この記事で紹介されている商品

コーナー収納棚のおすすめ15選!壁、玄関、リビング、キッチンに収納スペースを

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

部屋の隅のデッドスペースを活用できる「コーナー収納棚」。キッチンやリビング、玄関、トイレなどさまざまな場所の床・壁に設置できます。小物を飾れるタイプや、テレビや鍋など重いものを置けるタイプまで種類も豊富です。本記事ではコーナー収納棚の選び方やおすすめ商品をご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

省スペースで利用空間が広がるコーナー収納棚

部屋の角スペースは、近くにドア・梁・窓などがあると家具を設置しづらく、デッドスペースになりがちです。そんな省スペースを有効活用するために開発されたのが、コーナー収納棚です。

たとえば、収納家具が置きづらいトイレや洗面室、バスルームでもコーナーに収納棚を設置すれば、トイレットペーパーやタオル、掃除道具をすっきりしまえるようになります。広さのない玄関にも靴やスリッパを入れる収納スペースを増やせるでしょう。

またリビングやキッチンのコーナー部分には、テレビや電子レンジのような家電を置ける大型のコーナー収納棚もおすすめです。

コンパクトで壁付けできるタイプならおしゃれな小物を飾るディスプレイスペースにもなり、デッドスペースを素敵な空間に変えられますよ。

コーナー収納棚として使えるアイテム例

コーナー収納棚といっても種類・形状にはさまざまなものがあります。

ここでは、部屋の角スペースに設置できる「コーナーラック・コーナーシェルフ」や、壁に取り付ける「ウォールシェルフ」についてご紹介するので、自宅の間取りや用途に合わせて検討してみてくださいね。

コーナーラック・コーナーシェルフ

コーナーラックやコーナーシェルフは、背面が三角形になっているため部屋の角にぴったり設置できるのが特徴です。

棚板が3~4段あるオープン棚タイプのものが多く、生活必需品を収納したり写真立てやプランターなどを置いたりして部屋の隅を活用できます。

棚に扉が付いているタイプは中が見えないので、雑多な印象を与えにくいのが魅力です。トイレや洗面室で掃除道具を隠して収納できますよ。

天井まで高さのあるタイプは、テレビ台や本棚としてもおすすめです。一方、高さのないコンパクトなタイプは、キッチンカウンターの上に設置して鍋や調味料を置いたりデスクの上で小物の整理に使ったりできます。

一般的な四角い形状の収納に比べて、コーナーラック・コーナーシェルフは圧迫感がないので、スペースを使いながらも部屋をすっきり見せられるのが魅力ですね。

ウォールシェルフ

ウォールシェルフは部屋の隅の壁に取り付けて使用するタイプの棚です。コーナーシェルフやコーナーラックと違って宙に浮かせられるので掃除がしやすく、家具の上の空いたスペースにも設置できます。

サイズもコンパクトなものが多く、ドアや梁が邪魔で家具が置きにくいコーナーや、狭いトイレ内にも設置しやすいのが魅力です。おしゃれな雑貨や写真を飾ったり、タオルやペーパー類をしまったりして、スペースを有効活用できますよ。

コーナー収納の選び方

ネットショップやホームセンターなどでコーナー収納棚を探すといろいろなサイズ・形状・素材のものがあるので迷ってしまいますよね。

ここからは、コーナー収納を選ぶときにチェックしておきたい5つのポイントをご紹介します。

  • 1.用途・使う場所に合わせる
  • 2.設置方法
  • 3.耐荷重
  • 4.掃除のしやすさ
  • 5.素材・デザイン

各ポイントについて以下で詳しく解説していくので購入を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

1.用途・使う場所に合うアイテムで選ぶ

コーナー収納は種類が豊富なので、どんな用途で使うかを考えて選ぶことが大切です。

リビングに設置する場合は、ほかの家具やファブリックとテイストを合わせたデザインのものにするとよいですよ。テレビ台として使うなら大型のものを、お気に入りの小物や本を置くなら小型のものを、飾り棚が欲しいなら壁付けタイプを選びましょう。

トイレ・キッチンのような広さのないスペースには、場所をとらないスリムなデザインのものをおすすめします。掃除道具やシューズケア用品などしまいたい物が入るサイズかどうかも要チェックですよ。

玄関はお客さまを出迎えるスペースなので、圧迫感なく置けるスリムタイプがよいでしょう。見栄えが悪くならないよう上質感のある素材のものや、中身を隠せる扉付きのタイプを選ぶのがおすすめです。

お風呂で使用する場合は、洗面用具やボトル類をしっかりしまえるだけでなく、サビが発生しにくい素材のものを選んでくださいね。

2.設置の仕方で選ぶ

コーナー収納棚の設置方法は、大きく分けて「壁付けタイプ」「突っ張りタイプ」「置き型タイプ」の3種類があります。それぞれの特徴やメリットについて以下でまとめているので参考にしてみてくださいね。

壁付けタイプ:固定方法もチェック

壁付けタイプのコーナー収納棚は、高さを自由に決められるのが魅力です。

しっかり固定したいならネジやクギを使うタイプをおすすめします。強度が増し、耐荷重もアップするので本やDVDのような重さのある物も置きやすいですよ。

ただし一度取り付けると外すのが難しく、ネジ・クギによって壁に穴があいてしまう点はデメリットといえますね。

壁に穴をあけずに設置したい場合はピンタイプのコーナー収納棚がよいでしょう。耐荷重はそれほどありませんが、小物や写真立てを置くディスプレイ棚としては十分です。

取り外した後に小さな穴しか残らないので、賃貸住宅でも使いやすいですよ。初心者の方は気軽に設置できるピンタイプから始めてみてはいかがでしょうか。

最近はホッチキスで取り付けられるものや、石膏ボード対応のものも登場しています。

突っ張りタイプ:穴あけ不要!高さも出る

突っ張りタイプのコーナー収納棚は、壁に穴をあけたくない場所にも設置できるのがメリットです。床から天井までのスペースを収納や飾り棚として活用できますよ。

突っ張り棒で棚板を支える構造なので、両サイドにフレームがなく、作り付けのようなすっきりとしたデザインになっているのも魅力です。

棚板を自由に変えられるタイプや耐荷重が大きいタイプなど、いろいろな商品が販売されているので用途に合わせて選びやすいのもよいですね。

突っ張り棒を2本装備している商品はグラつきが少なくより安心して使えるでしょう。ただし床と天井に十分な強度がない場合は、壁付けタイプや置き型タイプを検討してみてくださいね。

置き型タイプ:置くだけで簡単

置き型タイプのコーナー収納棚は取り付けの手間がかからず、部屋の隅に置くだけで簡単に収納スペースを作れるのが魅力です。

さまざまな高さ・幅のものがあるのでしまいたい物や設置スペースに合わせて選べます。可動棚タイプなら物のサイズに合わせて棚の高さを変えれば収納力がアップし、空間を無駄なく使えるでしょう。また、扉付きのタイプなら、雑多なものを隠して収納できますよ。

置き型タイプは使われている素材の種類も豊富なのでリビングには木製のもの、水回りにはサビに強いプラスチックやステンレスのものというように設置場所に適した商品を選べるのもよいですね。

3.棚の耐荷重もチェック

コーナー収納棚を選ぶ際には棚板の耐荷重も大切なポイントです。本格的な家具のような頑丈さはないため、テレビやパソコン、大きな鍋のような重い物を置きたい場合は、耐荷重もチェックしておくことをおすすめします。

耐荷重が足りないと物が落下したり棚が破損したりするので注意が必要です。商品によっては棚板1枚当たりの耐荷重を表示している場合もあるので、参考にしてみてくださいね。

なかでも壁に直接取り付けるタイプは、突っ張り棒や置き型に比べて耐荷重が少ない傾向があります。分厚い本やプランターなどは置かない方がよいでしょう。

4.掃除のしやすさで選ぶ

洗面所やバスルームの水がかかりやすい場所で使うコーナー収納棚は、水垢や石鹼かすなどで汚れやすいため、丸洗いできるものを選ぶとよいでしょう。汚れが溜まりやすい装飾をなくしたシンプルなデザインのものはお手入れが簡単でおすすめです。なかには、排水用の穴がもうけられている商品もありますよ。

キッチンは水ハネだけでなく油汚れも気になるので、洗剤を使ってゴシゴシ洗っても劣化しないものが使いやすいです。こちらも凹凸が少ない形状のもののほうがお手入れを楽に行えますよ。

5.好みの素材・デザインで選ぶ

コーナー収納棚は、使用されている素材によって見た目の雰囲気がかなり異なります。設置する部屋のインテリアや用途に合わせて、適切な素材・デザインのものを選びましょう。

木製のコーナー収納は、あたたかみのある雰囲気が魅力的で、ナチュラルテイストのインテリアに合わせやすいですよ。重厚感がある部屋にはダークブラウンカラーのものやアンティーク風のデザインがよく合います。

同じ木製でもパーティクルボードを使った収納は、さまざまな素材のなかでもとくに安価で色柄が豊富です。カジュアルにもクールにも合わせやすいですよ。

ステンレス製のコーナー収納はサビに強く頑丈なのが特徴です。リビングや玄関、寝室はもちろん、湿気の多いバスルームやキッチン、洗面室でも使いやすいでしょう。アイアン製のコーナー収納棚はおしゃれですが、サビやすいので水に濡れにくい場所での使用をおすすめします。

プラスチック製は軽くて持ち運びがしやすく模様替えも楽に行えるのが特徴です。コンパクトなものが多いため、さまざまな場所に設置しやすいでしょう。棚板を取り外して丸洗いできる商品もあり、衛生的に使えますよ。

リビングにおすすめコーナー収納棚4選

ここからは、数あるコーナー収納棚のなかから、リビングで使いやすいおすすめの4商品をピックアップしてご紹介します。置き型タイプのほか、石膏ボードの壁に取り付けられるタイプや耐荷重のあるタイプなどを選んでいるので参考にしてくださいね。

PR
山善 ラック オープンシェルフ コーナー用

商品情報

ブランド:山善
棚板:2段
サイズ:幅30×奥行30×高さ41cm
材質:支柱/ポリエチレン・ポリプロピレン、棚板/プリント紙化粧パーティクルボード
特徴:角の丸いデザイン、工具不要で組み立て可

パイプや棚板をねじって固定するだけで簡単に組み立てられるオープンシェルフです。角が丸くなっているデザインなので子どもやペットがいる部屋でも使いやすく、やさしい印象を与えてくれますよ。コーナーにぴったり設置できる扇形なので、狭い空間に置いても圧迫感が出にくい点もポイントです。柱は樹脂製で軽いので模様替えやお掃除の際も楽に持ち運べます。

PR
山崎実業 石こうボード壁対応 コーナーシェルフ

商品情報

ブランド:山崎実業(Yamazaki)
棚板:1段
サイズ:約W22×D22×H3.3cm
材質:本体/スチール(粉体塗装)
特徴:ケーブルを通す穴付き、石膏ボードピンで壁付け可能

ねじがきかない石こうボードの壁面に付属のピンを使って簡単に取り付けられます。取り外した後の穴が目立ちにくいのが魅力です。角部分にはケーブルを通せる隙間を設けているので、アロマディフューザーやミニスピーカーなどを飾ったりスマホの充電用スペースにしたりできます。シンプルな1段タイプですが、置きたい物のサイズに合わせて上下2段棚にすることも可能ですよ。

PR
BakingWorld オープンシェルフ GDX-S4W

商品情報

ブランド:BakingWorld
棚板:4段
サイズ:幅29.1×奥23.5×高112cm
材質:MDFボード、スチール(メッキ仕上げ)
特徴:耐荷重は1段あたり8kg

木目とスチールを組み合わせたスタイリッシュなデザインは、さまざまなテイストになじみやすいのが魅力です。幅約29.1cmとコンパクトですが耐荷重は1段あたり8kgもあり、プランターを飾ったり本やアルバムを並べたりするのに向いています。前面もサイドもオープンになっているので、圧迫感を感じさせにくいのもよいですね。

PR
フリノ(Furinno) コーナーシェルフ ロッシ エスプレッソ 5段 壁掛けタイプ

商品情報

ブランド:Furinno JP
棚板:5段
サイズ:幅20×高さ124×奥行20cm
材質:パーティクルボード
特徴:省スペースに設置可能

リビングの隅に取り付けるだけで、空間がワンランクアップする個性的なコーナーシェルフです。幅20×奥行き20cmの扇形の棚板が5段付いているのでお気に入りの雑貨や花、写真立てなどを飾っておしゃれな部屋を演出できますよ。壁面にネジで取り付ける仕様なので、床にシェルフを直置きする場合と比べて掃除がしやすいのもうれしいですね。

玄関におすすめのコーナー収納棚2選

ここでは、玄関に設置するのにおすすめの2商品を厳選してご紹介します。高級感のある柄・デザインのものやシックな雰囲気のものを選んでいるので玄関のインテリアに合わせて選びましょう。

PR
武田コーポレーション コーナーラック Y2-CRD75WH

商品情報

ブランド:武田コーポレーション
棚板:3段
サイズ:約29×29×75.6cm
材質:天板・棚板/プリント紙化粧繊維板、樹脂部/高密度ポリエチレン・ポリプロピレン
特徴:大理石柄、工具不要で組み立て可

大理石柄のデザインがおしゃれなコーナーラックは置くだけで高級感がありますよね。部屋の角にぴったりとおさまる形状で狭い空間にもすっきりと置きやすいですよ。天板の角に丸みをもたせているので、子どもやペットのいるご家庭にもおすすめします。オープンタイプなので物の出し入れがしやすいのも魅力です。お気に入りの小物や花瓶などを飾って、ディスプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

PR
ライクイット シューズラック

商品情報

ブランド:ライクイット
棚板:5段
サイズ:約幅23.8×奥行28.5×高さ93cm
材質:ポリプロピレン
特徴:耐荷重は1段あたり約1kg(計約5kg)、フック付き

狭い玄関の隅にもすっきり置ける、幅約23.8×奥行き28.5×高さ93cmのスリムなシューズラックです。余計な装飾をなくしたシンプルなデザインなので、4方向のどこからでも靴を取り出しやすいのが魅力です。靴ベラや折りたたみ傘などの小物を掛けられるフックが4個付いています。

トイレにおすすめなコーナー収納棚3選

ここからは、おしゃれなトイレ空間にぴったりのコーナー収納棚をご紹介します。かわいいデザインのものや、スリムでスタイリッシュな雰囲気のもの、省スペースに設置しやすいものなどを厳選しているので気になる方はチェックしてみてくださいね。

PR
BakingWorld コーナーラック ‎VCDF-XJW006-120-JP4

商品情報

ブランド:BakingWorld
棚板:4段
サイズ:23×23×120cm
材質:ウッド&プラスチック複合材料
特徴:防水・防湿、カビにくい

透かし彫りを施したデザインがかわいいコーナーラックです。木材とプラスチックを合わせた複合材料ならではの防水機能を備えているため、トイレやバスルームなどの水回りにも置けますよ。底面にはレッグマットを装備しており、物を乗せてもぐらつきにくいのがポイントです。工具は一切使わずにパーツを手順通りにはめこんでいくだけで手軽に組み立てられます。

PR
山崎実業 スリムトイレラック

商品情報

ブランド:山崎実業
棚板:3段
サイズ:約W18XD13XH70.5cm
材質:本体/スチール(粉体塗装)・天然木積層合板(ラッカー塗装)
特徴:美しい木目、小物を隠しながら収納

美しい木目がスタイリッシュな印象を醸し出すトイレラックです。2面がオープン仕様になっているので、トイレットペーパーの予備やトイレ用洗剤・ブラシなどの出し入れがしやすいですよ。角度を変えれば中身を隠せる収納になり、来客時も生活感のないすっきりとしたトイレを演出できます。ラック上部はアロマディフューザーを置けるほか、スマホ置きスペースとしても便利ですよ。

PR
山善 ラック トイレットペーパースタンド RTPS-1515H

商品情報

ブランド:山善
棚板:3段
サイズ:幅15×奥行15×高さ90.5cm
材質:フレーム/金属(スチール)、棚板/合成樹脂化粧パーティクルボード(メラミン樹脂)
特徴:トイレットペーパー4ロール収納可、汚れても拭くだけでお手入れ簡単

幅15×奥行き15cmのスリムなラックは、狭いトイレのデッドスペースを有効活用できる優れものです。芳香剤やスマホ置きスペースとして使える棚が2段付いており、下部にはトイレットペーパーを4個重ねて置けるポールを設置しています。天板はあたたかみのある木目調で、メラミン樹脂加工が施されているため、汚れてもサッと拭けばキレイにできますよ。

キッチンにおすすめなコーナー収納棚3選

ここでは、キッチンにあったら便利なコーナー収納棚をピックアップしてご紹介します。コンロ周りに置けるコンパクトタイプや調味料類をまとめて整理できるタイプなどを集めているので参考にしてください。

PR
山崎実業 排気口カバー上 コンロコーナーラック 5258-P

商品情報

ブランド:山崎実業
棚板:2段
サイズ:約W34×D22.5×H34.2cm
材質:本体/スチール(粉体塗装) 
特徴:耐荷重は1段あたり約5kg、耐熱200℃、高さ約9.5cm以内の排気口カバーに対応

コンロの奥のデッドスペースを活用できるコーナーラックは、1段目が高く設定されているため排気口カバーの上にも置きやすいのが特徴です。グリル使用時も排気口カバーを動かしやすいですよ。耐荷重は1段あたり約5kgで、重さのある鍋やケトルなども置けます。キッチンの天面を傷つけないよう脚部分にはシリコーンを装備しているのもポイントです。

PR
パール金属 キッチンフィット コーナーラック HB-5556

商品情報

ブランド:パール金属
棚板:2段
サイズ:約幅33×奥行20.5×高さ27cm
材質:鉄(エポキシ樹脂塗装)
特徴:小物も置けるパンチング棚、耐荷重は1段あたり約3kg

幅33×奥行き20.5×高さ27cmのコーナーラックは、狭いキッチンの片隅にぴったり設置できるコンパクトさが魅力です。明るいホワイトカラーも清潔感のあるキッチンにぴったりですね。1段目の棚板はパンチング仕様になっているので、調味料の瓶や小物類も置けるようになっています。上下段ともそれぞれ3kgずつの耐荷重があり、調理中の小鍋やケトルをちょい置きしてスペースを有効活用できますよ。

PR
パール金属 L型 コーナー ラック AZ-5058

商品情報

ブランド:パール金属
棚板:2段
サイズ:約幅36.0×奥行26.0×高さ36.0cm
材質:鉄(エポキシ樹脂塗装)
特徴:耐荷重は上段2kg・下段3kg、キッチンのコーナーを有効活用、太くて丈夫な角型ワイヤー

シンプルかつ実用的なデザインを追究した「BKLPシリーズ」のコーナーラックはAmazon限定品です。キッチンの隅にぴったり設置できるL型で、さまざまな調味料やコーヒー・紅茶などを収納しながらも、手前の作業スペースは確保できるよう考えられています。太くて耐久性にも優れた角型ワイヤーを採用しているので、物を出し入れする際も安定感がありますよ。

お風呂におすすめなコーナー収納棚3選

ここからは、お風呂のデッドスペースを活用できる、おすすめの3商品を厳選してご紹介します。浴室の隅にマグネットで取り付けられるタイプや3段棚付きの置き型タイプ、おもちゃなども収納できる大容量タイプなどをピックアップしているので用途に合わせて選びましょう。

PR
山崎実業 マグネット バスルームコーナー おもちゃラック ‎4598

商品情報

ブランド:山崎実業
棚板:1段
サイズ:約W33XD18.5XH10cm
材質:本体/ABS樹脂、マグネット、滑り止め/シリコーン
特徴:耐荷重は約2kg、マグネットで壁面に取り付け可

バスルームの隅にマグネットで取り付けられるコーナーラックです。壁面に浮かせて設置できるため、水垢でぬめることが少なく衛生的に使えますよ。底面には細かい穴があいているため水切れがよいのもポイントです。子どものおもちゃ入れとしてはもちろん、洗顔料やバスオイルなどを入れるのにも適しています。ABS樹脂なのでカビにくいのもうれしいですね。

PR
パール金属 バススタイル ダブルコーティング コーナーラック H-8843

商品情報

ブランド:パール金属
棚板:3段
サイズ:約幅275×奥行200×高さ650mm
材質:本体/鉄(アクリル樹脂塗装)、吸着盤/塩化ビニル樹脂
特徴:バス用品をすっきり収納、水切れのよいワイヤー製

バスタイムに使うシャンプーやリンス、ボディブラシなどをこの1台にすっきり収納できます。耐荷重は上段・中段が1kg、下段が2kgなので、重たいボトル類は下部におさめるとよいでしょう。サビが発生しにくいよう、ワイヤーにダブルコーティングが施されているのもポイントです。付属の吸着盤を使って壁に固定すればグラつきを軽減でき、安定感がアップしますよ。

PR
伊勢藤 浴室用ラック 湯楽

商品情報

ブランド:伊勢藤
棚板:4段
サイズ:約W360×D215×H715mm
材質:本体/ポリプロピレン、吸盤/塩化ビニル
特徴:ぐらつきを防ぐ吸盤付、フック付き

幅約36×奥行き21.5cmのワイドな4段ラックは、バスルームで使うものをたっぷりしまえるのが魅力です。下段は棚を斜めになっているのでボトル類を取り出しやすく収納できます。一番上のバスケットはサイズの大きいおもちゃや洗面器などを入れるのにぴったりです。サイドのフックには、ボディブラシや泡立てネットなどの小物類を掛けられますよ。

コーナー収納棚で、部屋の収納力をアップさせよう!

コーナー収納棚を使えば、狭い部屋の収納力がアップするだけでなく、お気に入りの雑貨や写真などをおしゃれにディスプレイすることもできます。本記事でご紹介したコーナー収納棚の選び方やおすすめ商品を参考にして、部屋の隅のデッドスペースを上手に活用していきましょう!

こちらもチェック!
コーナーシェルフおすすめ15選!賃貸でもOKな突っ張りタイプもご紹介

部屋の角に設置して、収納や飾り棚として使える「コーナーシェルフ」。狭くて収納家具を置きにくい場所やデッドスペースを活用できる便利なアイテムです。サイズや耐荷重もさまざまで、賃貸でも使いやすい突っ張りタイプもあります。今回はそんなコーナーシェルフの選び方やおすすめ商品をご紹介!ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー