目次

【必見】楽天ポイントを貯めるコツ!上手な貯め方と活用術をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ここからは、楽天ポイントの賢い貯め方や、日常の買い物や楽天市場での効果的な利用方法、さらには楽天ポイントの上手な活用術など、実用的な情報を紹介します。楽天ポイントをもっとお得に、 そして楽しく使うためのヒントが満載です。

楽天ユーザーなら誰もが知っている楽天ポイントですが、もっとお得な貯め方はないかと思っている人も多いでしょう。そこで、日常生活での賢いポイントの貯め方から、楽天市場を使った効果的 な貯め方、さらには、おすすめの楽天ポイントの活用術まで幅広くご紹介します。楽天ポイントを最大限に活用してお買い物をお得に楽しみましょう。

楽天ポイントとは

楽天ポイントは、楽天会員が楽天の各種サービスを利用することで獲得できる報酬ポイントです。 おもに、楽天市場での買い物やその他の楽天サービスを利用したときに、100円ごとに1ポイントが付与されます。なお、ポイントには有効期限があり、何もしないとポイントが最後に付与されてから1年後に失効してしまうため注意が必要です。

ただし、その1年のうちに追加で楽天ポイントを獲得することで、有効期限が延長される仕組みです。 具体的には、楽天のECサイト「楽天市場」がでポイントが獲得できます。楽天市場では、通常の購入はもちろん、予約商品や定期商品の購入などでも、購入金額の1%のポイントが付与されます。

獲得したポイントが実際に使えるようになるのは、通常、 購入日の翌日です。 基本的に楽天市場の商品であればほとんどが楽天ポイントの対象ですが、金券など換金性が高いものは商品によっては対象外であることも覚えておきましょう。

また、商品本体ではない料金(たとえばラッピングの料金や送料など)も、楽天ポイントの付与対象外です。 楽天市場以外でも、楽天のほとんどのサービスでポイントが獲得できます。たとえば楽天ブックスでは、書籍(電子書籍を含む)の購入をすることでポイントが付与されます。

楽天トラベルにおいても、日帰り・宿泊旅行のほか、高速バスの予約でもポイントが獲得できる仕組みです。 楽天トラベルの場合、還元率は1%とは限らず、場合によっては10%もの高還元率の商品もあります。 具体的には、宿泊施設や宿泊日数によって異なるので、ご利用の際にチェックしてみてくださいね。以上が楽天ポイントの基本的な獲得ルールですが、楽天では獲得できるポイントが倍になるイベントなど、さまざまなキャンペーンを随時実施しています。

楽天ポイントの効率的な貯め方

同じ商品でも、購入場所や購入方法によって獲得できる楽天ポイントのポイント数は異なります。 楽天ポイントを効率よく貯めるには、利用するサービスや支払い方法の仕組みを押さえておくこと が大切です。

楽天市場で買い物すると楽天ポイントの還元率が高い

楽天ポイントの効率的な貯め方で外せないのは、やはり楽天市場です。楽天市場で買い物をしたも のを楽天カードで決済すると、獲得できるポイントがプラス1倍になります。加えて、もし楽天カ ードの引き落とし先が楽天銀行だった場合、さらにプラス0.3倍のポイントが還元される仕組みです。

楽天市場では、条件をクリアするたびにポイント還元数がアップする仕組みになっています。最高 倍率を実現するにはあらゆる条件をクリアする必要があります。なかなか現実的ではありませんが、 同じ商品を実店舗で買うぐらいなら、楽天市場で買ったほうがポイントが貯まってお得でしょう。

さらに、楽天市場では定期的にポイント倍増キャンペーンが開催されています。キャンペーン中に 買い物をするだけで、通常よりも何倍ものポイントを獲得できるチャンスです。

町の加盟店で楽天ポイントカードを活用

楽天ポイントは、楽天市場だけでなく、町中にある加盟店での買い物でもポイントが貯まる仕組みです。ドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストアをはじめ、百貨店や書店、飲食店でも楽天の加盟店が増えています。日常で頻繁に利用する店舗でも楽天ポイントが貯まるようになっているので、利用しない手はないですよね。

ただし、町の店舗で楽天ポイントを貯めるには、支払い時に楽天ポイントカード(紙またはアプ リ)の提示が必要です。ポイントカードを提示すると、支払い金額に応じたポイントが加算されま す。なお、楽天ポイントカードは全国の加盟店で発行可能です。アプリであれば、オンラインで無料ダウンロードできるので、支払い前にぜひ用意しておきましょう。

他社のクレジットカードのポイントを交換して楽天ポイントにする

楽天ポイントの貯め方のコツとして、他社のクレジットカードのポイントを楽天ポイントに交換することも方法のひとつです。多くのクレジットカード会社は、自社ならではのポイントプログラムを提供しています。これらのポイントは通常、その会社のサービスの支払いや商品券への交換などに利用されるものです。

しかし、そんなポイントのなかには、ポイント交換サイトを使って楽天ポイントにできるものもいくつかあります。 ポイント交換サイトとは、たとえば「.money」(ドットマネー)などです。等価交換ではありませんが、そのままなら使い道もなく失効するしかなかった他社のポイントを楽天ポイントにできるので、ぜひ利用してみてください。

楽天市場でお得にポイントを貯めるには

楽天市場では、定期的に各種キャンペーンが開催されます。これらのキャンペーンを組み合わせて 利用することも楽天ポイントの効率的な貯め方です。

スーパーポイントアッププログラム

スーパーポイントアッププログラム(SPU)は、楽天の提供する多様なサービスを利用することで ポイント倍率がアップするプログラムです。たとえば、楽天カードでの決済、楽天モバイルの契約、 楽天ブックスでの購入など、複数のサービスを組み合わせることで最大16倍までポイント倍率が上昇します。

こちらもチェック!
楽天のSPU(スーパーポイントアップ)とは?賢い貯め方・使い方を徹底解説!

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天関連サービスを利用することで、楽天市場で買い物をした際に受け取ったポイントが最大16.5倍にもなるポイントアッププログラムです。 今回は、SPUの仕組みから特典の内容、キャンペーンを併用したお得なポイントの貯め方や注意点をご紹介いたします。

買い回りキャンペーン

楽天市場には、期間内に複数のショップで買い物することで、獲得できるポイント数が増加する 「買い回り」というキャンペーンがあります。1店舗で税込み1,000 円以上の買い物につき、獲得できるポイントがプラス1倍、10店舗以上で最大プラス10倍になるビッグキャンペーンです。

5と0のつく日

「5と0のつく日」は、毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日に楽天カードで支払いをする と、通常ポイントに加えてさらにポイントが上乗せされるキャンペーンです。楽天カードのユーザ ーに大きなメリットがあります。

楽天ポイントを使うのにおすすめのお得な活用術

楽天ポイントを最大限に生かすには、楽天の提供するサービスを賢く利用するとよいでしょう。 おすすめは、スマートフォンを利用した支払いサービス「楽天ペイ」です。オンラインだけでなく、コンビニやスーパーなどの実店舗でも、1ポイント=1円として買い物に使えます。

楽天ペイアプリでは期間限定ポイントから優先的に使うように自動的に設定されているので、ポイントが失効する心配もありません。

また、楽天モバイルもおすすめです。携帯電話の月額料金を楽天ポイントで支払えるので、通信費の節約につながります。毎月自動的に楽天ポイントから優先的に支払うように設定できるので、キャリアから楽天モバイルに乗り換えると毎月の通信代が大幅に安くなりますよ。

利用できるエリアにお住まいなら、楽天でんきや楽天ガスも楽天ポイントの使い道としておすすめです。現金の代わりに楽天ポイントで電気代やガス代が支払えます。期間限定ポイントが使えるだけでなく、支払い金額に応じて楽天ポイントも貯まるのでお得です。

楽天ポイントのさらに効率的な貯め方

楽天ポイントをさらに効率よく貯めるには、通常の楽天カードではなく、楽天プレミアムカードで決済するのがおすすめです。税込11,000 円の年会費がかかるカードですが、楽天市場をよく使う人には年会費以上のメリットがあります。

楽天プレミアムカードも基本的なポイント還元率は楽天カードと同じ1%ですが、楽天市場でのシ ョッピング時には還元率が向上します。具体的には、毎週火・木曜日には最大4倍のポイントが獲 得できるほか、楽天プレミアムカードを使って楽天トラベルで予約すると最大3倍、同じく、楽天 ブックスやRakuten TV での支払いに楽天プレミアムカードを使うと最大3倍の楽天ポイントが獲得 できるという具合です。

楽天のサービスを最大限に活用して楽天ポイントを効率よく貯めよう

楽天ポイントの貯め方や活用方法について、ご理解いただけたでしょうか。楽天市場だけでなく、コンビニなどの町中の加盟店で行う日常の買い物でも楽天ポイントは貯まります。

加えて、クレジットカード(特に楽天カード)や、楽天ペイ、楽天モバイルなどのサービスを駆使 すれば、ポイントが貯まりやすくなるだけでなく、ポイントを最大限に活用できてお得です。これ らの情報を参考に、ぜひ楽天ポイントを今よりもっと効率的に貯めてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天ポイント・クーポン活用術のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー