この記事で紹介されている商品
【2024年】夏のラグおすすめ10選!選び方や洗える・冬兼用・厚手の商品を紹介

【2024年】夏のラグおすすめ10選!選び方や洗える・冬兼用・厚手の商品を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ひんやりとした手触りの「夏用ラグ」。冷感効果があるため、暑い日も快適にすごせる便利なアイテムです。防水や洗えるタイプ、冬兼用など種類が豊富で、どの商品を買うか迷う方も多いでしょう。本記事では、おすすめの夏用ラグと選び方のコツをご紹介します。おしゃれなデザインもあるので、好みに合ったものを探してみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

夏用のラグの特徴

夏用ラグには、暑い日も快適に過ごせるための工夫が施されています。

通気性が優れており、肌触りがしっとり・ひんやりと涼しげなのが大きな特徴です。湿度の調整効果がある麻・い草・竹などの素材を使用しており、夏場のジメジメ感を軽減してくれます。

ラグと聞くと足場の冷えを防ぐためのアイテムだと思う方もいるかもしれませんが、実は夏場こそ重宝するアイテムといえるでしょう。

夏にラグを敷くメリット

夏用ラグを敷く大きなメリットとして、素足で快適にすごせることがあげられます。汗をかいた状態でフローリングを歩くと、ペタペタとべたついて不快ですよね。そんなとき、夏用ラグを1枚敷くだけでサラリと快適にすごせますよ。

さらに、湿気・水分に弱い無垢材や畳などを汚れから守る効果もあります。日光による日焼けが気になる場合も、夏用ラグがあれば心強いでしょう。

夏にラグを敷くデメリット

夏用ラグは素足で快適にすごせる一方で、汗や皮脂で汚れやすいことがデメリットといえるでしょう。定期的にお手入れが必要なので、衛生面が気になる方は「家事が増えて面倒……」と感じるかもしれません。

また、薄手の夏用ラグは床の底付きが気になることも。直で座ったりゴロゴロしたりするには、夏用ラグを1枚敷いただけでは物足りないでしょう。

このようにデメリットもありますが、さまざまな素材や機能の商品が幅広く販売されています。以下の選び方を参考に、ぜひ自分にぴったりな夏用ラグを選んでみてくださいね。

夏用ラグの選び方

夏用ラグを購入するときは、以下の5つのポイントを押さえましょう。

選び方のコツ
  • 素材
  • 機能性
  • サイズ
  • デザイン
  • 生地の厚さ

それぞれの選び方のコツをまとめているので、ぜひ夏用ラグ探しに役立ててみてくださいね。

1.素材で選ぶ

夏用ラグで主に使用される素材には、綿・麻・い草・竹・ポリエステルの5種類があります。それぞれ肌触りや使用感が異なるため、特徴を押さえて選ぶことが大事です。あわせて、夏冬兼用できる素材もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

綿(コットン)

衣類や寝具など幅広く使用されている綿(コットン)は、肌への刺激が少ないため赤ちゃんや敏感肌の方にもおすすめです。素足で歩いたり寝転がったりしたとき、サラリとした肌触りで心地がいいですよ。

また、吸水性・通気性に優れているのも綿の特徴の1つです。汗をたっぷりかいてもスッと吸収してくれるうえ、水に強い素材なので洗濯機で洗えるタイプも多く販売されています。定期的にお手入れして清潔さをキープしたい方は、ぜひ綿を使用したラグをチェックしましょう。

麻・い草・竹

梅雨や熱帯夜など湿度の高い日も快適にすごしたいなら、麻・い草・竹を使用した夏用ラグを選びましょう。

どの素材も湿度を調整する効果があるため、1枚お部屋に敷くと室内のジメジメした感じが軽減できますよ。それぞれの特徴をまとめたので、以下を参考にして理想にぴったりな夏用ラグを探してみてくださいね。

  • 麻……シャリシャリとした涼しげな肌触りで熱伝導性に優れている。
  • い草……豊かな香りでリラックスしたいときにぴったり。
  • 竹……モダンでおしゃれなデザインが多く和風インテリアに馴染みやすい。

ポリエステルなどの合成繊維

ポリエステルやナイロンなどの合成繊維は、耐久性に優れているというメリットがあります。カビ・害虫が発生しにくい素材なので、天然素材と比較すると劣化しにくいです。

また、水汚れにも強いため、子どもがジュースをこぼしたり汗で汚れたりしても大丈夫。水拭きや手洗いもできて、お手入れが楽なのも嬉しいポイントです。

ただし、静電気が発生しやすく、気付いたら埃や髪の毛などのゴミが付着していることも。くわえて、天然素材よりも肌触りや風合い、涼しさで一枚劣ります。敷く場所や用途に適しているか考慮して選ぶことが大事ですよ。

夏冬兼用の素材もチェック

夏冬兼用できるラグを探している方は、ウール・メタル・綿のいずれかの素材がおすすめです。

どの素材もオールシーズン使える優れものなので、「季節ごとにラグを変えるのが面倒」「使っていないラグの収納スペースに困る」という方に適しています。

それぞれの特徴をまとめたので、素材の違いを理解してベストなものを選びましょう。

  • ウール……空気の層を作る性質があり、夏は涼しくて冬は暖かい天然素材。
  • メタル……周囲の温度に応じて冷めやすく、温まりやすい。省エネ効果も期待できる。
  • 綿……床暖房・ホットカーペットと併用して使える商品も多く販売されている。

2.機能で選ぶ

ここでは、あったら嬉しい便利な機能についてご紹介します。ラグを敷く場所や用途などによっておすすめの機能が違うので、重視するポイントや生活スタイルに適しているかチェックしてみましょう。

洗えるタイプ

清潔に使いたい方は、洗えるタイプの夏用ラグが適しています。夏場は汗をかきやすく、素足で過ごす方も多いことでしょう。おのずとラグも汚れやすいため、洗濯機洗いや手洗いができるとお手入れも楽ですよ。

ただし、洗濯OKのタグがついていても、サイズや厚さがあって洗濯機で洗えないことも。お手入れにかける労力や洗濯機の大きさなど、お家の事情も考慮して選ぶといいでしょう。

接触冷感

なるべくエアコンを使用せず快適に過ごしたい方は、接触冷感に優れた夏用ラグはいかがでしょうか。

接触冷感とは、ラグに触れただけで体温がスッと下がるようなひんやり感を得られるのが特徴です。とくにレーヨン・キュプラ素材を使用しているラグは、熱伝導率・熱拡散率が高いため夏の暑さが苦手な方にぴったり。気になる方は、ぜひ店頭で実際にチェックしてみてくださいね。

抗菌・防臭・防ダニ

赤ちゃんやペットがいるお家には、抗菌・防臭・防ダニの加工が施されたものがおすすめです。

夏は菌やダニが繁殖しやすい季節なので、これらの機能があれば衛生面も安心できるでしょう。また、忙しくてラグのお手入れに時間をかけられない場合にも重宝しますよ。

滑り止め

フローリングに敷くときは、ラグの裏側に滑り止めが付いているかにも注目しましょう。

直に敷くと、歩いたときや体重をかけたときにラグがズレて転倒する危険があります。とくに子どもがいるお家は、走り回ったりして転んで怪我をするおそれも。万が一に備えて、滑り止め加工があるタイプを選ぶのもありですよ。

3.敷く場所に合わせてサイズで選ぶ

夏用ラグを買うときは、敷く場所に適したサイズを選びましょう。大きすぎたり小さすぎたりすると、使い勝手が悪くなるだけでなく見栄えもよくありません。

ラグのサイズは、一般的に1~3畳のものが販売されています。大きさの目安を以下にまとめたので、部屋の広さや敷く場所のスペースに適しているかチェックしてみてくださいね。

ラグの一般的なサイズ
  • 1畳……100×150cm
  • 1.5畳……130×190cm
  • 2畳……190×190cm
  • 3畳……190×240cm

リビングやセンターラグとして使用するなら3畳がぴったり。6畳ほどの部屋で家具も多い場合は、1~1.5畳で十分でしょう。

4.インテリアに合わせてデザインを選ぶ

インテリアの雰囲気にマッチするかどうかも、夏用ラグを選ぶうえで大切なポイントです。夏だけしか使わないといっても、周りの家具や小物などの色・デザインにそぐわないと違和感が生まれます。とくにラグは人の視線を集めやすいため、なるべく部屋と統一感のあるものを選びましょう。

また、せっかくなら夏ならではの涼しげなデザインを合わせたいものです。ブルーやグリーンなどの寒色をベースにしたものだと、見た目から清涼感を味わえます。い草や竹など天然素材のラグなら、爽やかな風合いを楽しめるでしょう。

5.床の硬さが気になるなら厚手をチョイス

夏用ラグは薄手タイプの商品が多く販売されているため、フローリングの底付きが気になることも。その点厚手タイプなら、1枚だけで敷いても床の硬さが気になりません。リビングでゴロゴロして過ごしたい方や、直に座りたい方にぴったりですよ。

とくにウレタン素材を使用しているラグは、もっちりと贅沢な柔らかさが感じられておすすめです。長時間座ったり、子どもを遊ばせたりしたいときに重宝することでしょう。

夏におすすめのラグ10選!

ここでは、おすすめの夏用ラグ10選をご紹介します。商品の素材や機能性など魅力をまとめているので、ぜひお家にぴったりなものを購入して暑い日を快適に過ごしましょう。

PR
アイリスプラザ オーガニックコットンキルトラグ ライトグレー

商品情報

・素材:綿
・サイズ:200cm×250cm
・機能性:抗菌、防臭、防ダニ加工/洗濯OK/滑り止め付き

アイリスプラザの夏用ラグは、オーガニックコットン100%を使用した心地よい肌触りが魅力です。キルトのポコポコした感触も気持ちがよく、思わず素足で歩いたり横になったりしたくなることでしょう。吸湿性にも優れているため、ジメジメした梅雨や熱帯夜でも快適にすごせますよ。

PR
ニトリ 低反発ウレタン入りラグ Nクール グレー

商品情報

・素材:ナイロン
・サイズ:185cm×185cm
・機能性:制菌、防臭加工/手洗いOK/滑り止め付き

ひんやり感を重視して選ぶなら、ニトリの「Nクールスーパーラグ」がおすすめです。冷感生地を採用しており、サラリと爽やかな手触りとなっています。さらにメッシュ加工を施しているため、通気性も抜群で熱がこもりにくいのも特徴の1つ。低反発ウレタンフォームのもっちり感も相まって、長時間ラグの上でゴロゴロしたくなる心地よさを実現しています。

PR
アイリスオーヤマ 接触冷感ラグ ネイビー

商品情報

・素材:ポリエステル、ナイロン
・サイズ:185cm×185cm
・機能性:はっ水加工/遮音効果/滑り止め付き

アイリスオーヤマの夏用ラグは、ひんやりとした肌触りの冷感生地を採用しています。30mmの厚さのある高反発ウレタン素材を使用しているので、これ1枚だけで底付き感なく使えて便利。直に座ったり、子どもを遊ばせたりするときに重宝しますよ。遮音効果もあるため、生活音が気になる方はぜひこちらの商品をチェックしてみましょう。

PR
イケヒコ PPカーペット ラグ バルカン ブラウン

商品情報

・素材:ポリプロピレン
・サイズ:170cm×170cm
・機能性:手洗いOK

夏はもちろん、オールシーズン使える2畳サイズのラグです。パイプ状にしたポリプロピレン素材は、サラリとした手触りなので汗ばむ季節でもべたつきません。強度が高いことから、畳や床の保護目的として敷くのもありですよ。また、水や汚れに強くお手入れ簡単なため、室内だけでなくキャンプや海水浴などのアウトドアシーンでも活躍します。

PR
中商事 洗える国産 綿混ラグ ブルー

商品情報

・素材:コットン混
・サイズ:130cm×176cm
・機能性:リバーシブル/洗濯OK

お手入れが簡単な夏用ラグを探している方は、こちらの商品はいかがでしょうか。自宅で洗濯できるうえ、毛足がないので掃除機をかけやすいのが嬉しいポイントです。とくに子どもやペットがいるご家庭は、ダニが発生しやすい梅雨時期から夏にかけて重宝すること間違いなしでしょう。

PR
無印良品 洗いざらしの綿キルティングラグ ライトベージュ

商品情報

・素材:ポリエステル、コットン
・サイズ:100cm×195cm
・機能性:-

無印良品の「洗いざらしの綿キルティングラグ 」は、綿100%を使用しています。さらに洗い加工を施してあるため、やわらかい風合いとサラリとした手触りが魅力です。夏だけでなく1年通して使うのもおすすめですよ。また、リビングや寝室などのインテリアに馴染みやすい色合い・デザインとなっています。

PR
イケヒコ い草 ラグ

商品情報

・素材:い草
・サイズ:176cm×176cm
・機能性:抗菌、防臭効果

い草を使ったラグは、調湿性や空気清浄力が優れており消臭作用もある優れものです。ジメジメとした湿度の高い日もサラリとした手触りで、汗の臭い成分を分解する効果もあるため、夏に敷くのに適しています。ほんのりと清涼感のある香りが漂うのも、い草ならではの特徴です。和室に取り入れると、畳を日焼けから守ることもできますよ。

PR
萩原 ラグ ルイス

商品情報

・素材:ポリプロピレン
・サイズ:3畳
・機能性:防カビ、防ダニ効果/水洗いOK

萩原が手がける水洗い可能な「柄上敷き」です。い草のようなデザインですが、実は水や汚れに強いポリプロピレン素材を採用しています。飲み物をこぼしてもサッと水拭きできるため、子どもやペットがいるご家庭で重宝することでしょう。また、べたつきにくい筒状のパイプ生地なので、蒸し暑い日や梅雨時期も爽やかに使えますよ。

PR
アイリスプラザ 洗えるラグ

商品情報

・素材:フランネル
・サイズ:200cm×200cm
・機能性:防菌、防臭、防ダニ加工/滑り止め付き/洗濯OK

ラウンド型のラグカーペットは、夏冬兼用できて便利です。フランネルのサラリとした手触りは暑い日も快適。抗菌防臭・防ダニ加工が施されているため、夏もワンシーズン安心して使えます。ホットカーペットや床暖房にも対応している素材なので、冬場は暖房器具と併用することで節電にもつながりますよ。

PR
アイリスオーヤマ キルトラグ 夏用ラグ

商品情報

・素材:ポリエステル
・サイズ:185cm×240cm
・機能性:低ホルムアルデヒド仕様/滑り止め付き/洗濯OK

サラリと手触りがよく、まるでタオルのようなソフトな風合いが魅力の夏用ラグです。寝具の定番素材であるパイル生地を採用しているため、1日中ゴロゴロしたくなるほど。裏面には滑り止め加工が付いているので、フローリングに敷いてもズレにくいというメリットもあります。さらに低ホルムアルデヒド仕様で、赤ちゃんやペットにやさしいのも嬉しいポイントですね。

夏のラグを綺麗に保つお手入れ方法

最後に夏用のラグのお手入れ方法について解説します。夏は暑いので素足で過ごす方も多いでしょう。汗もかきやすく汚れやすいため、最低でも1か月に1度は洗濯したいものです。

主に夏用ラグのお手入れ方法は、掃除機・洗濯機・手洗い・水ぶきの4つあります。まずは、商品タグの洗濯表示を確認しましょう。また、ラグが大きすぎて洗濯ネットや洗濯機に入らないときは、以下の手洗いの手順も参考にしてみてくださいね。

手洗いの手順
  • 掃除機やコロコロでラグについたゴミやホコリをとる
  • 浴槽にぬるま湯をため、ラグをつける
  • 洗剤をつけたスポンジでやさしくラグを擦る
  • 洗剤をしっかりと洗い流し、ラグをよく絞る
  • 風通しの良い場所で陰干しする

ほとんどの夏用ラグは上記の方法でお手入れできますが、い草素材のラグは水の使用はNGです。乾拭きもしくは掃除機をかけた後に陰干しするのがベスト。1時間ごとに裏表をひっくり返し、合計2時間ほどを目安に干してくださいね。また、目立つささくれはハサミで根元からカットして大丈夫。最後は指で馴染ませたら完了です。

このように、素材やタグの洗濯表示によってお手入れ方法が異なるので、適切な方法を守り清潔に使用しましょう。

夏用ラグで暑い日もひんやり快適に

本記事では、おすすめの夏用ラグ10選と選び方のコツをご紹介しました。ひんやりと冷感効果のあるものや、素材によっては調湿性に優れた商品もあります。ぜひ、夏本番をむかえる前にラグを交換して、暑い日やジメジメした日も快適に過ごしましょう。

こちらもチェック!
【サイズ別に紹介】ラグのおすすめ10選!北欧柄のおしゃれなデザインなど

リビングやソファの近くに敷いて使う「ラグ」。床面積を大きく占めるため、室内の印象を変えるのに役立ちます。しかし、洗えるタイプや一人暮らし用、北欧デザインのおしゃれなものなどさまざまな種類があり、選び方に悩みますよね。そこで本記事では、自宅に合ったラグの選び方やおすすめ商品をご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

こちらもチェック!
グレーのラグのおすすめ11選!おしゃれな北欧風やモダンテイストデザインなど

どんなインテリアにも馴染みやすい「グレーのラグ」。おしゃれでモダンな印象を与えてくれるので、北欧家具のインテリアにもぴったりです。とはいえ、柄や丸洗いできる機能などさまざまな商品があり、何を基準に選んでよいか迷いますよね。そこで今回は、グレーのラグの選び方とおすすめの商品をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー