この記事で紹介されている商品

キャリーカートのおすすめ10選と選び方!子ども連れのキャンプや釣りにも活躍

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

荷物をまとめて運べる「キャリーカート」があれば、釣りやキャンプなどのアウトドア、子どもとのお出かけにも便利。ワゴンタイプやコンパクトタイプなどの種類があり、1台あれば幅広いシーンで活躍します。本記事では、キャリーカートの選び方とおすすめの商品をご紹介。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

キャリーカートとは?

キャリーカートとは、たくさんの荷物を乗せて運べる車輪付きのカートのこと。キャリーハンドルとキャスターで、スーツケースのように引いて移動します。手持ちだと一度に持ち運べる荷物の量や重さは限られますが、キャリーカートなら100kg程度の大小さまざまな荷物を楽に持ち運ぶことが可能です。テントやクーラーボックスなどの大きくて重い荷物も運べるので、車からキャンプサイト間を何度も往復する手間が省けますよ。

さらに、たくさんの荷物を手に持つと両手が塞がって視界が悪くなってしまいますが、キャリーカートを使えば足元を確認しながら運べるので安全です。

キャリーカートが活用できるシーンは?

たくさんの荷物を一度に運搬できるキャリーカートはさまざまなシーンで活用できるので、1台あるととても便利なアイテムです。アウトドアから普段の買い物まで重宝するので、ぜひご家庭に導入してみてくださいね。

キャンプ・釣りなどアウトドア

キャンプや釣りなどのアウトドアでは、テントやクーラーボックス、チェアなどサイズや重さがあるアイテムを多く使用します。キャリーカートならさまざまなサイズのアイテムを一度に運搬できるため、車とキャンプサイト間を何度も往復する手間が省けて便利。釣り竿などの小物もまとめて持ち運べるので重宝します。

買い物

食料品をまとめ買いすると、車と家を何度も往復することになってしまいます。特にお米やペットボトル、灯油などはサイズも重さもあり、駐車場から家まで距離がある際は持ち運ぶのに負担がかかって、帰るまで一苦労ですよね。
そんな荷物をキャリーカートに積めば楽に持ち運べ、移動時の疲労も軽減してくれますよ。

キャリーカートの選び方

キャリーカートにはさまざまな種類があるため、ここからはキャリーカートの選び方を6つのポイントに着目して解説します。

  • 種類収納性
  • コンパクトさ
  • 耐荷重
  • キャリー、タイヤの大きさ
  • 耐久性ハンドルの操作性機能性

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

1.用途に合った種類で選ぶ

キャリーカートには、主に「ワゴンタイプ」と「コンパクトタイプ」の2種類があります。形状だけでなく使い勝手も異なり、運びやすい荷物の種類も違うので、用途や使用シーンなどに合ったタイプを選ぶことが大切です。それぞれの特徴や違いを詳しく解説するので、自分に合う種類のキャリーカートを選んでみてくださいね。

キャンプで大活躍!ワゴンタイプ

ワゴンタイプのキャリーカートには深さがあり、大小さまざまなサイズのアイテムをたくさん入れられます。テントやキャンプチェアのような複雑な形状のものから、クーラーボックスのような重いものまで楽に運搬できるので、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンで大活躍してくれますよ。

なかには100kg以上収容できるものもあり、ファミリーキャンプや野外フェスなど、重量のある荷物が多いときにも便利です。4輪で安定感もあり、倒れにくいため荷物を傷つけることなく安全に運べるのもポイント。足場が悪い芝生や砂浜などの場所でも楽に移動できるものが多いので、幅広いシーンで役立ちますよ。

釣りや買い物にも便利!コンパクトタイプ

釣りや買い物、オフィスなどで使うならコンパクトタイプのキャリーカートが便利。ボックスが付属しているタイプと、荷台に荷物を置いてロープで固定するタイプの2種類があり、軽量なものが多いのが特徴です。ボックスタイプは細々としたアイテムの運搬に向いており、ロープで固定する手間もないので手軽に使えます。

荷台のみのタイプは幅の制限がないのでどんな形状のものでも載せやすく、クーラーボックスや段ボール箱などの大きな荷物を重ねて運べるので、引越し作業にもぴったりです。
2輪の商品が多く、コンパクトで扱いやすいのが魅力。スリムに折りたためるモデルもあるので、玄関のちょっとしたスペースに収納したり、車のトランクに入れておいたりしても邪魔になりません。ワゴンタイプよりも価格がリーズナブルなのもうれしいポイントです。

2.収納性・コンパクトさで選ぶ

キャリーカートは大型なものが多いためかさばりやすく、収納時に多くのスペースを必要とします。省スペースで収納したいなら、なるべくコンパクトに折りたためるものを選びましょう。

特に、大容量のワゴンタイプのキャリーカートは、折りたたんでもサイズや形状によってはかさばり、場所をとってしまうことがあります。他の荷物と一緒に車のトランクに詰めたいなら折りたたんだ際のサイズもチェックしておきましょう。

また、折りたたみ方や組み立て方も確認しておきたいポイント。ワンタッチで展開・収納できるものなら手間がかからず使いやすいですよ。

3.耐荷重で選ぶ

テントやクーラーボックスなどの重い荷物をたくさん運びたい場合は、キャリーカートの耐荷重もチェックしておきましょう。耐荷重とはどれくらいの重さまで荷物を入れられるかを表しており、耐荷重を超えて荷物を積んでしまうと破損や故障につながる恐れがあります。

ファミリーキャンプやバーベキューなどで使うなら、耐荷重が100kg以上あるモデルだと安心です。中には耐荷重が150kgの商品もありますよ。なお、子どもの体重が耐荷重以下の場合でも、事故につながる可能性があるため子どもは乗せないようにしましょう。

4.キャリー・タイヤの大きさ・耐久性で選ぶ

キャリーカートを長く使いたいなら耐久性もチェックしておきましょう。特に重い荷物を入れて運搬する場合はタイヤに負担がかかるため、タイヤの耐久性は重要なポイントです。

タイヤが大型なら重い荷物も安定して運べ、砂利道や河原などの悪路でも移動しやすいのがメリット。タイヤの幅が広いほど安定して荷物の運搬ができ、タイヤの直径が大きいと小石や段差なども楽に乗り越えられます。

一方、主に舗装された道で使うなら小型のタイヤでも十分でしょう。細いタイヤは小回りが利きやすく、狭い場所でも移動しやすい特徴があります。軽量なモデルも多いので扱いやすいですよ。

5.ハンドルの操作性で選ぶ

重い荷物をたくさん入れても動かしやすいように、ハンドルの操作性もチェックしておきましょう。ハンドルには主にT字型とO字型の2種類があり、T字型は力を入れやすいのが特徴。

一方で、指への負担がかかりやすく、一方向からしか握れないためカーブしにくい場合があります。O字型はさまざまな方向から自然な形で握れるので、力に自信がない方でも動かしやすいですよ。

さらに、ハンドルが上下だけでなく左右にも動くものだと力が伝わりやすく、直進しやすいのでおすすめです。使う人の背丈に合わせてハンドルの長さが調節できるかもチェックしましょう。

6.機能性で選ぶ

使い勝手の良いキャリーカートを選びたいなら機能性もチェック。タイヤにクッション素材が使われているものなら移動の際の音も静かなため、人が多い場所や夜間にも使いやすいですよ。荷物を人の目に触れないように持ち運びたいならトップカバー付きがおすすめです。

カバーをかけることで荷物の飛び出しを防ぎ、急な雨からも守ってくれるので安心ですね。
キャリーカートの中には、天板を取り付けて簡易的なミニテーブルや椅子として使えるものもあります。複数人でのキャンプにも役立ち、地面に直接置きたくないアイテムを置くのにも重宝しますよ。

ワゴンタイプのキャリーカート5選

さまざまな形のものがたくさん入るワゴンタイプのキャリーカートは、子どもとのお出かけやアウトドアなどにぴったり。テントやクーラーボックス、三輪車など幅広いアイテムの運搬に役立ちます。重い荷物が多くても安心な、耐荷重が高いモデルもありますよ。ここでは、ワゴンタイプのキャリーカートのおすすめ商品を5つご紹介します。

PR
SUDOO キャリーワゴン

商品情報

材質:ポリエステル(本体生地 オックスフォード織)、スチール(フレーム)、PP+PVC(タイヤ)
展開サイズ:(約)W53×D95×H60 cm ハンドル高99cm
収納サイズ:(約)W20×D30×H80cm
ワゴン容量:約126L
重量:14kg (付属品含む)
積載重量:150kgL 

360度回転する約10cmの大型タイヤが備わっており、芝生や砂浜などの不安定な地面でも楽に移動できます。使用時は、カバーを外してワンタッチで展開できるので、誰でもスピーディに組み立てられて便利。スチール製のフレームを採用していて耐久性が高く、約150kgの重さまで荷物を入れられます。コンパクトに折りたためるので収納しやすいですよ。

PR
MR. NOMADS キャリーワゴン

商品情報

サイズ:幅93cm、横53cm深33cm
静止耐荷重:150kg

軽量で高強度なスチールをフレームに採用しており、約150kgまで荷物を積むことが可能。摩擦耐性の高いポリウレタンを採用した特大タイヤにより、悪路でも安定して荷物の運搬ができます。ワンタッチでコンパクトに折りたためるので、省スペースで収納でき、車への積載もしやすく便利です。

PR
CHIAMING アウトドアワゴン

商品情報

収納容量:約100L
耐荷重:100kg
本体重量:10.7kg
展開後サイズ:102-125×53×56cm
折り畳みサイズ:27×21×75cm

100Lの大容量で、約100kgまでたっぷり荷物の運搬ができるキャリーカートです。後部を開けることで、テントや釣り竿など長さのある荷物も収納でき、幅広いシーンで活躍します。ダブルベアリング搭載のタイヤはどんな道でも楽に移動できるので、公園やビーチなどでも使いやすいですよ。折りたためば車のトランクにも入れられます。

PR
コールマン キャリーカート

商品情報

サイズ:使用時:約106×53×100(h)cm/収納時:約18×40×77(h)cm/荷台:約88×42×31(h)cm
重量:約11kg
耐荷重:約100kg
付属品:フック付きラバーバンド、収納ケース

約100kgの耐荷重で、テントやクーラーボックスなどの重い荷物も楽に持ち運べます。両サイドにはDリング付きで、付属のフック付きラバーバンドを使えば荷物が落ちないように固定しながら運搬できて便利。専用の収納ケースが付属しており、キャリーカートを折りたたんでケースに収めると収納しやすいコンパクトサイズになります。

PR
WAQ アウトドアワゴン

商品情報

商品サイズ:
 使用時(全体) : (約)幅49cm×長さ95cm×高さ90cm
使用時(荷台部分) : (約)幅49cm×長さ91cmcm×高さ35cm
収納時 : (約)幅34cm×奥行23cm×高さ76cm

幅8.5cm・直径21cmの特大サイズのワイドタイヤで、未舗装路などのタイヤが転がりにくい場所でもスムーズに移動できます。106Lの大容量サイズと150kgの耐荷重で、テントやクーラーボックスなどの荷物もたくさん運搬できて便利ですよ。4点折りたたみ式でコンパクトに収納でき、大容量にも関わらず、車にも楽に積載できるのがうれしいですね。

コンパクトタイプのキャリーカート5選

コンパクトタイプのキャリーカートはクーラーボックスや段ボールなどを重ねて積みやすく、釣りや引っ越しなどに活躍します。ワゴンタイプよりもコンパクトで価格が手頃なのも特徴で、荷物があまり多くないソロキャンプにもおすすめですよ。ここでは、コンパクトタイプのキャリーカートのおすすめ商品を5つご紹介します。

PR
MERMONT キャリーカート

商品情報

使用時外寸サイズ(約):幅38×奥行き33×高さ36cm(取っ手含む高さは43・63・85cmの3段階)
使用時内寸サイズ(約):幅33×奥行き29×高さ30cm
収納時サイズ(約):幅38×奥行き8×高さ43cm
重量(約):2.3kg
耐荷重(約):35kg

コンパクトに折りたため、組み立ても簡単なキャリーカートです。サイドロックが付いていて安定して荷物の運搬ができ、キャリーハンドルは2段階で高さ調節が可能。耐荷重約90kgの天板が付いており、天板を取り付けると簡易的なミニテーブルや椅子としても使えて便利です。折りたたむとスリムになり、省スペースで収納できますよ。

PR
L.Y.F LAB キャリーカート

商品情報

 使用時:45×25×97cm
収納時:45×25×11cm
重量:約2kg
付属の当社オリジナル荷締めゴム:約100cm

4つのタイヤすべてが回転するので、荷物をたくさん積んで重くなっても楽に運搬できます。折りたたむとスリムでコンパクトなサイズになるので、車のトランクに常備しておいても邪魔になりません。約100cmの横滑り防止ゴムが付属しており、二段に積んだ荷物も安定して持ち運べますよ。

PR
キャンパーズコレクション キャリーカート

商品情報

本体サイズ:幅34×奥行46×高さ100cm
本体重量:3.5kg
材質:スチール(粉体塗装)
原産国:中国
安全荷重:60kg

直径約15cmと大きめのタイヤで、ちょっとした段差なら楽に越えられます。フレームには丈夫な角フレームを採用し、荷物をしっかりと支えて約60kgまで運搬できて便利です。ベースとハンドルはスリムに折りたためるので、すき間にもすっきりと収納できますよ。

PR
不二貿易 キャリーカート

商品情報

商品の寸法 43D x 9.5W x 23.4H cm
ブランド 不二貿易(Fujiboeki)
材質 木材
色 ブラック
特徴 コンパクト

耐荷重約25kgで、水や灯油などの重いものも楽に運べるキャリーカートです。ハンドルを収納すると高さ約41.5cmとコンパクトサイズになるので、低めのトランクにも積みやすいですよ。さらに折りたたむと奥行き約8cmとスリムな厚さになり、ちょっとしたすき間にも収納可能。プラスチック製で汚れに強く、お手入れも簡単にできます。

PR
サンワダイレクト 折りたたみ キャリーカート

商品情報

製品サイズ:組立時/約W432×D394×H1000mm、折りたたみ時/約W432×D150×H635mm
収納部有効内寸:約W340×D275×H490mm
収納容量:約56リットル
製品重量:約3.2kg

厚み3.5cmのファイルボックスなら約14冊、2Lのペットボトルなら約18本入り、オフィスから普段の買い物まで幅広いシーンで活躍します。ハンドルや本体はコンパクトに折りたため、幅約14cmとスリムになるので収納しやすく車にも積みやすいですよ。本体の重さは約3.1kgで、折りたたんだ際にも楽に持ち運べます。

たくさんの荷物が楽に持ち運べるキャリーカートが便利

キャリーカートの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。たくさんの荷物が楽に持ち運べるキャリーカートがあれば、普段の買い物からアウトドアまで幅広く活躍します。ぜひこの記事を参考にして選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー