この記事で紹介されている商品
パラコードのおすすめ10選!太さや色の選び方・編み方の参考になる本も併せて紹介

パラコードのおすすめ10選!太さや色の選び方・編み方の参考になる本も併せて紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「パラコード」はアウトドアではロープとして使えるアイテムですが、太さによってはアクセサリー作りにも役立てられます。さまざまな色が展開されているので、お気に入りの色を見つけて適した用途を見つけましょう。本記事では、パラコードの使い道や選び方について解説し、おすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

補助ロープだけじゃない!パラコードの使い道

パラコードは補助ロープとしてアウトドアシーンで活躍することで知られているアイテムです。登山やハイキングを楽しむ人なら耳にしたことがあるかもしれませんね。ですが、パラコードにはさまざまな使用方法があるのをご存知でしょうか。

ここでは、アウトドアシーンでの具体的な活用方法と、アクセサリーとしての使用方法について解説します。

アウトドアでは洗濯紐や着火剤として

パラコードは、アウトドアシーンでは洗濯紐や着火剤として使えます。

パラコードはほぐすと中に細い糸状の芯が通っていて、1本1本が独立している構造です。そのため、耐久性に優れており、一定の重さであれば物を引っ掛けても落ちにくいと考えられます。この特性を利用して、ほぐして適した太さにしたパラコードを洗濯紐や着火剤として使えるのです。

パラコードは火で炙ると簡単に先端を加工できて、好みの太さに変えられる特徴も持っています。この特徴を活用すれば、もしアウトドアシーンで急に紐が必要になったときも役立ちますよ。

また、パラコードは斧のネックガードとしても活用できます。斧のネック部分は割れた薪が当たるためダメージが蓄積してしまうので、保護しておきたいところです。パラコードを斧のネック部分に巻き付けてネックガードとして使用すると見た目もおしゃれになりますし、しっかりとネック部分を保護できますよ。

ブレスレットなどのアクセサリーとして

パラコードは太さや編み方によってアクセサリー作りにも使えます。特にブレスレットは初心者でも作りやすい「平編み」という基本の編み方で作れるため、チャレンジしやすいですよ。慣れればそれほど難しくない作業なので、好きな色のアイテムをいくつか作って楽しむのもよいでしょう。

パラコードを複数本組み合わせれば、カメラストラップも作れます。首からかけるカメラストラップが欲しい人は、丈夫で耐久性に優れているパラコードを使って自作してみてはいかがでしょうか。

「フィッシュテール」というキーホルダー作りもできます。魚の尾ひれが重なり合ったような形をしていて、毎日使っても壊れにくいキーホルダーが欲しい人におすすめのアイテムです。

パラコードの選び方

パラコードを選ぶときは、どのような素材で作られているか、太さや耐荷重はどの程度かといったポイントに注目しておきましょう。素材によってどのような点に優れているかは異なりますし、アウトドア用であれば耐久性も重要です。

また、用途に合わせて長さと色を考える必要もあります。もちろんメーカーによっても違う特徴を持っているため、そこにも着目したいところです。ここでは、5つの選び方について解説します。

  • 素材の特徴
  • 太さ・耐荷重
  • 長さ
  • メーカーの特徴

1.素材の特徴に合わせて選ぶ

パラコードの素材は主に3種類です。それぞれの特徴を知り、耐久性、耐水性、重さといった観点から選ぶのがよいでしょう。多少負荷をかけたいのであればナイロンを、水に濡らしても問題ない素材を求めているのであればポリエステルを、軽さを重視するのであればポリプロピレンを選ぶのがおすすめです。それぞれの特徴を詳しく解説します。

  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ポリプロピレン

耐久性に優れているナイロン

ナイロンは耐久性に優れており、強度が高いのが特徴です。アウトドアシーンでパラコードを使いたい場合は、ナイロン製のものを選ぶとよいでしょう。多少の運動を伴うハイキングのような、アクティブな場面ではナイロン製のパラコードを持っておきたいところです。

キャンプを楽しむときは、大型テントの設営に役立ちますよ。衝撃を吸収する力を持っているので、強い力で引っ張ったり負荷をかけたりしても、すぐにほどけてしまわない頑丈さがメリットです。

ただし、吸水性が強いためロープの結び目が塗れると固まってしまい、ほどきにくくなることもあるのでなるべく濡らさないように注意しましょう。

耐水性がよく紫外線に強いポリエステル

ポリエステルは耐水性があり、劣化しにくい性質を持っています。紫外線に強く長持ちする傾向にあるので、アクセサリーを作るときに使うのがおすすめです。

パラコードの内部に「コア」と呼ばれる芯となる糸があるため、強度が高い特徴を持ちます。摩擦にも比較的強いところを加味すると、全体的に使い勝手がよいバランスが取れた素材だと言えるでしょう。

価格もそこまで高くないため、ある程度の機能性を求めるのであればポリエステル素材がおすすめです。

軽量で比較的安いポリプロピレン

ポリプロピレンは軽く、耐水性に優れていることから川沿いのような水辺のレジャーでの使用に向いている素材です。洗濯物を干すときに物干しロープとして活用するのもよいでしょう。

ポリプロピレンは価格が安く、手に取りやすいのが何よりも大きなメリットだと言えます。用途に合っていれば複数用意しやすい素材のパラコードです。

ただし、小型のテントを張るくらいの負荷ならば耐えられる可能性が高いですが、あまり強い負荷はかけられません。強度を求めるなら、ナイロンまたはポリエステルが向いているでしょう。

2.アウトドア用なら太さ・荷耐重も確認

アウトドアシーンでパラコードを使用するなら、太さと耐荷重も確認しておきましょう。パラコードの太さは、中に入っている芯の数で決まります。この芯が多ければ多いほどパラコードは太くなり、耐荷重も増えるという構造です。

中に入っている芯の数は、一般的に5本・7本・9本の3種類です。なお、もっとも一般的なパラコードの太さは約4mmで、250kg程度の重さに耐えられるとされています。

パラコードの耐荷重が優れているからと言って、全体重をかけたり、登山の際の命綱として使ったりするのは避けましょう。パラコードの耐荷重は、激しい動きをしたりぶら下がったりすることを想定した値ではありません。命綱として使うなら専用のロープを使用しましょう。

耐久性に優れているMIL規格も!

MIL規格とは、米軍で採用されている「ミルスペックパラコード」で、原材料から製品まで、全てが適合しているかどうか厳密なテストに合格したパラコードのみに与えられる規格です。

軍用グレードのミル・スペックパラコードは、中に入っている芯の構成と品質が通常のパラコードと異なりますMIL規格のパラコードは、コア(内芯)に製造業者を判別するために着色されたマーカーが織り込まれているのが特徴です。

主に靴紐やネックストラップ、サバイバルキットなどに使用されます。

3.用途に合わせて長さを選ぶ

パラコードを選ぶときは、用途に合わせた長さを購入しましょう。パラコードは数十メートル単位で買っても問題ありません。念の為多めに2~3メートル程度多めに買っておくと安心です。余らせてしまいたくないという場合は、あらかじめ長さを決めておくと使いやすいですよ。

小型・中型のテントやタープ用に使うのであれば、3~5メートル程度が適しています。大型テントであれば、物によっては10~20メートル程度必要な場合もあるので事前の確認はしっかりしておきましょう。

4.用途に合わせて色を選ぶ

パラコードをアウトドアシーンで使うときは、テントやタープの色と合わせた色を使うのがおすすめです。おしゃれな印象を与えられますし、全体的な色合いのまとまりがよく見えますよ。

ただし、多くのテントが密集している場所では目立つ色を選ぶのをおすすめします。パラコードの中には反射材が入っているものもあるので、そういったアイテムを使って周囲に存在をアピールしておきましょう。保護色を選ぶと他の人たちに気づかれず、事故に繋がってしまう可能性があります。

また、ブレスレットのようにアクセサリーに使うときは、豊富なカラーバリエーションの中から選ぶとよいでしょう。色だけでなく柄もさまざまなものが販売されているので、イメージに合うものを選んでくださいね。

5.メーカーの特徴で選ぶ

メーカーそれぞれにも特長があるので、もし気になるものがあればチェックしてみましょう。

アクセサリー作りに興味があるなら、アメリカ政府公認のロスコ社のパラコードがおすすめ。豊富なカラー展開が魅力的なうえ、耐荷重は250kgという製品をラインナップしています。ブレスレットやストラップなどにして常に持ち歩きたい人におすすめですよ。

アウトドアシーンで使いたいなら、アトウッド・ロープ社がおすすめです。米軍にも納入しているほど高品質な製品を製造していますよ。ナイロン製のパラコードであれば、1本で釣り糸の修理からテントの補修まで幅広く活用できます。

パラコードのおすすめ10選

パラコードはさまざまな種類があるので、実際にどのような商品が販売されているのか知っておきたいですよね。具体的なラインナップをあらかじめ確認してから購入するのをおすすめします。ここでは、おすすめの商品10選をご紹介しますので、参考にしてください。

アトウッドロープ パラコード

商品情報

材質 ナイロン
色 バイパー
ブランド アトウッドロープ(Atwood Rope)
長さ 30m

内側に7本の芯が使われており、より線を引き出すと50フィートをよりロングサイズで使用可能なコードに変えられます。7本のナイロン糸はさらに3本ずつにほどける構造になっていて、バックパックやアクセサリーにはもちろん、車やガレージなど日常生活でに便利なアイテムになりますよ。外装はナイロン製です。

カラーバリエーションが豊富で、好みを色を組み合わせて使えるのがメリットのパラコードです。7本の内芯が使われており、直径は4mmと使いやすい太さの100%ナイロン製。耐荷重は約250kgと十分な性能です。もともと軍隊で使用されていたほど耐久性のある軽量コードは、キャンプだけでなくブレスレットやカメラストラップ作りなどにも役立ちます。

ポリエステル製4mmの22芯を採用しており、汎用性が高いのが特徴です。耐久性と柔軟性に優れているため便利に使えて、テントやタープの設営時だけではなくアクセサリー作成にも幅広く使えますよ。素材はポリエステル製で、紫外線と水に強く雨天時のキャンプでも活躍します。

ヤマハ パラコード

商品情報

材質 ステンレス鋼, 鉄
色 オーシャンブルー
ブランド ヤマハ発動機(Yamaha)

1mあたり14gの軽さを持つ高分子ポリエチレン繊維を使用しており、強度は鉄の3~10倍と非常に強いのが特徴です。外側は厚く、ポリエステル原着糸は耐摩擦性と速乾性に優れていますよ。表面が滑らかで摩擦抵抗が少なく、よじれにくく手で握りやすいので扱いやすいのがメリットです。

タイガーのパラコードはアメリカの中でも厳選された工場で生産されています。支持されている製品のクオリティーとと素材の持つ味わい、美しい色合いが特徴です。アウトドアシーンにおいて、テントやタープの固定などに便利に使えるアイテムですよ。

100%ナイロン製のパラコードです。ストランドは2本構造になっており、縫合糸や釣り糸としても使用できます。アクセサリーカラビナが付属しているので、収納に便利ですよ。カラーはセージとオレンジリフレクティブです。

耐荷重340kgと高い耐久性を持つパラコードです。3本のナイロン糸がより合わせられて出来ており、インナーコードを11本束にしています。出来上がった束を耐摩耗性の外膜で覆い、さらに耐久性を増すことに成功しました。アメリカ陸軍が定める厳しい基準をクリアした、高い強度を誇るパラコードです。

パラコード

商品情報

全長:約30m
直径:約4mm
重量:約280g
材質:7芯 ポリエステル素材  

太さ4mm、7芯のパラコードです。素材は紫外線に強く水に強いポリエステル製で、水を吸いにくいので海や川など水辺でのアウトドアシーンで役立ちます。また、野営や防災用など、使い方の幅が広いのが特徴ですよ。

パラコード 蓄光

商品情報

長さ 約7.6m(約25フィート)
太さ 約3mm
重量 約59g
素材 ナイロン

蛍光灯や太陽の光を蓄えて暗闇で光るパラコードです。夜間に便利に使用でき、テントの紐として使ったり、釣りをする際にバケツの取っ手に取り付けて目印にしたりといった使い方ができますよ。懐中電灯に取り付ければ、突然停電しても懐中電灯の場所がよくわかります。

ライブファイヤーギア パラコード

商品情報

長さ 25ft:約7m/50ft:約15m
重量(パッケージ含む) 25ft:約70g/50ft:約120g

着火剤としても使えるマルチカモ柄がデザインされているパラコードです。コードの芯が着火剤となっているので、ロープやアクセサリー作成といった通常の使い方だけでなく、アウトドアや緊急時の火起こしとして役立ちますよ。着火部分は一目でわかる赤色で、コードを切断してほぐすだけで取り出せます。

パラコードの本6選も併せてチェック!

パラコードについて、より詳しく知りたいと思ったら解説が掲載されている書籍を読んでみてはいかがでしょうか。理解を深められて、パラコードをさらに効果的に使いこなせるようになるでしょう。ここでは、おすすめの書籍を6選ご紹介します。

パラコードを使ってアウトドアを楽しむために、さまざまな結び方やテクニックなどを紹介しています。前半の「準備編」では、パラコードの基本的な特徴と種類、結び方などの押さえておきたい基礎知識について丁寧に解説。後半では「実践編」として魚釣りや火起こしなど、パラコードを活用したサバイバルテクニックを伝授します。

1000点近く大量の写真を掲載しているため、非常にわかりやすいのが特徴です。バラエティーに富んだデザインの結び方を徹底解説しています。アクセサリーだけではなく、ポーチやツールの持ち手、サンダルなど、アウトドアで役立つ実用的なアイテムの作成方法をわかりやすく多数収録していますよ。

グラフィック社 パラコードクラフト パーフェクトブック

商品情報

ページ数:160ページ
出版社:グラフィック社

パラコードの結び方を紹介するYouTubeチャンネルが3千万回以上視聴されている筆者が、基礎からオリジナルレベルまで35種類のテクニックを徹底的に解説して読者に伝えてくれる1冊。パラコードクラフトの教科書として大評判の著書の日本語訳版です。

パラコードで作る愛犬のためのハーフチョークの首輪を作る方法が掲載されています。多頭リード、ハーネスのように一見作るのが難しいものも丁寧に作り方を解説。散歩リードをあわせて14点、プラスアルファとしてアレンジを加えた全17点の充実した内容を盛り込んだ1冊です。全て写真付きで解説しているので、簡単に作れるのがうれしいポイントですね。

キャンプのようなアウトドアシーンからアクティブなフェス、普段のファッションまで幅広く楽しめるカラフルで丈夫なパラコードを使ったアクセサリーについて解説している1冊です。ブレスレットやキーリング、スマホショルダー、ネックストラップなどの作り方が収録されています。ブレスレットが2本作れるコードが付いていますよ。

ブティック社 付録つきですぐ作れる!パラコードアクセサリー

商品情報

ページ数:64ページ
出版社:ブティック社

キャンプやアウトドアシーンにうってつけの、頑丈でカラフルなパラコードを使用して作るアクセサリーについて解説しています。ブレスレットやキーリングなど、作りやすいアイテムが数多く掲載されていますよ。アウトドアコードとカラビナが付いており、ブレスレットがすぐに作れます。

全16商品

おすすめ商品比較表

アトウッドロープ パラコード

ロスコ ナイロンパラコード

スフローム パラコード

ヤマハ パラコード

タイガー パラコード

ギア エイド パラコード

タフグリッド ミルスペックパラコード

パラコード

パラコード 蓄光

ライブファイヤーギア パラコード

グラフィック社 サバイバルに役立つ パラコード完全読本

グラフィック社 パラコードクラフト ミラクルブック

グラフィック社 パラコードクラフト パーフェクトブック

エクスナレッジ 結んでつくる犬の首輪とリード+1

ブティック社 大人気!アウトドアコードアクセサリー

ブティック社 付録つきですぐ作れる!パラコードアクセサリー

Amazonカスタマーレビュー
4.4203
4.237
3.94
4.127
-
4.01
4.41,167
-
-
-
3.35
4.1301
4.0282
4.195
3.85
3.935
最安値
タイムセール
¥964-17%
参考価格¥1,168

-

購入リンク

パラコードを使ってアウトドアやアクセサリー作りを楽しもう

パラコードは使い方の幅が広いアイテムです。アウトドアシーンで活躍するのはもちろん、アクセサリーとして日常使いすることもできますよ。これまでパラコードの使い方について詳しくなかったという人も、ぜひこの記事を参考により活用してください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー