭きましょう。

羽を取り外して掃除する場合の手順は次の通りです。

  • ステップ1:羽を1枚1枚取り外す
  • ステップ2:バランスウェイトを取り外す
  • ステップ3:ルーバーを洗う

基本的に、縦型ブラインドカーテンはこまめにホコリを落とすことで清潔に使うことができます。仕事の合間や換気の際にさっとお手入れするのもおすすめですよ。布のルーバーは洗濯表示に従って洗うようにしてくださいね。

縦型ブラインドカーテンで部屋をおしゃれにしよう!

高級ホテルのようなシックで落ち着いた空間を演出できる、縦型ブラインドカーテン。木のぬくもりが感じられる木製のほか、アルミ製やプラスチック製の商品などバリエーションも豊富ですよ。ぜひ本記事の選び方やおすすめ商品を参考に、自分の部屋にぴったりな縦型ブラインドカーテンを選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
オーダー式のフラットカーテンのおすすめ10選!選び方やメリット・デメリットも解説

ヒダがなく、生地本来のデザインを活かしやすい「フラットカーテン」。この記事ではフラットカーテンのメリットやデメリットをはじめ、カーテンレールに合わせたサイズの選び方やレースカーテンとのバランスについて解説します。オーダーメイドのおすすめのフラットカーテンもご紹介するので、迷ったときはぜひ参考にしてくださいね。<br>

こちらもチェック!
おしゃれなブラインドカーテンのおすすめ12選!取り入れやすい白色や木製など

スタイリッシュなデザインで、部屋の雰囲気を洗練したものにしてくれる「ブラインドカーテン」。縦型や横型、木製やアルミ製などさまざまな種類があり、何を選んだらよいか迷いますよね。そこで今回は、ブラインドカーテンの選び方とおすすめ商品をご紹介します。リビングに合うカーテンもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー