楽天市場でd払いは使える?その他のお得な支払い方法も紹介

楽天市場でd払いは使える?その他のお得な支払い方法も紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天市場では様々な支払い方法がありますが、d払いは利用できるのでしょうか。現時点で楽天市場では、d払いを利用できません。しかし、クレジットカード機能付きのdカードであれば利用可能です。

楽天市場でのお得な支払い方法はコンビニを含めて5つあり、中にはポイントが二重取りできる方法もあります。今回は、楽天市場でd払いの代わりに利用できる支払い方法と、dポイントの貯め方、そしてポイントの二重取り方法についてご紹介します。

楽天市場でd払いはできる?

楽天市場でd払いは利用できません(2024年1月時点)。d払いは対応していませんが、クレジットカード機能付きのdカードであれば利用できます

楽天市場での支払い方法には、クレジットカード、銀行振込、Apple Pay、コンビニ決済、代金引換、後払い決済などがあります。ただし、ショップごとに対応している支払い方法が異なるので、確認して支払う必要があります。楽天市場ではd払いだけでなく、全てのスマホ決済が利用できないので注意しましょう。

楽天市場でdポイントは貯められる?

d払いは利用できませんが、楽天市場でdポイントを貯めることはできます。今後お得に買い物をしたいのであれば、ポイントを貯めると良いでしょう。ドコモのクレジットカードの「dカード」や「dカードGOLD」のどちらかで支払うとdポイントが貯まります。

ポイントを貯める方法は、dポイントが貯まる優待サイト「dカード ポイントモール」から楽天市場にアクセスして買い物をするだけです。通常ポイントに上乗せしたポイントを二重取りできます。dカードポイントモールは、ジャンルの幅が広く様々な店舗が揃っています。

楽天市場では、期間限定のキャンペーンやセールを利用することで更にお得に買い物ができます。各ショップの限定クーポンも利用できるので、購入前にクーポンがあるかを確認すると良いでしょう。各カテゴリーの還元率は月ごとに変更されるので、変更した場合は商品が発送された月の還元率が適用されます。注文から発送までの時間を計算して買い物をすると、上手にポイントを貯められるでしょう。

dカードポイントモールを利用するためには、dカードまたはdカードGOLDのどちらかに登録している「dアカウント」が必要となります。既にdカードとdアカウントの両方が揃っていれば、特別な手続きは必要ありません。dアカウントのみしか持っていない場合は、dカードを発行しましょう。

dカードポイントモールで楽天市場を利用する際、買い物は24時間以内に行うようにしましょう。24時間を経過してしまうと、モール経由の買い物として認識されないので注意が必要です。モールにアクセスする前に買い物かごに入っていた商品も、ポイント付与の対象になりません。必ずモールにアクセスしてから、買い物かごに入れてください。また、支払い方法はdカードまたはdカードGOLDのどちらかのみとなっています。

楽天市場でdポイントは使える?

楽天市場ではd払いと同様に、dポイントの利用もできません。しかし、楽天市場でdポイントを利用する方法はあります。

手順は、dポイントをdカードプリペイドにチャージして、支払い方法でクレジットカードを選択します。そして、プリペイドカード情報のカード番号、有効期限、名義を入力後、支払い回数を指定すれば楽天市場で利用できます。

dカードプリペイドとは、クレジットカード同様にカード番号があり、買い物でdポイントが貯められるカードです。決済をするとdポイントが貯まり、dポイントはコンビニをはじめ様々な店舗で使用できます。dポイントはdカードプリペイドにチャージできるので、ポイントを貯めるだけでお得に買い物ができます。チャージ式なこともあり、お金を使い過ぎてしまう心配がなくお金の管理が簡単です。

dカードプリペイドを利用するためには、申し込みが必要です。事前にdアカウントを発行した状態で行わなければなりません。ドコモ携帯の契約は必要ないので、dアカウントがあれば必要事項を入力するだけで問題ありません。申し込み後、1週間程度でカードが手元に届きます。コンビニのレジやATM、マイページからチャージすれば利用できるようになります。

楽天市場でお得な支払い方法一覧

楽天市場では様々な支払い方法がありますが、せっかく買い物をするならお得に支払いたいものです。お得な支払い方法は5つあるので、利用しやすい方法を選びましょう。

楽天が提供している「楽天カード」なら、通常よりもポイントがつきます。年会費がかからないのでお得です。楽天市場の買い物で付与されるポイントはSPUの適用により最大3倍です。また、スマホ決済の楽天ペイでは使い方次第でポイントの二重取りができます。

楽天の「SPU」や「5と0のつく日キャンペーン」なら、楽天ポイントを効率よく貯められます。「5と0のつく日キャンペーン」は、楽天カードユーザーのみが参加できるキャンペーンで、楽天カードを持っていない方は参加できません。楽天市場で買い物する機会が多い方は、楽天カードの申し込みを検討すると良いでしょう。キャンペーンによっては、事前エントリーが必要となるものがあるので忘れないようにしてください。

楽天キャッシュをアカウントにチャージして支払いに利用できる「楽天ギフトカード」もお得な支払い方法です。楽天ギフトカードには、金額固定タイプと金額指定タイプの2種類があるので、使いやすい方を選ぶことができます。全国のコンビニで取り扱っているのでプレゼントとしても利用できます。クレジットカードを持っていない方でも、手数料がかからず、楽天市場で利用できるのでオススメです。

「dカード」か「dカードGOLD」のどちらかを利用すると、効率よくdポイントを貯められます。年会費がかからないdカードを作れば、dポイントが貯まってお得でしょう。dカードを作る際は、dカードGOLDの方がドコモの利用料金に対する還元率が高いです。また年間利用特典もあるので、ドコモの利用があるならdカードGOLDの方が良いでしょう。

クレジットカードを持っていない方におすすめなのが、「コンビニ決済」です。注文確定後に送られるメールに支払い番号が記載されているので、期日までにコンビニで支払います。支払いが確認できないとキャンセル扱いとなるので注意しましょう。

クレジットカードと比較するとポイントの貯まり方は良くないかもしれませんが、クレジットカードの使用が不安な方にとっては安心な方法です。楽天市場のコンビニ決済は、一部店舗を除き全国のコンビニで利用できます。ショップによっては、コンビニ決済の手数料がかかりません。

注文商品が届いた際に配送業者に代金を支払う、「代金引換」もあります。ショップによって手数料が異なりますが、一定金額以上の購入をするとショップによっては手数料がかかりません。まとめて買い物をする際は、各ショップのヘルプ欄または会社概要欄に金額が記載されているので確認してみましょう。

楽天市場でd払いはできない!

楽天市場での買い物に、d払いは利用できませんが、dカードで支払いをしたりdポイントを貯めたりすることはできます。「dカードポイントモール」を経由して楽天市場で買い物をすると、効率よくポイントを貯められるのでおすすめです。ただし、いくつかの注意点があるので、気を付けて買い物をする必要があります。

また、楽天市場ではdポイントをdカードプリペイドにチャージすることで利用可能になります。dカードプリペイドはチャージ式なので、お金を使い過ぎる心配がありません。dカードプリペイドは、簡単に登録・発行ができるのでdアカウントの作成からはじめましょう。

こちらもチェック!
Amazonでd払いは可能?ポイント二重取りなどのメリットや利用方法を解説

Amazonでd払いを利用すればAmazonポイントとdポイントの二重取りが可能で、キャンペーンを活用すればもっとお得にショッピングが楽しめます。 そこで本記事では、Amazonでd払いを使うメリットや利用方法、d払いが認証できない原因や対処法について解説していきます。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天ショッピング入門ガイドのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー