目次

楽天市場の支払い方法を徹底解説!変更する方法や注意点もご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天市場ではさまざまな支払い方法が選べます。手数料がかからない方法もあればかかる方法もありますので、支払い方法ごとの特徴を把握しておきましょう。また、支払い方法の変更手順など、楽天市場を使ううえでの注意点も要チェックです。

楽天市場は、クレジットカードや銀行振込、代金引換などさまざまな方法で決済が可能です。ここでは、手数料が無料になる支払い方法を中心に解説していきます。併せて、支払い方法の変更手順も詳しく解説しますので、楽天市場を今よりもっとお得に使いこなしたい方はぜひ参考にしてください。

楽天市場の手数料無料の支払い方法

楽天市場での支払いには10種類以上の方法があります。しかし、支払い方法によっては手数料がか かってしまうので注意が必要です。ここからは、手数料がかからない5つの支払い方法をご紹介いたします。

クレジットカード決済

楽天市場では、クレジットカードで決済すると余計な手数料がかかりません。手数料無料のメリットに加えて、クレジットカード会社が付与するポイントも得られるという二重の利点があります。 さらに、他社のクレジットカードではなく、楽天カードにすることでさらにお得になります。

楽天 カードなら他社のカードより楽天ポイントが多く付与されるためおすすめです。特に、5と0のつく日に楽天カードで買い物をすると、ポイント還元率が5倍にもなります。

楽天ギフトカード

出典:楽天市場

楽天市場での買い物に便利な楽天ギフトカードは、電子マネーをチャージして使用できるプリペイドカードです。 楽天ギフトカードは、コンビニなど全国のさまざまな店舗で購入可能で、金額にも多くのオプションがあります。

また、使用できる金額が決まっているカードと、自分でチャージする金額を設定できるカードの2種類から選ぶことが可能です。購入もチャージも余計な手数料なしでできるので、クレジットカードがなくても手数料を気にせずに楽天市場で買い物ができます。

こちらもチェック!
楽天ギフトカード徹底ガイド!使い方や注意点などわかりやすく解説

楽天ギフトカードは、日常のショッピングをもっと便利にしてくれるアイテムです。アカウントに簡単にチャージできて、すぐショッピングに使えるギフトカードですが、具体的にどうやって使うのか、わからない方もいらっしゃるでしょう。そこで、楽天ギフトカードの概要からチャージの具体的な手順、さらには便利な使い道や注意点まで、詳しく確認します。

コンビニ決済

コンビニ決済でも、手数料が無料になります。基本的に全国展開の大手コンビニであれば、お近くのどの店舗でも無料です。楽天市場での買い物の際に、支払い方法として「コンビニ支払い」を選ぶと払込番号を記載したメールがショップから届きます。

その番号をコンビニのレジで提示して、指定の金額を支払えば完了です。 コンビニ決済の大きなメリットは、その手軽さにあります。ネットでのショッピングにクレジット カードを使いたくないという方は、一定数いらっしゃるでしょう。また、クレジットカードを持っていないという方も少なくありません。そのような方にとって、コンビニ決済は安心して利用できる支払い方法です。

銀行振込(楽天銀行同士のみ)

天市場では支払い方法に銀行振込も選べますが、通常は振込手数料がかかります。しかし、楽天銀行同士の取引であれば振込手数料は無料です。楽天市場に出店するショップの多くが支払い口座として楽天銀行の口座を持っていますので、楽天銀行に口座をお持ちであれば振込手数料無料で買い物ができます。

代金引換(一部ショップ)

楽天市場では、代金引換も支払い方法として選べます。商品到着時に配送業者に代金を支払う方法 ですが、通常は代引手数料がかかる場合が多いです。ところが、楽天に出店しているショップの一部では、一定金額以上の購入で手数料が無料になるサービスを提供していることもあります

全てのショップが代引手数料無料のサービスを導入しているわけではないため、注意が必要です。しかし、もし該当のショップで一定金額以上購入する機会があれば、見逃すわけにはいきません。支払い方法を選ぶ前に、ショップのヘルプや案内ページをチェックしてみましょう。

スマートフォンを用いたデジタルウォレットサービス

デジタルウォレットおよびモバイル決済サービスは、一部のスマートフォンで利用できます。クレジットカードやデビットカードをスマートフォンに登録し、指紋認証や顔認証を使って安全に支払いを行うシステムです。手数料がかからないことはメリットですが、この種の決済サービスを受け付けるショップは楽天市場内では限られており、どのショップでも使えるわけではありません。

楽天市場で選べるそのほかの支払い方法

基本的には、前述した5つが楽天市場の支払い手数料を無料にできる方法です。しかし、それ以外にも楽天市場では多くの支払い方法が選べます。手数料がかかる場合もありますが、どのような支払い方法が選べるのかチェックしておきましょう。

後払い

文字通り、商品を受け取った後に支払いを行う方法です。この方法を選択すると、商品が発送され た後に請求書が別途郵送で届きます。請求書が届いたら、それを持ってコンビニや銀行で代金を支払います。支払い期限は発行日から14日以内です。後払いの手数料は、請求書の発行に費用がかかります。なお、この支払い方法は一定金額以上の注文では利用できない点に注意してください。

国際的なオンライン決済サービス

オンラインでの決済や送金を行うための国際的なサービスでは、クレジットカードや銀行口座をア カウントに登録して、安全にオンラインでの支払いや送金が行えます。このサービスは世界中で広 く使われており、オンラインショッピングや国際取引において非常に便利な手段です。

ショッピングクレジット/ローン

ショッピングクレジットやローンは、購入した商品の代金を分割で支払う方法です。購入後に、定められた期間のなかで利息を含む分割払いで代金を支払います。

オートローン

オートローンは、自動車の購入に特化したローンサービスです。自動車購入のための資金を借り入 れ、後から分割で返済する仕組みになっています。楽天市場には、新車・中古車にかかわらず多数 の車が販売されており、もし車を購入するのであれば便利な方法です。

リース

リースは、商品を一定期間使用できる契約で、使用期間終了後は返却するか購入するかを選びます。 おもに、高価な機器や車両などで利用される方法です。

請求書払い

請求書払いは、商品やサービスの提供後に請求書が発行され、それにもとづいて支払いを行う方法 です。これは基本的に企業間取引などで用いられます。

アジア市場向けオンライン決済プラットフォーム

中国で主流のオンライン決済プラットフォームは、クレジットカードやデビットカード、銀行口座 をアカウントに登録して利用可能です。この決済システムは、特に中国との国際取引に便利で、オ ンラインでの購入や送金に広く使われています。

楽天市場での支払い方法の変更・手順

楽天市場では、注文が確定した後で支払い方法を変更することは基本的にできません。もし支払い方法を変更したい場合は、購入した各ショップに直接問い合わせる必要があります。 しかし、選んだ決済方法でエラーが発生したり、手続きが完了できなかったりした場合は例外です。

このようなケースでは、楽天市場の購入履歴ページにアクセスし、対象の注文の詳細ページから支払い方法を変更する必要があります。具体的な手順は次の通りです。

まず、購入履歴ページにアクセスし、変更を希望する注文の詳細を開きます。画面下部の「注文内 容を変更」をクリックしましょう。次に表示されるページ内の「変更する」を選択し、新しい支払 い方法を選びます。「注文内容の変更を確認する」という画面が表示されれば、それをクリックして変更完了です。

楽天市場での支払い方法の注意点

最後に、楽天市場で買い物をする際の支払い方法に関して、注意したいポイントをいくつか押さえておきましょう。

支払い方法ごとに支払い期限を確認する

楽天市場では、支払い方法ごとに異なる支払い期限が定められています。たとえば、後払いの場合は請求書発行から14日以内ですが、コンビニ支払いではそうとは限りません。期限を過ぎると追加の手数料が発生することもあるため、支払い方法を選択する際に、支払い期限も確認しておきましょう。

出店するショップによって選べる支払い方法が異なる

楽天市場にはさまざまなショップが出店していますが、ショップごとに受け付けている支払い方法は異なります。クレジットカードや銀行振込のみ対応可能なショップから、コンビニ支払いや後払いが利用できるショップまでさまざまです。商品を購入する際は、店舗ごとに対応している支払い方法を確認しましょう。

スマホ決済や電子マネーは使えない

楽天市場は、楽天ペイやPayPayなどのスマホ決済や、楽天Edyなどの電子マネーには対応していません。特に、楽天のサービスでありながら、楽天ペイや楽天Edyは使えませんので要注意です。

楽天市場で選べる支払い方法ごとの特徴をよく理解しよう!

楽天市場には複数の支払い方法が用意されています。それぞれ手数料の有無や支払い期限が違うなどの特徴があるので、支払い方法の変更手順や注意点と一緒にしっかり理解しておきましょう。また、各ショップの支払い方法や期限にも注意し、お得に買い物を楽しんでください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー