この記事で紹介されている商品
おしゃれな食器用洗剤を選びたい!ギフトにもおすすめの商品をご紹介

おしゃれな食器用洗剤を選びたい!ギフトにもおすすめの商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

おしゃれな食器用洗剤を選ぶ時にギフトとして選ぶ時のポイント、自宅用として選ぶ時のポイントをまとめました。おすすめのおしゃれな食器用洗剤もピックアップ。おしゃれな洗剤を使いたい方も、洗剤ギフトに悩んでいる方もこれを読めば解決します。

おしゃれな食器用洗剤が欲しいけど、たくさんあってどれを選べばいいか分からないという方におすすめの商品をご紹介します。キッチンに置いておいてもインテリアの邪魔にならないもの、ギフトにぴったりのもの、かわいいボトルやクールなボトル、カフェ風のデザインのボトル、おしゃれだけど容量たっぷりのものなどいろいろな種類があります。

自宅のキッチン用に選ぶ時に見るべきポイント、ギフトとして選ぶ時に見るべきポイントもまとめました。喜んでもらえるギフトを探している方はこれを見れば解決です。おしゃれなキッチンを目指している方も、これを見ればおしゃれなキッチンに一歩近づきます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

食器用洗剤の種類

食器用洗剤は、形で分けたり成分で分けたり、デザインでも種類を分けることができます。洗剤の形によって種類をみていくと、固形と液体と粉末の3種類の形があります

固形石鹸

固形石鹸は洗浄力に優れたものが多いです。粉末石鹸は食洗機用の洗剤として販売されていることが多いものになります。一番メジャーな液体洗剤は商品の種類も多いのが特徴です。

液体洗剤

液体洗剤をさらに種類分けしていくと、洗剤のデザインで種類を分けることができます。スーパーやドラッグストアなどの食器洗剤コーナーでよく見かけるようなものと、デザインがおしゃれで洗剤に見えないようなものに分けられます。

食器用洗剤コーナーでよく見かける液体洗剤は、パッケージに「泡立ちが良い」「油汚れに強い」などの言葉が大きく書かれているものが多いですよね。そのようなデザインのものは、購入する時にわかりやすく手に取りやすいですが、その反面、出しっぱなしにしておくには生活感が出やすくなってしまいます。

見た目がおしゃれな洗剤には、パッと見た時に食器用洗剤と分かりにくくインテリアにも馴染み、出しっぱなしにしていてもおしゃれなキッチンを演出してくれます。しかし、大きく効果や洗剤の特徴が書いてあるものが少なく、購入するときにどれを選べばいいのか分かりにくいことも多いですよね。おしゃれな洗剤を選ぶのに迷ってしまった時には、洗剤の液性とそれぞれの特徴を知っておくと便利です。

液体洗剤には弱酸性と弱アルカリ性と中性の3種類があり、これを「液性」といいます。成分表示の中に記載されています。

弱アルカリ性

弱アルカリ性の洗剤はpH8からpH11で作られていて、アルカリ性の成分がタンパク質を分解するという性質を利用した洗剤です。弱アルカリ性の洗剤の特徴は油汚れに強いことです。pH12以上の強いアルカリ性になれば洗浄力が高くなります。

洗浄力が強くなるならアルカリ性の強い洗剤のほうが良いように感じますが、手に刺激が強く手荒れの原因になるので、毎日使う食器用洗剤には適していません。そのため食器用洗剤は弱アルカリ性で作られています。油汚れを楽に落としたい方におすすめの種類です。

弱酸性

弱酸性の洗剤はpH3からpH6までのもので、水垢やグラスの曇りなどを落とすのに活躍するのがこの種類です。肌と同じ弱酸性で作られているため手に優しいというところが一番の特徴です。こちらも弱酸性よりもpH2以下の酸性の洗剤の方が汚れを落とすのに優れていますが、やはり手に刺激が強いという理由から弱酸性で作られています。手に優しいので、手荒れに悩む方や1日に何度も洗い物をする方におすすめの種類です。

中性

昔から台所洗剤に使われているのは中性洗剤です。pH6からpH8のものが中性で、昔は台所洗剤といえば中性洗剤であることが当たり前でした。なぜなら、野菜や果物に虫の卵や汚れがついていることも多く、洗剤で洗ってから食べるのが一般的だったからです。食品衛生法での決まりがあり、口に入ることが想定されたため、中性洗剤でなければ食品を洗うことができませんでした。

しかし最近は水洗いで十分食べることができますので、食べ物に対して台所洗剤を使う人は少なくなってきました。そのため、現在の中性の洗剤には様々な成分がプラスされ、洗浄力を高くする配合になっているものも多くあります。ちなみにですが、こういった洗剤は口に入ることを想定しておらず、野菜や果物を洗うことはできません。

中性洗剤でも用途の欄に「果物、野菜」と記載のないものでは食べ物を洗わないでください。食べ物を洗いたい時には必ず用途の欄を確認するようにしてください。そんな中性洗剤は、油汚れも水垢も適度に落とす力があります。しかし強い汚れは苦手なのが特徴です。毎日の食器洗いでは強い汚れの洗い物が出ない方や、洗浄力も手への優しさも両方欲しい方におすすめの種類です。

界面活性剤の成分もチェック

使われている界面活性剤が石油由来なのか?自然由来なのか?で種類を分けることもできます。一般的な洗剤は石油由来の合成界面活性剤を使用していることが多く、洗浄力が高くなるように配合されています。

成分表示に「高級アルコール系」「硫酸エステル塩」などのキーワードの入ったものは石油由来の洗剤です。自然由来の界面活性剤を含んだ洗剤は、石油由来のものと比べてしまうと洗浄力は落ちてしまいますが、それでも食器を洗うのには十分な洗浄力を持っています。手肌にも優しく、排出した後に環境を汚さないというメリットがあります。「やし油」「パーム核油」「サポニン」「リン脂質」「ペプチド」などは自然由来の成分です。

このように、パッケージに効果が書かれていなくても成分表示から洗浄力の強さや特徴を知ることができます。

おしゃれな食器用洗剤の選び方

おしゃれなデザインや見た目だけで食器用洗剤を選ぶと、使い勝手が悪いなど、毎日の食器洗いがストレスになるかもしれませんよね。おしゃれな食器用洗剤を快適に使うためには、ニーズに合わせた洗剤を選ぶことが必要です。

成分表示で選ぶ

選ぶときに注意して見ていただきたいことの一つ目は、中の液性と成分の表示です。前の項目にも書きましたので詳細は省きますが、どの程度の洗浄力を求めているのかによって選ぶべき洗剤が変わってきます。成分表示をぜひ見てみてください。

デザインで選ぶ

二つ目はボトルのデザインです。カフェ風のデザインのボトルや、青や茶などの落ち着いた色のボトル、パッケージには文字が少なくシンプルなものや、ころんと丸いボトルの形が可愛いものなどがあります。キッチンの雰囲気に合っているかという目線でデザインを見てみてください。

香りで選ぶ

三つ目は香りです。レモンやオレンジなどのフルーツの香りのものや、カモミールやフローラルなどの植物の香りのものが販売されています。好きな香りのものを選ぶと、毎日の洗い物の時間が少しだけいい気分になりますのでおすすめです。食器に匂いがつくのが嫌だという方は、無香料のものを選ぶと良いですね。ただ、香りを感じにくくするための香料を使い、無香料として販売されている場合もありますので注意が必要です。

容量で選ぶ

四つ目はボトルの容量です。家族構成や日々の洗い物の回数はご家庭によって様々だと思います。家族が多めのご家庭では、あまり小さいものだとすぐになくなってしまいます。逆に一人暮らしのご家庭に大きい容量のものだと邪魔になる場合があります。適度な容量のボトルを選ぶことをおすすめします。

ギフトとして洗剤を選ぶ際には、別の注意するべきポイントがあります。それは、手に優しいものかどうかということです。洗浄力ももちろん大事ですが、肌の弱い人が毎日使うことを想定して、なるべく自然由来のもので、洗剤の香りについても優しい香りのものが良いでしょう。

相手の好みを熟知していれば強めの香りのものを送っても良いのですが、相手の好みではないものを送ると使ってもらえない可能性もあります。洗濯洗剤とは違って匂いが残るようなものではありませんが、香りの強すぎるものは避けた方が無難ですよね。

ボトルの形やデザインはおしゃれなものが喜ばれます。送りたい相手の家族構成などを考え、子どもがいる家庭などでは大きめの容量のものを選ぶのがおすすめです。せっかく送るギフトですから、おしゃれで相手の使いやすいものを選ぶのがポイントです。

おしゃれな食器用洗剤おすすめ5選

おしゃれな食器用洗剤のおすすめをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

SODASAN  ディッシュウォッシュリキッド
4.0

Amazonカスタマーレビュー(197件)

商品情報

ブランド SODASAN(ソーダサン)
商品の形状 液体
香り レモンライム
商品用途・使用方法 グラス,ドレイン,料理
商品体積 500 ミリリットル
ユニット数 500 ml

ソーダサン社の食器用洗剤は、手荒れを防ぎ、洗い残りもなく、高い粘度で少量でも泡立ちます。環境に優しい自然原料を使用し、生分解性を持っています。1982年創業以来、ドイツでオーガニック洗剤のシェアNo.1を誇り、手肌に優しく、すっきりとした香りが特徴です。

SONETT 食器用洗剤
4.2

Amazonカスタマーレビュー(169件)

商品情報

ブランドSONETT(ソネット)
商品の形状 液体
香り 無香料

この無香料タイプの食器用洗剤は、肌に優しく、使用後は分解されるため環境への悪影響も少ないです。敏感肌の方や香りが苦手な方に最適で、油汚れにも強く、市販の石油系合成洗剤には劣らない洗浄力があります。よく泡立ち、泡切れが良いためすすぎも簡単です。

EMARA ディッシュソープ
4.1

Amazonカスタマーレビュー(7件)

商品情報

ブランド EMARA
商品の形状 液体
商品体積 400 ミリリットル
ユニット数 400.00 ミリリットル
商品の個数 1

この食器用洗剤は、天然由来成分100%で化学的な界面活性剤を一切使用せず、手荒れを軽減します。母親の手荒れを守るために開発された商品で、カレンデュラとアロエエキス、13種類のハーブを配合。使い続けることで手を労わり、手荒れの改善をサポートします。

サラヤ ヤシノミ洗剤
4.4

Amazonカスタマーレビュー(2801件)

商品情報

ブランド 花王(Kao)
商品の形状 液体
香り グレープフルーツ
商品の個数 1
商品の重量 680 グラム
ユニット数 680 g
商品の推奨用途 食洗機用
モデル名 キュキュット 食器用洗剤 食洗機用 クエン酸効果

YASHINOMIブランドは、ヤシの実由来の植物性成分を使用し、香料や着色料を一切使用しない無添加洗剤です。1971年から手肌に優しく高い生分解性を持つ成分を採用し、環境に配慮したつくりに。

こちらは詰め替え用ですが、本体のポンプノズルの角度は飛び散りにくい55度で、スリムな56mmのボトルはキッチンにおいてもコンパクトに収納できますよ。

ecostore ディッシュウォッシュリキッド
4.1

Amazonカスタマーレビュー(324件)

商品情報

ブランドecostore(エコストア)
商品の形状 液体
香り 無香料

ニュージーランドで絶大な信頼を誇る、エコストアの食器用洗剤です。環境や肌にやさしい作りになっているだけでなく、パッケージもスタイリッシュでおしゃれなのでギフトにもぴったりです。自分へのちょっとしたご褒美としてもいかがでしょうか。

全5商品

おすすめ商品比較表

SODASAN  ディッシュウォッシュリキッド

SONETT 食器用洗剤

EMARA ディッシュソープ

サラヤ ヤシノミ洗剤

ecostore ディッシュウォッシュリキッド

Amazonカスタマーレビュー
4.0197
4.2169
4.17
4.42,801
4.1324
最安値
タイムセール
¥500-39%
参考価格¥825
購入リンク

おしゃれな食器用洗剤は食器洗いを楽しくしてくれるアイテム

おしゃれな食器用洗剤を使えば、キッチンの見た目が良くなりますよね。ボトルのデザインや容量、香りや洗浄力、手にどれだけ優しいかなど、自分にぴったりの洗剤が見つかると毎日の食器洗いも楽しくなりますね。また、洗剤をギフトとして贈ることはとてもおすすめです。

洗剤はどの家庭でも必ず使うものですし、結婚祝いや出産祝いなどのどんな場面のお祝いにも送ることができます。特に快気祝いとして送るのはおすすめです。

洗剤ギフトは怪我や病気を残さず「綺麗に洗い流す」という意味があり「これから元気で過ごしてね」というメッセージが込められています。賞味期限なども気にする必要がないので、ギフトとしてとても優秀なアイテムですね。 

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー