目次

楽天キャッシュ徹底ガイド!サービス概要から使い方・チャージ方法までわかりやすく解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天キャッシュは、楽天Edyとは異なるオンラインの電子マネーサービスです。楽天カードや楽天 銀行からのチャージが可能で、ラクマの売上も利用できます。便利なオートチャージ機能もあり、 店舗で使いやすいのも大きな特徴です。

楽天キャッシュの基本、楽天Edy、さらには楽天キャッシュのメリ ットやチャージ方法に至るまで、その全貌を詳しく探ってみましょう。

楽天キャッシュとはどんなサービス?

出典:楽天キャッシュ

楽天キャッシュは、オンライン決済の利便性を高めるために開発された電子マネーサービスです。 最初はアフィリエイト報酬の受け取り口座として機能していましたが、フリマアプリの売上金をチャージできるようになるなど次第に機能が拡張され、現在ではより広範的な意味での電子マネーに なりました。

楽天キャッシュは、楽天銀行や楽天カードを使ってすぐにチャージできます。また、「楽天ペイ」 アプリを使ったリアル店舗での支払いや、楽天のさまざまなオンラインサービスで使用可能です。

楽天キャッシュと楽天Edyとの違い

出典:楽天Edy

楽天キャッシュとは対照的に、楽天Edyは物理的なカードベースの電子マネーシステムです。2000 年代初頭に設計されたこのシステムでは、現金を物理カードにチャージして使用します。そのため、 ネット環境が不可欠な楽天キャッシュと違って、楽天Edy の利用はオフラインでも可能です。

楽天キャッシュならではのメリット

楽天キャッシュのメリットは、その使いやすさです。楽天のIDさえ持っていれば、誰でもこのサービスを利用することができます。オンラインで簡単にチャージできて、その残高はすぐにお 店で支払いに使用できるのがユーザーにとって大きな魅力です。

先ほども述べたように、ここが楽天Edy との顕著な大きな違いです。楽天Edy とは基本的に現金を物理的なカードにチャージして利用するシステムですので、その点に関しては、さまざまなシ ーンでの利用に利点を持っていると言えるでしょう。

しかし、すでにオンライン決済が主流になっ た今の時代では、楽天キャッシュの方がよりスピーディーに利用できるという点で魅力は大きいで す。 さらに、楽天キャッシュは、楽天ペイを通じていつでもどこでも使用できるのが大きなメリットで す。

スマートフォン一台でショッピングやサービスの支払いが完結します。また、楽天のサービスが一元化されているので、ユーザーは複数のアプリやカードを使い分ける必要がなく、 楽天キャッシュだけでさまざまなサービスで買い物を楽しめます。 余計な手間を省くことができ、楽天でのあらゆる取引を一つのアカウントで管理できるのが楽天キ ャッシュの最大のメリットと言ってもよいでしょう。

楽天キャッシュのさまざまなチャージ方法

楽天キャッシュのチャージ方法は多様です。ユーザーの利便性に合わせた選択肢が用意されていま す。以下の方法から、自分のライフスタイルや好みに応じて最適なチャージ方法を選択してくださ いね。

楽天カード

出典:楽天カード

楽天カードを使用して楽天キャッシュをチャージすると、200 円につき1 ポイントの楽天ポイントが 貯まります。このほかにチャージでポイントが貯まる方法はありません。生活に必要なサービスを 楽天経済圏で統一している方には特におすすめです。

楽天銀行

出典:楽天銀行

楽天銀行に口座を持っていれば、口座から直接楽天キャッシュにチャージできます。手軽で簡単な ので多くの楽天銀行ユーザーに利用されている方法です。

ラクマの売上金

出典:ラクマ

楽天のフリマアプリ「ラクマ」での売上金を、直接楽天キャッシュにチャージすることができます。 売上金をすぐ買い物に使えるのがメリットです。

楽天ウォレット暗号資産

楽天ウォレットで保有している暗号資産を使って、楽天キャッシュにチャージすることも可能です。 暗号資産をすぐに日常の買い物に使えるようになります。

セブン銀行のATM

セブン銀行のATM なら、現金で楽天キャッシュにチャージできます。全国のセブン銀行ATM から アクセス可能です。

楽天ギフトカード

楽天ギフトカードを利用して楽天キャッシュにチャージする方法もあります。

楽天キャッシュのオートチャージの方法

楽天キャッシュのオートチャージ機能は、楽天では「残高キープチャージ」と呼ばれています。こ れは、楽天キャッシュの残高を常に一定金額以上に保つための機能です。設定した金額を残高が下 回った場合、不足分が自動的にチャージされます。

このサービスを利用するには、楽天カードが必要です。楽天カード以外のクレジットカードをチャ ージ元には選べません。なお、オートチャージされる楽天キャッシュは、現金で出金できないこと にも注意してください。 オートチャージの最小単位は1,000 円です。1,000 円以上なら1 円単位でチャージできます。残高が1,000円を下回ると、1,000 円が自動的にチャージされます。

この機能を使えば、楽天キャッシュの残高を気にせずに利用できるため、忙しい方や定期的な支払 いが多い方に特に便利です。なお、オートチャージでチャージされた金額は、楽天カードの利用明 細にその日付とともに記録されます。

楽天キャッシュでチャージできる上限金額

楽天キャッシュのチャージできる金額には、上限金額が設定されています。1 回にチャージできるの は最大50 万円までです。ただし、1 か月間の累計チャージ上限金額も同様に50万円なので注意して ください。

楽天キャッシュを支払い方法として設定する方法

楽天キャッシュを支払い方法として設定する手順は楽天市場、楽天ペイオンライン、ラクマで異な りますが、基本的な流れは似ています。 まず、楽天市場で商品を購入する際の注文確認画面を開くと、そこに「ポイント利用」のオプションがあります。

こ こで「変更」を選択し、「楽天キャッシュから優先して使う」を選ぶと、支払いが楽天キャッシュ から行われます。 楽天ペイオンラインを利用している場合も、決済の際に「楽天キャッシュから優先して使う」を選 ぶだけです。  

ラクマで楽天キャッシュを支払い方法に設定したい場合は、まず「楽天ポイント/キャッシュ 」の項目が「利用できます」というオプションが表示されるので、それをタップして、楽天キャッシュで支払う金額を入力してください。あとは、画面の指示に従っていけば、楽天キャッシュでの支払いは完了です。なお、全額を楽天キャッシュで支払うか、一部のみを使用するかを選べます。

支払い以外の楽天キャッシュの機能

 楽天キャッシュには、楽天ペイを使って送金したり、逆に楽天キャッシュを受け取ったりできる便 利な機能もあります。

送金のやり方は、アプリ内で「送る」を選択し、スマホの連絡先や電話帳と同期して、送りたい相 手を指定するだけです。また、連絡先が不明な場合でも、金額を入力したら生成される リンクを通じて、別のツールで送金できます。 受け取りに関しては、誰かがあなたに送金したら、あなたの楽天ペイで直接楽天キャッシュを受け 取れます。

楽天キャッシュをお店で使う際の手順

楽天キャッシュを使って支払いをする際の手順は、非常にシンプルです。たとえば、コンビニでの 支払いの場合、以下のステップに従ってください。まず、商品を購入する際、レジで楽天ペイアプリを開き、次に、ホーム画面に表示されるバーコードを店員に見せます。

このとき、楽天ペイで支払うことを伝えましょう。店員がそのバーコードをスキャナーで読み取ってくれます。バーコードが正しく読み取られると、アプリの画 面は決済が完了したことを示す完了画面に切り替わります。これで支払い完了です。

楽天キャッシュは楽天ユーザーにおすすめの電子マネー

楽天キャッシュの魅力や活用方法について深くご理解していただけたのではないでしょうか。楽天 ユーザーなら、楽天キャッシュは使って損のない電子マネーです。 楽天Edyと似ていますが、違いがあることもわかりましたね。

楽天キャッシュならではの便利さを理解したら、ぜひ実際にチャージして使ってみてくださ い。楽天キャッシュでの支払い手順は非常にシンプルです。日々の買い物やサービスの支払いがス ムーズになります。 

なお、楽天キャッシュにはさまざまなチャージ方法があるので、こちらもぜひ試してみてください。 便利なオートチャージ機能もありますが、これは楽天カードを持っていないと使えませんので、注意しましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天経済圏でお得に暮らすのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー