Amazonで注文のキャンセルをキャンセルすることはできる?手順や対処法を紹介

Amazonで注文のキャンセルをキャンセルすることはできる?手順や対処法を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonで誤って商品を注文してしまった場合、通常はキャンセル手続きを行います。しかし、キャンセル後に再度その商品が必要になり、キャンセルを取り消して再注文したいと思うこともあるでしょう。

この記事では、Amazonにおける注文キャンセルの取り消し方法について説明します。また、キャンセルリクエストを送ったにもかかわらずキャンセルできなかった場合の、返送や返金の対処法についても紹介します。

Amazonで注文のキャンセルはキャンセルできる?

Amazonで商品を間違えて購入しまった場合、注文のキャンセルしたいこともありますよね。サイズやカラーが異なる商品を注文してしまって、キャンセルをすることもあるでしょう。ネットショッピングでは簡単に注文手続きができるからこそ、キャンセルに対するハードルも低くなりがちです。

ただ、何度もキャンセルを繰り返すのは控えるべきです。なぜなら一度キャンセルすると、そのキャンセルを取り消すことはできないからです。キャンセルが成立してしまっている場合は、再度一から購入手続きを踏みましょう。

もちろん、キャンセル自体が承認されていない段階であれば、商品はそのまま配送されます。そのため、キャンセルのキャンセルをする場合は、まず商品の注文状況を確認しましょう。注文状況のステータスの確認を怠ると、二重注文になってしまうことも考えられます。

また、まれに商品が自動的にキャンセルされることもあります。その主な理由としては、商品の在庫不足や支払いエラーなどが挙げられるでしょう。

キャンセルした商品はもう一度購入する

Amazonでは一度キャンセルをしてしまうと、取り消しはできません。つまり、キャンセルのキャンセルはできないので、商品の再購入手続きを行ってください。ただし、キャンセルをリクエストしたにもかかわらず完了表示がない場合に再購入すると、重複購入になってしまう可能性があるので、リクエストが確実に反映されているかどうかを必ず確認してください。

なお、在庫の多くない商品の場合、キャンセルが反映されるまで品切れ状態になることもあります。もし再度購入したい場合は、少し時間をおいてからもう一度商品ページを確認してみましょう。

Amazonで注文をキャンセルする手順

Amazonで一度購入確定した商品をキャンセルできるのは、出荷準備前の段階に限られます。注文履歴から該当の商品を選び、「商品をキャンセル」を選択すればキャンセル手続きが完了します。ただすでに発送済みの場合はキャンセルはできません。

また、出品者がAmazonではなくマーケットプレイスの商品については、出品者によってキャンセルの対応が異なる場合があります。

マーケットプレイスとは、一定の条件を満たせば個人や法人がAmazonを通じて商品を出品できるサービスのことです。出品プロセスが明確でわかりやすいため、多くの出品者がAmazonを利用しています。

キャンセルポリシーは出品者によって異なるため、マーケットプレイスの商品は必ずしもキャンセルできるとは限りません。ただ原則として、注文確定から5分以内であれば、マーケットプレイスの商品でもキャンセルは可能です。

また、支払い方法をコンビニやATM、ネットバンキング、電子マネー払いを選択した場合、5分経過しても支払期限が経過すると注文は自動キャンセルになります。

キャンセルリクエストできない場合の対処法

Amazonでは商品が出荷されてしまった場合、キャンセルはできないため、返品手続きが必要となります。返品の手続きも注文履歴から行うことができ、該当商品を選択して返品または交換を選びましょう。

返品が可能な条件は、商品が未開封・未使用の状態で、適切に梱包・保管されていることです。また、返品リクエストは商品到着してから30日以内に行わなければなりません。返品を考えている場合は、商品の元の状態を保つように心がけましょう。商品の状態が劣化してしまうと、未使用時の返品とは対応が異なる可能性があります。

不良品や破損した商品が届いた場合、あるいは配達先や商品に誤りがあった場合も、交換・返金対応をしてもらえます。その際には、返品したい旨をAmazon側へ連絡することが必要です。一方、間違えて注文したなどの自己都合による返品の場合、金銭的な負担が発生することがあります。

マーケットプレイスの商品については、返品できないこともあるため、出品者の返金・返品ポリシーを確認しましょう。商品ページで出品者の名前を選択すると、返金・返品ポリシーを閲覧できます。

ただし、マーケットプレイスには個人の出品者も多いため、Amazonが出品者となっているケースと比べてトラブルが多い傾向にあります。キャンセルをリクエストしても承認されないこともあるので、注文時に発送元をしっかりと確認しておくこともAmazonを賢く利用するコツといえるでしょう。

商品の返送方法には、ヤマト運輸による集荷や営業所への持ち込みなどがあります。金銭的な負担は、商品の種類や返品理由によって異なります。返品に関してわからないことがあれば、Amazonのヘルプページを確認するか、カスタマーサービスに問い合わせをしましょう。

なお、返送には返品受付IDなどが記載されたラベルが必要です。プリンターを所持している場合は、返送手続き時に表示される画面からラベルを印刷します。プリンターがない場合は、商品到着時に同梱されていたラベルを使用することで対応可能です。梱包材も、配送時に同梱されていたものを使用するのが良いでしょう。

ヤマト運輸の営業所へ返品商品を持ち込む場合は、ラベルの代わりにQRコードを利用します。返品手続きを行うと必要情報とQRコードが表示されるので、それをもって営業所に行きます。営業所にある端末にQRコードを読み込ませて荷物を発送しましょう。

また、ファミリーマートでも返品発送ができます。基本的な手順はヤマト運輸の営業所持ち込みと同じです。QRコードを店頭にある「ファミポート」で読み込ませて、出てきたレシートをレジに持っていけば発送ができます。

どうしてもコンビニや営業所への訪問が難しい場合は、集荷依頼をすることができます。集荷日時と住所を指定すると、対応してもらえるので、指定の集荷日時には必ず在宅し、ドライバーの負担を減らすように心がけましょう。正常に返品手続きが進めば、現金、クレジットカード、Amazonギフト券など、選択した方法で返金が行われます。

こちらもチェック!
Amazonの返品に必要なバーコードとは?印刷できない場合の対処法も紹介

Amazonで購入した商品を返品したいけれど、「返品受付IDのバーコードはどこにあるの?」「プリンターがないからバーコードを印刷できない!」といった疑問や不安はありませんか?この記事では、Amazonの返品に必要なバーコードの概要と、バーコードを印刷できない場合の対処法についてわかりやすく解説します。

ちなみに、商品を開封してしまった場合、返金される割合が減ることもあるので注意が必要です。間違えて注文したことに気づいたら、開封せずに商品を保管しておくようにしましょう。

キャンセルリクエストをしたにもかかわらずキャンセルできない場合、Amazonが発送した商品であればカスタマーセンターへ問い合わせることをおすすめします。マーケットプレイスからの商品の場合は、出品者との直接のやり取りが必要となります。

注文前に確認を!安易なキャンセルは控えて

Amazonでは、商品が出荷される前であれば注文のキャンセルが可能です。ただ注文から出荷までの時間は短いこともあるため、キャンセルをする場合はできるだけはやめに手続きをしましょう。

また、キャンセルのキャンセルは原則としてできません。「やっぱり、キャンセルした商品がほしい」という場合は、もう一度購入手続きを踏みましょう。ただしその際は、最初の購入手続きがキャンセルされていることを確認してから、再購入をしましょう。二重購入をしないように気を付けてください。

こちらもチェック!
Amazonのキャンセルリクエストとは?ペナルティやキャンセルできる商品についても確認

「Amazonで注文した商品をキャンセルリクエストしたい!」「キャンセルしたらペナルティがあるのかな?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、Amazonのキャンセルリクエストについて、ペナルティの有無やメッセージを送るときのコツなどを中心に解説します。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonの困ったを解決!のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー