目次

Amazonで返品を無料にする方法を解説!開封品でも返金される?

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「Amazon.co.jp」でのショッピングを考える際、返品に関する知識は重要です。商品の返品には様々な条件があり、送料の負担も異なります。自己都合での返品は一般的に送料がかかりますが、無料で返品できる商品や方法も存在します。返品ポリシーやペナルティについても理解しておくことが大切です。

Amazonでのスムーズなショッピング体験を求めるなら、返品に関する情報を把握しておきましょう。

Amazonで返品するとき送料はかかる?

Amazonの返品にかかる送料は、商品の種類や状態、理由によって変わります。

一般的に、Amazonが配送した誤った商品や破損品、不良品の場合は返品送料は無料です。一方で、購入者の都合での返品や交換の場合、送料は購入者が負担することが一般的です。ただし、商品ページや注文時の条件によっては、一部の商品で無料返品が可能な場合もあります。

返品ポリシーは商品や条件によって異なるため、具体的な返品手続きはAmazonのサポートページや注文履歴から確認することをお勧めします。

こちらもチェック!
Amazonの返品送料負担はいくら?着払いでOK?

いらないものをAmazonで注文してしまったら考えたいのが、返品でしょう。しかし、必要な返品送料の金額や返品手順などが分からない方もいるはずです。 そこで、本記事では、状況別に返品にかかる送料や、返品手順をメインで解説したうえで、試着後の30日間返品送料無料の「Amazon Fashion」というサービスについて紹介します。

返品理由が自己都合の場合は送料500円

Amazonで購入した商品を自己都合で返品するとき、送料500円がかかります。返品理由を自己都合とみなされるものにした場合、自動的に送料が500円と設定される場合が多いです。

これはAmazonに着払いで発送した場合でも同様で、自己都合の返品と扱われた際には返送料が無料の商品や不良品以外では、送料500円が発生します。

自己都合の具体例として下記が挙げられます。

  • 商品のイメージが異なっている
  • 商品のサイズが思っていたよりも大きい

自己都合以外の場合、送料がかからない

Amazonで購入した商品で自己都合以外の場合だと、返品しても送料は無料となります
送料がかからない自己都合以外の具体例としては下記が挙げられます。

  • ファッションなど返送料が無料の商品
  • 配送ミスや誤った商品が届いた場合
  • 商品が破損していたり、不良品だった場合

不良品だった場合というのは商品ページに説明している機能を有していない場合も該当する場合があります。実際、モバイルバッテリーを返品したときには商品ページにあった容量で充電できなかったことで無料で返品することができたという例もあります。

Amazonで返品を無料にする方法

Amazonで返品を無料にするためには返送料が無料の商品や欠陥品を除けば、主に2つの方法が考えられます。一つは自己都合以外の理由を選ぶ方法、もう一つは無料で返品できる商品に同梱するという方法です。

例えば間違って購入してしまった商品の場合、返品理由を「手持ちのアイテムとの互換性がない」や「性能や品質が良くない」などにすることで送料負担を避けることができる場合があります。

また、自己都合以外(返送料が無料)の商品と同時に返品するときも送料はかかりません。自己都合の場合には元払いではあるものの、自己都合ではない商品だと返送料が無料なので同梱して着払いで返送することで返送料の負担を避けることができます。

返品送料が必ず無料になる場合

Amazon.co.joが発送した商品で条件を満たす場合には、どんな理由であっても返品送料が必ず無料となります。そのような商品は下記のようなものになります。

  • 服&ファッション小物
  • シューズ&バッグストアの商品
  • 30万円未満の時計&ジュエリーストアの商品

これらの商品なら30日以内であれば商品を開封し、試着しても無料で返品することができます。服&ファッション小物やシューズ&バッグを返品するには、元の梱包に入れて商品タグをつけた状態にする必要があります。一方で、使用済み商品は返品不可です。

開封済みでも返品は可能?

Amazonでは、開封済みの商品でも下記のような場合に返品が可能となることがあります。

  • Amazonの誤りで送られた商品
  • 返送料が無料の商品
  • 不良品・破損品

ファッションなど返品送料が無料の商品は試着を前提にしているので開封しても期間内であれば返品することができます

それ以外の商品であっても開封後に試した後に性能や品質が良くないと判断できた場合にも返品することができます。

返品でAmazonからのペナルティはある?

Amazonで返品が多いとアカウントの信頼に影響を及ぼす可能性があります。以下のような状況ではペナルティを受けることがありますので、注意しましょう。

  • 悪意のある返品や詐欺的な返品をおこなった場合
  • Amazonの返品ポリシーに違反するような大量の返品をおこなった場合
  • 高額商品を繰り返し返品するなど、返品率が非常に高い場合

ただし、通常の範囲内での返品でAmazonからのペナルティを受ける心配はありません。

マーケットプレイスでも返品は可能?

Amazonマーケットプレイスで販売されている商品についても、Amazonの返品ポリシーに基づいて返品が行われます。不良品の場合などは返品可能です。

ただし、出品者によっては返品に中々応じないケースもあります。この場合、Amazonのカスタマーセンターに連絡すると、Amazonが直接介入して返金処理を行なってくれるケースもあります。

Amazonプライム+返品の使い方

Amazonプライムの会員であれば、返品を利用する際にも便利な方法があります。特に、同じ商品のサイズ違いをまとめて購入し、サイズが合わなかった商品をまとめて返品する方法は効果的です。

洋服やシューズなどの商品は試着ができ、かつ無料で返品することができます。気に入った商品はカートに入れて購入し、自宅で試着してサイズが合わない商品は返品することができます。

もちろん、購入した商品全てを返品することも可能です。Amazonプライム会員ならではの特典です。

クレカなら返金もスムーズ

クレジットカードで購入した商品の場合であれば、返金手続きがスムーズに行われることが多いです。Amazonでは、返品処理が完了すると返金処理が開始され、返金は原則的に同じ支払方法に対して行われます。

返金方法(支払方法)によって返金までの所要日数が異なります。クレジットカードやAmazonギフトカードでの返金は返金手続き開始から1日から3日程度と短期間ですが、代金引換のように1〜3週間程度かかる場合もあります。

クレジットカードなら面倒な手続きをせずに返金処理が可能です。クレジットカードの明細書を見ると、引き落としされた同額が返金処理されているとわかります。

試着したあとも返品は可能?

出典:Amazon

Amazonの商品の中でも、Amazon Fashionでは30日間返品が無料です。商品を開封して試着することももちろん可能です。

同じ商品のサイズ違いや色違いをまとめて購入することができ、イメージが違う商品は簡単に返品することが可能です。シューズなどをまとめて購入する場合には大きめの段ボール箱で配送されることが多いです。

ただし、これはあくまでAmazon Fashionの商品だけのサービスであり、全ての洋服やシューズに該当する訳ではない点に注意しましょう。

色やサイズの変更は可能?

Amazonでは色やサイズの変更も可能です。洋服やスポーツ用品、ジュエリー、腕時計などでサイズや色のバリュエーションのある商品は交換できます。その際に下記の条件を満たしている必要があります。

  • 返品する商品の別のサイズまたは色違いであること
  • Amazon.co.jpが発売および発送する商品であること

ファッションなどの場合、他の商品と合わせてみないと自分に合う商品なのかわからないケースも少なくありません。色やサイズの変更が可能だとファッションチェックも容易に行うことができます。

イメージが違うといった理由で返品は可能?

Amazon Fashionではイメージが違うという理由でも送料無料で返品することが可能です。インターネット通販は便利だけど届いた商品のイメージが違った…というネックを払拭したのがAmazon Fashionです。

商品を購入し、実際に試着してみることで購入するかどうかを見極めることができます。また、返品期間が30日以内と長いために、他の洋服などと合わせることができます。

返品の送料は自己負担になる?

Amazon Fashionでは30日以内に限り、返品の送料はかかりません。試着後にサイズやイメージ違ったという自己都合であっても無料で返品することができます。

ただし、全てのファッション商品に該当するわけではありません。Amazonが送料を負担する商品に関しては価格の下に「返品無料」とあります。基本的に「prime」マークが付いた商品です。また、「prime」マークが付いた商品には返品無料の対象外の商品も含まれているので注意が必要です。

プリンターがなくても返品できる?

プリンターを使わなくてもAmazonでは商品を返品することが可能です。以下のような返品受付IDに代わる情報があれば返品・交換手続きすることができます。

  • 商品に貼られている「sp」で始まるバーコード
  • 商品のパッケージに貼られている「sp」で始まるバーコード
  • 返品リクエスト送信で表示される返品受付ID
  • 発送時の出荷ラベルのバーコードまたはお問い合わせ伝票番号
  • お届け時に同梱されていた納品書

注意点したい点は、受付IDやそれに代わる情報がない場合は返品・交換手続きされないことです。

自己都合返品でも一部返金される

Amazonで購入した商品を自己都合で返品したとしても条件を満たせば一部返金されます。

未開封の状態での返品であれば全額返金されますが、自己都合の場合には返送料金として原則500円が別途かかることになります。

返品時には返品理由の回答が必要になるので、「間違えて注文した」や「Amazon以外でより安い商品を見つけた」などの項目があるので該当した回答を選んで返品手続きを進めていきましょう。

開封品だと50%の返金

Amazonで購入した商品は開封した場合でも、条件を満たせば商品代金の50%が返金されます。

50%の返金となるのは、商品が開封されているとみなされた場合です。開封されているかを判断する基準にはメーカーの梱包の開封や商品のタグの取り外しなどがあります。

Amazonの返品手続き:自己都合でも返送料金が無料の条件

Amazonの返品は商品や理由によって送料が異なります。Amazonの誤りや不良品では送料無料ですが、自己都合の場合は一般的に送料500円かかります。ただし、返送料無料の商品や同梱で返品する方法もあります。

返品によるペナルティは悪意や大量返品の場合に課される可能性があり、クレジットカード支払いなら返金はスムーズです。Amazonプライム会員ならサイズ違いの商品をまとめて購入し、サイズが合わないものを無料で返品できます。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー