Amazonでatone(アトネ)は使えるの?atoneについて詳しく解説

Amazonでatone(アトネ)は使えるの?atoneについて詳しく解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

atone(アトネ)は便利な後払いサービスです。Amazonでatoneを利用することはできないのですが、ギフト券など他の決済方法であれば利用可能です。

今回は「atone」の決済方法とAmazonで利用できるのか、そして、Amazonギフト券がatoneで購入できるのかについて詳しく解説。また、Amazonでオンライン決済方法を利用する場合についてなど、通販ライフを一層お得にする知っておきたい内容をご紹介します。

atoneとは?

atoneとは、スマホやPCで手軽に利用できる後払い決済サービスです。株式会社ネットプロテクションズが運営しています。

商品やサービスをatoneを通じて購入した場合、後日指定された期間内に支払いを完了させるという仕組みです。atoneの登録や利用方法は簡単で、一括払いや分割払いの選択が可能です。通販サイトを頻繁に利用する方にとって、atoneは便利な支払い方法として注目の的となっています。

株式会社ネットプロテクションズは長年にわたり決済サービスを提供しており、高いセキュリティ基準とプライバシー保護の方針で運営しています。そのため、安全性に関しては信頼できるでしょう。また、個人情報の保護にも力を入れているため、安心して利用できます。

atoneは、クレジットカードを持っていなくても利用できる点がメリットです。クレジットカード情報を登録しなくてよいということは、不正利用の心配が減るということです。また、商品やサービスの代金は翌月にまとめて支払えるようになっているので、うっかり支払い忘れることもありません。加えて、支払い金額に応じてポイントが貯まるという特典もあります。

atoneで後払い決済する方法

atoneで後払い決済する方法は、通販サイトで買い物をする際に支払い方法でatoneを選ぶだけです。あとは必要な情報を入力して購入手続きを進めると、SMSで認証コードが送られてくるので、それを入力すれば決済手続きが完了します。

後払い決済の請求金額は、翌月の1日から3日の間に登録したメールアドレスに通知されます。atoneの支払い方法は、全部で4種類です。

コンビニや銀行のATM

「コンビニや銀行のATM」の支払い方法では、毎月10日が支払い期限です。支払いをするには、事前に送られてくる請求確定のメールかSMSに記載されている「受付番号」が必要です。コンビニでは専用端末に、銀行ではATMに受付番号を入力し、画面の指示に従って支払いを完了させます。

電子バーコード

スマホアプリを使って「電子バーコード」で支払う方法もあります。支払い場所はコンビニで、支払い期限は毎月10日です。アプリの履歴にはこれまで利用した履歴が記録されており、いつでも参照することができます。履歴から支払う月を選ぶとバーコードが表示されるので、コンビニのレジで提示して支払いましょう。

はがき請求書

「はがき請求書」という紙の請求書で支払う方法もあります。こちらの方法でも、コンビニに行く必要があります。支払い期限は毎月20日です。自宅に届いた請求書をコンビニのレジで提示して支払うという仕組みです。

銀行口座からの自動振替

もう一つ「銀行口座からの自動振替」という支払い方法があります。こちらの支払い期限は毎月27日で、他の3つの支払い方法と違い、請求手数料が無料です。atoneアプリで引き落とし口座を登録すると、毎月同じ日に自動で引き落とされます。わざわざコンビニに行って支払う手間がないので、4つの方法のなかで最も手軽な方法でしょう。

支払いの変更方法

なお、指定した支払い方法はスマホアプリかマイページを利用すればいつでも変更できます。ただし、変更が可能なのは、会員登録を済ませてatoneの翌月払いサービスを利用している方だけです。また、実際に変更が反映されるのは、手続きをした翌月以降の請求からとなることに注意してください。

スマホアプリで支払い方法を変更する場合は、アプリのメニューから「支払い方法」を選び、希望する支払い方法を選びます。もしアプリがうまく動かない時は、最新のバージョンにアップデートしてみてください。マイページから変更する場合は、マイページにログインし、そこから「支払い方法」を選んで希望する支払い方法を選びます。どちらの方法も簡単に変更ができるので、自分にあう支払い方法を選んでください。

Amazonでatoneは使える?

atoneはAmazonで利用できず、またAmazonギフト券の購入もできません。Amazonではクレジットカード、デビットカード、Amazonギフト券、代金引換など、幅広い支払い方法を提供していますが、atoneはそのリストに含まれていないのです。

その他オンライン決済方法について

atoneの利用はできませんが、Amazonでは多くの決済方法を用意しています。Amazonで利用できるオンライン決済方法について事前に確認しておきましょう。オンライン決済方法には、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカード、そしてAmazonが発行するギフト券などがあります。

クレジットカードは大手カード会社が発行するものであれば、支払いに利用できます。クレジットカードと違いデビットカードでは、商品の出荷準備がはじまると、購入金額が口座残高から引き落とされます。そのため、キャンセルや返金が発生した場合には、処理に少し時間がかかることに注意してください。

オンライン決済方法が日々進化するなかで、Amazonもユーザーのニーズにあわせて、さまざまな支払いオプションを提供しています。「Amazon Pay」もその一つです。

Amazon Payは、Amazon以外の通販サイト等でAmazonのアカウントを利用して簡単に支払いができるサービスです。Amazonの会員であれば、スムーズに決済を完了できるので、通販サイトでクレジットカード情報などを登録したくない方におすすめの決済サービスとなっています。

お得な情報

atoneでは、春のショッピングを楽しくするお得なキャンペーンを開催しています。

「春のポイント祭り」は期間中に申し込みをして、atoneを利用して2店舗で買い物をすると300ポイントまたは3店舗以上で買い物をすると500ポイントが進呈されるというキャンペーンです。ただし、キャンペーン期間中に一定の金額以上を利用した方が対象なので、その点には注意してください。なお、キャンペーンの対象になるのは、最後にatoneを利用した日が2023年12月1日以降の方です。

「春の大抽選キャンペーン」は、抽選でポイントが当たるというキャンペーンです。こちらは久しぶりにatoneを利用した方を対象としています。対象となるのは、最後にatoneを利用した日が2023年11月30日より以前の方です。

atoneについてチェックしよう

atoneのような後払いサービスで商品が購入できる時代となり、決済の利便性が高まっています。Amazonではatoneを利用することはできませんが、Amazonではさまざまなオンライン決済方法を提供しています。決済方法を駆使すれば、家にいながら欲しいものが自由に購入できますよ。

atoneはAmazonでは利用できませんが、便利な後払いサービスであることに変わりはありません。ぜひ利用して、季節ごとに開催されるお得なキャンペーンに参加してみてください。

こちらもチェック!
Amazonで利用可能な支払い方法は?支払い方法の追加や変更の仕方、注意点を解説

Amazonでお買い物をする際、どの支払い方法を利用するか悩む方もいるでしょう。 本記事では、Amazonで利用できる支払い方法を紹介し、変更方法や注意点についても解説しています。 記事を読み終える頃にはAmazonでの買い物がスムーズに進められるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー