この記事で紹介されている商品

チューブ味噌のおすすめ10選!味わいやタイプごとに人気の商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

時間がないときでもパッと味噌汁を作りたい。一人暮らしの自炊で味噌汁を作りたい。そんなときに便利なのが「チューブ味噌」です。今回はチューブ味噌の魅力や選び方などを詳しく解説します。記事の後半では人気メーカーのおすすめ商品もご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

チューブ味噌の魅力

最近はスーパーで見かけることも多くなったチューブ味噌。プラスチック容器に入った固形の味噌とは明らかに見た目が異なりますが、あえてチューブ味噌を選ぶ利点について気になる方も多いのではないでしょうか。ここではチューブ味噌の魅力について解説します。

一人暮らしでも使い切りやすい

チューブ味噌は使いやすい容量であることが大きな魅力。とくに一人暮らしや味噌汁を毎日作らないような家庭では重宝されるサイズ感です。一般的な固形味噌は大きめの容器に入っているものが多く、使用頻度が少ないと賞味期限内に使いきれないこともあるのだとか。チューブ味噌なら比較的容量が少ないため、賞味期限内に使い切ることができて食品ロスを防げます。

溶けやすいため手間を省ける

チューブ味噌は固形味噌と違って溶けやすいのも魅力のひとつ。固形味噌を使って味噌汁を作る場合、お玉やこし器、マドラーなどを使って味噌がダマにならないように少しずつ溶かさなければなりません。この作業が意外と手間と感じる上、調理器具の洗い物も増えて一苦労。

その点、チューブ味噌なら液状になっているため、必要な量を計ったら投入するだけでOK!ダマになりにくく均一に味噌が溶け込みます。

チューブ味噌のデメリット

チューブ味噌の難点は塩分過多になる恐れがあること。固形味噌とは製造方法が異なるため、人によっては塩分が濃いと感じてしまうかもしれません。また、手軽に使えるからこそ、味噌汁を作る頻度が高くなり、結果として塩分過多になってしまう場合もあります。

味噌汁1杯あたりの塩分量はおよそ1.2g。1日の塩分摂取量は男性が8.0g、女性が7.0gとなっており、1回の食事につき1杯の味噌汁であれば問題はありませんが、塩分量を気にしている方はチューブ味噌の使い過ぎに気を付けましょう。

チューブ味噌の選び方

スーパーなどで手軽に購入できるチューブ味噌は種類も豊富で、何が自分に合っているのか悩んでしまいますよね。ここではチューブ味噌の選び方をご紹介します。

おさえておきたいポイントは「だしの配合」「容量」「容器・形状」「味噌の味わい」「賞味期限」の5つです。どこに注意すればいいのかひとつずつ見ていきましょう。

1.だしの配合で選ぶ

まずは配合されているだしや調味料で選ぶのがポイントです。だしの種類は「カツオ」「昆布」が一般的で、チューブ味噌にはカツオと昆布の「混合だし」が多く使われています。万人受けする安定した味で、味噌汁以外の煮込み料理や焼き料理の味付けにも使えるのがポイント。

カツオがメインのチューブ味噌はしっかりとしたうま味やコクを感じられる一方で、昆布がメインのチューブ味噌は優しく上品な味わいです。あごだしや鯛だしなどほかの種類を食べ比べして、自分好みのチューブ味噌を見つけるのも楽しそうですね。

2.容量で選ぶ

味噌チューブはメーカーや商品によって容量もさまざまです。一人暮らしや夫婦世帯、子どもの有無などを考慮して適したサイズを選びましょう。

味噌チューブは基本的に500g以下のものがほとんど。500g以下は夫婦などの世帯人数が少ない家庭に適しています。一人暮らしの方には150gや200g、300gのミニサイズがおすすめ。

商品の数としては多くないですが、1000g以上の大容量サイズもありますよ。大容量サイズは、毎日味噌汁を作る人や3人家族以上の世帯にピッタリです。

3.容器・形状で選ぶ

味噌チューブの容器には「パック」と「ボトル」の2つのタイプがあります。

パックタイプは使った分だけ容器が小さくなる形状で、あとどのくらい残っているかがパックの形状で判断できますよ。パックタイプの味噌チューブは容器の空き部分の空気を無くすように保存するのがポイントで、空気に触れる面積を少なくすれば鮮度を保ちつつ、おいしい味噌の風味を楽しめます。

ボトルタイプはペットボトルに近い形状をしていて、中には真空タイプのように鮮度を維持できるものもあります。どちらがより優れているということはありませんので、形状を手に取って確かめながら、自分に合った容器を選びましょう。

4.味噌の味わいで選ぶ

見た目は同じ味噌でも白味噌や赤味噌など、さまざまな種類の味噌があります。味や特徴が異なるため、ほかの味噌を食べ比べながら、自分好みの味噌を見つけましょう。

味噌の種類特徴
麦味噌麦麴や大豆、塩を原料とした淡い色の味噌。麦特有の香ばしさがありやや甘め。味噌汁以外の料理にも使える。
米味噌米麹が主な原料。日本で一番親しまれているのが米味噌。甘口や辛口など幅広い味のバリエーションを楽しめる。
豆味噌大豆が原料の味噌で、主に東北地方で見られる。甘さは少ないが濃厚なうま味があることから、料理の隠し味にも使える。
調合味噌麦味噌や米味噌、豆味噌のいずれか2種類の味噌を合わせて作られたもの。配合量によってオリジナルの風味を楽しめる。
赤味噌見た目が濃く赤に近い色をした味噌のこと。作り方や原料に関係なく見た目が濃いものを総じて赤味噌としている。
白味噌主な原料は大豆。大豆のアクを取り除きながら煮た後、麹を加え数日から数ヶ月熟成させたもの。塩分が少なく優しい味わいが特徴。

5.賞味期限を確認する

味噌は昔から長期保存が可能な食材として親しまれてきました。実際に味噌チューブの場合も、賞味期限は半年から1年近くと賞味期限は長めの傾向にあります。すぐに使う分には問題ありませんが、一人暮らしや味噌を毎日使わないという方は、商品の賞味期限も必ずチェックしましょう。

とはいえ、開封後は注意が必要です。大手メーカーの「マルコメ」によると、味噌チューブは開封後は冷蔵庫保管で1か月を目安に使い切ることを推奨しています。賞味期限内であっても開封後は早めに使い切った方がいいでしょう。

人気メーカーから選ぶ!チューブ味噌のおすすめ10選

どれを選ぼうか迷ったら、メーカーから選ぶのもひとつの手です。ここからは味噌チューブの人気メーカーと特徴、どんな商品を展開しているかを詳しくご紹介します。

マルコメ

マルコメは日本を代表する大手老舗味噌メーカーです。味噌選びで迷ったら、マルコメを選んでおけば間違いありません。チューブ味噌も豊富な種類を扱っているため、自分好みの味噌を必ず見つけられますよ。

ここでは、マルコメのおすすめ味噌をご紹介します。

PR
マルコメ 料亭の味 白みそ
3.7

Amazonカスタマーレビュー(111件)

商品情報

【内容量】430g×5個
【液みそタイプ】さっと溶ける液みそタイプの白みそで、米糀を多く含んだやさしい甘みとクリーミーな味わいが特徴です。

上品な味わいが特徴的な白味噌。お湯の中でサッと溶ける液体味噌で家事の手間を減らしてくれます。米糀が多く含まれており、やさしい甘みとクリーミーな味わいを堪能できますよ。従来品より注ぎ口が細く、計量しやすくなっているのもポイントです。大さじ1杯で1人分の味噌汁が完成しますよ。

PR
マルコメ 糀美人
4.5

Amazonカスタマーレビュー(46件)

商品情報

内容量:430g×10個
商品サイズ(高さx奥行x幅):19.5cm×15cm×27.5cm
原産国:日本

国産米100%の米麹を贅沢に使用している液味噌です。大豆に対して米を2.4倍使用する「24割糀味噌」をベースに、日本人に親しみやすいカツオだしを配合しています。ボトルの容量は430gで、これ1本でお椀25杯分の味噌汁が作れます。一人暮らしや夫婦二人暮らしなど少人数世帯にピッタリですよ。

PR
マルコメ 料亭の味 減塩25%

商品情報

ユニット数 2580.0 グラム
【商品特徴】濃厚なコクと旨味の信州みそ。そそぐだけで本格おみそ汁が簡単に作れます。

「料亭の味」シリーズの減塩タイプです。塩分が20%カットされているので、塩分が気になる方でも毎日味噌汁を堪能できますよ。ボトルの形状を改良し、より持ちやすく中身が出しやすい仕組みに。細めの注ぎ口は少量ずつ出てくるので使い過ぎを防げます。また、注ぎ口は簡単に外れるので、大人数分の味噌汁を作るときも楽々ですね。

マルサンアイ

マルサンアイは愛知県岡崎市に本社を構え、豆乳や乳製品、味噌などの大豆製品の製造販売を手掛けています。味噌については愛知県では定番の赤味噌や豆味噌を筆頭に、数多くの味噌製品を展開。

つづいては、マルサンアイのおすすめ味噌をご紹介します。

PR
マルサン 鮮度のこうじみそ
4.4

Amazonカスタマーレビュー(41件)

商品情報

商品サイズ(高さx奥行x幅):19.3cm×6.35cm×6.35cm
カロリー:20kcal(大さじ一杯当たり)
サッと溶ける液状みそです。

マルサンアイを代表する「純正こうじみそ」を家庭で手軽に楽しめる液体タイプの味噌です。純正麹にカツオと昆布のだしがブレンドされています。空気に触れないよう、鮮度を維持できるボトルを採用しているのもポイントです。中の味噌が空気に触れないようになっており、開けたての新鮮さをキープできますよ。常温での保存期間は90日と、一人暮らしや夫婦など人数が少ない世帯でも使いやすいです。

PR
マルサン だし香る鮮度みそあわせ
4.2

Amazonカスタマーレビュー(33件)

商品情報

商品サイズ:(高さx奥行x幅):19.3cm×25.4cm×6.35cm
ユニット数 1640.0 グラム
パッケージ情報 ボトル

カツオの風味にこだわる方におすすめなチューブ味噌。「本枯れかつお節」「宗田かつお節」「かつお荒節」の3種類の本格的なカツオだしを使用しており、豊かなだしを堪能できますよ。本みりんを加えているので、味わい深く、毎日味噌汁を飲むたびにホッと一息つけるでしょう。空気に触れない二重構造ボトルで、常温で90日保存が可能と、賞味期限が長いのもうれしいポイントです。

糸島食品

糸島食品は福岡県糸島市に拠点を置く食品会社で、主な商品に「糸島鯛液みそ」や「糸島えび液茶漬け」などがあります。この会社の商品は食品添加物を一切使っておらず、化学調味料や着色料、保存料未使用で、食材の風味をダイレクトに味わえますよ。

続いては、糸島食品のおすすめ味噌をご紹介します。

PR
糸島食品 糸島鯛液みそ
3.9

Amazonカスタマーレビュー(5件)

商品情報

化学調味料・着色料・保存料は使用していません。
10倍希釈(本品15gにお湯150ml)でみそ汁を約17杯作ることができます。

真鯛の漁獲量で長年日本一を誇る糸島市が手掛ける液味噌です。糸島の自然の恵みが詰まった真鯛のだしと、糸島市の北伊醤油と福岡県柳川市の鶴味噌醸造の味噌を配合して作られています。独特の魚臭さがなく、優しい上品な味わいに仕上がっていますよ。容量は260gと小ぶりなので、一人暮らしや夫婦世帯、職場のランチでも使い切れるサイズです。

ハナマルキ

ハナマルキは大正7年創業の味噌の老舗メーカーです。味噌と加工食品を手掛けており、味噌の売上は55%と、高いシェア率を誇ります。味噌の種類も「無添加みそ」「だし入りみそ」「生みそ」「マルダイみそ」とバリエーションが豊富ですよ。

つづいては、ハナマルキのおすすめ味噌をご紹介します。

PR
ハナマルキ こだわりのだし入りみそ
4.0

Amazonカスタマーレビュー(73件)

商品情報

内容量:300g×4個
カロリー:(1食100g当り)139kcal
商品サイズ(高さx奥行x幅):190mmx105mmx220mm

パウチタイプの本格味噌です。注ぎ口が計量しやすく、一人分の味噌汁もパパッと手軽に作れますよ。だしにこだわっているのが大きなポイントで、鹿児島県枕崎産のカツオ節と北海道産の利尻昆布を贅沢に使用しており、強いうまみが味噌汁の中に均等に溶け込みます。容量は300gと、少量サイズを探している方にピッタリです。

喜代屋

喜代屋は大正7年に創業し、100年以上の歴史を誇る老舗企業です。味噌や醤油、もろみなどが主力製品で、伝統の技術を重んじながら、時代に合った食品を手掛けています。昔ながらの「ふるさとの味」「母の味」と呼ぶにふさわしい商品が充実していますよ。

続いては、喜代屋のおすすめ味噌をご紹介します。

PR
喜代屋 スプーンdeみそ汁
4.2

Amazonカスタマーレビュー(13件)

商品情報

内容量:550g× 3
商品サイズ(高さx奥行x幅):180mm×75mm×75mm

分かりやすい商品名がインパクト大な味噌。名前にある通り、150ccのお湯に大さじ1杯の味噌を溶かすだけで、本格的な味噌汁が完成します。喜代屋自慢の「白合わせ味噌」がベースとなっており、カツオのだしが絶妙のバランスでブレンドされているのもポイント。鍋物や焼き料理、炒め料理などの隠し味にも使えるので、お料理のバリエーションもぐっと広がりますよ。

PR
喜代屋 あごだし入りみそチューブ
3.5

Amazonカスタマーレビュー(8件)

商品情報

内容量:300g
商品サイズ(高さx奥行x幅):180mm×50mm×110mm

化学調味料無添加のチューブ味噌です。あごだしが入っており、豆腐やワカメ、油揚げなどのどんな具材とも相性抜群。パウチタイプで注ぎ口が計量しやすい形状になっているのもうれしいポイントです。1袋で約15杯分と、一人暮らしや夫婦世帯も使いやすいサイズとなっています。

アサヒ醸造

明治43年に設立したアサヒ醸造。味噌や醤油、加工食品の製造や販売を行っています。看板商品は「合わせ味噌」。大豆を水煮するのではなく、あえて蒸煮にすることで、大豆のうま味を凝縮させた味噌作りを実現しています。

つづいては、アサヒ醸造のおすすめ味噌をご紹介します。

PR
アサヒ醸造 液みそあわせ
4.8

Amazonカスタマーレビュー(7件)

商品情報

商品サイズ(高さx奥行x幅):7cm×19.8cm×7cm
簡単!便利!美味しい!と大好評の液体のお味噌です。

簡単・便利・おいしいの三拍子が揃った合わせ味噌です。カツオと昆布だしが合わさり、より深い味わいに仕上がっています。1本500mlもあり、約30杯分の味噌汁が作れます。お湯にサッと溶けるので、味噌汁だけではなく、鍋料理や炒め物、煮物の味付けにもピッタリですよ。ほかにもそうめんのタレやサラダのドレッシング、パスタソースなど和洋問わず使える万能調味料です。

チューブ味噌で手軽においしい味噌汁を作ろう!

チューブ味噌があれば固形味噌のように溶かす工程を省けるので、より手軽に味噌汁を作れるようになりますよ。チューブ味噌を選ぶ際はだしの配合や容量、容器の形状、味噌の味わいや賞味期限などをチェックして選びましょう。各メーカーからさまざまなチューブ味噌が展開されているので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

こちらもチェック!
インスタント味噌汁のおすすめ11選!減塩やカップタイプをご紹介

カップやお椀にお湯を注ぐだけで手軽に飲める「インスタント味噌汁」。簡単に作れて持ち運びもしやすく、とても便利なアイテムですよね。今回の記事ではインスタント味噌汁の選び方とおすすめ商品をご紹介します。ラインナップが豊富で、野菜が入っているものや、減塩タイプも販売されているんですよ。ぜひご覧くださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー