この記事で紹介されている商品

【2024年】リキッドファンデーションのおすすめ10選!プチプラからデパコスまで

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

液体状で肌になじみやすい「リキッドファンデーション」。保湿成分が含まれているものが多く、乾燥肌の人にもおすすめです。ただし、プチプラやデパコスなどさまざまな商品があり、何を基準に選んでよいか迷いますよね。そこで今回は、リキッドファンデーションの選び方や30代や40代など年代の悩みに合わせて徹底解説します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

リキッドファンデーションの魅力

リキッドファンデーションは軽く塗って薄づきの自然な肌に仕上げたり、重ね塗りでカバー力をアップさせたりと使い方や塗り方を工夫して自分の好みに合わせて調整できるのが魅力です。

液体状なのでパウダータイプのファンデーションのように粉っぽく白浮きすることもありません。リキッドファンデーションは肌にのせたときにスッと馴染むように伸びがよく、塗りやすいのもうれしいポイントです。

どんな人におすすめ?

リキッドファンデーションの特徴の1つに、仕上がりタイプの豊富さがあります。

たとえば素肌に近い自然な肌に仕上げたい人はツヤタイプ、化粧崩れしやすい脂性肌の人におすすめなのはマットタイプ、肌の悩みを隠したい人にはハイカバータイプと、自分の好みに合わせて選べるのが魅力です。

そのため、リキッドファンデーションは「自分にあったものを探したい人」におすすめのコスメといえます。

リキッドファンデーションの選び方

リキッドファンデーションを選ぶときに注目したいポイントは、「プチプラorデパコス」「仕上がり」「年代ごとの悩み」「肌質」「テクスチャ」「機能性」の6つです。

これらのポイントを軸に選べば、自分に合った使いやすいリキッドファンデーションに出会えますよ。それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう!

1.プチプラorデパコス

プチプラとはスーパーやドラッグストアでも手に入る安価な商品のことです。パッケージもカラフルでかわいらしいものが多く、学生でも気軽に購入できます。デパコスとはデパートや百貨店で販売されている高級ブランドのコスメで、プチプラに比べて高価ですが、その分高品質で機能性に優れているのが特徴です。

それぞれのメリット・デメリットは次の通りです。

 メリットデメリット
プチプラコストパフォーマンスが高く、価格が安いのでいろいろな商品を試しやすい美容成分があまり入っていない
デパコス高発色で色持ちがよい、美容成分が豊富に入っている高価なので気軽に購入できず、いろいろ試しにくい

2.好みの仕上がりで選ぶ

人によって好みの仕上がりは異なるはず。リキッドファンデーションの仕上がりには「ツヤタイプ」と「マットタイプ」の2種類があります。それぞれどのような特徴があるのかくわしくご紹介します。

ツヤタイプ

素肌に近いフレッシュな印象の肌に仕上げたい人におすすめなのがツヤタイプのリキッドファンデーションです。時間が経ってもうるおいをキープしてくれるので、乾燥肌の人に向いているといえるでしょう。

ただし、ニキビ跡や毛穴など肌の凹凸が目立つデメリットがあります。化粧下地やフェイスパウダーなどを組み合わせるとなめらかな肌に仕上がりますよ。

マットタイプ

時間が経つとテカったり、ヨレたりして化粧崩れしてしまったりする脂性肌の人におすすめなのがマットタイプのリキッドファンデーションです。

ただし、顔全体に塗ると厚塗り感が出てしまうため、全体に塗るのであれば頬にハイライトを入れるとよいでしょう。また皮脂が出やすいTゾーンや小鼻のキワなど部分的に使うのもおすすめです。

3.年代ごとの悩みに合わせて選ぶ

20代で使っていた化粧品が30代40代になると合わなくなってきたと感じることはありませんか。それは年齢と共にホルモンバランスや肌の代謝の変化し、肌の悩みが変化しているのが原因です。

一般的に、年代ごとの悩みに合わせたリキッドファンデーションの特徴は次の通りです。

 主な悩み合う化粧品
20代ニキビ・吹き出ものツヤタイプ、セミマット
30代シミ・そばかすUVカットや保湿効果の高いもの
40代たるみ・シワ・くすみ保湿効果の高いもの
50代たるみの悩みが最も多くなってくる 保湿効果の高いもの

もちろん、すべての人がこれに当てはまるわけではありません。ひとつの目安として、自分の肌の悩みがどれに当てはまるのがまずは年代ごとにどう変化してきたかチェックしましょう。

3.肌質に合わせて選ぶ

リキッドファンデーションは長時間付けていることが多いので、化粧崩れしないものが理想です。ただし、肌質によって化粧の崩れ方が異なるので、自分の肌がどのタイプなのか確認して商品を選ぶようにしましょう。

乾燥肌の人は、時間が経つとうるおいがなくなりファンデーションがひび割れたり、粉っぽく浮いてきたりすることが多いのではないでしょうか。その場合は時間が経ってもうるおいをキープしてくれるツヤタイプの商品がおすすめです。

脂性肌の人は、時間が経つと額や鼻などを中心にテカりが出て、ファンデーションがよれてしまうことが多いのではないでしょうか。その場合は皮脂を吸着してテカりを防いでくれるマットの商品がおすすめです。

4.テクスチャをチェック

テクスチャーとはさわり心地やつけ心地など、リキッドファンデーションを肌にのせたときの質感のことを指します。

たとえば、リキッドファンデーションを手に出して逆さにしたときにすぐに垂れてしまう軽いテクスチャの商品は、カバー力よりもサラサラとした付け心地を重視している人に向いています。

そのほかに、手に出して逆さにしたとき垂れずにもったりとしたテクスチャの商品は、毛穴やシミなどしっかりとしたカバー力が期待できるでしょう。

リキッドファンデーションは、なめらかでクリーミーなテクスチャーが特徴が多いですが、実際に店頭で手に出して試してみるのもおすすめです。

5.機能性で選ぶ

最後に忘れてはいけないのが機能性です。ここではリキッドファンデーションにあるとうれしい3つの機能性について注目し、それぞれの特徴やメリットをご紹介します。

日焼け止め成分配合

紫外線対策に日焼け止め成分配合のリキッドファンデーションがおすすめです。通勤や通学など、日常生活ではSPF20・PA++程度のUVカット効果があればよいでしょう。真夏のレジャーやスポーツなど、日焼け対策をしっかりとしたい場合にはSPF50・PA++++程度のUVカット効果が適しています。

ただし、リキッドファンデーションを部分的に使う場合は日焼け止めにムラができてしまうため、下地に日焼け止めを塗るのがおすすめですよ。

保湿成分配合

乾燥肌の人は商品パッケージを見て、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分配合かどうかをチェックするのがおすすめです。保湿成分配合であれば、化粧をしながら乾燥を防いでくれますよ。

石けんでメイクオフ可能

毎日のメイクが肌の負担になっているか気になる人は、石けんで落としやすいリキッドファンデーションを選ぶのがおすすめです。石けんでメイクオフ可能なものは、落としやすい成分がメインのシンプルな処方のものが特徴。ミネラルや酸化鉄のマイカなどを主原料とし、敏感肌の人が気になる化学成分が含まれていない商品が多いですよ。

リキッドファンデーションのおすすめ11選

ここからは、おすすめのリキッドファンデーションを11選ご紹介します。プチプラ編とデパコス編に分けてさまざまな種類のものを選びました。予算や用途など自分の好みに合ったものを見つけてみてくださいね。

プチプラ編!リキッドファンデーション

まずはプチプラ編をご紹介します。保湿成分や美容液成分配合の商品を多く選びました。ぜひリキッドファンデーションを選ぶ際の参考にしてみてください!

PR
レブロン カラーステイ ロングウェア メイクアップ30ml 180

商品情報

梱包サイズ ‎10.4 x 3.1 x 2.9 cm; 100 g
香り ‎普通肌・混合肌用
SPF値 ‎15 SPF
商品の特徴 ‎ロングウェア
スキンタイプ ‎普通肌
商品タイプ ‎リキッド
商品の仕様、用途 ‎face, eyes
対象性別 ‎女性
カラー ‎普通肌180
サイズ ‎30ミリリットル (x 1)

プチプラで買えるのがうれしい「レブロン」から販売されている、ストレスフリーなつけ心地が魅力のリキッドファンデーションです。スキンケア成分が配合されているのが魅力。日本人の肌色に合いやすいカラー展開で、セミマット肌に仕上げてくれますよ。

PR
MAYBELLINE フィットミー リキッド ファンデーション

商品情報

ブランド MAYBELLINE(メイベリン)
カバー力 フル
商品特長 毛穴ケア
肌の色調 ミディアム
日焼け止め 22 SPF

こちらのリキッドファンデーションは、崩れにくいのに軽い付け心地が特徴です。豊富なカラー展開で自分にぴったりな色が見つかるはず。毛穴や色ムラを自然にカバーし、長時間皮脂崩れ防止してくれるので、脂性肌でお悩みの人にもおすすめですよ。

PR
KATE リアルカバーリキッド

商品情報

ブランド KATE(ケイト)
カバー力 フル
肌の色調 ライト
内容量 30ml

こちらのリキッドファンデーションはカバー力とツヤ感を兼ね揃えた1品です。ひと塗りでピタッと肌に密着し、毛穴や凹凸をカバーして素肌のようなセミツヤ肌になるのがうれしいポイント。全7色とカラーバリエーションも豊富なので自分の肌にぴったりなものが見つかるはずですよ。

PR
マジョリカ マジョルカ リキッドファンデーション

商品情報

ブランド MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ)
カバー力 ライト
日焼け止め SPF30・PA+++

ツヤ肌になりたい方におすすめのリキッドファンデーションです。トーンアップ成分配合で気になる毛穴の黒ずみやニキビあとをカバーしてくれるのが魅力。テカり防止パウダーで透明感ある肌に仕上がるのもうれしいポイントです。パッケージがかわいらしく、ポーチに入れて持ち歩きたくなりますよ。

PR
ちふれ UVリキッドファンデーション

商品情報

ブランド ちふれ
カバー力 フル
商品特長 カバー, UVプロテクション
肌の色調 オール
日焼け止め SPF35・PA+++

こちらは化粧下地とフェイスパウダーが不要になるリキッドファンデーションです。ヒアルロン酸やトレハロースなどの保湿成分配合なので、肌のうるおいを守りつつキレイな仕上がりが期待できます。

また、ウォータープルーフタイプなので崩れにくいほか、汗や皮脂でベタつかず長時間美しいベースメイクをキープしてくれますよ。

PR
インテグレート グレイシィ ホワイトリキッドファンデーション

商品情報

ブランド インテグレート グレイシィ (INTEGRATE GRACY)
カバー力 フル
肌の色調 ライト
日焼け止め SPF26・PA++
原産国 日本
内容量 25g

プチプラながらもしっかりとシミやそばかすをカバーしてくれるリキッドファンデーションです。汗や皮脂にもくすみにくいパウダーが含まれているため、透明感ある肌に見せてくれるのが魅力。ヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分配合で、みずみずしい肌に仕上げてくれますよ。

チューブタイプなので指先に少し出して小鼻のキワや目尻などの部分にトントンとのせて使うのがおすすめです。

デパコス編!リキッドファンデーション

続いて、リキッドファンデーションのデパコス編をご紹介します。定番の高級ブランドコスメはもちろん、ミネラル系のものまで選んだのでぜひ参考にしてくださいね!

PR
ベアミネラル ベアプロ リキッド ファンデーション

商品情報

ブランド bareMinerals
肌タイプ 普通肌
仕上げタイプ ナチュラル
カバー力 フル
肌の色調 オール
日焼け止め 20 SPF
内容量 30mL
原産国 アメリカ

こちらはミネラルと植物エキスをブレンドした軽いつけ心地のリキッドファンデーションです。年齢や肌悩みをカバーしてナチュラルな肌に仕上げてくれますよ。専用ブラシを使用すればファンデーションをムラなく塗れるのがうれしいポイントです。

デパコスの中では低価格帯に入るので、プチプラからデパコスのリキッドファンデーションへの変更を考えている人にもおすすめですよ。

PR
TOM FORD シェイド アンド イルミネイト ソフト ラディアンス ファンデーション

商品情報

SPF50/PA++++
ミディアム~フルカバレッジ

ツヤ感とうるおいを与えてくれる、ファンデーションとスキンケアの両方の機能を持つ1品です。軽く肌の上でのばせば、やわらかな光を反射するツヤ肌が長持ちするのが魅力。SPF50/PA++++で、紫外線からも肌をしっかりと守ってくれるのがうれしいポイントです。メイクするたびに上品なラベンダーの香りを楽しめますよ。

PR
M・A・C マック スタジオ フィックス フルイッド

商品情報

ブランド M・A・C
内容量/サイズ  32 g
原産国 カナダ
日焼け止め SPF 15/PA++

こちらのリキッドファンデーションは、素肌感をキープしながらしっかりとしたカバー力で理想の肌に仕上げてくれる商品です。

日焼け止め成分も配合されているため、毎日メイクする人にもおすすめです。カラーバリエーションも豊富なので、自分の肌に合う商品が見つかるはずですよ。

PR
Yves Saint Laurent オールアワーズ リキッド

商品情報

ブランド イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)
仕上げタイプ セミマット
カバー力 フル
商品の形状 ドロップ
ユニット数 25.0 ミリリットル
商品の個数 1
原産国 フランス
日焼け止め SPF39/PA+++

こちらはカバー力が高いマット系のリキッドファンデーションです。リキッドタイプは扱いにコツがいるものが多いですが、こちらの商品は塗りやすく、サラサラ感が特徴。誕生日や大切な人へのプレゼントにもおすすめです。

リキッドファンデーションを塗る時のコツ

リキッドファンデーションを塗るときのコツは、まず下地でしっかりと肌を整えてから、リキッドファンデーションをのせて肌をこすらず、優しく伸ばすのが基本です。

塗り方は、スポンジや指の腹を使ってトントンと軽く叩いて仕上げます。順番は面積の大きい額や頬を先に塗り、目や口、鼻の周りなどのキワは最後に塗りましょう。

そのほかには次のようなことを意識してリキッドファンデーションを塗ると、仕上がりがよりよくなりますよ。

  • よく振ってから手の甲に出す
  • 頬上部を中心をしっかり塗り、フェイスラインをぼかす
  • 物足りないときには、スポンジで少しずつファンデーションを重ねる

リキッドファンデーションがうまく肌にのらない!とお悩みの人はぜひ試してみてくださいね。

理想の仕上がりになるリキッドファンデーションを選ぼう!

リキッドファンデーション選びで着目したいポイントについてご紹介しました。プチプラやデパコスなどの価格帯の違いだけでなく、肌質や年代による悩み、機能性などにもこだわることで、より自分好みのリキッドファンデーションに出会えますよ。こちらでご紹介した商品を参考に、ぜひ理想の仕上がりになるものを見つけてみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

コスメ・化粧品のカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー