この記事で紹介されている商品
ノート代わりにおすすめのタブレット7選!選ぶポイントも解説します

ノート代わりにおすすめのタブレット7選!選ぶポイントも解説します

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

手書き機能を搭載した「タブレット」は、紙のノートの代わりとしても利用可能です。学校の授業やビジネスなど、さまざまなシーンで活用できます。そこで、本記事では、ノート代わりに使えるタブレットの特徴や選び方のポイントなどを解説したうえで、おすすめのタブレットをご紹介していきます。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ノート代わりに使えるタブレットの特徴

ノート代わりに使えるタブレットは、画面にタッチしたり専用のペンを使ったりすることで、文字やイラストなどを直接書き込めるのが特徴です。

紙のノートに手書きするのと同じような感覚で利用でき、タブレットのカメラ機能で撮影した画像に対してメモを書き込むことも可能です。

また、書き込んだ情報はタブレットに蓄積されるため、1台の端末だけでさまざまなデータを効率良く管理できます。

タブレットは検索性に優れているので、必要な情報をすぐに取り出すことも可能です。

学生の場合は教科ごとにノートを使い分けたり、何冊もノートを持ち歩いたりする手間が省けるでしょう。

さらに、タブレットを活用すれば紙のノートや資料をコピーする必要がなくなるのでペーパーレス化にもつながります。

ノート代わりに使えるタブレットの選び方

ここでは、ノート代わりに使えるタブレットの選び方のポイントをご紹介します。どんなタブレットを選んだら良いのか悩んだ時は、以下の3つのポイントをチェックしましょう。

メーカーで選ぶ

各社からさまざまなモデルのタブレットが販売されています。

タブレットで有名なメーカーとしてはAppleやAmazon、Microsoftなどが挙げられます。

Appleの「iPad」シリーズ

Appleから発売されているタブレットは、「iPad」シリーズです。

ハイスペックモデルの「iPad Pro」、リーズナブルな価格の「iPad(無印)」、コンパクトサイズの「iPad mini」、中間モデルの「iPad Air」など、さまざまなモデルがラインアップされています。

iPadは機能面だけでなくデザイン性が優れており、カラーバリエーションも多いので、おしゃれなタブレットを選びたい方におすすめです。

Amazonの「Fire」シリーズ

Amazonから発売されているタブレットは「Fire」シリーズです。

コンパクトサイズの「Fire 7」、中間モデルの「Fire HD 8」や「Fire HD 10」、大画面モデルの「Fire Max 11」などのモデルが販売されています。

ノートの代わりとして使いたいのであれば、スタイラスペンに対応した「Fire Max 11」や「Fire HD 10」を選ぶと良いでしょう。

Amazonのサービスをよく使う方におすすめのメーカーです。

Microsoftの「Surface」シリーズ

Microsoftから販売されているタブレットは、「Surface」シリーズで、同社のOSであるWindowsを搭載しています。

WordやExcelなどのオフィスソフトを使いたい方やノートパソコンのような感覚でタブレットを使いたい方におすすめのメーカーです。

ノート代わりとして使いたいのであれば、軽量性に優れた「Surface Pro 9」や「Surface Pro 8」などのモデルから選んでみると良いでしょう。

アジア系メーカーのタブレット

Lenovo(レノボ)やSamsung(サムスン)、ASUS(エイスース)、Xiaomi(シャオミ)などのアジア系メーカーからも多くのタブレットが販売されています。

上記のメーカーは、お手頃価格のモデルが揃っているのが特徴です。

各社によって搭載機能やスペック、デザインなどが異なるので比較してみると良いでしょう。

用途で選ぶ

ここからは用途別でのモデルの選び方をご紹介します。用途にあわせて自分にあったものを選んでみてくださいね。

自宅以外でも使いたいならば「SIMフリーモデル」

学校や職場など自宅以外の場所でタブレットを使いたいのであれば、キャリアや格安データSIMなどと契約できる「SIMフリーモデル」がおすすめです。

通信業者と契約すれば、Wi-Fiがない場所でもモバイル通信ができます。自宅やWi-Fi設備を完備した環境以外では使わないのであれば、「Wi-Fiモデル」でも十分でしょう。

キーボード対応モデルを選ぶ

手書き入力以外にノートパソコンとしても使いたいのであれば、キーボードに対応したタブレットがおすすめです。

対応可能なキーボードの種類や接続方法なども確認しておきましょう。

容量・メモリで選ぶ

タブレットを選ぶ際には、ストレージやメモリの容量を確認しておきましょう。

大量のデータを保存しておきたいのであれば、64GB以上のストレージ容量のモデルを選んでおきたいところです。

メモリについては一般的な用途であれば、2〜4GB程度あれば困ることはないでしょう。

3Dゲームや動画編集などのように負担の大きい作業を行う場合は、それ以上のメモリを搭載したタブレットがおすすめです。

ノート代わりに使えるタブレットおすすめ7選

ここからは、ノートの代わりとしても活用できるおすすめのタブレットを7個ほどご紹介していきます。

それぞれの特徴を詳しく解説するのでタブレット選びの参考にしてくださいね。

iPad(第9世代)|Apple(アップル)
4.6

Amazonカスタマーレビュー(6992件)

商品情報

同梱物:iPad, Lightning - USB-Cケーブル, 20W USB-C電源アダプタ
高さ:250.6 mm
幅:174.1 mm
厚さ:7.5 mm
重量:Wi-Fiモデル 487 g

iPad(第9世代)は、2021年9月にAppleから発売されたモデルです。Apple Pencilに対応しており、手書きのような感覚でスラスラと文字やイラストなどを書き込めます。

画面のサイズは10.2インチで、A4ノートに近いサイズ感です。明るいRetinaディスプレイを搭載しているので、動画視聴やブラウザや電子書籍の閲覧なども快適に行えます。動画編集、ゲーム、イラスト、デザインなど、さまざまな用途で利用したい方におすすめです。

Fire HD 10(第13世代)|Amazon(アマゾン)
4.2

Amazonカスタマーレビュー(1897件)

商品情報

商品サイズ:246mm x 164.8mm x 8.6mm
商品重量:434g
CPU & RAM:8コアプロセッサ - 2x Arm Cortex-A76 (最大2.05GHz)、6x Arm Cortex A55 (最大2GHz)、3GB RAM

Fire HD 10(第13世代)は、Amazonから2023年11月に発売されたモデルです。スタイラスペンに対応しており、ノート代わりとして活用できます。

こちらのタブレットの特徴は、Alexa機能を搭載していることです。話しかけるだけで、音楽再生やアラームなどの機能が利用でき、画面のサイズは10.1インチです。ストレージ容量は、32GBと64GBの2つのモデルが発売されています。

Redmi Pad SE 4GB+128GB wi-fiモデル|Xiaomi(シャオミ)
4.3

Amazonカスタマーレビュー(502件)

商品情報

製品サイズ:25 x 15 x 1 cm
製品重量:790 g


メモリストレージ容量:128 GB
画面サイズ:11 インチ

Redmi Pad SE 4GB+128GB wi-fiモデルは、Xiaomi(シャオミ)から2023年9月に発売されたモデルです。別売りでタッチペンを使えば、ノートのような感覚で書き込めます。

画面のサイズはやや大きめの11インチです。解像度はフルHDで8,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、長時間でもバッテリー切れの心配なく利用できますよ。

Surface Pro 9:|Microsoft(マイクロソフト)
4.4

Amazonカスタマーレビュー(103件)

商品情報

メモリストレージ容量:256GB
画面サイズ:13インチ
ディスプレイ最大解像度:2880 X 1920 Pixels
‎梱包サイズ:31.1 x 23 x 5.1 cm
梱包重量:1.77 kg

Surface Pro 9は、2022年11月にMicrosoftから発売されたモデルです。第12世代 Intel Evo 5 プロセッサを搭載、Thunderbolt 4 ポート対応のハイスペックなタブレットです。

別売りのSurface スリム ペン2にも対応しており、手書きでの入力もスムーズに行えます。画面のサイズは13インチと大きいので細かい文字も書きやすいでしょう。

iPad mini (第5世代) |Apple(アップル)
4.7

Amazonカスタマーレビュー(4348件)

商品情報

メモリストレージ容量:64 GB
画面サイズ:8.3インチ
ディスプレイ最大解像度:2,266 x 1,488 Pixels
製品サイズ:195.4mm×134.8 mm×6.3 mm
製品重量:Wi-Fiモデル 293.5 g

iPad mini (第5世代) は、2021年9月に発売されたモデルです。画面のサイズは8.3インチとなっており、運びやすいサイズ感となっています。学校や職場など、あちこちと持ち歩く機会が多い方におすすめです。

コンパクトでありながら、A15 Bionicチップ、Liquid Retinaディスプレイ、12MP超広角フロントカメラなどを搭載しており、幅広い用途で利用できます。別売りのApple Pencilを使えば、ミニノートしても活用できるでしょう。

Galaxy Tab S6 Lite(Wi-Fiモデル)|Samsung(サムスン)
4.4

Amazonカスタマーレビュー(193件)

商品情報

製品サイズ:24.45 x 15.43 x 0.7 cm
製品重量:465 g
メモリストレージ容量:64 GB
画面サイズ:10.4:インチ
ディスプレイ最大解像度:2000×1200

Galaxy Tab S6 Liteは、2023年6月にSamsungから発売されたモデルです。Sペンが付属するため、別途買いそろえる手間がかかりません。Sペンは、ペンタブや液タブで有名なワコム社の技術を取り入れたデバイスです。

鉛筆のようなサイズ感となっているので、初めての方でも気軽に取り扱いやすいでしょう。最大1TBのMicroSDにも対応しているため、大量のデータを取り扱いたい方にもおすすめです。

Lenovo Tab P12 Pro|Lenovo(レノボ)
4.1

Amazonカスタマーレビュー(452件)

商品情報

色:グレー
製品サイズ:15.86 x 23.98 x 0.85 cm
製品重量:460 g

Lenovo Tab P12 Proは、2023年5月にLenovoから発売されたモデルです。OSは、Android12を搭載してしています。画面のサイズは10.1インチです。ワイドIPSパネルを搭載しており、視認性に優れています。

筆圧感知式のペンには対応していませんが、スマホ用の静電容量式ペンが利用できるので、ノート代わりとして活用しやすいです。安価なタブレットをお探しの方におすすめです。

全7商品

おすすめ商品比較表

iPad(第9世代)|Apple(アップル)

Fire HD 10(第13世代)|Amazon(アマゾン)

Redmi Pad SE 4GB+128GB wi-fiモデル|Xiaomi(シャオミ)

Surface Pro 9:|Microsoft(マイクロソフト)

iPad mini (第5世代) |Apple(アップル)

Galaxy Tab S6 Lite(Wi-Fiモデル)|Samsung(サムスン)

Lenovo Tab P12 Pro|Lenovo(レノボ)

Amazonカスタマーレビュー
4.66,992
4.21,897
4.3502
4.4103
4.74,348
4.4193
4.1452
最安値
タイムセール
¥67,475-6%
参考価格¥71,800
¥19,980
¥21,800
¥240,680
タイムセール
¥79,596-6%
参考価格¥84,800
¥44,990
タイムセール
¥19,800-20%
参考価格¥24,800
購入リンク

ノート代わりにタブレットを活用しよう

各社からさまざまなタイプのタブレットが発売されているので、ノート代わりに活用したいのであればペン入力に対応したモデルを選んでおくと良いでしょう。安価なものであれば、2万円程度から購入可能です。

高性能なタブレットは、10〜20万円くらいとなっており、ノートパソコン並みの価格となっています。よく比較したうえで、予算に合ったものを選んでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のパソコン・周辺機器カテゴリー

新着記事

カテゴリー