この記事で紹介されている商品
Amazon公式カードの還元率は?おすすめ高還元カードと選び方を紹介

Amazon公式カードの還元率は?おすすめ高還元カードと選び方を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「Amazon公式カードの還元率はどれくらいだろう?」「高還元クレジットカードでAmazonをお得に利用したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Amazon公式カードの特徴をわかりやすく解説します。還元率や加入のメリット・デメリット、利用上の注意点も紹介しています。

さらにAmazonと相性のいいおすすめのクレジットカードも掲載しているので、Amazonで使える高還元クレジットカードを探している方はぜひ参考にしてみてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

Amazon公式カードの還元率は1.5~2.0%!

Amazonの公式クレジットカード「Amazon Mastercard」は、ポイント還元率が高いクレカとして有名です。

通常の還元率は1%ですが、「Amazonでの利用は1.5~2.0%」「コンビニでの還元率は1.5%」です。

そのため、「Amazonでポイントを貯めたい!」という場合は、Amazonの公式カードが一番の有力候補になるでしょう。

 Amazon Mastercardの基本情報
年会費 永年無料
貯まるポイント通常 1.0%
コンビニ3社 (セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン)1.5%
Amazonでの還元率 1.5~2.0%
国際ブランド Mastercard(VISAはありません)
追加カード ETC・家族カード
付帯サービス 旅行傷害保険:最高2,000万円
ショッピング補償:年間200万円まで

Amazon Mastercardは入会費や年会費は無料で、新規入会キャンペーンが適用されていれば申し込むだけでAmazonのポイントももらえます。最短5分で即日発行できるため、セール中にAmazon Mastercardを利用したいと思ったらすぐに発行手続きができて便利です。

また、サポート体制も24時間受付しているため、Amazon Mastercardをなくしたり盗まれたりした場合でも迅速に対応してもらえるでしょう。

PR
Amazon Mastercard

商品情報

Amazon Mastercardは、三井住友カード株式会社とAmazon.co.jpが提携してサービスを提供するクレジットカードです。
審査と発行は三井住友カード株式会社によって行われます。即時発行のお申込み時間は9:00~19:00、インターネットでの口座振替設定が必要です。(それ以外の時間は最短翌営業日発行)

「Amazon Mastercard」とは?公式カードの5つの特長

Amazon Mastercardの5つの特徴を紹介します。

メリット
  • Amazonでの還元率は最大2.0%還元
  • Amazon以外でもポイントが貯まる
  • 年会費は無料!最短5分で即時発行が可能
  • 貯まったポイントをそのままAmazonで使える
  • タッチ決済や充実のカスタマーサポートも

それぞれ詳しく説明します。

こちらもチェック!
Amazon Prime Mastercardとは?基本情報やメリットを解説

Amazonを利用している方の中には、「Amazon Prime Mastercard」について気になっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、他のクレジットカードと何が違うのか分からない方も多いでしょう。 そこで本記事では、Amazon Prime Mastercardの年会費や特典などの特徴について詳しく解説します。

Amazonでの還元率は1.5%!プライム会員なら2.0%還元

AmazonでAmazon Mastercardを利用すると、普通会員の場合は支払金額1.5%のポイント還元が受けられます。

一方、プライム会員の場合は、会員専用「Amazon Prime Mastercard」を持つことができ、Amazonでの還元率も2.0%になります。もちろんAmazon Prime Mastercardでも入会費・年会費はかかりません。

Amazonプライム会員は、お急ぎ便やお届け日時指定便などが無料で利用できます。また、会員限定先行タイムセールの情報を入手できたり、Prime VideoやAmazon Music Primeを無料で楽しめたりと特典が豊富です。

Amazonでよく買い物をするのであれば、AmazonプライムとAmazon Prime Mastercardの同時加入も検討してみましょう。

こちらもチェック!
Amazonプライム会員で受けられる16個の特典をご紹介!各特典の解説も

配送料が無料になるだけでなく、AmazonプライムビデオやKindleが追加料金なしで楽しめるなど、うれしい特典が盛りだくさんの「Amazonプライム会員」。この記事ではプライム会員が受けられる特典を16個ご紹介します。会員登録を迷っている方も、すでに会員の方もぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

Amazon以外でもポイントが貯まる

Amazon MastercardはAmazonでも利用でもポイントが貯まり、Amazon以外の利用では1.0%のポイントが貯まります。

なお、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンでの還元率は1.5%です。普段からコンビニを利用している方はお得にポイントを貯められるためおすすめです。

年会費は無料!最短5分で即時発行が可能

Amazon Mastercardは、年会費や入会費が無料で発行できます。Amazonの利用頻度が減っても維持費がかからないため、気軽にもっていられるのもAmazon公式カードのメリットです。

また、Amazon Mastercardは最短5分で即時発行できます。カードの引き落とし口座がインターネット手続きに対応していれば、その場ですぐにカードの利用を開始できます(カード自体は後日郵送されてきます)。

