この記事で紹介されている商品
勉強タイマーおすすめ13選!多機能で安いモデルをご紹介/選び方も徹底解説

勉強タイマーおすすめ13選!多機能で安いモデルをご紹介/選び方も徹底解説

「勉強タイマー」は、学習のモチベーションアップや追い込み学習をするうえでも非常に有効なツールです。持ち運びに便利なタイプや、多機能で安いものまで種類が豊富に揃っていますが、何を基準に選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、勉強タイマーの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

学習・勉強タイマーの選び方

学習・勉強の際にあると便利な「勉強タイマー」ですが、いざ購入しようと思ってもどのように選べばよいか迷ってしまいますよね。

ここからは勉強タイマーを選ぶときに注目したいポイントをご紹介します。

  • 文字盤のタイプ
  • 持ち運びやすさ
  • 耐久性
  • 便利な機能

上記4つのポイントについて詳しく解説していきますので、これから購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.文字盤のタイプで選ぶ

勉強タイマーを選ぶ際はまず、文字盤のタイプに注目しましょう。文字盤のタイプには大きく分けて「デジタル式」と「アナログ式」の2種類があります。以下ではそれぞれの特徴やメリットについてご紹介します。

デジタル式

数字の見やすさやより細かい数値設定を行いたい場合には「デジタル式」の勉強タイマーがおすすめです。液晶画面に数字が表示されるタイプのことを指し、経過時間や残り時間をひと目で確認しやすいのが特徴。

なかでも液晶画面が大きいデジタル式タイマーは、少し離れた場所からでも数字を確認しやすくタイマーが近くにあると勉強に集中できないという方に最適ですよ。さらにバックライト機能が付いたタイプは暗い場所でも時間が確認しやすく便利です。

アナログ式

「アナログ式」の勉強タイマーは設定したい時間にノブを合わせて使うタイプのことを言い、時間経過を感覚で把握したい方にぴったりです。針の動きに合わせて文字盤の色が変化する商品もあり、小さな子どもが時間感覚を身につける際にも役立ちますよ。

また、操作がシンプルなものも多く、タイマー設定や基本操作が簡単に行えるのもメリットのひとつ。手軽に使える勉強タイマーを探している方はぜひチェックしてみてくださいね。

2.持ち運びやすさ・軽さで選ぶ

自習室や図書館など自宅以外のあらゆる場所でも勉強をする方には、持ち運びしやすい勉強タイマーが便利です。こちらでは「大きさ・軽量」「キーロック機能」「耐久性」といった3つのポイントに着目して、持ち運びしやすい勉強タイマーの選び方をご紹介します。

手のひらサイズで80g前後がおすすめ

図書館や自習室など自宅以外でも勉強をする方は、持ち運びしやすい勉強タイマーを選びたいですよね。手のひらに収まる程度のコンパクトサイズで、重さは80g前後のものを目安に選ぶとよいですよ。

また、コンパクトサイズで軽量のものはペンケースに入れることもでき、机の上に置いても邪魔になりにくいのも魅力のひとつ。機能面ばかりに目がいきがちですが、サイズや重量をチェックすることも重要です。

「キーロック機能」があると持ち運びやすい

バッグに入れてタイマーを持ち運ぶ方は「キーロック機能」付きのタイマーも検討してみましょう。常にボタンが露出しているタイマーは、カバンの中で誤操作が起こりやすいのでロックがかかることは欠かせないポイントです。

また、ボタン部分にカバーが付いたタイプは持ち運びの際に故障するリスクを低減できるでしょう。タイマーの設定が変わってしまったり、記録した履歴が消えてしまうことを防ぐためにも、キーロック機能が備わったタイマーを選ぶとよいですね。

耐久性が高いものを選ぼう

持ち運びしやすい勉強タイマーを選ぶときは、耐久性も必ずチェックしましょう。勉強タイマーとは基本的に学習・勉強に集中しているときに使用するものなので、不注意によってタイマーを落としたりすることはよくあることです。

肘があたって机からタイマーが落ちてしまったり、歩くときにぶつかったりしてすぐに壊れてしまっては、何度も買い替えが必要になってしまいます。長く使い続けられるタイマーをお探しの方はこちらのポイントをしっかりと確認するようにしましょう。

3.タイマーの機能で選ぶ

勉強タイマーには時間を計測するだけでなくさまざまな便利機能を搭載した商品が販売されていることをご存知でしょうか。

たとえば残り時間や経過時間を知ることができる機能や、姿勢を変えなくても文字盤が見やすい設計になったもの、また自宅以外で勉強する際に便利な無音タイマーを搭載したものなどがありますよ。多機能すぎても使いこなせないこともあるので、必要な機能を見極めて自分にあった勉強タイマーを選ぶことが大切です。

カウントダウン・アップ機能

勉強タイマーには「カウントダウン・アップ機能」を搭載した製品があります。

学習効果を上げるなら、残り時間がわかる「カウントダウン機能」が付いたものを選ぶとよいですよ。カウントダウン機能でラストスパートまで追い込みながら学習するのは、学習効果を上げるテクニックのひとつと言われています。

一方で、スタートからの経過時間を計測したいときに活躍するのが「カウントアップ機能」です。ストップウォッチと同じ感覚で使うことができ、学習にかかった時間を把握するのに役立ちます。

中高受験なら60分・大学受験なら120分

勉強タイマーを選ぶ際には設定できる時間の長さにも注目しましょう。たとえば中高受験で1時間を超える試験はほとんどないため、60分程度設定できるもので十分でしょう。

一方、大学受験や資格取得になると1時間以上を要することが多いため、120分ほどを目安に選ぶのがおすすめです。試験によってかかる時間は異なるため状況に合わせて設定できる時間の長さを選ぶことが重要ですよ。

見やすい角度に設定できるものを選ぶ

勉強を効率よく進めるためには文字盤が見やすいタイマーを選ぶことがポイントです。時間を確認するたびに立ち上がったり、のぞき込んだりしていると集中力が切れてしまい勉強の効率が悪くなってしまうことも。

座ったままでも時間が見やすいよう文字盤部分に角度がついたものや、スタンド式のタイマーも数多く販売されており、マグネット式のタイプは好みの高さに合わせて設置することができて便利です。

家以外で使うなら「消音・無音」機能

図書館やカフェ、自習室など公共の場所でタイマーを使用する方は、無音タイプや消音機能が搭載されている製品を選びましょう。ライトの点滅や振動で知らせてくれるタイマーは、静かな場所でも周囲の人に迷惑をかけることなく使用できて安心。

なかにはアラームの音量を数段階に調節できる商品もありますよ。使用したい場所に合わせて有音・無音を使い分けたい方におすすめの機能と言えますね。

4.文字の大きさなど使いやすさで選ぶ

ひと目で時間をすぐに確認できることは、タイマーを使って学習をする上でとても重要なポイントです。タイマーをのぞき込むように時間を何度も見直す必要があるものを選んでしまうと、集中力の低下につながってしまうこともあります。

ぱっと制限時間を確認したときに、認識しやすいと感じる文字の大きさは人によって異なるので、購入前に店頭や公式サイトなどを確認し、自分が認識しやすいものを選んでくださいね。

5.デザインで選ぶ

学習のモチベーションを上げるためにも、デザインにこだわることはとても大切。お気に入りの色やデザイン・キャラクターのものを選ぶと勉強のモチベーションアップにもつながるでしょう。デザインのバリエーションは豊富にあるので、丸みのあるものや、シンプルでおしゃれなデザインなどからお気に入りの1台を探すのも楽しいですよ。

勉強タイマーのおすすめ商品13選

ここからは、おすすめの勉強タイマーをご紹介します。受験に対応している商品やゲーム感覚で勉強を楽しめる商品もピックアップしているので、予算や用途など自分のこだわりに合ったものを見つけてみてくださいね。

アラームと光でお知らせしてくれるので勉強に集中しやすく、アラームは消音モードに設定することができるので、図書室やカフェなど外出先でも使いやすくなっています。また、誤作動防止ロックが付いているので持ち運びしやすいのもうれしいポイント!試験当日までの日数を確認できるデイタイマー機能も搭載していますよ。

真ん中のノブを設定したい時間に合わせるだけとシンプルな操作が魅力の勉強タイマーです。本体は下側が広く置いたときには安定感があり、画面部は斜めになっているので見やすい構造になっていますよ。カラーはペールグレーをはじめとする全6色展開。別売りのシリコンカバーを購入すれば着せ替えができ気分に合わせて使うこともできます。

1/100秒計測ができるので百マス計算などの学習にもおすすめの勉強タイマーです。リピートやカレンダー、時計やデイカウントなど便利な機能を多数搭載。アラームは無音・1秒・15秒の3段階から選ぶことができ使用する状況に合わせて使うことが可能となっています。有名キャラクターのデザインで6種類の柄から好みのものが選べます。

画面部分が大きく見やすいこちらのタイマーは、本体に10秒・1分・10分・リセット・モード・スタート/ストップの6つのボタンを搭載してます。フックやスタンド、磁石の中から用途に合わせて設置方法を選ぶことができ勉強だけでなく料理やフィットネスの時間管理にも重宝しますよ。

幅38×高さ55×奥行15mmとコンパクトサイズなのに加え、落下防止に役立つクリップ付きのストラップが付属されている携帯性に優れた学習タイマーです。ボタン部分にはカバーがついており誤操作してしまう心配も少なく安心。お知らせ方法は振動と電子ブザーの2種類から選択することができるので自宅以外で勉強する際にも便利ですね。

こちらの勉強タイマーはセット時間を過ぎると自動でカウントアップに切り替わります。時間内に解けなかった際にどの程度の時間が必要なのかを計測することができますよ。画面部分の角度は45度と卓上に置いても見やすい構造。時間を知らせる光には集中力を妨げにくいとされる青色のLEDライトを採用しています。

キューブのような見た目のおしゃれなボタンは押しやすさにもこだわっています。LEDランプとアラーム音でのお知らせに加え、5分・10分前を知らせてくれる予告アラーム機能も付いています。付属のストラップを使用すれば首からかけることもでき持ち運びしやすいのもうれしいポイントですね!

3キーボタンのみと操作が簡単で初めて使う方にもぴったり。ころんとしたかわいらしいフォルムとシンプルなデザインは飽きにくく長く使えるでしょう。画面が大きいので少し離れた場所からでも時間が確認しやすく、近くにタイマーがあると勉強に集中ができない方にも最適ですね。

タイマー以外にも磁石やクリップ代わりとしても使える便利な勉強タイマーです。大きさは約W76×D14×H28mmとコンパクトサイズなので机の上に置いても邪魔になりにくく、ペンケースやポーチに入れて持ち運びしやすいのもうれしいポイントですね!カラーは2色展開で好みのものが選べます。

休憩時間と勉強時間を1台で管理できるのでメリハリのある勉強を行いたい方におすすめです。アラームを止めると休憩時間のカウントが始まり、画面のアイコンがコーヒーカップのマークに変わるためひと目で勉強時間と休憩時間の区別がつけられます。アラーム機能も搭載されているので目覚まし時計として使うこともできますよ。

老若男女問わず使いやすいグレージュカラーを取り入れた抗菌仕様のタイマー。画面部分は座った状態でも確認しやすいよう角度をつけた設計になっています。消音モードに切り替えることも出来るので静かな場所での勉強にも最適。誤作動防止ロックもついているので持ち運びの際も安心ですね。

タイマーのカチカチ音と時計の秒針音が気になりにくい静音性の高い勉強タイマーです。ダイヤルを回すだけと操作が簡単で、経過時間は色で確認できるため小さなお子さまも一人で使いやすいでしょう。時計は目覚ましとスヌーズの2つの機能を搭載しており、日常使いできるのも魅力ですね!

W42×D15×H84mmほどとコンパクトかつ軽量でポケットやカバンに入れて持ち運びやすいのが特徴。光と音でお知らせしてくれるので、視覚・視聴で感じることができ勉強に集中しやすくなっています。1秒単位で設定することができ、最大99分99秒までセットが可能です。

全13商品

おすすめ商品比較表

dretec 勉強タイマー タイムアップ2 消音

タイムタイマー 勉強タイマー

dretec ピーナッツ スヌーピー 学習タイマー

dretec 大画面タイマー

タニタ 勉強 学習 タイマー

dretec 勉強タイマー ラーニングタイマーS

dretec タイマー デジタル キュービックタイマー

ドリテック マグネット タイマー

dretec クリップタイマー 勉強 タイマー 磁石

dretec スタディエッグ

dretec 抗菌仕様で衛生的な勉強タイマー

ソニック 時っ感タイマー

dretec タイマー 勉強 キッチン 光 消音

Amazonカスタマーレビュー
4.45,406
4.26,018
4.4176
4.24,449
4.21,833
4.52,007
4.1675
4.21,028
4.275
4.3320
4.4204
4.2760
3.6793
最安値
タイムセール
¥1,317-5%
参考価格¥1,381
タイムセール
¥1,636-13%
参考価格¥1,870
タイムセール
¥1,045-52%
参考価格¥2,200
タイムセール
¥1,608-19%
参考価格¥1,980
購入リンク

お気に入りのタイマーで勉強の効率アップを目指そう!

勉強タイマーにはさまざまな機能を搭載したタイプがあることがわかりましたね。光と音でタイマー終了を知らせてくれる商品や静かな場所でも使用できるタイマーもあり、どこでどんな風に勉強をしていきたいかをイメージするとタイマー選びが楽になりそうですね。ぜひ本記事でご紹介した選び方やおすすめ商品を参考に、自分にぴったりな勉強タイマーを選んでみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー