公務員試験の対策におすすめの予備校・通信講座はどこ?注目の教室・サイトをご紹介

公務員試験の対策におすすめの予備校・通信講座はどこ?注目の教室・サイトをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

公務員になるためには公務員試験に合格しなくてはなりません。高校生や大学生をはじめ、年齢条件などが合えば社会人でも受験して転職することも可能です。合格に向けて、受験対策アカデミーにいつから通えばいいのか、費用はいくらかかるのか気になるところです。

公務員試験の対策におすすめの予備校・通信講座や選び方をご紹介します。

公務員試験向け予備校の特徴

公務員試験向け予備校は通学制で、コースに申し込み、スケジュールに沿って講義を受講します。

高校生や大学生、社会人が通いやすいよう、学校帰りや会社帰りに受講できる夜間のコースや、休日に通える土日のコースなども用意されています。

公務員試験向けの予備校に通うメリットは、直接講師に質問できることや、公務員試験関連の最新の情報が手に入りやすいこと、合格に向けて切磋琢磨できる仲間ができ途中で挫折しにくくなることなどです。

デメリットは、近くにないと通えないことや、遠方の予備校に通う場合は通学の費用や時間がかかること、休んでしまうと振替受講を受ける手間がかかり、講義を受けるタイミングにズレが生じて追いつかなくなるおそれがあることなどです。

公務員試験向け通信講座の特徴

公務員試験向け通信講座は、自宅にテキストやDVDなどの教材が送付されるものや、オンライン受講などが受けられるものです。課題や問題を解いて提出したり、アプリなどで問題を解いたりしながらカリキュラムを進めていきます。

メリットは、近くに予備校がない方や忙しくて通学して学ぶ時間が取れない方でも、自宅で自分のペースで学べることです。

デメリットは、自分で学習管理をしないと先に進まなくなることや、受験仲間ができずに孤独で挫折しやすいこと、最新の情報交換などをしにくいことなどです。

公務員試験向け予備校・通信講座の選び方

公務員試験を受験するには、市販のテキストなどを使って独学で学ぶ方法もありますが、学ぶ範囲や量も多いうえに、国家公務員や地方公務員、専門職ごとに試験の傾向と対策が異なるため、独学で合格レベルに達するのは難しいものがあります。

そのため、公務員を目指す多くの方が受験対策のために予備校や通信講座を利用しています。

自分に合った公務員試験向け予備校・通信講座を選ぶときのポイントをいくつかご紹介します。

費用・料金で選ぶ

まずは、費用・料金で選ぶことです。公務員試験対策のコースや講座の受講費用は、かなり高額になるケースもあります。数十万円~100万円近い金額になることも少なくありません。

高校生や大学生の場合、親に支払いをお願いすることや、場合によっては教育ローンのような借り入れを利用しないと受講できないこともあります。

社会人は貯金したお金を使わなくてはならないなど、負担も大きいので、費用は重要な要素です。

学習・教材の充実度で選ぶ

2つ目のポイントは、学習・教材の充実度で選ぶことです。公務員試験対策においても、カリスマ講師のような実績豊富な名物講師もいます。

合格に向けて最新の情報を網羅し、理解しやすいメリハリのある教材が提供されるかを調べることや、受講生や合格者の評価などをチェックすることがおすすめです。

学習サポート体制や過去問集や模擬試験などの受験対策の充実度などもあわせて確認しておきましょう。

試験区分で選ぶ

3つ目のポイントとして、希望する試験区分の対策の充実度や合格実績も重要です。高校生の場合は、国家公務員や地方公務員の三種、大学生なら二種や一種となります。

一種の国家総合職、二種の国家一般職をはじめ、国税専門官などの国家専門職・裁判所書記官や事務官、消防官や警察官、地方上級市役所や国立大学法人などさまざまな区分があります。

試験科目や難易度、対策が異なるので、希望する区分で合格実績が高いところを選びましょう。

公務員試験向けおすすめ予備校

公務員試験向けのおすすめの予備校をご紹介していきます。公務員試験向け予備校は、通信講座に比べると費用・料金は高いのが一般的です。

試験区分やカリキュラムの内容、講義の回数やスケジュールにより、1年~2年ほどのコースが多いです。

試験区分によっては実施していない予備校がある場合や得意とする試験区分に差がある場合もあるので、合格を目指す試験区分に強いかもしっかりとチェックしましょう。

LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは、公務員試験指導37年のノウハウがあり、多くの合格者を輩出してきました。高校生向けの公務員試験講座から大学生、さらに公務員への転職を希望する社会人向けの講座もあり、さまざまな試験区分に対応しています。

名物講師がいるのをはじめ、模擬試験や公務員試験合格後の面接対策まで、しっかりサポートしてくれます。

直接、講師に質問をすることや公務員合格者アドバイザーによるサポートが受けられるのも魅力です。

資格の大原

長年の教育ノウハウと高度な合格情報データベースをもとに、最新の出題傾向や配点分布を分析しており、最小の努力で最大の効果が発揮できるカリキュラムを用意しているのが強みです。

合格するために毎年更新されるオリジナル教材を用い、熟練の講師が講義を行います。ポイントを絞った合格のためのテキストは無駄がなく、効率的な学習をサポートしてくれます。

欠席してもブースでビデオ視聴による振り替えを受けられ、自習室も完備されているので安心です。

資格の大栄

資格の大栄では、高校生向け、大学生向け、社会人向けの公務員講座を用意しています。

一次試験の合格対策はもちろんですが、公務員になるために重要な二次試験対策にもこだわっているのがポイントです。

公務員採用の近年の傾向として、学力よりも人物重視になっていることから、面接・集団討論対策や小論文指導や添削、志望動機の書き方やエントリーシート対策まで、多くの受験者を公務員試験合格へ導いてきた専門の講師がサポートしてくれます。

資格の学校TAC

資格の学校TACでは、いつから始めるかにより、じっくりと着実に学んでいく大学2年生向けコースや大学3年生向けコース、短期間で合格を目指す大学4年生向けコースや社会人向けコースが用意されています。

地方上級・市役所・国家一般職などを幅広く目指せるスタンダードコースと、これに加えて国税専門官や裁判所事務官、労働基準監督官などの専門職向け講座も選びたい放題のスペシャルコースがあります。

複数合格を目指す方にもおすすめです。

伊藤塾

伊藤塾は、司法試験合格の伝道師としてカリスマ的存在であった伊藤真氏が起ち上げた予備校です。国家総合職や地方上級公務員向けのコースに加えて、裁判所事務官一般職コースがあります。

司法試験予備校としてスタートし、司法書士や行政書士といった法律系の国家資格講座も手掛けてきただけあって、法律系の指導には定評があります。

裁判所事務官の指導ノウハウも蓄積されているので、裁判所事務官を目指したい方にもおすすめです。

公務員試験向けおすすめ通信講座

公務員試験向けおすすめ通信講座をご紹介します。自宅で空き時間を使って集中的に学んだり、通勤や通学時の隙間時間を使って学んだりできます。一般的には、公務員試験向け予備校より費用・料金は安めです。

通信講座は紙のテキストを用いたアナログな方式から、DVD教材、eラーニングやアプリを使うものなど多様化傾向にあります。

どのようなスタイルの講座なのかをよく確認しておかないと、学習環境が整えられないこともあるので注意しましょう。

スタディング

スタディングは、オンライン講座に加えて、専任担任制による徹底したオンラインサポートが受けられるのが魅力の通信講座です。

国家一般職・地方上級、市役所、消防官・警察官コースがあり、社会人向けの講座も用意されています。パソコンはもちろん、スマホでも気軽に学習ができ、オンラインで担任に質問をすることもできます。

模擬試験をはじめ、オンラインでの模擬面接受け放題などサポートも合格までのサポートが充実しているのが特徴です。

アガルートアカデミー

アガルートアカデミーはオンライン講座で、パソコン・タブレット・スマートフォンでいつでもどこでも受講できるので、忙しい方も隙間時間を使って効率的に学べます。

画面にテキストが同時表示されるため、テキストを持ち歩く必要もなく、通学中の電車内などでも学びやすいです。

いつから始めるかにより、高校3年生向け、大学2年生向け、3年生向け、4年生向けのコースと社会人向けコースも用意されています。

フォーサイト

公務員試験は、教養科目と専門科目の試験が行われますが、フォーサイトは公務員試験の教養対策に特化した通信講座です。そのため、安い料金で気軽に受講できるのがメリットです。

合格に必要な教材として紙のテキスト・講義・eラーニングに加え、メールによるサポート体制も用意されています。

パソコンやタブレット、スマホでも受講でき、忙しい人でも取り組みやすい内容で、最短3ヶ月で公務員試験合格を目指せるカリキュラムが提供されます。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーでは、公務員初級と上級のオンライン講座が用意されています。eラーニングにより講義を受講し、確認テストを行い、問題集とWebテストを解くといった流れで知識の定着を図りながら合格を目指すカリキュラムです。

eラーニングは、最大で2倍速までの早見再生もできるので、忙しい方も効率良く学習できます。

模擬試験や面接対策講座などもあり、一次試験から二次試験まで合格対策が充実しています。

クレアール

クレアールでは、国家公務員、地方上級、市役所の行政職向けコースをはじめ、裁判所総合職や法務省専門職などの心理系・福祉系区分向けコース、土木区分・建築区分・機械区分・電子・電機・情報区分などの技術系コース、警察官・消防官コースもあります。

高校生向け、社会人向けコースもあり、目的やいつから始めるかに合わせてコースが選べます。

担任によるサポートや質問サポート、問題集Web解説講義、論作文添削、面接サポートなども充実しているのが魅力です。

伊藤塾

伊藤塾では、国家総合職コース、国家公務員一般職・専門職、地方公務員コース、裁判所事務官コースがあります。

インターネットにより、予備校で行われている講義がライブ配信され、教室と同じスケジュールで受講できるほか、自分のペースに合わせて視聴することもできます。

オンラインゼミやカウンセリングで双方向学習ができるので、疑問を解消することや学習の悩みを相談することも可能です。マイページからいつでも質問をすることができるのも便利です。

目的に合った公務員講座で合格を目指そう

自分の目的や目標、なりたい公務員の合格を目指し、最適な公務員試験向け予備校を見つけましょう。試験に合格しないことには公務員にはなれません。

今回ご紹介した内容を参考に、教材が充実し、しっかり指導してくれる公務員試験向け予備校を探してみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のサービスカテゴリー

新着記事

カテゴリー