この記事で紹介されている商品
サスペンダーのおすすめ15選!オフィスからカジュアルまでコーデに合う商品をご紹介

サスペンダーのおすすめ15選!オフィスからカジュアルまでコーデに合う商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

コーディネートのアクセントに使ったりボトムを固定したりと多用途に使える「サスペンダー」。フォーマルからビジネススーツ、スカートとさまざまなコーデに合わせられる便利なアイテムです。本記事では、サスペンダーを選ぶときのポイントやメンズもレデースも使いやすいおすすめのサスペンダーをご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

サスペンダーの特徴

日本では「吊りベルト」とも呼ばれるサスペンダー。先端に付いている金具をスカートやズボンの腰回りにつけることで、ボトムのずり落ちを防げるアイテムです。さらに、スーツを美しく着こなせたり、体型が変わって着用しづらくなった衣服をカバーできる効果も。

トイレのときに着脱が手間と感じたり、人によっては肩が凝ったりするといったデメリットもありますが、おしゃれのアクセントとしてコーディネートを楽しめるアイテムでもあります。

以前はフォーマルウェアやビジネススーツに使うのが主流でしたが、最近は男女兼用で使えるおしゃれな商品が幅広く展開されているのも特徴です。

サスペンダーの選び方

さまざまな種類のあるサスペンダー。用途に合わせて選ぶことでコーディネートしやすくなったり、ボトムを調節しやすくなったりします。ここからはサスペンダーを選ぶポイントをご紹介するので、検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

シーンで選ぶ

サスペンダーを使用するシーンが決まっている方は、コーディネートに合わせて選んでみてください。オフィス・フォーマル・カジュアル・アウトドアの4つのシーンに分けて、おすすめの種類をご紹介します。

オフィスコーデ

サスペンダーのカラーが目立ってしまうとカジュアルな雰囲気になってしまうので、ビジネスシーンで着用する場合は、白・黒・グレーなどベーシックなカラーを選ぶようにしましょう。スーツの色と合わせたコーディネートもおすすめです。

留め具の形としてクリップタイプが一般的ですが、ボタンタイプのサスペンダーも存在します。ボタンを縫い付ける手間はありますが、ズボンの生地が傷みにくくなるうえ、金具も見えないのでスッキリした雰囲気になりますよ。

フォーマルコーデ

フォーマルシーンで着用する正礼装のタキシードやモーニング、参列者の略礼装でも、白か黒のサスペンダーを身に付けることがマナーとなっています。基本的にサスペンダーは「見せないアイテム」とされているので、フォーマルコーデの場合はジャケットやベストの下に付けるようにしましょう。

また、サスペンダーのバンド幅は腰ベルトと同じくらいにすると、よりフォーマル感を演出しやすくなりますよ。

デイリー・カジュアルコーデ

日頃のファッションにサスペンダーを取り入れるだけで、コーディネートにアクセントを加えることができます。柄や太さ、カラーが豊富に展開されていて、コーディネートに合わせたチョイスが可能です。

例えば、細めのバンドなら華奢な雰囲気を演出できるため、太めのボトムとも相性ぴったり。レザー素材なら、落ち着いたコーディネートにまとめやすいでしょう。また、トップスの色と同系色ならあまり目立たないので、サスペンダーのコーディネートに不慣れな方でも使いやすいですよ。

アウトドア

釣りや登山のシーンでは、ハイウエストのズボンを着用することもありますが、腰のベルトだけではズボンが下がってしまうことも。そんなときもサスペンダーを使えば、動きやすいように調節が可能です。

アウトドア用に選ぶ際は、外れにくく快適に装着できる商品を選ぶようにしましょう。

例えば、バンドが幅広のサスペンダーなら、肩からずれ落ちるのを防ぎ安定した装着感が得られます。さらに、水辺で使う場合はクリップが金属のものより樹脂製の方がサビを心配することなく使用できるのでおすすめですよ。

バンドのタイプで選ぶ

次にサスペンダーのバンドタイプに注目してみましょう。バンドは主にX型・Y型・H型・ホルスター型の4つに分けられていて、背中から見たデザインで呼び方が分別されています。型によって、ボトムの見え方や使いやすいシーンが異なるのでそれぞれの特徴を解説しますね。ぜひ購入する前にチェックしてみてください。

X型

背中から見てベルトが交差し、Xのように見える形をX型と呼びます。前後それぞれ2点ずつ固定するタイプです。装着後の安定した付け心地や、左右対称に付けることでズボンの折り目をきれいに出しやすいといったメリットがあります。

しかし4箇所留めるため、サスペンダーに慣れていない人にとっては手間に感じることもあるかもしれません。

フォーマルからカジュアル、アウトドア、オフィスコーデと幅広く活用できる形です。

Y型

X型と並んで主流なのが、Y型です。後ろは1箇所、前は2箇所と計3点留めるタイプになっています。後ろが1箇所なので、X型よりも装着しやすく、背中の一本のラインがスッキリした印象を与えてくれますよ。

また、装着時はベルト通しの上からクリップを付けますが、それを避けたい場合はクリップが2つに分かれているダブルクリップを選ぶと効果的です。

カジュアルなスタイルにも合わせやすいうえ、よりクラシックで紳士的なコーディネートをしたい場合もぴったりですよ。

H型

前後2箇所ずつ留めるタイプとしてはX型と似ていますが、背中部分は交差せずに2本のバンドを繋いだH型になっています。X型よりも、それぞれのベルトが動きやすいので、装着時の優れたフィット感が特徴です。身体を動かすことが多い方に重宝する形状でしょう。

フォーマル、カジュアル、アウトドアとどんなシーンでも使えるうえ、4点固定しているためパンツの形が崩れにくい点もメリットとして挙げられます。

ホルスター型

ホルスター型は、リュックのように左右の輪を腕に通し、左右の2箇所で固定するタイプ。ドラマや映画で刑事さんが付けているのを見たことがあるかもしれません。

他のバンドのタイプよりも装着しやすく、ジャケットから見えにくいといったメリットがあります。さらに、パンツの重みを分散しやすいので、肩への負担軽減も期待できる高機能なサスペンダーです。

背中部分はX型のように交差しているものもあれば、H型のように2本のバンドが繋がっているタイプもあります。用途に合わせて、使いやすそうな方を選ぶとよいでしょう。

サスペンダーのおすすめ15選

サスペンダーはデザインや形が豊富なので、選びにくいこともあるかもしれません。そこで、おすすめのサスペンダーを15点ご紹介します。さまざまな方の参考になるようにメンズからレディース、キッズまで幅広く選びました。使うシーンや好みのデザインに合わせてぴったりのものを探してみてくださいね。

ARTBROWN サスペンダー Y型
4.9

Amazonカスタマーレビュー(10件)

商品情報

2WAYサスペンダー
・品番:FGF00160AB
・サイズ(約):【クリップ式】最小77cm/最大112cm 【ボタン式】最小84cm 最大120cm
・重量(約):180g
・帯幅:35mm
・素材:クロムエクセルレザー
・生産国:日本(自社工房)

サスペンダーの留め具は、クリップタイプとボタンタイプの2way使用が可能なサスペンダーです。パンツ生地にダメージを与えたくないときにはボタンタイプ、手軽に付けたいときにはクリップタイプとパンツに合わせて使い分けられるのでとても便利。留め具の装着も簡単です。男女ともに使えるユニセックス仕様になっています。

ピース工房 サスペンダー X型
4.0

Amazonカスタマーレビュー(1957件)

商品情報

サイズ:S・M・L(Mサイズ/65~105cm サイズ目安:身長160cm~175cm程度、体重75kg位まで)
帯幅:20mm
素材:【生地】レーヨン・ポリエステル・ゴム【金具】スチール

ベーシックな形で、シーンを問わずに使えるX型。20mmのバンド幅は、安定した付け心地を感じられるでしょう。S・M・Lの3サイズ展開されているので、ご自身にぴったりのサスペンダーを着用できます。また、カラーの展開も豊富なため、レディース・メンズ問わずおしゃれを楽しめるアイテムが見つかりますよ。

KASAJIMA サスペンダー X型 15mm
3.9

Amazonカスタマーレビュー(143件)

商品情報

・サイズ:S・M・L(Mサイズ/58〜92cm。サイズ目安:身長170cm以下 細身/小柄な方向け)
・帯幅:約15mm
・素材:レーヨン(カジュアルゴム)
・生産国:日本

15mm幅のスリムなサスペンダーは、おしゃれな着こなしを演出してくれます。細くてもホールド力はしっかりしたX型の本商品。創業80年を超える老舗メーカーの伝統技術を使い、日本の自社工場で一本一本作られています。バンドの長さ調節はもちろんのこと、背中のクロス金具の位置もずらせるので、フィット感を微調節できるのもおすすめのポイントです。

KASAJIMA サスペンダー クリップ 30mm
4.1

Amazonカスタマーレビュー(605件)

商品情報

・サイズ:82〜112cmの幅で調整可能(サイズ目安:身長180cm以下 メンズ/ローライズパンツ向け)
・帯幅:約30mm
・素材:【生地】ポリエステル/ポリウレタン【クリップ】ポリカーボネート
・生産国:日本

本商品はクリップにポリカーボネートという非金属素材を採用しているため、サビの心配がありません。ウィンタースポーツや釣り、山登りなど水や汗が気になるシーンでも、安心して使えます。さらに、金属の含まれたサスペンダーは空港のセキュリティチェック前に外さなければいけませんが、そういった煩わしさも回避できますよ。飛行機に乗ることが多い方にもおすすめのモデルです。

KASAJIMA サスペンダー クリップ 40mm
4.0

Amazonカスタマーレビュー(877件)

商品情報

・サイズ:58〜92cm(サイズ目安:身長170cm以下 細身/小柄な方向け)
・帯幅:約40mm
・素材:【生地】(無地)エステル/ゴム (ライン柄)レーヨン/ゴム 【クリップ】ポリカーボネート樹脂
・生産国:日本

サスペンダーの中ではかなりワイドなバンド幅の40mm仕様なので、しっかりしたホールド力が期待できます。アウトドアや屋外の現場作業など、激しく動くシーンでも頼りになるサスペンダーです。また、バンド幅が広いと肩への負担を分散できるため、長時間付けていても疲れにくいメリットもあります。本商品もクリップ部分は非金属なので、サビの心配がありません。

KASAJIMA サスペンダー クリップ 21mm
3.8

Amazonカスタマーレビュー(77件)

商品情報

・サイズ:58〜92cm(サイズ目安:身長170cm以下 細身/小柄な方向け)
・帯幅:約21mm
・素材:【生地】レーヨン/ゴム【クリップ】ポリカーボネート
・生産国:日本治療

こちらは、21mm幅のさまざまなコーディネートに合わせやすいサスペンダーです。クリップは樹脂製のポリカーボネートを採用した首折れ式になっています。クリップの根本を折るだけで、簡単に開閉できるので着脱がスムーズにできますよ。白・黒・グレーといったベーシックなカラーの他に、カラフルな色も販売されているので、お気に入りの1本を見つけやすいでしょう。

スタイルイコール サスペンダー X型
3.9

Amazonカスタマーレビュー(53件)

商品情報

・サスペンダーX型
・サイズ:M・L(Mサイズ/65〜100cm。サイズ目安:身長175cmまで)
・帯幅:約15mm
・素材:【生地】レーヨン/ゴム【金具】スチール
・生産国:日本

1000円をきる手頃な価格が魅力!商品ルートを2箇所減らすことで、マージンを削減し、この価格を実現しています。17色展開されているので、アクセント用に目立つカラーを1本、ベーシックで使いやすいカラーを1本と、数色購入しておしゃれを楽しむのもよいですね。生地・金具・縫製まで全て日本製な点もおすすめのポイントです。

スタイルイコール サスペンダー サイズ調整可能
3.8

Amazonカスタマーレビュー(113件)

商品情報

・調節可能 伸縮性ゴムベルト
・帯幅:約25mm
・素材:【革部分】合成皮革【ベルト部分】ポリエステル
・生産国:日本

ホルスター型のサスペンダーは、Y型やX型と比べて肩への負担を軽減する特徴があります。そのうえ正しい姿勢をキープしやすいので、身体のシルエットを美しく見せてくれる効果も期待できますよ。クリップや長さ調節できる金具がサイドについているため、サスペンダーの装着も調節も簡単に行えます。

スタイルイコール サスペンダー 30mm幅 X型
4.3

Amazonカスタマーレビュー(3件)

商品情報

・サイズ(約):M・L(Mサイズ/65〜105cm。サイズ目安:身長175cmまで)
・帯幅:約30mm
・素材:【生地】レーヨン/ゴム【金具】スチール
・生産国:日本

ゴムが伸びにくい高品質な製品づくりを心がけているスタイルイコール。ストライプ柄も取り揃えているので、サスペンダーでのおしゃれを一層楽しみたい方におすすめです。履きたいスカートがベルトを通せないタイプだったり、買ったズボンのサイズが合わなかったりしたときも重宝しますよ。

スタイルイコール サスペンダー 25mm Y型

商品情報

・サイズ(約):全長98㎝(多少伸縮性有)
・帯幅:約25mm
・素材:【本体】麻混ゴム、レーヨン【背革】合成皮革【金具】鉄(アンティークゴールド仕上げ)
・生産国:日本

洗いざらしの麻ゴム素材なのでナチュラルな風合いを楽しめるサスペンダー。ブラウン系とブラックのスタンダードなカラーを揃えているため、幅広いコーディネートに合わせやすくなっています。バンドは3箇所留めるY型なので、背中に通る1本のバンドによって背中ラインを美しく見せる効果を期待できます。

スタイルイコール サスペンダー キッズ
4.2

Amazonカスタマーレビュー(3件)

商品情報

・サスペンダー X型
・サイズ(約):全長45〜66cm(サイズ目安:身長90〜120cmまで)
・帯幅:約15mm
・素材:【生地】レーヨン/ゴム【金具】スチール
・生産国:日本

こちらはキッズ用のサスペンダーになります。入園や卒園、入学式などまだお子様が小さいときは、激しく動き回ってもズボンやスカートをしっかり固定してくれるサスペンダーはとても重宝するアイテム。黒を選べば、セレモニーシーンでも使えますね。カラーは20色あるので、お子様の好きな色をチョイスすることも可能です。

ピース工房 サスペンダー キッズ X型
4.0

Amazonカスタマーレビュー(250件)

商品情報

・サスペンダー X型
・サイズ:フリーサイズ (サイズ目安:身長85〜120cmくらいまで)
・帯幅:約21mm
・素材:【生地】レーヨン/ゴム【金具】スチール
・生産国:日本

バンド幅21mmのサスペンダーは、しっかりしたホールド力でボトムを押さえてくれます。X型の背中の金具を動かせば、ずり落ちにくいようにお子様のサイズに合わせて微調整が可能です。目安として身長85〜120㎝くらいのお子様が着用できるサイズになっています。フォーマルな場面から日常使いまで幅広く使えるモデルですよ。

ハスクバーナ・ゼノア サスペンダー
4.0

Amazonカスタマーレビュー(1752件)

商品情報

・製品番号:505 61 85‑10
・カラー:オレンジ
・仕様:皮留め穴ストラップ、幅広、長さ調整可

ダブルのボタン式という珍しいタイプのサスペンダーです。ボタン式なので、サスペンダー用のボタンをズボンに縫い付けてから装着します。先端がダブルだと、ボトムを固定しやすいのはもちろんのこと、ベルト通しを避けてサスペンダーを付けられるのも魅力です。また、非金属のためサビる心配がなく、水辺のアウトドアやスキーウェアの着用にも向いています。

MKK 雨合羽・雨ズボン用サスペンダー
4.1

Amazonカスタマーレビュー(51件)

商品情報

・製品番号:SP-50
・サイズ(約):810 × 250 × 10
・重量:260g
・帯幅:50mm
・素材:【三角金具・調節金具・フック】鉄(クロームメッキ)【サスペンダー】ポリエステルとラテックス【肩パット】PVC(無毒)

今まで紹介した商品中で最も太い幅の50mm。バンドが肩からずり落ちるのを防止できます。屋外の作業などで、かなりしっかりボトムを固定したい方におすすめのモデルです。

バンドに付いているソフトカバーで肩への負担を軽減できる効果も。ブラックなのでさまざまなカラーと合わせやすいサスペンダーです。

ダイワ ショルダーサスペンダー
4.1

Amazonカスタマーレビュー(290件)

商品情報

・製品番号:889773
・サイズ:フリー
・カラー:ブラック

釣りをサポートするアイテムとして販売されている本商品は、ベルトが肩から落ちにくく、なで肩の方も使いやすい仕様になっています。ワンタッチクリップのホルスター型なので、取り外しが簡単。サスペンダーならではの「トイレに行きにくい」といった悩みも解消してくれます。

全15商品

おすすめ商品比較表

ARTBROWN サスペンダー Y型

ピース工房 サスペンダー X型

KASAJIMA サスペンダー X型 15mm

KASAJIMA サスペンダー クリップ 30mm

KASAJIMA サスペンダー クリップ 40mm

KASAJIMA サスペンダー クリップ 21mm

スタイルイコール サスペンダー X型

スタイルイコール サスペンダー サイズ調整可能

スタイルイコール サスペンダー 30mm幅 X型

スタイルイコール サスペンダー 25mm Y型

スタイルイコール サスペンダー キッズ

ピース工房 サスペンダー キッズ X型

ハスクバーナ・ゼノア サスペンダー

MKK 雨合羽・雨ズボン用サスペンダー

ダイワ ショルダーサスペンダー

Amazonカスタマーレビュー
4.910
4.01,957
3.9143
4.1605
4.0877
3.877
3.953
3.8113
4.33
-
4.23
4.0250
4.01,752
4.151
4.1290
最安値
タイムセール
¥8,910-10%
参考価格¥9,900
購入リンク

サスペンダーでおしゃれで快適なファッションを楽しもう

フォーマルなシーンやビジネスシーンでの活用が目立つサスペンダーですが、「ボトムを美しく着こなせる」「ボトムを固定しやすい」「おしゃれのアクセントになる」といったメリットは日常生活の中でも便利なポイントです。

カラーやデザインが豊富なので、お気に入りのものを見つけて、ぜひサスペンダーコーディネートを楽しんでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー