この記事で紹介されている商品
ケーブルボックスのおすすめ7選!散らかった配線をスッキリ収納!形・デザイン別にご紹介

ケーブルボックスのおすすめ7選!散らかった配線をスッキリ収納!形・デザイン別にご紹介

テレビやパソコン周辺の配線をスッキリまとめられる「ケーブルボックス」。絡まりやすいコード類を安全に収納できると、人気のアイテムです。近年では、電源タップや延長コード、Wi-Fiルーターをまとめて収納できるものもあり、デザインも豊富に取り揃えられています。今回は、そんなケーブルボックスのおすすめの選び方をご紹介します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ケーブルボックスとは

ケーブルボックスとは、コードやケーブルなどをまとめて収納できるボックスのことです。部屋がスッキリ見えるだけでなく、電源周りのホコリを防ぐことができたり、スイッチの切り替えがしやすくなったりするなど、実用的な効果も期待できます。

電源周りは、湿気とホコリによって電源プラグから発火してしまう「トラッキング現象」が発生しうる場所。最悪の場合、火事の原因になる場合もあるので、電源周りの掃除はもちろん、ケーブルボックスを活用して湿気とホコリから守る対策をすることが大切です。

ケーブルボックスの選び方について

ケーブルボックスを選ぶときは、サイズやデザインに着目することが大切です。

以下で、詳しく解説するのでご家庭にぴったりなケーブルボックスを見つけてくださいね!

サイズで選ぶ

収納する場所や収納したい配線の数に合わせて、適切なサイズを決めましょう。サイズが小さすぎるとコードが収納しきれなかったり、逆に大きすぎると配線を隠すことはできてもボックス自体が邪魔になったりする可能性があります。ケーブルボックスには、2段タイプや同じ種類でも複数のサイズを展開しているものもあるので、用途に応じて適切なサイズのケーブルボックスを選んでくださいね。

大・中・小

テレビやデスク周り、ベッド周辺など、ケーブルボックスが必要な場所って意外と多いですよね。ケーブルや配線を収納したい場所が複数ある場合は、大・中・小のサイズがセットになっているものがおすすめです。配線が多くなりがちなテレビ周りには大きいケーブルボックス、配線が少ないベッド周辺には小さいサイズを使うなど、収納場所や配線数に合わせてボックスを使い分けることができますよ。

S・M・Lの3つがセットになったケーブルボックス。シンプルなデザインの本体と木目調の蓋がインテリアに馴染みやすく、卓上に置いてもおしゃれです。散らかりやすいケーブルだけでなく、電源タップもまとめて収納できるので、電源周りをスッキリ収納できますよ。サイズ別に個々で購入するよりもリーズナブルに購入できるのがうれしいですね!

大きめ

コードやWi-Fiルーターをまとめて収納したい場合は、大きめのケーブルボックスを選びましょう。大きいルーターの場合は30cm以上の高さがあるもの、小さいルーターなら10〜15cmほどの高さがあるものがおすすめです。

また、2段になっているタイプならルーターと電源タップを一緒に収納できます。ほかにも、棚になっている形状であれば1番上の段を棚として使うことができ、充電中のスマホやイヤフォンなどの小物置きとして使うことも可能です。

高さのあるWi-Fiルーターも収納しやすい、ハイタイプのケーブルボックス。奥行きは135cmと薄型なので、テレビの裏や家具の隙間にも置きやすいのが特徴です。電源タップの収納も可能で、全面の窓から指を入れるだけでスイッチの切り替えもできます。天板部分は充電中のスマホ置きとして活用することもできますよ。

2段棚になっている大容量のケーブルコードです。棚の部分は扉仕様になっており、Wi-Fiルーターやケーブルを隠して収納することができます。コード避け穴は扉側と壁側で向きを変えることができるので、使いやすいほうで設置できますよ。背面下部には壁にピッタリ設置できるよう、巾木よけも付けられています。背面から電源タップが落下してしまうのを防ぐ、落下防止バーがついているのもうれしいポイントですね!

デザインで選ぶ

ケーブルボックスを目につきやすい場所に設置するなら、デザイン性にもこだわりたいですよね。ケーブルボックスの材質によって印象は異なり、部屋の雰囲気にも大きく影響します。

また、壁にかけられるタイプや蓋の上に小物が置けるタイプなど、利便性に優れたデザインのものもあります。カラーバリエーションやデザインをあらかじめチェックしておき、デザイン性と実用性を兼ね備えたケーブルボックスを選んでみてくださいね!

おしゃれな見た目

ケーブルボックスは、部屋のインテリアに合わせて選ぶのがおすすめです。ケーブルボックスは、主にプラスチックや木製などの材質で作られており、それぞれ特徴が異なります。

プラスチック製は、デザインやカラーが豊富に取り揃えられているため、使い方次第ではお部屋のアクセントにすることも可能です。一方、木製はシンプルなインテリアや北欧系に馴染みやすく、ナチュラルな雰囲気を演出できますよ。

ホワイトとブラウンを基調とした、温かみのあるお家型のケーブルボックス。ドアや窓などのパーツが設計された部分からは、スマホの充電コードなどを引き出して使うことができます。天井部分はフラットになっているので、雑貨やお花などを飾り付けてインテリアの一部として楽しむのもよいですね!

こちらのケーブルボックスは、シックな本体と木目調の蓋がおしゃれな印象を演出しています。馴染みやすいデザインなので、寝室やリビングなど幅広い場所で活用できますよ。底面には、電源タップの熱を放出できる通気口が付いているので安全性も抜群。滑り止めも付いているので、ズレにくく安定しやすいのも特徴です。蓋の上には、充電中のスマホやモバイルバッテリーを置くことができ、利便性にも優れています。

壁に掛けられる

壁掛けタイプのケーブルボックスは浮かせて収納できるので、スムーズに掃除できるのが特徴です。壁面を有効活用して収納できるので、省スペースで設置できますよ。ただし、壁に穴を開けて設置するものが多いので、賃貸のご家庭は注意が必要です。

両開きのドアが特徴の、壁掛けタイプのケーブルボックスです。木製プラスチック板の素材で作られているため、木製よりも丈夫で、汚れたら水拭きで掃除することもできます。複数の通気口が付いているので、熱がこもりにくいのもポイントです。​​長さ38cm、幅9cm、高さ26cmと大容量なので、配線コードだけでなくWi-Fiルーターや電源タップもまとめて収納できますよ。

蓋の上に小物が置ける

蓋の部分が机のように使えるタイプなら、スマホなどの小物が置けて使い勝手がよくなります。充電ポートとしてスマホを置いたり、大きいサイズのものならリビングやベッドルームのサイドテーブルとして活用したりすることもできますよ!

武田コーポレーション ヴィンテージ調ケーブル収納ボックス

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(262件)

>

商品情報

サイズ:39×19×30【㎝】 
内寸:36.6×17.5×28.8【㎝】 
天板厚み:12mm 商品重量:2.6㎏

天井部分に2つのコンセントが付いたケーブルボックスで、スマホなどの充電ステーションとして活用することができます。さらに、ハイタイプのデザインなので、Wi-Fiルーターや電源タップもまとめて収納可能です。材質はメラミン樹脂化粧板を採用しているので、耐久性に優れ、劣化しにくいのも魅力ですよ。

全7商品

おすすめ商品比較表

Akizora ケーブルボックス

山善 ケーブルボックス RCB-L

ルーター ケーブル 収納ボックス

Calife 木製電源タップ & ケーブルボックス

ケーブル収納ボックス

MD ルーター収納 ケーブルボックス

武田コーポレーション ヴィンテージ調ケーブル収納ボックス

Amazonカスタマーレビュー
4.0165
4.1385
4.060
4.924
3.6113
3.397
4.1262
最安値
タイムセール
¥4,900-10%
参考価格¥5,445

-

タイムセール
¥3,945-25%
参考価格¥5,258
購入リンク

ケーブルボックスを活用してお部屋をスッキリ整理しよう!

今回は、ケーズルボックスの選び方をご紹介しました。大きいサイズのものなら、電源コードだけでなくWi-Fiルーターや電源タップなどもまとめて収納できて便利です。近年では、おしゃれなデザインのものも多く販売されているので、ご家庭のインテリアに合ったものを選んでみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー