目次

【2024年】楽天ふるさと納税での寄付はいつがお得?ポイント還元やキャンペーン

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天ふるさと納税で自治体に寄付をすると、寄付金額の1%分の楽天ポイントが貯まります。

大型セールやキャンペーンなどが実施されているタイミングで寄付をすれば、ポイント還元率が大幅にアップするのでさらにお得にふるさと納税が可能です。

本記事では、楽天ふるさと納税での寄付がお得になるタイミング・キャンペーンについて解説していきます。

そもそも「ふるさと納税」はどんな仕組み?

  ふるさと納税とは、生まれ故郷や思い出の場所、応援したい地域など自分で好きな自治体を選んで寄付できる制度です。  ふるさと納税をすると返礼品として特産品などが自治体から送られるほか、税の控除も受けられるので非常にお得な制度となっています。

ここでは、「ふるさと納税」とはどんな仕組みなのか、なぜふるさと納税をするとお得になるのか詳しく解説していきます。

実質負担2000円で税額控除を受けられる

ふるさと納税を利用すれば、実質負担2,000円で寄付先の自治体から返礼品を受け取ったり、住民税や所得税の控除を受けたりできます。 

年間に寄付した金額のうち、自己負担分の2,000円を差し引いた全額(控除対象の上限内)が所得金額から控除されます。

たとえば、1年間にふるさと納税で5万円寄付した場合は、2,000円を差し引いた48,000円が控除の対象です。

これにより、実際に支払う住民税・所得税の負担が軽減されます。ただし、控除対象となる寄付金額は収入などに応じて上限があります。1年間の寄付金額が上限を超えた場合は、実質負担が2,000円を超えてしまうので注意が必要です。

楽天ふるさと納税がおすすめの理由は?

出典:楽天市場

楽天ふるさと納税がおすすめの理由としては、下記の2つが挙げられます。

  • 税金控除に加えて楽天ポイントも貯められる
  • 楽天ポイントを使って寄付も可能!

ここからは、楽天ふるさと納税がおすすめの理由についてそれぞれ詳しく解説していきます。

こちらもチェック!
楽天ふるさと納税のやり方を解説!初めての方へ仕組みとメリットも紹介

いくつかあるふるさと納税サイトの中でも「楽天ふるさと納税」は、返礼品の数が豊富で楽天ポイントが貯まってお得なため、大変人気となっています。しかし、そもそもふるさと納税をやったことがない方もいるでしょう。そこで本記事では、楽天ふるさと納税のやり方について解説します。初めてふるさと納税をする方にも分かりやすい内容となっているため、ぜひ最後までご覧ください。

税金控除に加えて楽天ポイントも貯められる

楽天ふるさと納税では、楽天市場で買い物するときと同じように寄付金額に応じた楽天ポイントが貯められます。

楽天会員なら誰でも1%のポイント還元が受けられるため、10,000円寄付すれば最低でも100ポイント貯まります。

さらにポイントの還元率は「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を利用することで最大16.5%まで大幅にアップできるのも魅力です。

楽天ポイントを使って寄付も可能!

楽天ふるさと納税では、貯まった楽天ポイントを1ポイント=1円として自治体への寄付に使用できます。

通常ポイントはもちろん、有効期限が定められている「期間限定ポイント」での寄付も可能です。有効期限が切れそうなポイントも効率的に消費できるのもおすすめポイントです。

楽天ポイントとは?

出典:楽天市場

楽天ポイントとは、楽天が運営するポイントサービスです。楽天市場や楽天ふるさと納税などの楽天グループの各サービスや街中の加盟店を利用することで、楽天ポイントが貯められます。

貯まった楽天ポイントは、1ポイント=1円として楽天グループの各サービスや加盟店で利用できます。

キャンペーンや条件で還元率UPすることも

楽天グループの各サービスでは、楽天会員なら誰でも1%のポイント還元が受けられるほか、キャンペーンや条件の達成によってポイント還元率を大幅にアップさせられます。

還元率が高ければ高いほど獲得できるポイントも増えていくので、お得に寄付をするならポイント還元率が高いタイミングで楽天ふるさと納税を利用するのがおすすめです。

楽天ふるさと納税でお得になるタイミング

楽天ふるさと納税では、ポイントの還元率がアップするお得なキャンペーンが定期的に開催されています。

対象のキャンペーンが開催されているタイミングでふるさと納税をすれば、通常時よりもさらにポイント還元率がアップするので大変お得です。

ここからは、楽天ふるさと納税でお得になるタイミングについて詳しく解説していきます。

楽天スーパーセール

出典:楽天市場
 楽天スーパーセールの概要
開催時期毎年3月・6月・9月・12月
ポイント倍率最大11倍(ショップ買いまわりで最大10倍、ラクマでの購入で1倍)
ポイントの獲得上限7,000ポイント
エントリー必要

「楽天スーパーセール」は、約200万点以上の商品が割引価格でお得に購入できる大型セールで、毎年3月・6月・9月・12月の年に合計4回開催されています。

セール期間中は、1,000円以上の買い物をしたショップ数に応じて、楽天ポイントの還元率がアップする「ショップ買いまわり」というポイントアップキャンペーンが実施されています。

1ショップ購入で1倍、2ショップ購入で2倍、5ショップ購入で5倍というように、購入したショップ数がそのままポイント倍率になるのが特徴です。

ふるさと納税の場合は、1,000円以上寄付した自治体ごとに1ショップとカウントされます。最大ポイント倍率は10ショップ購入時で10倍(通常ポイント1倍+特典ポイント9倍)です。

さらにラクマで商品を購入すれば+1倍になるので、最大11倍までポイント倍率をアップできます。

楽天お買い物マラソン

出典:楽天市場
 楽天お買い物マラソンの概要
開催時期ほぼ毎月
ポイント倍率最大11倍(ショップ買いまわりで最大10倍、ラクマでの購入で1倍)
ポイントの獲得上限7,000ポイント
エントリー必要

「楽天お買い物マラソン」は、ほぼ毎月のように開催されているセールです。楽天お買い物マラソンでも楽天スーパーセールと同様、セール期間中は「ショップ買いまわり」のキャンペーンが実施されています。

楽天市場の店舗で1,000円以上の購入&ラクマでの購入で楽天ポイントの倍率が最大11倍になります。寄付先の自治体も1ショップとしてカウントされるため、お得にふるさと納税ができます。

楽天ブラックフライデー

出典:楽天市場
 楽天ブラックフライデーの概要
開催時期毎年11月下旬頃
ポイント倍率最大11倍(ショップ買いまわりで最大10倍、ラクマでの購入で1倍)
ポイントの獲得上限7,000ポイント
エントリー必要

「楽天ブラックフライデー」は、毎年11月下旬頃から1週間ほど開催される大型セールです。

楽天ブラックフライデーでも楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンと同様、1,000円以上購入したショップ数に応じて楽天ポイントの倍率が最大10倍になる「ショップ買いまわり」のキャンペーンが実施されています。

ラクマで商品を購入すれば、さらにポイント倍率が+1倍になり、最大11倍までポイント倍率がアップします。

こちらもチェック!
楽天ブラックフライデーにふるさと納税するお得な攻略法!スーパーセールとの違いも解説

楽天ブラックフライデーの期間は、楽天ふるさと納税をするのに最適な期間です。しかし、どのようにお得になるのかをよく知らない方もいるかもしれません。 そこで本記事は、楽天ブラックフライデーや楽天ふるさと納税、楽天ブラックフライデーと楽天スーパーセールの違いなどについて解説します。 お得に楽天ふるさと納税を利用したい方におすすめの内容なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ワンダフルデー

出典:楽天市場
 ワンダフルデーの概要
開催時期毎月1日
ポイント倍率最大4倍
ポイントの獲得上限1,000ポイント
エントリー必要

「ワンダフルデー」は、毎月1日に開催されているポイントアップキャンペーンです。

キャンペーンのエントリー後に合計3,000円以上のお買い物をすれば、全ショップのポイント倍率が3倍(通常ポイント1倍+特典ポイント2倍)にアップします。

また、過去に購入した商品をリピート購入すると、2倍のポイント(通常ポイント1倍+特典ポイント1倍)が付与されます。

3,000円以上の購入という指定はありますが、会員ランクや支払い方法などの縛りは一切ないので、手軽に参加しやすいのがメリットです。

過去に何度も同じ自治体にふるさと納税している方は、ワンダフルデーが開催されているタイミングで寄付するのがおすすめです。

楽天イーグルス感謝祭

出典:楽天市場
 楽天イーグルス感謝祭の概要
開催時期毎年10~11月頃
ポイント倍率最大5倍
ポイントの獲得上限5,000ポイント
エントリー必要

「楽天イーグルス感謝祭」は、プロ野球の開幕戦終了後の毎年10~11月頃に開催されているセールです。

セール期間中は、購入金額に応じて楽天ポイントの倍率がアップしていくキャンペーンが実施されています。

購入金額5,000円からポイント倍率がアップしていき、購入金額50,000円以上で最大5倍(通常ポイント1倍+特典ポイント4倍)になります。

購入金額ポイント倍率
5,000円2倍(+1倍)
10,000円3倍(+2倍)
40,000円4倍(+3倍)
50,000円5倍(+4倍)

「ショップ買いまわり」とは違い、購入金額の条件を満たせば1点のみの購入でもポイント倍率がアップするのが大きなメリットです。そのため、複数の自治体ではなく1つの自治体に多額の寄付を行いたいときにおすすめします。

勝ったら倍キャンペーン適用日

出典:楽天市場
 勝ったら倍キャンペーン適用日の概要
開催時期試合に勝った翌日
ポイント倍率最大3倍
ポイントの獲得上限1,000ポイント
エントリー必要

「勝ったら倍キャンペーン適用日」は、プロ野球チームの楽天イーグルスまたはJリーグチームのヴィッセル神戸が対象の試合に勝ったときにのみ、試合翌日の0時~23時59分に実施されるキャンペーンです。

どちらか1チームが勝利した場合は翌日のポイント倍率が2倍、2チームとも勝利した場合は翌日のポイント倍率が3倍になります。

相手チームに負けた場合(引き分けも含む)や試合が中止になった場合、キャンペーンは実施されません。

楽天ゴールド会員以上:ご愛顧感謝デー

出典:楽天市場
 ご愛顧感謝デーの概要
開催時期毎月18日
ポイント倍率ゴールド会員:2倍、プラチナ会員:3倍、ダイヤモンド会員:4倍
ポイントの獲得上限1,000ポイント
エントリー必要

「ご愛顧感謝デー」は、楽天の会員ランクがゴールド以上の会員を対象としたポイントアップキャンペーンで、毎月18日(いちばの日)に開催されています。

キャンペーン期間中はポイント倍率がゴールド会員だと2倍、プラチナ会員だと3倍、ダイヤモンド会員だと4倍にアップします。

ショップ買いまわりでは対象にならない1,000円以下のお買い物でも対象になるのが大きなメリットです。ゴールド以上の会員なら1,000円以下の少額寄付でもお得にポイントが貯められるでしょう。

楽天スーパーセールとお買い物マラソンの違い

楽天の数あるセールの中でも特にお得なのが、毎年4回開催される楽天スーパーセールです。

セール期間中は、約200万点以上の商品が割引価格で購入でき、「ショップ買いまわりキャンペーン」「ショップ個別のキャンペーン」「SPU」の条件を満たせばポイント倍率を最大45.5倍まで引き上げられます。

ここでは、楽天スーパーセールと楽天お買い物マラソン中に実施される「ショップ買いまわりキャンペーン」を比較して、ふるさと納税におけるお得度において違いがあるのか調べてみました。

楽天ふるさと納税で2つのお得度に大きな違いはない

結論からいうと、楽天ふるさと納税に限って言えば楽天スーパーセールと楽天お買い物マラソンでお得度に大きな違いはありません。

セールを実施しているショップ数やイベントが多いのは楽天スーパーセールですが、楽天ふるさと納税では寄付の割引がないためです。

また、最大ポイント倍率やポイント獲得上限で考えてみても、楽天スーパーセールと楽天お買い物マラソンではどちらも最大ポイント倍率が45.5倍(条件を満たした場合)、ポイント獲得上限も7,000ポイントと全く同じです。

楽天ふるさと納税においてはどちらかお好きなタイミングで寄付を行えばOKです。

あわせてチェック!さらに得する方法

楽天ふるさと納税を利用すれば、寄付金額に応じた楽天ポイントが貯まるのでお得ですが、下記の方法を活用すればさらにお得に楽天ポイントを貯められます。

  • 楽天SPU(スーパーポイントアップ)を活用する
  • 楽天カード利用でもっと得する
  • 0か5のつく日キャンペーン特典を活用!

ここからは、楽天ふるさと納税でさらに得する方法についてそれぞれ詳しく解説していきます。

楽天SPU(スーパーポイントアップ)を活用する

出典:楽天市場

楽天には、対象のサービスの条件を達成すると楽天ポイントの還元率がアップする「楽天SPU(スーパーポイントアップ)」というプログラムがあります。

楽天のポイント還元率は通常1%ですが、楽天SPUを利用すれば最大16.5%までポイント還元率を引き上げられます。

対象となるサービスやポイント倍率、達成条件は下記の通りです。

対象サービスポイント倍率達成条件
楽天モバイル+4倍Rakuten最強プランの契約
楽天モバイルキャリア決済+2倍月2,000円以上の料金の支払い(Androidユーザー限定)
Rakuten Turbo/楽天ひかり+2倍Rakuten Turboまたは楽天ひかりの契約
楽天カード+1倍楽天カードを使って楽天市場で買い物
楽天銀行+楽天カード最大+0.5倍①楽天銀行の口座で楽天カードの利用料金を引き落とす(+0.3倍)、②①を達成し、購買の前日に楽天銀行の口座で給与やボーナス、年金を受け取る(+0.2倍)
楽天証券 投資信託+0.5倍当月合計30,000円以上のポイント投資(投資信託)
楽天証券 米国株式+0.5倍当月合計30,000円以上のポイント投資(米国株式の円貨決済)
楽天ウォレット+0.5倍暗号資産現物取引で当月合計30,000円以上購入(ポイント交換も含む)
楽天トラベル+1倍対象サービスを月1回5,000円以上予約し、対象期間内に利用
楽天ブックス+0.5倍月1回3,000円以上の注文
楽天Kobo+0.5倍電子書籍を月1回3,000円以上の注文
Rakuten Pasha+0.5倍当月にクーポンで300ポイント以上獲得し、「きょうのレシートキャンペーン」で審査通過レシート10枚以上達成
Rakuten Fashion+0.5倍Rakuten FashionアプリでRakuten Fashionの商品を月1回5,000円以上注文
楽天ビューティ+0.5倍月1回3,000円以上の利用

楽天のサービスを使えば使うほどポイント倍率がアップしていくので、スマホ・クレジットカード・銀行口座などのサービスを楽天でまとめれば効率的にポイントが貯められます。

楽天カード利用でもっと得する

出典:楽天市場

クレジットカード決済で寄付をするなら、楽天カードを利用するのがおすすめです。

楽天カードで楽天ふるさと納税を利用すれば、寄付金額の3%分(通常ポイント1%、楽天カード通常分ポイント1%、楽天カード特典分ポイント1%)の楽天ポイントが貯まります。

楽天カードは年会費永年無料かつ通常の還元率は1%なので、日常のお買い物でもポイントを貯められてお得です。

楽天グループのサービスで使用すれば、さらにポイント還元率がアップします。現在は、新規入会&利用でもれなく5,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施しているので、楽天カードを持っていない方はぜひ入会を検討してみてください。

0か5のつく日キャンペーン特典を活用!

出典:楽天市場
 0か5のつく日キャンペーンの概要
ポイント倍率4倍
倍率内訳楽天会員:+1倍SPU楽天カード特典:+2倍5と0のつく日特典:+1倍
ポイントの獲得上限(5と0のつく特典分)1,000ポイント

楽天では、毎月5か0がつく日に楽天カードを利用することでポイント倍率が4倍にアップするキャンペーンが実施されています。

楽天ふるさと納税もキャンペーンの対象となっているので、条件を満たせば通常時よりもお得に楽天ポイントを貯められます。

ポイント倍率を4倍にするには、下記の2つの条件をすべて満たすのが必要です。

  • 5か0がつく日の当日にエントリー
  • 楽天カードでの決済

毎月5か0のつく日の当日にエントリーをして、楽天カードを使って楽天ふるさと納税を行えば、寄付金額の4%分のポイントが還元されます。

なお、キャンペーン当日にエントリーしていない場合や、楽天カード以外の方法で決済した場合は、ポイント4倍の対象外になるのでご注意ください。

楽天ふるさと納税がお得になるタイミングを狙って効率的にポイントを貯めよう

今回は、楽天ふるさと納税での寄付がお得になるタイミング・キャンペーンについてご紹介しました。

楽天ふるさと納税は、楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソン、毎月5か0のつく日などポイント還元率が大幅にアップするタイミングを狙って寄付をすれば、お得に楽天ポイントが貯められます。

楽天SPUと併用すればさらにポイント還元率がアップするので、楽天の対象サービスを多く利用している方ほどお得に寄付できておすすめです。

生まれ故郷や応援したい自治体がある方は、楽天SPUやキャンペーンを活用しつつ、お得になるタイミングを狙って楽天ふるさと納税を利用しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

サービスのカテゴリー

新着記事

カテゴリー