この記事で紹介されている商品

【2024年】iPhoneにおすすめの充電器10選!有名メーカーのアイテムなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

iPhoneを使用するときに必ず必要となる「充電器」。急速充電できるタイプや置いておくだけで充電できるワイヤレスタイプなどが、さまざまなメーカーから販売されています。この記事ではiPhone充電器のおすすめ10選と、選び方をご紹介します。持ち運びに便利な商品もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

iPhoneは充電器が同梱されていない?

iPhone12が発売された頃から、iPhoneを買い替えた際に充電器が同梱されなくなっています。エコや環境に配慮した結果とのことですが、買い替えとともに新しい充電器を当てにしていた方の中には残念に思っている方も少なくないでしょう。ちなみに、Androidでも同じ取り組みが行われている製品は多いです。

充電器が同封されていないと、今まで使用していた充電器を使うか新しく買うことになりますが、充電器にはさまざまな商品があるためどれを選べばよいかわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。記事の後半ではiPhone用充電器を選ぶ際のポイントも解説するので、ぜひ最後まで確認してみてくださいね。

ケーブルは同梱されている機種も

iPhone 11までは新しい製品を購入すると、ACアダプタ、USB-A-Lightningの充電ケーブル、イヤフォンが付属していましたが、iPhone12からはUSB-C - Lightningケーブルのみが同梱されるようになっています。これ以降に購入した旧モデルも、同梱されているのはケーブルのみになるようです。

ちなみにLightning はAppleの独自規格のコネクタですが、iPhone 15からはAndroidやノートパソコン、タブレットと同じ規格のUSB-Cケーブルが同梱されるようになりました。汎用性が高いため、USB-Cケーブル対応を喜ばしいと感じているiPhoneユーザーの方も多いでしょう。

iPhone15からUSB-Cコネクタに

iPhone14まではLightningという独自のコネクタを採用していたAppleですが、iPhone15からは標準規格のUSB-C ケーブルが使用されるようになっています。

USB-Cは従来までのUSB-Aのケーブル差込口が上下のある長方形だったのに対し、上下のない丸みを帯びた楕円形をしています。上下の向きを気にせず差し込めるので、接続がスムーズですよ。また、ノートパソコンにも使用できるパワーがあるので、急速充電が可能です。

iPhone充電器の選び方

それでは、今からiPhoneの充電器を新しく購入しようと考えた際に、どのような点をチェックすればよいのでしょうか。ここからは、iPhone充電器の選び方を詳しく解説します。

1.充電器の種類で選ぶ

充電器を選ぶ際は、まず充電器の種類に着目してみましょう。自宅やオフィスで使用するのか、持ち運び用として購入するのかなどによって適した種類が異なります。置くだけで充電できるワイヤレス充電器もありますよ。

家やオフィスで使うなら「AC充電器」

自宅やオフィスでコンセントに直接差し込んで充電したい場合には、AC充電器がおすすめです。本体を家庭用のコンセントに差し込み、ケーブルでiPhoneと接続することで充電できます。急速充電や複数の差込口に対応している商品も多いため、家族みんなで使用する際も便利ですよ。

端子が合っていれば新品のiPhoneに付属しているケーブルが使えるので、コスパがよいというメリットもあります。AC充電器はエレコムやアンカーなどさまざまな有名メーカーから販売されているほか、Apple純正の製品もありますよ。

持ち運びにも「ケーブル一体型充電器」

外出先でもiPhoneを充電できるように充電器を持ち運びたいという場合には、ケーブル一体型充電器が便利です。AC充電器とケーブルが繋がっているので、ケーブルを別に用意したり、ケーブルだけ忘れてしまったりという心配が少なくなりますよ。ケーブルにはさまざまな長さがあるので、お出かけ先のコンセントに繋ぎやすい長さの製品を選びましょう。

ケーブルをコンパクトにしたい方はケーブルが引き出し式になっているものや、ケーブルを巻き取って収納できるケーブル収納ケースを利用するのがおすすめです。

置くだけで簡単「ワイヤレス充電器」

充電の手間を省きたいというという場合は、ワイヤレス充電器がおすすめです。ケーブルを接続せずに、充電器の上にiPhoneを置いておくだけで手軽に充電ができますよ。

近年は電動コイルを使ったQi規格のワイヤレス充電器も多く販売されています。QiとはWPCという団体が規定するワイヤレス充電の国際標準規格で、iPhoneが触れることで充電が瞬時に始まるのが特徴です。スタンドに立てて充電するタイプやパットの上に置くだけのパッドタイプなどがあり、特にパットタイプは持ち運びしやすいというメリットがあります。

車内で使うなら「車載充電器」

車に乗る機会が多い方や車で仕事をされている方に便利なのが車載充電器です。USB端子の接続部分がついている本体をシガーソケットに設置することで、iPhoneの充電ができるようになっています。

車にひとつ置いておけば、帰省の長いドライブのときにも使えるでしょう。ふたつ以上の端子がついている商品も多く、端子が合えば、ほかのスマートフォンやタブレットも充電できるため移動時間を有効活用できそうですね。

2.ケーブルの端子をチェック

充電器を選ぶ際に最も大切なのは、接続端子が合っているかを確認することです。充電器の端子にはUSB Type-AかUSB Type-Cがありますが、前述したようにType-Aは長方形で上下があり、Type-Cはラウンド型で上下の指定がありません。このふたつには互換性がないため、iPhone独自のUSB-A-Lightningの接続端子が本体に搭載されている場合には、Type-Cの充電器を購入しても使えないため注意が必要です。

iPhone 15の発売以降はType-Cの接続端子に対応した充電器が増えているため、長く使用しているiPhoneの充電器を購入する際には、必ず互換性があるかをチェックしてから購入するようにしてくださいね。

3.出力をチェック

充電器にはそれぞれ最大出力というものが表示されており、最大出力が大きいほど充電時間が短くなります。

出力はW(ワット)で表示され、iPhone12以降であれば、20W以上の最大出力が理想的です。30W以上の出力がある充電器なら、iPhone以外のiPad やiPad Airなどのデバイスも早い時間で充電できるでしょう。そのため、iPhone以外のデバイスの充電にも使いたい場合は、できるだけ30W以上の最大出力を持つ商品を選ぶことで、充電時間の待ち時間のストレスを軽減できますよ。

4.急速充電したいなら「USB PD」を

さらに急速充電がしたいなら、最大出力だけでなく「USB PD」と表示されている充電器がおすすめです。USB PDのPDはPower Deliveryを略した言葉で、USBを通して大きなパワーの電気供給ができることを示しています。

USB PDは最大100Wの出力に対応しているため、約30分の充電で最大約50%の充電が可能な製品が多くありますよ。iPhoneでUSB PDに対応している機種はiPhone 8以降となっていますが、本体だけでなくケーブルもUSB PDに対応している必要があるので、ホーム画面などでしっかり確認しておきましょう。

5.持ち運ぶならコンパクトサイズを選ぼう

iPhoneを外出先でも常に充電できるようにしたいという方も多いのではないでしょうか。充電器を毎日持ち運ぶとなれば、コンパクトで軽量なものがうれしいですよね。しかし、急速充電やUSB PDに対応しているタイプはサイズが大きくなりがちです。

そのようなときに注目したいのが、窒化ガリウム充電器。窒化ガリウムの充電器は、軽量で最大出力が高いという特徴があります。従来のシリコン製よりも価格はやや高い傾向にありますが、軽くてコンパクトなため快適に持ち運びできるでしょう。

6.差し込み口の数で選ぶ

iPhoneの充電器には、差込口が複数あるタイプもたくさん販売されています。iPhone1台だけを充電するなら差込口がひとつだけのACアダプタで十分ですが、家族のiPhoneを同時に充電したり、iPadやAir Podsなどを一緒に充電したりする場合には、ふたつ以上の充電ポートがあるタイプがおすすめですよ。接続された機器を自動検知し、機種ごとに適した電流を調節できる機能を持った充電器もあります。

7.安全性をチェック

iPhoneの充電器を選ぶ際は、機能性や急速充電の可否のほか、安全性にも注目したいところです。「純正でないものを使用しても大丈夫?」と心配になることもあるでしょう。そのようなときは、Apple独自のMFi認証やPSEマークを確認してみるのがおすすめです。

MFi 認証

Appleが定めた性能の基準を満たした製品に与えられるのがMFi認証です。充電器やケーブルも、Appleが認定している商品であれば安心して使用できるでしょう。

MFi認証のある製品かどうかを確認するにはパッケージに「Made for Apple」などの印字があるかをチェックするか、製品情報で確認してみてくださいね。

PSE マーク

安全性を確かめるには、MFi認証のほかにもPSE マークを確認してみるとよいでしょう。PSE マークとは、電気用品安全法で定められた義務を果たした製品に表示されているマークです。充電器のほかに、モバイルバッテリーやアダプタなどにもついています。購入する際はPSEマークのついているものをチェックしてみてくださいね。

iPhoneにおすすめの充電器10選

ここからは、通販で購入できるiPhoneにおすすめの充電器10選をご紹介します。コンパクトで持ち運びしやすいものやワイヤレスタイプなどのさまざまな充電器をピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PR
Apple 20W USB-C電源アダプタ

商品情報

ブランド:Apple(アップル)
接続技術:USB
対応デバイス:iPhone, iPad, Apple Watch
付属コンポーネント:20W USB-C Power Adapter
入力電圧:240 ボルト
取り付けタイプ:コンセントマウント

Apple純正の20Wの出力を持つ、USB-C電源アダプタです。さまざまなデバイスの充電ができますが、iPad ProやiPad Pro(第3世代)の充電に最も適しています。また、iPhone 8以降のモデルの高速充電にも対応しています。コンパクトで軽量のため、持ち運びにもぴったりですよ。充電ケーブルはお手持ちのものを使用するか、別売りのものを購入して接続してくださいね。

PR
MagSafe充電器 ワイヤレス

商品情報

ブランド:Apple(アップル)
接続技術:ワイヤレス
対応デバイス:iPhone, AirPods
付属コンポーネント:MagSafe Charger
入力電圧デバイス:12 ボルト
ワット数:10 W
取り付けタイプ:コンセントマウント
特徴:高速充電

MagSafe充電器とは、iPhoneの裏に磁力で張り付けることで充電できるワイヤレスの充電器です。Apple純正ならではの純白のスタイリッシュなデザインが特徴で、iPhone12以降のモデルに使用できますよ。最大15Wの出力で素早く充電でき、ケーブルを抜き差しする必要がないため、急いでいるときにも便利です。

PR
エレコム 充電器 Type-C USB-C コンセント USB PD対応

商品情報

ブランド:エレコム(ELECOM)
接続技術:USB
対応デバイス:USB Type-C(TM)(USB-C(TM))ポートからUSB Power Delivery 3.0(20W)の規格内で充電が可能な機器
付属コンポーネント:デバイス充電器
入力電圧デバイス:100 ボルト
取り付けタイプ:デバイスコンセント
特徴:高速充電

USB Power Delivery と呼ばれるUSB PDの正規認証製品で、高速充電に対応している小型AC充電器です。約30分接続すれば、iPhoneを約50%充電できます。スリムなデザインのため、持ち運びにも便利です。接続された端末に応じて出力Wが自動で変換するので、iPhoneやiPadのほかゲーム機などの充電も可能です。

PR
アイリスオーヤマ USB充電器

商品情報

ブランド:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
接続技術:USB
対応デバイス:タブレット, 携帯電話
付属コンポーネント:充電器
入力電圧デバイス:100 ボルト
取り付けタイプ:コンセントマウント
特徴:格納式プラグ

USB Type-Aの接続ポートが2か所搭載されているため、一度にiPhoneとiPadなどのふたつのデバイスの充電ができます。コンセントに差し込む電源プラグ部分は折りたたみできるので、コンパクトに持ち運びできますよ。iPhoneだけでなく、タブレットやゲーム機、モバイルバッテリーなどのさまざまな機器の充電に適しています。

PR
BUFFALO USB充電器

商品情報

ブランド:バッファロー
接続技術:USB
対応デバイス:スマートフォン,タブレット
付属コンポーネント:充電器
取り付けタイプ:コンセント
特徴:格納式プラグ,急速充電対応

AUTO POWER SELECT機能でiPhoneとAndroidを自動判別して充電できる、USB Type-Aのポートがふたつ搭載されている充電器です。充電時の過電圧によるショートなどから本体を守る保護回路がついているので、複数のデバイスを同時に充電する際も安心ですよ。電源プラグは折りたたみでき、カバンやポケットに入れておくのにも便利です。

PR
エレコム USB コンセント 充電器 iPhone13シリーズ対応

商品情報

ブランド:エレコム(ELECOM)
接続技術:USB、ライトニング
対応デバイス:iPhone
付属コンポーネント:本体のみ
入力電圧デバイス:240ボルト
取り付けタイプ:コンセント
特徴:多機種対応

Apple独自のLightningケーブルに対応しているAC充電器は、かわいいフェイス柄が特徴のエレコムのシリーズです。約3cm四方のキューブ型でコンパクトなサイズのため、ご自宅の電源タップに差し込んでもほかのプラグに干渉しにくいでしょう。約2.5mのケーブルと一体化しているタイプのため、別にケーブルを用意することなくこの製品ひとつで充電が可能です。

PR
Anker PowerPort 2 Elite ‎A2023

商品情報

ブランド:Anker
接続技術:USB
対応デバイス:iPhone,Galaxy等
付属コンポーネント:急速充電器 24W 2ポート
入力電圧デバイス:240ボルト
取り付けタイプ:コンセント
特徴:PowerIQ、折りたたみ式プラグ

ふたつのUSBポートから合計で最大24Wの出力が可能なため、2台のデバイスを同時に充電しても素早い充電が可能になっています。落下などの衝撃に強い耐久性を備えているので、うっかり落としてしまったときの故障の心配も少ないですよ。iPhoneやiPadのほか、Androidの一部機種にも対応しています。

PR
Anker Nano Charger USB-C 急速充電器

商品情報

ブランド:Anker
接続技術:USB
対応デバイス:iPhone,ゲーム機等
付属コンポーネント:USB-Cポート
x 1
取り付けタイプ:コンセント
特徴:MAX20W出力を実現したコンパクトUSB-C急速充電器

20Wの最大出力で、iPhoneを急速充電できるAnkerのUSB Type-C充電器です。好みの色を選べる6色のカラーバリエーションでiPhoneとカラーを合わせられますよ。iPadやApple watch、ワイヤレスイヤホンなどの充電もでき、iPhone15なら約30分の充電時間で約50%充電できます。Lightning対応機器に充電する際はライトニングケーブルを、USB Type-C対応機器への充電にはUSB-Cに対応しているケーブルを用意してくださいね。

PR
エレコム ワイヤレス充電器 ‎W-QS08BK

商品情報

ブランド:エレコム(ELECOM)
接続技術:ワイヤレス, Qi
対応デバイス:USB Type C対応機種
付属コンポーネント:ケーブル
入力電圧デバイス:100ボルト
取り付けタイプ:スタンド型
特徴:Qi認証, EPP規格対応

縦置き、横置きができ、Air Podsの充電にも適したスタンド式の充電器です。USB Type-Cの入力ポートのためiPhoneだけでなくさまざまなスマートフォンが充電できます。スタンドの前部分に充電の進み具合を確認できるLEDライトが付いており、充電が終了したときにもひと目でわかるようになっています。ワイヤレス給電のQi規格に対応しているため、安心して使用できるでしょう。

PR
Belkin 3 in 1 MagSafe充電器

商品情報

ブランド:Belkin
接続技術:ワイヤレス
対応デバイス:iPhone 15/14/13/12
付属コンポーネント:製品本体、40W AC電源アダプター
入力電圧デバイス:240ボルト
取り付けタイプ:スタンドマウント
特徴:ワイヤレス

インテリアにもぴったりな、スタイリッシュなワイヤレス充電器です。MagSafe対応で、スタンドのマグネット部分にiPhoneを張り付けておくだけで充電できますよ。Apple Watch やAir Podsなどのデバイスも対応しています。玄関などに置いておいて、朝のお出かけ前に少しでも充電をしたいときにもおすすめです。

iPhoneに合った充電器で利用を快適に

iPhoneを使用する際に必ず必要な充電器には、スタンド型やワイヤレスなど、さまざまな商品があります。置いておくだけで充電できるタイプや急速充電できるタイプなど、使用するシーンに合わせてぴったりなものを選んでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

スマホ・携帯電話のカテゴリー

その他のパソコン・スマホカテゴリー

新着記事

カテゴリー