Amazonのブラックフライデーやタイムセールで欲しい商品を見つけた場合でも、即日のうちにクレジットカードを利用できて便利です。

貯まったポイントをそのままAmazonで使える

Amazon Mastercardで貯めたポイントは、そのままAmazonでのショッピングに利用できます。Amazonのブラックフライデーやタイムセールなどでの買い物に利用すれば、お得にポイントを消費でき、当然ショッピングしたぶんのポイントも貯まります。

タッチ決済や充実のカスタマーサポートも

Amazon Mastercardには、タッチ決済の機能が搭載されています。

「Mastercardコンタクトレス対応マーク」のついている実店舗では、カードをかざすだけで決済が完了します。署名や暗証番号の入力が不要なため、スピーディに決済できるのも魅力のひとつです。

また、カスタマーサポートは24時間年中無休で対応してくれるため、Amazon Mastercardを紛失したり、盗難にあったりした場合でも営業時間を気にすることなく問い合わせができます。

Amazon Mastercardのメリットとデメリットを比較

Amazon Mastercardの特徴をお伝えしてきましたが、改めてメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット
  • ポイント還元率が通常だと1.5%、プライム会員なら2.0%
  • Amazon以外の利用でもポイントが貯まる
  • 年会費は無料
  • 最短5分で即時発行が可能
  • タッチ決済やカスタマーサポートが充実
デメリット
  • 貯まったポイントはAmazonでしか使えない
  • 海外旅行の保険が利用付帯のみ

Amazon Mastercardのメリットは先ほど説明したのでここでは割愛します。デメリットに関しては、ポイントがAmazonでしか使えないためAmazonの利用頻度が低い場合、貯まったポイントを消費するのに時間かかりお得感を味わえない場合があります。

また、海外旅行の保険も利用付帯のみのため、事前に旅費などをカードで支払わないと適用されません。

Amazon Mastercardの注意点

Amazon Mastercardは、Amazonやコンビニでの利用は高還元ですが、それ以外となると決して還元率が高いわけではありません。Amazon MastercardはおもにAmazonでの利用を想定しており、一般のショッピングや飲食店での利用は1.0%の還元率が適用されます。

そのため、「Amazonをあまり利用しない」「数ヵ月に1回ぐらいしか使わない」という方にはあまりおすすめできません。一方、毎月利用するというような方は、Amazon Mastercardをもっていても損はないでしょう。

なお、以前は「Amazon Mastercardクラシックゴールド」という上位カードがありましたが、2021年11月に廃止されました。

2024年2月現在で、Amazonの公式クレジットカードは、「Amazon Mastercard」と「Amazon Prime Mastercard」の2種類しかないので注意しましょう。

公式だけじゃない!Amazonの買い物におすすめクレジットカード3選

続いては、Amazon Mastercard以外のクレジットカードで、Amazonの買い物におすすめのクレジットカードを紹介します。

  • JCBカードW
  • 三井住友カード(NL)
  • Orico Card THE POINT

それぞれ詳しく説明します。

JCBカードW

JCBカードWの特徴
  • 新規入会キャンペーンで最大18,000円キャッシュバック
  • ナンバーレスか番号ありか選べる
  • ナンバーレスなら最短5分で発行可能
  • 家族カードとETCカード、QUICPayの追加も無料
  • 39歳までに発行すると40歳を過ぎても年会費無料

JCBカードWでは、JCBの独自ポイントの「Oki Dokiポイント」が貯まり、カード利用1,000円につき4ポイント加算されます(還元率:0.4%)。貯まったOki DokiポイントはAmazonで利用でき、1ポイント=3.5円として利用可能です。

例えば、1,000円の買い物をした場合、Amazonポイントが4ポイント貯まります。そのポイントはAmazonで14円相当(=4ポイント×3.5円)として使えるため、実質の還元率は1.4%となります。

Amazon公式カードには及ばないものの、Oki Dokiポイントは使い道が広く、新規入会キャンペーンをやっているのでとてもお得なカードといえます。

なお、「JCBカードW」は、カード発行に際し、18歳から39歳までという年齢制限があります。40歳以上の方はJCBカードWは発行できませんが、「JCBカードS」であれば発行可能です。

年会費 永年無料
貯まるポイントOki Dokiポイント
貯まったポイントはAmazonで「1ポイント=3.5円」として利用可能
Amazonでの還元率 0.4%
国際ブランド JCB
追加カード ETC・家族カード
付帯サービス 旅行傷害保険:最高2,000万円
ショッピングガード保険:最高100万円(海外)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)の特徴
  • 新規入会で最大33,100円相当のポイントがもらえる
  • 最短10秒で即時発行可能
  • 家族の登録で家族ポイントとして最大5.0%還元
  • 対象のコンビニ・飲食店で最大20%還元
  • 投資信託の購入でもポイントが貯まる

三井住友カード(NL)で貯まるのは、「Vポイント」というポイントです。通常の還元率は0.5%ですが、Amazonの場合はポイントUPモールを経由することで一部商品の還元率が4%にアップします。

還元率アップになる対象カテゴリーは月替わりなので、タイミングが合えば欲しい商品をお得にゲットできるでしょう。

また、セブンイレブンやモスバーガー、ガストなど、Vポイント加算対象店舗では最大7%のポイントが貯まるのも特徴です。

年会費 永年無料
貯まるポイントVポイント
Amazonでの還元率 最大4.0%(ポイントUPモール経由)
国際ブランド VISA、Mastercard
追加カード ETC・家族カード・バーチャルカード
付帯サービス 旅行傷害保険:最高2,000万円

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTの特徴
  • 新規入会で最大7,000オリコポイントがもらえる
  • 入会から6ヵ月はポイント還元率が2.0%になる
  • タッチ決済に対応している
  • Apple Payにも対応している
  • オリコポイントゲートウェイ経由でオリコポイントに他社ポイントに交換できる

Orico Card THE POINTで貯まるのは「オリコポイント」です。通常の還元率は1%ですが、新規加入後6ヵ月間は還元率が常に2%にアップします。

さらに、Amazonの場合はオリコモール経由で最大4%のポイント還元となります。ただし、三井住友カード(NL)と同様、ポイントアップになる対象カテゴリーが指定されているため、すべての商品でポイント還元率が高くなるわけではありません。

ただ、新規加入半年間は還元率が常に2%になります。Amazonに限らず、楽天やYahoo!ショッピングなど他のサービスでも高還元で買い物ができるのは魅力です。

年会費 永年無料
貯まるポイント オリコポイント
貯まったポイントは「1ポイント=1円」としてAmazonギフトカードに交換可能
Amazonでの還元率 最大4.0%(オリコモール経由)
国際ブランド Mastercard、JCB
追加カード ETC・家族カードなど
付帯サービス 紛失・盗難保障、トラベルサポート

Amazonポイントを効率よく貯める3つのコツ

ここまではAmazon利用におすすめのクレジットカードをご紹介してきました。続いては、クレジットカードに限らずに、「Amazonポイントを効率よく貯める方法」を見ていきましょう。

  • キャンペーンや特別オファーの利用
  • ポイントの二重取りをする
  • 高還元商品の買い物で貯める

キャンペーンや特別オファーの利用

Amazonでは、定期的にポイントアップキャンペーンが開催されています。キャンペーンにエントリーすればポイント付与率がアップするため、Amazonを利用する前には必ずキャンペーンが開催されていないかチェックしましょう。

また、AmazonのKindleストアでは「特別オファー」という還元率の高い商品が表示されることもあります。表示される条件は公開されていませんが、Amazonが定めた特定の条件を満たした場合にのみ一定の時間限定で表示されるといわれています。

単品商品や複数商品の購入が条件のものもあり、「ポイント付与率50%」という高還元オファーも少なくありません。欲しい商品に特別オファーが表示されたら、お得なうちに購入することをおすすめします。

こちらもチェック!
Amazonポイントアップキャンペーンはいつ開催?最大還元率を目指すための条件は

Amazonの「ポイントアップキャンペーン」は、いつもより多くのポイントがもらえるイベントです。プライムデーのような大型セールやタイムセールと同時開催されることも多く、エントリーしておくだけで非常にお得になります。この記事ではいつ開催されるのかやポイントがいつ付与されるのかについても解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ポイントの二重取りをする

Amazon MastercardでAmazonギフト券を購入し、それを使ってショッピングをすればポイントの二重取りができます。「Amazonギフト券の購入」と「商品の購入」の両方でポイントが貯まるということです。

なお繰り返しになりますが、Amazonプライム会員になれば、公式カードでの還元率が高くなります。「Amazonで頻繁に商品を購入する」「Amazonサービスをよく利用する」という方は、クレジットカードとAmazonプライムの同時加入も検討しましょう。

PR
Amazonギフトカード チャージタイプ

商品情報

※直接アカウントに残高追加するタイプです。
PR
Amazonギフトカード(Eメールタイプ) テキストメッセージにも送信可

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカード(デジタルタイプ)。Eメールやショートメッセージで送信できます。
Amazonで数億種の商品・サービスに利用できます。
お届けは注文完了から通常5分以内ですが、 場合により5分以上かかることがあります。
有効期限は発行から10年です。

高還元商品の買い物で貯める

「高還元ポイント特集」という企画も定期的に行われています。高還元ポイント特集のページでは、還元率5%以上の商品が掲載されています。

出典:Amazon

高還元ポイント特集のページはAmazon公式サイトのTOPページに表示されているため、開催されていないか探してみてください。

高還元ポイント特集の中には30%以上の還元率のものもあるため、「ポイント還元率の高さで商品を選びたい」という方は、積極的に利用しましょう。

Amazonはポイント還元率に注目して利用カードを選ぼう

「Amazon Mastercard」と「Amazon Prime Mastercard」は、Amazonをよく利用する方にとって持っていて損はないクレジットカードです。特に、プライム会員なのであれば、ポイント還元率が常に2%になり、入会費・年会費もかかりません。

また、「Amazon以外でも使いたい」という方は、今回ご紹介したAmazonとの相性のいいクレジットカードを選びましょう。

どのカードを選ぶにしても、ご自身のライフスタイルに合わせることが大切です。自分に適したカードをよく検討し、賢くクレジットカードを利用しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonのもっとお得な活用術のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー