目次
楽天Edyアプリの使い方とは?スマホの機種別に連携方法を紹介

楽天Edyアプリの使い方とは?スマホの機種別に連携方法を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天Edyアプリは、楽天が提供する便利な電子マネーサービスです。楽天Edyアプリを使ってみたいけれど、楽天Edyカードをスマートフォンと連携する方法がわからないという方もいるでしょう。楽天Edyをスマートフォンで利用したい方や、アプリの使い方に関心がある方は必見です。

楽天Edyアプリとは

楽天Edyアプリを利用すると、スマートフォンを使ってさまざまな場面で簡単でスムーズな支払いができるようになります。

主な特徴は、店舗や自動販売機、オンラインショッピングなど様々なサービスでの支払いに利用できるという点です。

また、アプリ内でのチャージが簡単で迅速というのも特徴の一つです。クレジットカードや銀行口座からのチャージが可能で、いつでもどこでも利用可能な残高を維持できます。

スマートフォンを持ち歩くだけで支払いができるため、財布から現金やカードを取り出す手間が省けて便利です。また、利用履歴や残高確認などもアプリ内で簡単に行えます。

楽天Edyはセキュリティ面でも信頼性が高く、パスワードや生体認証などの機能を活用して安全な決済環境を提供しています。

楽天では様々なキャンペーンを実施しており、楽天Edyアプリを使うとお得にお買い物ができるキャンペーンに参加できます。楽天Edyを支払いに使うことでもポイントを貯めることができますが、キャンペーン期間中はさらにポイントが貯まりやすくなるので非常にお得です。よりお得に楽天Edyを利用するためにも、キャンペーンは見逃さないようにしましょう。

楽天Edyアプリの使い方

楽天Edyアプリは、スマートフォンを使って簡単に支払いができる便利な電子マネーサービスですが、どのように使うのでしょうか?特にスマートフォンでの使い方が気になっている方は多いでしょう。しかしながら、スマートフォンで楽天Edyでの支払いができるのはandroidのみで、iPhoneでは支払いができませんので、注意が必要です。

まず、アプリのダウンロードとアカウントの作成をしましょう。スマートフォンのアプリストアから楽天Edyアプリをダウンロードします。ダウンロードが完了したら、アプリを起動して新規アカウントを作成します。すでに楽天会員なら楽天IDを連携できますので、そのままログインすれば利用できます。

アカウントの作成ができたら、楽天Edyにチャージをしましょう。アプリ内でクレジットカードや銀行口座を登録し、チャージ金額を指定します。楽天Edyアプリでのチャージは、連携したクレジットカードや銀行口座から金額を指定するだけなので簡単です。

チャージができたら、実際に楽天Edyアプリを使って支払いをしましょう。楽天Edyに対応している店舗で、支払い時にスマートフォンを専用端末にかざすだけで完了します。支払い金額が自動的に楽天Edy残高から引かれるので、現金やカードを使う手間が省けます。

利用履歴を確認したいときも、アプリ内で完結できます。過去の支払いやチャージの詳細を履歴機能からいつでも確認することが可能です。

iPhoneの場合

iPhoneの場合は、楽天Edyでの支払いはできません。楽天Edyはおサイフケータイ機能を使ったサービスなので、おサイフケータイ機能が無いiPhoneではどうしても利用ができないのです。

しかし、一部機能であればiPhoneでも利用できます。iPhone版の「Edyカード用楽天Edyアプリ」では、iPhone単体だけでなく楽天Edyカードも必要ですが、利用履歴の確認やチャージなどが可能です。

お買い物の支払いには楽天Edyカードが必要になりますので、楽天Edyカードを持っていない場合は、まず楽天Edyの公式ウェブサイトから楽天Edyカードを購入しましょう。

「Edyカード用楽天Edyアプリ」の使い方ですが、最初にApp Storeから「Edyカード用楽天Edyアプリ」をダウンロードします。App Storeを開き、検索バーに「楽天Edy」と入力して、該当するアプリを見つけましょう。楽天Edyの公式ウェブサイトからアクセスすることもできます。ダウンロードが完了したら、アプリを起動した後、楽天EdyカードをかざしてiPhoneと連携させます。

アプリを使った利用履歴の確認やチャージをする方法

利用履歴の確認は、アプリを起動してから楽天EdyカードをiPhoneにかざすだけです。そうすると直近の利用履歴が見られます。さらにあらかじめアプリのマイページでお持ちのEdyの番号を登録しておくことで、過去4か月分の利用履歴を見ることができます。

次にチャージ方法ですが、先にクレジットカードの情報を楽天会員情報に登録しておく必要があります。アプリを起動したら、チャージボタンを押して、チャージ金額を入力します。そして、チャージしたい楽天EdyカードをiPhoneにかざすだけでチャージ完了です。

androidの場合

続いてandroidの場合の使い方ですが、まずGoogle Playストアから「楽天Edyアプリ」をダウンロードします。検索バーに「楽天Edy」と入力して見つけるか、楽天Edyの公式ウェブサイトからアクセスするとよいでしょう。

基本的な使い方は上で述べたとおりです。ちなみに楽天Edyは、楽天ペイアプリでも利用できます。楽天ペイアプリで利用するためには、楽天ペイアプリとあらかじめ連携しておく必要があります。また、楽天Edyアプリとは異なり、チャージは基本的に楽天カードの利用のみになる点には注意が必要です。

楽天Edyアプリの注意点

楽天Edyアプリは便利で使いやすい電子マネーアプリですが、利用する際にはいくつかの注意点があります。

万が一に備えて、セキュリティには十分に注意しましょう。楽天Edyアプリには個人情報が関わっていますので、スマートフォンのロック機能やパスコードの設定、指紋認証などセキュリティ対策をしっかりと行うことが重要です。

スマートフォンを紛失してしまった場合は、不正利用を防ぐための措置を取る必要があります。速やかに楽天Edyマイページ内から利用停止申請をしましょう。また、利用履歴をこまめに確認し、不審な取引がないかを定期的にチェックすることも重要です。不正利用されている場合には、速やかに楽天カスタマーサポートに連絡し、対処を依頼しましょう。被害を最小限に抑えるために、早めの対応が重要です。

その他にもiPhoneをはじめとしたおサイフケータイ機能がついていないスマートフォンでは、楽天Edyを使って支払いができないことに留意しておきましょう。androidであってもおサイフケータイ機能がついていない機種は使用できません。

また、一度楽天Edyにチャージしたお金は払い戻すことができない点にも注意が必要です。チャージしたお金は払い戻せないので、大きな金額をチャージすることはおすすめしません。不正利用を防止するといったセキュリティ対策の観点からも、毎回使いきれる金額をチャージした方がよいでしょう。

楽天Edyアプリを使うならandroidがおすすめ

楽天Edyアプリを使うことで、日々のお買い物での支払いがスマートになり、その上ポイントも貯まるため、非常に便利なアプリだと言えます。しかしながら、iPhoneの場合は、一部機能のみしかアプリで利用できません。スマートフォンを使って楽天Edyで決済をしたい場合は、おサイフケータイ機能がついたandroidのスマートフォンを使いましょう。

以上のように、楽天Edyアプリはスマートフォンを使った便利な電子マネーサービスではありますが、iPhoneの場合はスマートフォンでの決済が利用できない点には注意しておきましょう。

こちらもチェック!
iPhoneでの楽天Edyの使い方とは?手順をわかりやすく解説します

楽天ペイの電子マネーアプリ「楽天edy」は、レジでスマホをかざすだけで支払いが完了するので便利です。しかし、iPhoneではスマホ決済ができないので不便だという声もあります。楽天EdyのiPhoneで使う方法をご紹介します。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天経済圏でお得に暮らすのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー