この記事で紹介されている商品

車用掃除機のおすすめ商品13選!選び方と使い方もご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

車内の砂利や髪の毛、ホコリなどを吸うのに便利な「車用掃除機」。充電式でコードレスのハンディタイプが多く、コンパクトなのに吸引力が強力なものやブロワー機能付きのものなど、多くの商品が販売されています。この記事では業務用掃除機で有名なマキタをはじめとする、おすすめ商品をご紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

車用掃除機とは?

車用掃除機(カークリーナー)とは、車の座席やマットなど、車内を掃除するのに適したハンディタイプの掃除機のことです。一般的な家庭用掃除機はコンセントから給電するものが多いのに対し、車用掃除機はシガーソケットから給電するものやコードレスのものがほとんど。コンパクトかつ軽量な商品が多いので、屋外でも使いやすく、片手での掃除もラクに行えるのが魅力です。

また、すきまノズルやブロワー(風を出してゴミを吹き飛ばす機能)など、アタッチメントがセットになっているものなら、車の隅々まできれいに掃除できます。なかには液体を掃除できるノズルがついているものもあるので、車内で水やお茶などをこぼしたときにもサッと取り出せて便利ですよ。

車用掃除機選びのチェックポイント

車用掃除機を選ぶ際には、吸引力の強さや静音性など、以下でご紹介する6つのポイントに着目することが大切です。掃除機といえば吸引力が気になる方が多いですが、車用の場合は電源のタイプや軽さなど、使い勝手を左右する部分も確認しておくと、失敗が少なくなりますよ。

吸引力の強さ

掃除機の使い勝手を最も左右するポイントが、吸引力です。「吸引仕事率」という項目をチェックすると、ある程度吸引力の強さがわかるので、必ずチェックしておきましょう。なお吸引仕事率は「W(ワット)」で表され、W数の数値が大きくなるほどに吸引力は高くなりますが、消費電力も比例して大きくなるため、バッテリーの持ちが気になる方は注意が必要です。

25W程度あれば、食べこぼしや砂・ホコリなどのゴミをしっかり吸引できるので、目安として覚えておくとよいですね。長い間放置したこびりつき汚れなどもしっかり吸いたいなら、50W以上がおすすめです。もし吸引仕事率がWではなくPa(パスカル)で表記されている場合は、5000Pa以上あれば吸引力が高いといえますよ。

他にも「ダストピックアップ率」が記載されているものなら、%の数値が大きいほど吸引力が高いと判断できます。吸引力はヘッドの種類によっても左右されますが、ダストピックアップ率は実際にヘッドをつけた状態でゴミを吸って計測されているため、より直感的に吸引力がわかりやすいですよ。

電源のタイプ

車用掃除機の電源タイプには、シガーソケットから給電する「コード式」とバッテリー充電してから使う「コードレス」の2種類があります。コード式は充電の必要がなく、給電しながら利用できる点がうれしいポイントです。しかし、コードが短いと掃除したい箇所に届かない場合があるので、車の大きさに合わせて余裕のある長さかどうかをチェックしておくとよいでしょう。

一方、コードレスタイプはコードがないため、場所を問わず使いやすい点が最大の魅力です。ただし、連続使用時間内でしか掃除できないため、じっくり掃除したい方は連続使用時間が長いものを選んでおくと安心ですよ。なおコードレスタイプの充電方法は、シガーソケット・USB・ACアダプタの3種類が一般的です。家で充電して使うならACアダプタやUSBが使いやすいですが、車内に常備しておきたい場合はシガーソケットやUSBで充電できるタイプを選んでみてくださいね。

重さ・持ちやすさ

車内の掃除をする際は片手で掃除機を持って使うことが多いため、できる限り軽いものを選ぶのがおすすめです。ただし軽量なものほど吸引力が弱くなる傾向にあるため、吸引力重視の方は重さと吸引力のバランスを考えて選ぶとよいでしょう。

具体的な目安としては、1kg前後のものなら軽量といえます。なかには700g以下の超軽量モデルもあるので、軽さを重視している方はぜひチェックしてみてくださいね。

集塵方式

掃除機の集塵方法(ゴミの集め方)には、サイクロン式・紙パック式・カプセル式の3種類があります。サイクロン式は空気とゴミを一緒に吸い込み、遠心力の働きで空気とゴミを振り分け、ゴミだけをカップに残す方法です。遠心力の働きによりゴミがカップ内で圧縮され、フィルターを使わないため、ゴミ捨てやお手入れがラクにできます。紙パックなどの付属品も不要なので、ランニングコストが安い点もメリットですよ。

紙パック式は紙パックにゴミを集めるシンプルな方法で、ゴミ捨ての際は紙パックごと捨てるだけなので手軽に使えます。ただし、紙パック内にゴミがたまってくると、フィルターが詰まって吸引力が落ちてしまうため、こまめな交換が必要です。

カプセル式は布フィルター式とも呼ばれ、布フィルターでゴミを集めるタイプのこと。紙パック式とは異なり、フィルターを洗って繰り返し使えるため、ランニングコストがかからない点がメリットです。しかし紙パックと同様に、ゴミがたまってくると吸引力が落ちてきてしまうため、こまめなお手入れが必要になります。

それぞれの集塵方法のメリット・デメリットを比較して、最も使いやすいタイプを選んでくださいね。

稼働音の大きさ

車内で掃除機をかける場合、音が大きいと近隣の方に迷惑がかからないか心配になりますよね。特に早朝や夜間の使用はクレームやトラブルが発生する可能性があるので、稼働音の大きさもチェックしておきましょう。

稼働音は「dB(デシベル)」で表され、数値が大きいほど音が大きいと判断できます。参考までに、車用掃除機の稼働音は50〜70dBのものが多いですよ。なお、数値だけでは音の大きさがイメージしにくいので、ぜひ以下の一覧表を参考にしてください。

  • 20dB(ほとんど聞こえない)…木の葉が触れ合う音
  • 30dB(かすかに聞こえる)…ささやき声
  • 40dB(ふつうに聞こえる)…図書館
  • 50dB(大きく聞こえる)…家庭用エアコンの室外機
  • 60dB(うるさい)…1m圏内で聞こえる掃除機や洗濯機
  • 70dB(かなりうるさい)…2m圏内で聞こえるセミの鳴き声
  • 80dB(きわめてうるさい)…電車内
  • 90dB(うるさくて我慢できない)…カラオケ
  • 100dB以上(聴覚機能に異常をきたす)…電車が通る時のガード下・クラクション・飛行機の近く

オプション

より使い勝手を重視するなら、どんなアタッチメントが付属しているかもチェックしてみましょう。アタッチメントには、ブラシやヘッドだけでなく、コード式のコードを延長できるホースがセットになっているものもありますよ。

また、車内は座席下や足元など暗い箇所も多いので、LEDライトが搭載されているとしっかりゴミを確認できて便利です。

おすすめの車用掃除機13選

ここからは車用掃除機のおすすめ商品を13選ご紹介します。軽くて扱いやすいものや吸引力が自慢のパワフルなもの、除菌機能付きで衛生的に使えるものまでさまざまな商品があるので、気になるものがあればぜひチェックしてみてくださいね。

PR
マキタ コードレス掃除機CL107FDSHW

商品情報

本機寸法:長さ960×幅112×高さ150mm(パイプ・ノズル付)
質量:1.1kg(バッテリ含む/ノズル・パイプ除く)

最大吸引仕事率が32Wの、軽くて使いやすいコードレス掃除機です。バッテリーは充電式で、1回の充電でパワフルモードなら約10分、標準モードなら25分間使用できます。バッテリーが少なくなったらLEDライトが点滅してお知らせしてくれるので、使用中に突然バッテリーが切れる心配も少ないですよ。

PR
マキタ コードレス掃除機 CL121DZ

商品情報

本機寸法:345×138×202mm
質量:1.6kg(BL1015装着時)

コンパクトボディでホースに柔軟性があるため、車内が隅々までラクに掃除しやすいところが特徴です。吸引仕事率はパワフルモードで28W、標準モードで5Wと、日常使いには困りにくい吸引力となっています。5種類のノズルアタッチメントが標準でセットになっており、フロアマットやシート、ドアステップの隙間などもスッキリ掃除できますよ。

PR
マキタ 充電式クリーナ CL184DZ

商品情報

本機寸法:長さ365×幅138×高さ202mm
質量:2.0kgkg(バッテリ含む)

吸込仕事率が最大38Wとパワフルな充電式です。集塵方法は紙パック式で、抗菌紙パックも10枚付属しています。持ち運びに便利なソフトバッグも付属しており、アタッチメントや充電器なども一緒に収納できるので、車に常備したりアウトドアでの持ち運びにもおすすめですよ。

PR
アイリスオーヤマ ハンディクリーナーIC-H50-B

商品情報

商品サイズ(cm):幅約5.6×奥行約5.7×高さ約40.2
質量(本体のみ):0.5kg

コードレスで重さは約500gと非常に軽く、ラクに車内掃除ができるハンディクリーナーです。手が小さい方も握りやすい細めのグリップで、アタッチメントはすき間ノズル・ ブラシノズル・ ソファーヘッドと3種類をが付け替えられます。車内はもちろん、住宅のすき間掃除にも便利な1台ですよ。

PR
山善 ハンディクリーナー コードレス ZHJ-340(W)

商品情報

本体サイズ:幅8.5×奥行20×高さ11cm
本体重量:0.29kg

単3形乾電池が4本あればいつでも使える、コードレスタイプのコンパクトモデルです。 充電の必要がないので、電池さえ準備しておけば外出先でもバッテリー切れを気にせず使えます。集塵方式は紙パック不要のダストカップ方式で、カバーを外せば手を汚さずにゴミが捨てられるので、お手入れも簡単です。

PR
ブラック+デッカー 車用掃除機 ‎PD1200AV-JP

商品情報

本体サイズ(長さ×幅×高さ):295×150×240mm
本体質量:約1.36kg

集塵方式がサイクロン方式でパワフルな車用掃除機です。シガーソケットから給電するタイプで、約30分連続使用できます。コードの長さは約5mと長く、ノズルアタッチメントが2種類付属しているので、車内を隅々まで掃除しやすいでしょう。ダストケースは水洗い可能なので、清潔に使えるのもうれしいポイントですね。

PR
ブラックアンドデッカー リチウムダストバスター WDC215WB

商品情報

サイズ:幅12×奥行41×高さ14cm
本体重量(kg):0.69

液体も吸い込める、充電式のハンディクリーナーです。重さは690gと軽量で、約8時間の連続使用が可能なため、車内はもちろん家中の簡単な掃除に使えますね。フィルターともダストケースは共にも丸洗いできるので、液体を吸った後のお手入れもラクラクですよ。アタッチメントは液体吸引用・先細・ブラシの3種類が付属しています。

PR
ツインバード サイクロンハンディクリーナー HC-E243SBK

商品情報

型番:HC-E243SBK
サイズ:約W225×D220×H390mm
本体重量:約1.5kg

吸引仕事率が50Wと、しつこいこびりつき汚れまで掃除しやすいパワフルさが特徴です。ノズルの長さは3段階で調節できるので、車内掃除から家中のいつもの掃除まで幅広く使用できます。給電はコンセントからなので、車内で使う場合はAC出力ポートが必要にはなりますが、連続使用時間を気にせず使えるのが魅力ですね。

PR
レイコップ ポータブル クリーナー RGO-100JPWH

商品情報

本体サイズ:幅52.3×奥行16.9×高さ14.1cm
本体重量:890g

ヘッド部分に除菌ができるUVランプがついている、清潔さにこだわったポータブルクリーナーです。掃除機から排出される空気も、細かいフィルターにより清潔に保つことができます。ゴミも手を汚さずワンタッチで捨てられ、ダストボックスやフィルターもすべて水洗い可能です。本体は1kg未満と軽く、コードレスなので場所を問わずに使いやすいですよ。

PR
サンカ 充電式 スリム ハンディクリーナー SHC-101

商品情報

幅6.5×奥行41×高さ6.5cm
0.82 キログラム

500gと非常に軽量で約20分の連続運転ができる、スリムでおしゃれなハンディクリーナーです。白と黒のスタイリッシュなデザインなので、部屋に出しっぱなしでもインテリアの邪魔になりません。充電式のコードレスタイプなので場所を問わず使用でき、アタッチメントを変えれば狭いすき間までスッキリ掃除できますよ。

PR
Cleanin Nook ハンディクリーナー

商品情報

吸引力:4000pa
連続運転時間:13分
本体重量:560g
充電時間:1.5時間

コンパクトな見た目で8000Paと非常にパワフルな吸引力を備えたハンディクリーナーです。先端にはLEDライトが搭載されているため、車内の見えにくいすき間までしっかり掃除できます。また排気の質にもこだわって作られており、微細なほこりもフィルターがキャッチしてきれいな空気を排出。急速充電対応の充電式なので、思い立った時にすぐ使いやすいですよ。

PR
SUNVIC ハンディクリーナー

商品情報

‎26.5 x 9.8 x 7.2 cm
‎0.68 キログラム

吸引力は130000Paとパワフルで、45分間の連続使用が可能です。稼働音は60dB以下と静音性も高いので、時間を問わず使いやすいでしょう。LEDライトとホコリを吹き飛ばすブロワー機能も搭載しています。デザインがシンプルでおしゃれなので、車に積んでおいても家に置いておいても邪魔になりにくいですよ。

PR
FUKAI 充電式ウェット&ドライハンドクリーナー

商品情報

製品サイズ:幅110×長さ355×高さ121mm
製品重量:720g

500円玉を連続吸引できるほどのパワフルな吸引力を備えた、コードレスタイプのハンディクリーナーです。すき間ノズル・吸水ノズル・ブラシ付きノズルの3種類がセットになっており、乾燥している箇所も濡れている箇所もラクラク掃除できます。連続使用時間は約15分と短めですが、車内掃除用としてなら特に問題なく使えるでしょう。

上手な車内清掃の手順

最後に、車用掃除機を使った効率的な車内清掃の手順をご紹介します。掃除機をかける前に掃除しやすい環境に整えておけば、隅々まで掃除しやすくなりますよ。

1.荷物を全ておろす

掃除機をかける際は、邪魔にならないよう荷物を全て外に出しておきましょう。同時に、フロアマットをも取り外して、外でホコリや砂を払っておくのもおすすめです。座席も目に見えないホコリが溜まりやすいので、布団たたきなどを使って事前にホコリを叩き出しておくのがポイント。しっかり汚れを叩き出しておけば、掃除機をかける際にスッキリ掃除できますよ。ホコリが舞うことも多いため、マスクを着用して行うとよいですね。

2.拭き掃除をする

次に天井やガラス、ダッシュボードの周りの拭き掃除を行います。天井は、マイクロファイバークロスまたは固く絞った濡れ雑巾で水拭きしてください。ガラスにはガラスクリーナーを使うか、水拭き後に乾いた布で拭いて、拭き跡が残らないようにするのがおすすめです。ダッシュボード周りもガラスと同様に、水拭きと乾拭きで仕上げましょう。なおエアコン吹き出し口やスイッチ周りなど、細かい箇所は綿棒で拭いたり、歯ブラシでホコリやゴミを掃き出すという方法もありますよ。

3.掃除機をかける

拭き掃除が終わったら、最後にフロアやシートに掃除機をかけましょう。とくにフロアマットの下は砂やゴミなどが溜まりやすい箇所なので、座席を前後に移動させてスペースを確保しながら掃除するのがポイントです。細くてノズルが届かない箇所は、100円ショップでも購入できる簡単なブラシなどで汚れをかき出すのがおすすめですよ。掃除機をかけ終わったら、仕上げにシートにコロコロ(粘着カーペットクリーナー)をしておくと、細かいホコリが取れてよりスッキリします。

車用掃除機で車のお手入れを簡単に!

車用掃除機があれば、思い立ったときにサッと車の掃除が可能です。普段のちょっとした汚れから、フロアマットを外したり拭き掃除をしたりといった本格的な掃除まで幅広いシーンで活用できるので、まだ使ったことがない方はぜひこの機会に試してみてくださいね。

こちらもチェック!
おしゃれな車用ゴミ箱のおすすめ8選!人気のアイテムをご紹介

車内で出たゴミを捨てるのに便利な「車用ゴミ箱」。カップホルダーに設置できるスリムなものや足元に置いても邪魔になりにくいコンパクトなものなど、さまざまな種類が販売されています。この記事では、車用ゴミ箱の選び方とおすすめ商品をご紹介!おしゃれな車用ゴミ箱を探している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!
車用芳香剤おすすめ10選!長持ち・エアコン設置タイプなどをご紹介

車の中を香りで満たす「車用芳香剤」は、ドライブがより快適になると男性・女性を問わず人気のアイテム。エアコンに取り付けるタイプをはじめ、種類も香りもさまざまな商品が販売されていますよ。この記事では、車用芳香剤の選び方のポイントとおすすめ商品をご紹介します。ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー