Amazonゴールドカードは新カードへ移行!新カードのメリットや申込み方法を解説

Amazonゴールドカードは新カードへ移行!新カードのメリットや申込み方法を解説

「Amazonゴールドカード」は2021年11月から新カード「Amazon Mastercard」「Amazon Prime Mastercard」に移行しました。旧カードと比較するとどのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、旧カードと新カードの年会費やメリット、還元率などについて詳しく解説します。申込み方法についてもご紹介するので新カードの利用を考えている人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

Amazonゴールドカードは新カードに移行

2021年11月1日から、Amazonゴールドカードは「Amazon Mastercard」と「Amazon Prime Mastercard」(以下「新カード」)に刷新されました。これにともない、旧カードにあたるAmazonゴールドカードを現在所有している人は、有効期限後には新しいカードに切り替わることになります。

新カードは2種類ありますが、選択は任意ではなく、ユーザーのAmazonプライム会員加入状況で決定されます。会員、非会員で切り替えるカードが異なるため、それぞれのスペックや特典などを把握し、加入状況を考える必要があるかもしれません。

また、新カードは旧カードからの変更点もあります。特にAmazonのショッピングで多く利用している人は、ポイント還元率やメリットも気になるところでしょう。

新カードと旧カードを比較し、よりお得で便利な使い方を考えてみてはいかがでしょうか。

Amazon Mastercard

商品情報

Amazon Mastercardは、三井住友カード株式会社とAmazon.co.jpが提携してサービスを提供するクレジットカードです。
審査と発行は三井住友カード株式会社によって行われます。即時発行のお申込み時間は9:00~19:00、インターネットでの口座振替設定が必要です。(それ以外の時間は最短翌営業日発行)

旧カード会員はどうなる?

旧カードから新カードへの移行により、旧カード会員は段階的に旧カードが使えなくなります。ただし、クレジットカードが失効するわけではありません。

有効期限で新カードに切り替えに

旧カードの有効期限が終了する時期には、自動的に新カードへの切り替えがおこなわれます。切り替えにあたり、特別な手続きは必要ありません。切り替え後は新カードのスペックや特典が適用されますが、引き続き利用が可能です。

有効期限前に新カードに変更することも可能ですが、事前に手続きが必要です。三井住友カードの「Vpass」から変更申請をおこないましょう。

気を付けておきたい点は、有効期限前に新カードに変更すると、カードナンバーやセキュリティ番号も変更される点です。また、手数料が発生します。自動的に切り替える場合にはどちらも不要です。

プライム会員か非会員かで変わる切り替えカードの種類

新カードの切り替えには、「Amazon Prime Mastercard」と「Amazon Mastercard」の2種類が用意されています。自分で選択するのではなく、Amazonのプライム会員か非会員かで決定される仕様です。

プライム会員は「Amazon Prime Mastercard」、非会員は「Amazon Mastercard」へ切り替えがおこなわれます。

それぞれのカードは一部スペックや特典が異なっているため、切り替え前に比較することをおすすめします。

Amazonゴールドカード・新カードの比較とメリット

Amazonゴールドカード(旧カード)と新カードのスペックや特典を比較し、メリットを見てみましょう。

こちらもチェック!
Amazon Prime Mastercardとは?基本情報やメリットを解説

Amazonを利用している方の中には、「Amazon Prime Mastercard」について気になっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、他のクレジットカードと何が違うのか分からない方も多いでしょう。 そこで本記事では、Amazon Prime Mastercardの年会費や特典などの特徴について詳しく解説します。

年会費

新カードは2種類とも年会費が永年無料です。Amazonゴールドカードは11,000円だったため、比較するととてもお得だと分かります。

11,000円分が浮いたと考えるのもよいですが、プライム会員の年会費に充てることもおすすめです。

2024年1月現在、プライム会員の会費は年払いで5,900円、月払いで600円(年間7,200円)になっています。

ポイント還元率

Amazonゴールドカードのポイント還元率はAmazonでの利用で2.5%でした。一方で、新カードのポイント還元率はプライム会員が2.0%、非会員が1.5%になります。

また、新カードで追加されたサービスには「セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでの利用金額200円につき1.5%のポイント還元率」があります。

Amazonゴールドカードは1.0%だったため、総合的に見るとサービス内容が向上した部分もあるといえるでしょう。

Amazonや対象コンビニ以外での利用に変更はなく、Amazonゴールドカード、新カード2種類ともに1.0%です。

最短5分のスピード審査

新カードは即時審査に対応しています。即時審査のスピードは非常に速く、審査内容にもよりますが、最短5分で終了こともあります。

審査完了後にはデジタルの仮カードが即座に発行されるのも嬉しい一面です。利用可能枠は3万円に限定されますが、Amazonの商品やサービス購入に使えます。

なお、クレジットカード本体が自宅に届くまでは1週間ほどの時間を要します。

ETCカードの年会費

ゴールドカード同様に新カードでもETCカードの発行が可能です。

ETCカードの年会費については、Amazonゴールドカードは初年度無料ではあったものの、2年目以降は前年度1回以上のETC利用で無料になるという条件があります。利用がなければ550円の年会費が必要です。

一方で新カードは条件なしで無料です。

金額としてはそれほど高額ではありませんが、お得感を考えれば新カードにメリットを感じるのではないでしょうか。

コンタクトレス決済

衛生面やスピード面で優れる非接触型の支払い方法が推進される昨今、タッチ決済やコンタクトレスへの対応はクレジットカードを選ぶときの重要な要素になりつつあります。

Amazonゴールドカードはスマートフォンを介したApple PayとGoogle Payの決済のみに対応していましたが、新カードではその2種類に加え、Visaタッチ決済とMastercardコンタクトレスにも対応可能になりました。

ナンバーレスデザイン

券面のナンバーを他人に見られたくないと考える人にとって、ナンバーレスデザインへの対応は重要な要素です。

Amazonゴールドカードは券面にカード番号や氏名が刻印されていましたが、新カードはそのような情報を一切刻印しないナンバーレスデザインになりました。

ナンバーレスデザインの採用でセキュリティが上がったため、街中でカード本体を使う機会が多い人も安心です。

Amazonゴールドカード・新カードのデメリット

Amazonゴールドカードと新カードにはデメリットもあります。代表的な5つのデメリットを見てみましょう。

新カードはAmazonプライム特典がない

Amazonゴールドカードにはプライム特典があり、Amazonプライムサービスの年会費が無料でしたが、新カードはプライム特典がありません。

旧カードの特典で年会費をまかなっていたプライム会員でも、新カード移行後には別途で年会費を支払うことになります

プライム会員で利用できるサービスは多岐にわたります。Amazonで購入した品物の送料がお得になったり、別途でサブスクリプション料金が必要なAmazonの一部サービスが追加料金なしで利用できたりなどの特典は、ライフスタイルによっては重宝するでしょう

また、前述の通りAmazonゴールドカードの年会費11,000円に対し、プライム年会費5,900円のほうがリーズナブルです。そのため、大きな負担が発生する事態にはならないでしょう。

こちらもチェック!
Amazonプライム会員で受けられる16個の特典をご紹介!各特典の解説も

配送料が無料になるだけでなく、AmazonプライムビデオやKindleが追加料金なしで楽しめるなど、うれしい特典が盛りだくさんの「Amazonプライム会員」。この記事ではプライム会員が受けられる特典を16個ご紹介します。会員登録を迷っている方も、すでに会員の方もぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

利用可能枠の最低額が50万円から10万円に

新カードでは利用可能枠に大幅な変化が見られます。Amazonゴールドカードは最低利用可能枠が50万円でしたが、新カードは10万円まで引き下げられました。新規申し込み者は10万円からスタートする可能性があります。

ただし、すでにAmazonゴールドカードで最低利用可能枠が納得できる金額に設定されている従来のユーザーは、過去の信用情報(遅れなく支払っているか、無理な借入をしていないかなど)に問題がなければ大きな変更はないはずです。

また、上限が200万円であることは旧カードも新カードも変わりません。

「マイ・ペイすリボ」のポイント還元が変更

Amazonゴールドカードでは、「マイ・ペイすリボ」を設定するとポイント還元の特典がありました。しかし、新カードではこの特典が撤廃されています。「マイ・ペイすリボ」を設定・利用してもポイントは付与されないので注意が必要です。

旅行傷害保険・ショッピング補償の最高補償額が変更

Amazonゴールドカード、新カードともに旅行傷害保険とショッピング補償が自動付帯されています。しかし、新カードへの移行とともに最高補償額が引き下げられることになりました。

Amazonゴールドカードは海外旅行傷害保険が最高5,000万円、国内旅行傷害保険が5,000万円、ショッピング補償が300万円です。

新カードは海外旅行傷害保険が最高2,000万円、国内旅行傷害保険は撤廃になり、ショッピング補償は200万円になっています。

なお、Amazonゴールドカードの保険内容・補償内容は2022年10月31日で終了しました。11月1日以降は新カードの内容で運用されています。

空港ラウンジサービスの変更

Amazonゴールドカードには空港ラウンジサービスの特典がありました。空港を利用する際に活用していた人も多いのではないでしょうか。

しかし、新カードでは空港ラウンジサービス特典は撤廃されています。今までAmazonゴールドカードの特典でラウンジを利用していた人は、ほかのクレジットカードを利用するなどの対策を取りましょう。

Amazon新カードへの申込み方法

新カードへの申し込み方法を見てみましょう。

大前提として、Amazonゴールドカード会員は新カードに新規申し込みができません。自動的に切り替えられます。ここでは新規申し込みをする人へ向けて説明します。

1:申し込み条件を確認する

Amazon Mastercard、Amazon Prime Mastercardの申し込み条件は以下の通りです。

1:満18歳以上であること(学生可、ただし高校生は不可)

2:Amazon Prime MastercardはAmazonプライム会員であること

2:必要書類の準備

申し込みには本人確認証と銀行口座の口座番号が分かるものが必要です。カード発行元の三井住友カードでは以下を指定しています。

運転免許証、または運転経歴証明書

金融機関の通帳、またはキャッシュカード

本人確認証に関しては、該当するものがなければ別途用意したものでも可能です。健康保険証、個人番号(マイナンバー)カード、現住所が記載されたパスポート、住民票または印鑑登録証明書(個人名義のみ)、在留カードが該当します。

3:申し込みをする

1:Amazon Mastercardのページにある申し込みリンクから手続きを開始

即時審査を希望する人は、対応可能な9~19時の間に申し込み手続きを完了させてください。19時を過ぎると審査が翌営業日以降になり、即時審査ができません。

2:必要な情報を入力し、送信する

個人情報や現在の信用情報に関する入力項目があります。複数項目の入力が求められるため、入力忘れや誤字・脱字に注意しましょう。

3:引き落とし口座の設定と本人確認証のアップロード

用意しておいた書類を撮影し、アップロードして申し込み手続きの完了です。ここまでの手続きを19時までに完了させれば即時審査の対象になります。

申し込みのあとは審査がおこなわれ、審査に通過すればその日から仮カードを3万円まで利用できます。

新カードに移行後はメリットを活用しよう

新カードは旧カードから変更された点がいくつかありますが、Amazonの愛用者にとってメリットが多いことは間違いありません。本記事を参考にメリット・デメリットを把握して自分に役立つように活用していきましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon primeを使いこなすのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー