この記事で紹介されている商品

シャー芯のおすすめ10選|濃さや太さの違い・勉強がはかどる芯の選び方

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

さまざまなメーカーから販売される「シャー芯(シャープペンシルの芯)」は、商品によって特色があり、パフォーマンスも多様です。本記事ではメーカーごとの特徴や、太さ、濃さの違いなど、シャー芯を選ぶときのポイントをわかりやすく解説。記事の最後では、勉強中に折れにくく、なめらかな書き味が魅力の高品質なシャー芯を10点ご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

シャー芯の種類

シャー芯にはさまざまな種類があり、「太さ」「濃さ」「メーカー」によってそれぞれ特徴が異なります。日記や細かい書き物をする際には細めの芯を、速記や強度を求める場合には太めの芯といったように、使用する状況に合わせてシャー芯を選ぶことが大切です。

また、同じシャー芯であってもメーカーによって特徴が異なり、使い勝手にも違いがあります。どのような種類のシャー芯があるのかを理解することで、自分にあったシャー芯を選びやすくなりますよ。

太さ

太さのラインナップも豊富なので、用途に合わせてシャー芯を使い分けるとよいでしょう。ここでは、手に入れやすい0.3mm、0.5mm、0.7mm、0.9mmの使用ポイントについて解説します。

0.3mm

製図作成のときに使われるほど、こまかい線が書ける0.3mm芯は、狭いスペースに字を書きたいときに便利。細い芯は紙との摩擦が少ない分、書きやすいメリットがありますが、芯が細くて折れやすいので筆圧が強い方は注意が必要です。心配な方は、芯が折れにくいタイプやシャーペンを選ぶと使いやすくなるでしょう。

0.5mm

読みやすくて、はっきりした字を書く場合には0.5mmのシャー芯がおすすめです。漢字や平仮名のように複雑な文字を使う日本人に適した太さといわれており、メインで流通するようになりました。そのため、商品ラインナップも豊富で自分好みのシャー芯やシャーペンを選びやすいのもうれしいポイント。日常使いには、0.5mmのシャー芯が最適でしょう。

0.7mm

少し太めの0.7mmは、紙と接する面も広がるので安定した書き心地が魅力です。実は海外では0.7mmがポピュラーで、細すぎず、折れにくいシャー芯として愛用されています。また、漢字に比べて画数の少ないアルファベットに適した太さなのも選ばれている理由のひとつ。折れにくくて安定感のあるシャー芯が欲しい方は、一度試してみてくださいね。

0.9mm

とにかく折れにくいのがメリットの0.9mmは、芯が太いので鉛筆に近い感覚で書けます。筆圧を調整すれば濃淡も出せるため、強調したいときには太く、濃く書くなどアレンジが再現しやすい特徴も。アイデアをメモする際や整理するときにも便利ですよ。細い芯と比べると、消した跡が残りにくいメリットもあります。

濃さ・硬さ

シャー芯は濃さや硬さにも多くの種類があり、H(Heard)とB(Black)に加えて数字を使用して分類されています。筆圧やクセに応じて使いやすいタイプが異なるので、ぜひこの機会に特徴をつかんで、自身にぴったりの使いやすいシャー芯を選んでくださいね。

H

「Hard」の意味を表すHは、芯が硬くて濃度が薄いのが特徴です。そのため「4H」のようにHと組み合わせた数字が高くなるほど、硬くて色が薄い芯になります。Bと比べると書いている最中に手につきにくく、細かい字や薄く書きたい場合に向いていますよ。筆圧の強い方は、H型のシャー芯がおすすめです。

HB

HとBの性質を持ちあわせたHBは、ポピュラーなシャー芯の硬度です。柔らかくも硬くもなく使いやすいので、幅広い用途の書きものに使えますよ。また、マークシートの記入にはHBが定番として使われています。迷ったときにはHBを選んでおけば、万能に使えて便利です。

B

「Black」を表すBは、芯が柔らかく濃度が濃い硬度を表します。Hと同じように数字が高くなるほど、芯が柔らかくて濃い文字が書けるようになるので、筆圧が弱い方やはっきりした字に仕上げたいときにおすすめです。小学校では2Bを指定されることが多く、スラスラ書けるうえに消しやすいのも魅力です。

メーカー

シャー芯を選ぶ際はメーカーごとの特徴にも着目してみましょう。各社各様のこだわりがあるので、いろいろなシャー芯を試して、ぴったりのものを見つけるのもよいでしょう。ここではそれぞれの特徴を詳しくご紹介します。

ぺんてる

「Ain STEIN(アインシュタイン)」を主力に販売してきたぺんてるは、2013年になめらかさをさらに向上させた新ブランド「Pentel Ain(ぺんてるアイン)」を発売。さらに、折れにくさや濃さなど、シャー芯に求められる要素を従来品よりも高レベルで再現しています。気になる方はぜひ試してみてくださいね。

三菱鉛筆

「uni」のブランドでも親しまれる三菱鉛筆は、ナノダイヤを配合した高性能な芯と紙に密着しやすいスマッジプルーフ製法を採用。それにより、マーカーを引いても滲みにくく、擦れに強くはっきりした文字を書きやすくなっています。ダンボール素材のパッケージに本体4個分が入った詰替え用の替え芯も、サステナブルな商品で魅力的です。

パイロット

パイロットの「ネオックス・グラファイト」は長年の研究によって不純物を極限まで排除してつくられた超高純度な芯が特徴。一般的に黒鉛は、純度が高くなるほど芯の強度が高まるためパイロットのシャー芯は折れにくく丈夫な芯といえます。書いている最中に芯が崩れるストレスも軽減されるので、筆圧が強い方にもおすすめです。

ゼブラ

とても硬くて長持ちしやすいデルガード替芯。強度が高く折れにくさが特徴です。ゼブラから販売されているデルガードというシャーペンと使うと、さらに効果を発揮しやすくなります。「もう折れない」をキャッチコピーに掲げるシャーペンが気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。もちろんデルガード以外のシャーペンでも使えます。

トンボ鉛筆

トンボ鉛筆が販売しているのは、消しゴムでも有名な「MONO」シリーズ。書いたときの紙との摩擦が極めて低く、なめらかな書き心地が特徴の高性能なシャー芯です。キャップの蓋は左右に動かすと「1本出し」か「まとめ出し」を選べるダブルガイドケースを採用。また、ケースデザインが5パターン展開されているので、好みのカラーを選べるのも楽しいですね。

コクヨ

太さも硬度もラインナップが豊富なコクヨは、なかでも太めのシャー芯がおすすめです。一番太いもので1.3mmの芯径が2B、B、HBの3種類で販売されていて、書き心地はまるで鉛筆のよう。絵を描いたり、デッサンしたりするのにも最適ですよ。

サンスター文具

サンスター文具から紹介したいのは「メタシル」という、鉛筆でもシャーペンでもない新しい形の筆記具です。先端は鉛筆のような形ですが、黒鉛と金属からつくられた特殊な素材が採用されていて、芯の摩擦が著しく少なくなっています。

そのため、削らなくても16kmも書き続けられるという驚きの性能を実現しています。硬度は2H相当で、替芯も販売されているので長く愛用できます。気になる方はぜひ試してみてくださいね。

勉強におすすめのシャー芯の条件とは?

集中力を継続するためにも、なめらかな書き味と強度のあるシャー芯を選ぶことが大切です。シャー芯のなかでも主流の0.5mmの芯径で、BかHBの硬度を選んでおけば困ることは少ないでしょう。

また、高純度の芯を採用している「折れにくいシャー芯」を使うのもおすすめです。それでも折れやすい場合には、シャー芯の硬さと筆圧が合っていない可能性があるので、筆圧が強ければ硬めの芯を選ぶなど、自身にあった硬度を使うとよいですよ。

しかし、あまりにも柔らかい4Bなどを選んでしまうと、擦れて手やノートが汚れやすくなるので注意してくださいね。

最後に、シャーペンに慣れていないお子さんには、少し太めの0.7mmがおすすめです。芯が太い分安定して、はっきりした字を書きやすくなりますよ。

絵を描くのにおすすめのシャー芯の条件とは?

一般的に、0.5mm以下の細めのほうがこまかい部分まで表現しやすいため好まれますが、描きたい絵によって適切な太さは異なります。

製図のように細かいものを描きたいなら0.3mmの細いタイプ、ラフ画のようなデッサンであれば0.7〜0.9mmの太めの芯がおすすめです。どんな絵を描くときでも対応できるように、芯径を幅広く揃えておくと便利ですよ。

また、鉛筆のように滑らかな書き味を再現したい場合は、B型の柔らかいタイプが描きやすく感じるでしょう。図を描く場合にはH型の硬くて滲みにくい芯のほうが適しているかもしれません。濃さと太さをうまく組み合わせて、描きたいものに合わせた芯選びをしてくださいね。

おすすめのシャー芯10選

種類が豊富なシャー芯は、選ぶときに迷ってしまうこともありますよね。ここからは、特におすすめのシャー芯を10点ご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

PR
ぺんてる シャープペンシル替芯 Ain替芯 シュタイン 0.3mm H C273-H

商品情報

・ブランド:ぺんてる
・芯径:0.3mm
・硬度:H

ぺんてる製品の中でも、強度が魅力のシュタインの替芯。芯を内部から支えるフレームを施すことで、非常に折れにくいシャー芯を再現しています。一般的に芯は、硬くなると薄くなり濃くなると柔らかくなるものですが、強度と濃度がどちらも高いレベルでバランスよく作られているのもおすすめポイントのひとつです。

PR
ぺんてる シャープペン芯 アイン シュタイン HB XC275HB-3P

商品情報

ブランド:ぺんてる
芯径:0.5mm
硬度:HB
サイズ(単品):幅40×奥行7×長さ140mm

上記と同じシュタインシリーズの替え芯が、3個パックになった商品です。HBで0.5mmの太さは用途の幅がとても広いので、まとめ買いにぴったり。単品で買うよりもお得なので、学生をはじめ日頃からシャーペンを使う方はこちらの商品がおすすめです。

三菱鉛筆 シャープペン芯 ナノダイヤ 0.5 HB 3個 U05202ND3PHB

芯に超微粒子のナノダイヤが配合されたことによって、芯内部での摩擦が低減し、従来よりもなめらかで書きやすくなったシャー芯です。また、強度に優れくっきりした書き味も特徴で、筆圧の強い方にもおすすめ。ケースの蓋は二段階仕様のため、一度に取り出す本数を調節できるようになっています。

PR
三菱鉛筆 Hi-uni ハイユニ シャープ替芯 0.5mm B HU05300-B

商品情報

ブランド:三菱鉛筆
芯径:0.5mm
硬度:B
40本入

従来の替芯に比べて強度が20%向上したHi-uniのシャー芯は、書いている途中で芯が折れるといったストレスの低減が期待できます。また、芯の減りが少ないので、コスパのよい商品ですよ。シンプルで、どこかレトロな雰囲気もあるパッケージがかわいいですね。

PR
パイロット シャープ替芯 ネオックス・グラファイト P-HRF3G20-HB

商品情報

ブランド:パイロット
芯径:0.3mm
硬度:HB
20本入り

高純度の黒鉛を使うことで強度を向上させたネオックス・グラファイトは、濃くてクリアな筆跡が特徴です。不純物が少ないので書いているときも引っかかりにくく、書きやすい点も魅力的。0.3mmの細い芯ですが、折れにくさとなめらかな書き味が期待できるでしょう。細かい作図や小さな字を書きたいときにぴったりです。

PR
ゼブラ P-LD10-2B デルガード替芯N 0.5 2B

商品情報

ブランド:ゼブラ
芯径:0.7mm
硬度:2B
40本入り

本商品はどのシャーペンにも使えますが、デルガードのシャーペン本体と一緒に使うのがおすすめです。本体の軸内部にシャー芯を誘導する部品を採用することで、芯が折れたり、詰まったりするストレスを低減できるとされています。集中が途切れにくいシャーペンを実現しました。購入の際は、ぜひデルガードのシャーペンとセットで試してみてくださいね。

PR
コクヨ PSR-HB13-1P シャープ芯 1.3ミリ HB

商品情報

ブランド:コクヨ
芯径:1.3mm 
硬度:HB
10本入り

鉛筆のような感覚で書ける1.3mmの芯径は、字を書くだけでなく、マークシートの記入やデッサン用に便利です。太くて折れにくいため、シャーペンを使い始めるお子さんの練習用としても最適。持ち運びやすそうなスリムなデザインケースも魅力的ですよね。コクヨから販売されている「鉛筆シャープ」と使うと、さらになめらかな書き味が体感できるでしょう。

PR
トンボ鉛筆 シャープペン芯 MONO モノグラフMG 0.5 B 3個 ECG-320

商品情報

ブランド:トンボ
芯径:0.5mm 
硬度:B

なめらかな書き味にこだわり、使いやすさを凝縮した高性能なシャー芯です。MONO消しを思わせるパッケージがかわいらしいですね。お得な3個セットなので、まとめ買いにおすすめです。また、シャー芯の1本出しができる点もポイント。まとめて出したい場合には数本出せる「まとめ出し」も可能ですよ。

PR
サンスター文具 替芯 メタシル 替芯 S4453042

商品情報

ブランド:サンスター
硬度:2H相当
サイズ:W6×H 16mm
材質:特殊黒鉛・銅
執筆可能距離:約16km

削らなくてもノックしなくても長時間書けるメタルペンシル専用の替え芯です。メタシルライトノックには使えないので、注意してくださいね。芯がなくなったときや、こまかい線を書きたいときは交換のタイミング。接続部分はねじ式なので、クルクル回すだけで誰でも簡単に交換できますよ。硬度は2H相当で少し薄めです。

三菱鉛筆 シャープ芯 ユニ ナノダイヤ カラー芯 0.5mm 7色 uni0.5-202NDC

こちらは、異なる7色がセットになったカラーの替え芯で、ノートのポイント使いやイラストを描くのにも便利です。もちろん消しゴムできれいに消せますよ。約4億個のナノダイヤを配合した結果、従来の商品よりも40%も折れにくい仕様に改良されました。鮮やかな発色となめらかな書き心地も使いやすさのポイントです。

ぴったりのシャー芯選びで、ストレスのない書き心地を手に入れよう

太さ、硬度、メーカーの特徴など、実は商品によってさまざまな違いがあるシャー芯。ノートの記入はもちろん、デッサンや製図など幅広い書きものを楽しめます。本記事で紹介した選び方やおすすめ商品を参考に、自分に合ったシャー芯を選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー