楽天キャッシュを送る方法とは?使い方やメリットを紹介

楽天キャッシュを送る方法とは?使い方やメリットを紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

今回は、楽天キャッシュを送る方法について解説します。楽天キャッシュを相手へ送る際の手数料や上限、使い方のポイントなど詳しく紹介するので、楽天キャッシュを利用してお得に買い物を楽しみましょう。

楽天キャッシュとは

楽天キャッシュとは、主に楽天サービスで利用できる電子マネーで、楽天キャッシュのチャージや支払いは楽天ペイのアプリから簡単にできるようになっています。また、楽天キャッシュの利用に応じて楽天ポイントの獲得も可能。楽天サービスの利用頻度が高い方にとっては、お得に買い物ができるサービスとなっています。

楽天キャッシュと楽天ペイはどちらも電子マネーサービスです。楽天ペイは決済方法の1つで、楽天キャッシュは決済に利用するためのお金と考えましょう。楽天キャッシュの利用は楽天ペイアプリを介して行いますが、楽天ペイは楽天キャッシュを使わなくても問題ありません。

こちらもチェック!
楽天キャッシュ徹底ガイド!サービス概要から使い方・チャージ方法までわかりやすく解説

楽天キャッシュは、楽天が提供する電子マネーです。楽天には「楽天Edy」もありますが、それとは 何が違うのでしょうか?そこで、楽天キャッシュの基本、楽天Edy、さらには楽天キャッシュのメリ ットやチャージ方法に至るまで、その全貌を詳しく探ってみましょう。

楽天キャッシュの使い方

楽天キャッシュには、基本型・プレミアム型の2種類があります。基本型で利用できる機能はチャージ・支払い・送付・受け取りとなっており、プレミアム型では出金機能が追加されますが、本人確認が必須。プレミアム型でのチャージ方法は3通りしかなく、出金機能を使わなければ基本型でも問題ないでしょう。

楽天ペイアプリから楽天キャッシュへチャージ

楽天キャッシュへのチャージは楽天ペイアプリ内からできます。楽天のクレジットカード・銀行・フリマ・暗号資産サービスなどからチャージ可能。クレジットカード・銀行からのチャージは金額とチャージ方法を指定するとすぐに完了できますが、1回ごと・1か月ごとに上限があるので、計画的にチャージするようにしましょう。

楽天のフリマサービスで売り上げた金額はそのまま楽天キャッシュへチャージできます。フリマアプリ側のポイント管理画面から、チャージ項目を選択してください。チャージ履歴は売上金の履歴と一緒に表示されます。なお、楽天キャッシュへチャージした後に売上金へチャージ金は戻せません。

楽天暗号資産サービスから楽天キャッシュへチャージ

楽天の暗号資産サービスからも直接楽天キャッシュへチャージ可能です。銀行口座へ入金してから引き出す手順が不要なので、すぐに保有している暗号資産を使えるでしょう。こちらも、1回ごと・1か月ごとに上限金額が決まっています。

現金から楽天キャッシュへチャージ

現金をチャージしたい時は、楽天キャッシュと連携したコンビニを利用しましょう。コンビニでチャージした分は楽天キャッシュ基本型へ入金されます。この方法でも上限があり、一定の金額以上は入金できません。

コンビニATMで入金するにはスマートフォンでのお取引を選択してください。表示されたQRコードを読み取ると、企業番号が楽天ペイアプリに表示されるので、企業番号と入金金額を入力しましょう。これで楽天キャッシュへのチャージができ、チャージ履歴は楽天ペイのアプリに反映されます。

楽天キャッシュの利用方法

楽天キャッシュの支払いは楽天ペイアプリ・楽天でのお買い物・楽天のフリマサービスなどで利用できます。店舗で楽天キャッシュを使いたい時は、楽天ペイまたは楽天ポイントが使えるかを確認しておきましょう。

楽天ペイアプリで楽天キャッシュを利用するには、お支払元を楽天キャッシュに設定してください。設定画面はキャッシュを使うという項目の隣にあります。お支払元が他のものになっていても、楽天キャッシュ自体は利用可能。オンライン決済の場合は、楽天キャッシュから優先して使うという項目を選択してください。

楽天内で買い物をする時も、楽天キャッシュから優先して使う項目が表示されます。フリマサービスでの支払いは、キャッシュ利用できる項目を選んでください。決済時には全額支払う・一部支払うかの選択も可能です。

送付・受け取りの機能も楽天ペイのアプリを通して行います。この機能を利用するためには、両者が楽天会員になっていることがマスト。相手の連絡先登録は必須ではなく、何かしらのツールで連絡できれば問題ありません。

楽天キャッシュの出金は楽天ペイアプリの画面で行うようにしましょう。プレミアム型の出金というボタンを選択後、画面上の指示に従って手続きをすれば、登録した口座へ指定金額が出金されます。登録した口座によって手数料や入金タイミングが変わり、出金上限もあるので、無理のない範囲での引き出しができるでしょう。

楽天のフリマアプリ内でも楽天キャッシュの出金が可能。売上管理の画面に楽天キャッシュの出金ボタンが表示されますが、ウェブサイトからの出金には対応していないため、必ずアプリで出金手続きをしてください。

楽天キャッシュを送る方法

楽天キャッシュを送る相手の電話番号が登録されていれば、電話帳と楽天ペイアプリの同期で自動的に送金ができます。ただし、受け取り側も楽天ペイアプリに登録していなければなりません。

電話番号がわからない場合は、相手に受け取り用のリンクを送付できるツールがあれば問題ありません。受け取り側が楽天ペイアプリを利用していなくても送金できますが、72時間以内に受け取らないと返還されるので、確実に連絡を取れる時に送るのがベストでしょう。

楽天キャッシュの送金には、楽天ペイアプリの楽天キャッシュを送るボタンを選択してください。電話帳が同期されていれば、送り先一覧が表示されるので、送りたい相手を選択して送金しましょう。連絡先が不明の場合は、メールやSNSで送る項目からリンクを作成でき、送金画面では任意でメッセージの送信も可能です。

電話帳の同期を利用した時は、SMSとメールの受け取り完了通知で確認ができます。追加の手続きは不要で、自動でキャッシュが追加されています。楽天キャッシュご利用履歴からも受け取り状況をチェックできますが、初回利用時は連絡先へのアクセス許可が必須。記載がない相手への送金は、一覧にいない人に送るを選んでください。

SNSなどでリンクを受け取った時は、受け取りリンクを開き楽天会員画面へのログインするようにしましょう。規約への同意と受け取るボタンを選ぶと、楽天キャッシュが受け取れます。受け取り画面では送金者・金額・メッセージが表示されるので、しっかり確認してください。送金は手数料なしで利用可能。

楽天キャッシュのメリット

楽天キャッシュはポイント還元率の高さがメリットのひとつ。楽天キャッシュのチャージに、楽天のクレジットカードを利用するのがお得な使い方です。クレジットカードだけの支払いよりも、多くのポイントが還元され、楽天加盟店で買い物をすると、さらに還元率が高くなります。

楽天キャッシュはコンビニやドラッグストアなど多くの店舗で利用可能。具体的に利用できる店舗は公式サイトからチェックできます。スマートフォンさえあれば会計できるので、現金やクレジットカードなどを持ち歩く必要もないでしょう。

投資信託に興味がある方にとっても楽天キャッシュの利用は有効です。指定した積立日に、楽天キャッシュから指定金額が自動で引き落とされます。チャージした分のポイントも還元され、お得な使い方が可能。

楽天キャッシュのオートチャージは、残高が事前に設定した金額を下回ると不足分がチャージされます。チャージには楽天のクレジットカードのみ利用可能。また、チャージされるのは楽天キャッシュ基本型となりますが、積み立ての設定はいつでも変更できます。

個人間送金やフリマサービスからのチャージなど手数料が発生しない場合があるのも、楽天キャッシュのメリット。これらのサービスでは銀行口座へ入金する手間も省けるので、必要なお金をすぐに取り出せます。

楽天キャッシュは必要な金額をチャージして使うため、使い過ぎを防げます。自分が何にいくら使ったか、クレジットカードよりも簡単に把握できるようになっており、お金の管理に使いやすいサービスと言えるでしょう。

楽天キャッシュを効率よく使うためには、楽天ペイが使える店舗で優先的に買い物をしましょう。事前に楽天キャッシュの支払い方法を設定しておくと、スムーズに決済できます。楽天の決済サービスは種類が多いので、複数のサービスを利用している場合は、事前に使い道を決めておくと良いでしょう。

楽天キャッシュでお得な買い物を

楽天のサービスを利用するのであれば、楽天キャッシュの所持は欠かせません。個人間での送金など、幅広い使い方があります。チャージ方式によっては手数料もかからず、すぐに使用できるのも便利です。楽天キャッシュの使い方を学んで、お得に買い物を楽しんでください。

こちらもチェック!
楽天キャッシュで楽天証券の投資信託積立ができる!やり方を解説

楽天キャッシュでの引き落とし方法から積立の手順、チャージの方法、利用可能なカードの種類などを含めて、今回は楽天キャッシュを使って楽天証券で投資信託の積立を始める方法について解説します。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天経済圏でお得に暮らすのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー