この記事で紹介されている商品

アウトドアにぴったりのコーヒーミル14選!手動・電動・オールインワンなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

近年キャンプや車中泊などのアウトドアブームが到来しており、アウトドアで活躍するグッズが注目を集めています。コーヒー好きの方におすすめなのが、コーヒー豆の挽きたての香りと美味しいコーヒーが楽しめる「コーヒーミル」。そこで今回は、アウトドアにぴったりのコーヒーミルを紹介します。コーヒーミルの種類や選び方について解説しますので、ぜひ自分に合ったコーヒーミルを見つけてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コーヒーミルとは

コーヒーミルは焙煎されたコーヒー豆を挽いて粉にするための道具です。インスタントコーヒーやドリップコーヒーと違ってその場で豆から粉にするため、鮮度が高く、香り豊かなおいしいコーヒーが楽しめます。

コーヒーミルの「ミル」は「粉砕する」という意味を持ち、昔は手作業で行っていたコーヒー豆を挽く作業が、コーヒーミルによって時間をかけず簡単にできるようになりました。

手軽においしいコーヒーが飲めることから、最近ではコーヒーミルを使ってコーヒータイムを楽しむ方も増えています。

アウトドアで淹れるコーヒーはなぜおいしい?

家や職場でコーヒーを飲む人も多いと思いますが、「キャンプ場などのアウトドアシーンで淹れて飲むコーヒーは特別美味しい」と感じたことはありませんか?

のんびりとしたアウトドア環境の中で飲むコーヒーは生活の中で飲むときと比べて、よりコーヒーの味を強く感じておいしく感じるからかもしれません。特にコーヒーミルを使うと、その場で挽いた豆の香りをより楽しめるでしょう。

また、自然に囲まれた悲日常の雰囲気によって、リラックス効果がより高まるのもアウトドアで淹れるコーヒーがおいしい理由のひとつですよ。

コーヒーミルを選ぶときのチェックポイント

コーヒーミルには手動式・電動式があり、豆の量や刃の素材など特徴が異なるさまざまな商品があります。

ここからは、数ある商品の中から自分に合ったコーヒーミルを選ぶときのチェックポイントを紹介します。自分がアウトドアでどのようにコーヒーを楽しみたいのか考えながら、以下のポイントに注目して自分に合ったコーヒーミルを選んでみましょう。

手動式のメリット・デメリット

ハンドルを回して手動でコーヒー豆を挽く手動式のコーヒミルは、電源が必要ないため持ち運びに便利でアウトドアにぴったり。コンパクトでおしゃれなデザインのものが多く、ナチュラルな木製からステンレスのスタイリッシュなものまで豊富な種類から選べるのも嬉しいポイントです。

手動式コーヒーミルのデメリットは、ハンドルがついているため収納しにくいと感じることも。折り畳めるハンドルや取り外しができるタイプもあるので、気になる人はハンドル部分の仕様についてチェックしてみましょう。

電動式のメリット・デメリット

電動式コーヒーミルは、コーヒー豆をセットしてボタンを押すだけで時間も手間もかけずに豆を挽けるのが大きなメリット。特に家族の人数が多い場合や、友人など複数人でのキャンプでたくさんのコーヒー豆を挽くときには重宝します。電動式コーヒーミルはハンドルがいらないため、スリムでかさばりにくいタイプが多いです。

デメリットとしては、使用するのに電源や電池・充電が必要なこと。商品によってコンセントが必要なものや充電式など使用方法が異なるので、普段のキャンプスタイルやアウトドアシーンに合わせて選ぶといいでしょう。

一度に挽ける量

コーヒーミルは商品によって一度に挽ける豆の量が異なります。

一般的にコーヒー1杯を飲むのに必要な豆の量は10〜12gmほど。複数人でコーヒータイムを楽しみたい場合や、何杯もコーヒーを飲みたい場合は、容量が大きめのコーヒーミルを選ぶといいでしょう。

ただし、豆の量が多くなるとその分時間がかかり疲れやすくなるので、一度にたくさんのコーヒーを淹れたい場合は、手動よりも電動のミルを検討するのがおすすめです。

刃の素材

コーヒーミルの刃の素材には、主にセラミックの刃と金属製の刃の2種類があります。

セラミックの刃は錆びないため、商品によっては水洗いが可能でお手入れが簡単。耐久性が高いのでアウトドアでの使用やコーヒーミル初心者にぴったりです。金属製刃の金属臭が気になる方や、コーヒーミルのお手入れを楽にしたい方におすすめですよ。

金属製の刃の魅力はなんといっても切れ味です。ステンレス製や鉄製などでスムーズに豆が挽けるので、雑味がなくおいしいコーヒーが飲めるでしょう。ただし、金属製の刃は刃こぼれする可能性や丸洗いができないためお手入れに手間がかかる商品も。「手間がかかっても屋外でおいしいコーヒーが飲みたい」とこだわりを持った方にぴったりですよ。

挽き具合の調節機能

コーヒーにこだわりを持っている方や、気分によって違ったコーヒーの味を楽しみたい方には豆の挽き具合(粒度)の調節機能がついているコーヒーミルがおすすめです。

コーヒー豆は粒度が細かいほど深みのある濃厚な味わいになり、粗挽きだと苦味が抑えられてあっさりとしたコーヒーに。豆の挽き具合を細かく設定できる商品や、それぞれの挽き方に特化した商品など好みに合わせた挽き方ができるコーヒーミルを選ぶと、よりコーヒータイムを楽しめますよ。

手入れのしやすさ

コーヒーミルを長く愛用するためにはこまめなお手入れが必要です。お手入れがしにくいと面倒になり、機械の故障やコーヒーの味が落ちる原因となってしまいます。

コーヒーミル初心者の方にはパーツが分解できてミル内を丸洗いできるタイプがおすすめ。特にキャンプなどのアウトドアシーンではお手入れに時間をかけられないことが多いため、汚れを気にせず気軽に使える商品を選びましょう。

収納のしやすさ

荷物が多くなりがちなアウトドアシーンでコーヒーミルを使用するなら、収納のしやすさもしっかりとチェックしたいポイント。軽量でコンパクトなタイプを選ぶとリュックサックなどで持ち運びやすくなり、気軽にコーヒータイムを楽しめますよ。

ハンドルが外せるタイプや、スリムタイプのコーヒーミルは収納性が高く便利ですが、一度に挽ける豆の量が少なくなります。収納のしやすさについては使用したいシーンと荷物のバランスを考えながら選びましょう。

コーヒーミルのおすすめメーカー

アウトドア向けのコーヒーミルはメーカーで選ぶのもおすすめです。メーカーによって多くのキャンパーに選ばれている定番商品から上級者向けの商品まで特色はさまざま。

ここからはキャンプ用のコーヒーミルの購入を検討している方におすすめのメーカーについて、それぞれ特徴や商品について紹介します。

ハリオ

ハリオは創業100年以上の老舗国内メーカーです。創業当初から耐熱ガラスを製造しており、ガラス加工技術を活かした性能の高いコーヒー関連の器具や調理器具を多数販売。

その技術の高さから、コーヒーミルも世界中のコーヒーを愛するユーザーから高い評価を得ています。ハリオのコーヒーミルはシンプルで持ち運びに便利なタイプも多く、アウトドアに向いている商品が多数ラインナップされています。

カリタ

カリタは日本唯一のコーヒー機器の専門メーカー。コーヒー文化を世界に広めることを目指して家庭でも気軽に楽しめるコーヒーグッズを開発・販売しています。主な取り扱い商品はコーヒーメーカーやポット、ドリッパー、ペーパーフィルなど多岐に渡るコーヒー器具を取り扱っています。

カリタのコーヒーミルは手動・電動どちらも充実しており、ナチュラルでおしゃれな見た目が人気で多くのユーザーから支持を集めていますよ。

キャプテンスタッグ

雄鹿のブランドロゴが印象的なキャプテンスタッグは、日本のアウトドア用品の総合メーカーです。1976年の創業以来、ユーザーのより楽しいアウトドアライフをサポートすべく使いやすさや購入しやすい価格帯にこだわった商品を世に送り出しています。

キャプテンスタッグのコーヒーミルは、収納性の高さや手入れのしやすさなどアウトドアメーカーならではの視点で作られており、キャンプなど屋外での使用にぴったり。ソロキャンプ向けのコンパクトなものから、グループキャンプ向けの大容量タイプまで豊富な種類が揃っています。

アウトドアで使える手動コーヒーミルのおすすめ10選

電源が不要で気軽に使える手動タイプのコーヒーミル。ここからは、おすすめの手動タイプの商品を紹介します。

PR
HARIO(ハリオ) コーヒーミル スリム

商品情報

●型番:MSS-1TB
●セラミック製の臼は摩擦熱が発生しにくく、熱によるコーヒー粉へのダメージを防ぐ。
●透明な目盛り付きボトルなので、挽いた量が一目でわかり、計量カップいらず。
●粉の粗さは、つまみを回すだけで簡単に調節可能。
●使用しない時は、ハンドルを本体に引っ掛けて収納できるので、置き場をとらず便利。

透明な本体部分が特徴的なハリオの手動電動ミルです。中身が見えるので挽いた粉の量を確認できるのが便利。ハンドル部分は取り外しが可能でコンパクトに収納でき、400gと軽量のため持ち運びやすくアウトドアに向いています。つまみで豆の粗さを調節して自分好みの本格コーヒーを楽しめますよ。

PR
ハリオ V60 メタルコーヒーミル O-VMM-1-HSV

商品情報

本体/ステンレス・ポリプロピレン・ポリアセタール・鉄・PTFE
フタ・粉受け/ステンレス
ハンドル/ステンレス・ポリプロピレン
臼/セラミック、バンド/シリコーンゴム

スタイリッシュなステンレス製の手動タイプのコーヒーミルです。コンパクトで場所を取らずに収納でき、アウトドアシーンで気軽に本格コーヒーを楽しめます。コーヒー豆の容量は約17gで、ソロキャンプや少人数でコーヒータイムを楽しみたい方にぴったりのサイズです。

PR
ハリオ コーヒーミル スケルトン MSCS-2B

商品情報

材質:本体/耐熱ガラス、ガラス用フタ・ホッパー・ハンドルツマミ/ポリプロピレン、臼/セラミック、ハンドル一式/ステンレス、滑り止めカバー・ホッパー用フタ/シリコーンゴム
食洗機:ガラス部分のみ使用可
容量:コーヒー粉100g
臼が洗えます
本体重量:0.48kg
付属品:保存用フタ
サイズ:幅17.2×奥行9.3×高さ23.1cm、口径9cm
原産国:中国

セラミック製の刃で水洗い可能な手動タイプのコーヒーミルです。コーヒー豆を挽いた後にハンドルを外して蓋をすればそのまま保存容器として活用できる優れもの。たっぷりと100gの粉を保存できるので、複数人でのキャンプやコーヒーを何杯も楽しみたい方におすすめです。

PR
カリタ コーヒーミル KH-3AM

商品情報

サイズ(約):17×8.5×21cm
素材・材質:本体/ラバーウッド、カッター/鋳鉄
生産国:台湾
ホッパー最大容量:約35g
粉受け最大容量:約55g

ナチュラルな木製の本体がおしゃれなカリタの手動コーヒーミル。デザイン性の高さからインテリアとしても人気です。刃は丈夫な鋳鉄製で切れ味が良く、長持ちするためアウトドアシーンで使用しても長く愛用できるでしょう。細挽き、粗挽きを選べるようになっており、好みに合ったコーヒーを楽しめますよ。

PR
カリタ コーヒーミル 木製 手挽き 手動 KH-10 BR

商品情報

サイズ(約):幅7×奥行17×高さ17.5cm
素材・材質:ラバーウッド、硬質鋳鉄カッター
生産国:台湾
ホッパー最大容量:20g
粉受け最大容量:30g

可愛らしい温もりのある木目が人気のカリタの手動コーヒーミル。コンパクトタイプでソロキャンプや少人数でのコーヒータイムに重宝します。スリムな本体で小柄な方でも扱いやすく、アウトドアだけでなく家のインテリアとして楽しむユーザーも多数。初めてコーヒーミルを使用するという方でも使いやすいでしょう。

PR
キャプテンスタッグ 18-8ステンレス ハンディーコーヒーミルS

商品情報

型番:UW-3501
重量(約):219g
生産国:日本
材質:フタ・容器/18-8ステンレス<br>本体/18-8ステンレス・ポリプロピレン(耐熱温度100度)<br>ポリアセタール(耐熱温度100度)・ステンレス・鉄(ユニクロめっき)<br>ハンドル/ステンレス(耐熱温度100度)・ポリプロピレン(耐熱温度100度)・刃部/セラミック磁器
製品サイズ:(約)本体/Φ46×高さ135mm、ハンドル/28×113×高さ35mm
容器容量(約):120ml
豆容量(約):17g(本体に入る焙煎豆の量)

丈夫で錆びにくいステンレス製のキャプテンスタッグの手動コーヒーミル。セラミック刃は取り外して水洗いができ、衛生面が気になるアウトドアシーンで活躍すること間違いなしです。粗さ調節ネジで好みの豆の粒度に調節でき、本格的な味わいを求める方にもおすすめ。豆の容量は17gで約1〜2杯分のコーヒーが楽しめます。

PR
キャプテンスタッグ ポータブルコーヒーミル 収納ケース付き

商品情報

型番:UW-3540
製品サイズ:(約)使用時/Φ60×高さ165mm(本体のみ)、収納時/Φ60×高さ115mm(本体のみ)
製品重量:(約)ミル/315g
仕様:豆の挽き方/13段階調節、目安/2~3杯(約26g)(1回の豆挽き)
付属品:収納ケース
材質:本体/胴部=ABS樹脂、上部・下部=ポリプロピレン、内部=ポリカーボネート、ふた・容器/AS樹脂、シャフト・アーム・下歯/18-8ステンレス鋼、ワッシャー(黒・歯付)/ポリアセタール、ワッシャー(白)/ナイロン、ハンドル・調節ギア固定キャップ・台座/ポリカーボネート、つまみ/樹脂部=ポリアセタール、ネジ部=18-8ステンレス鋼、原産国:台湾

元データにアクセス

ハンドルを取り外しコンパクトに収納できるキャプテンスタッグの手動コーヒーミル。ケースに収納できるのでアウトドアでの使用にぴったりです。切れ味の良いステンレス製の刃を使用しており、雑味のないおいしい本格コーヒーが楽しめます。豆の挽き方は13段階と細かく調節できるため、アウトドアでもこだわりの挽きたてコーヒーが淹れられるでしょう。

PR
ダルトン コーヒーミル テラ フォレストグリーン A715-888FGN

商品情報

色 フォレストグリーン
材質 本体:アイアン、ニッケルメッキ 受け容器:ストーンウェア、シリコン グラインダー:セラミック ハンドル:アイアン、バーチウッド
商品の重量 0.63 キログラム

人気インテリアショップのダルトンの手動コーヒーミル。デザイン性も高く、置いているだけで映える見た目になっています。

コーヒー粉の受け容器はロック式で、密封できるのが嬉しいポイント。複数回に分けておいしい本格コーヒーを楽しめますよ。

PR
ポーレックス コーヒーミル2 ミニ セラミック

商品情報

サイズ:φ5cm×高さ13.5cm、重さ:250g
材質:セラミック、ステンレス、POM、鉄、PP、シリコーン
原産国:日本
容量:一度に約20g(約2人分)のコーヒー豆を挽くことができます。

キャンパーから高い人気を誇るポーレックスの手動コーヒーミルです。セラミック刃で丸ごと水洗い可能なのでお手入れが簡単で衛生的。豆の容量は約20gで一度に約2杯分のコーヒーを楽しめます。長めのハンドルで軽い力でも簡単に豆が挽けるため、コーヒーミル初心者でも扱いやすいですよ。

PR
AND MYSELF コーヒーミルセット C0169

商品情報

【セット内容】
<コーヒーミル単品>コーヒーミル・掃除ブラシ・WEBマニュアル
<コーヒーミルセット>コーヒー ミル・掃除ブラシ・ステンレスフィルター・収納ポーチ・WEBマニュアル

コーヒーミルとステンレスのフィルター、掃除用のミルブラシ、収納ポーチがセットになったお得なコーヒーミルセットです。手挽きコーヒーに必要な道具がすべてセットになっているので、アウトドア初心者やこれからコーヒーを趣味として楽しみたい人におすすめ。

アウトドアで使える電動コーヒーミルのおすすめ4選

コーヒー豆を入れてボタンを押すだけで、簡単に挽ける手軽さが魅力の電動タイプのコーヒーミル。ここからは電動コーヒーミルのおすすめ商品を紹介します。

PR
ブルーノ 電動ミル BOE080-PBE

商品情報

[原産国]:中国製
付属品:USBケーブル
[採寸]:サイズ:W75×H234×D75mm/重量:600g
容量:200ml
機能:挽き目5段階調整、真空二重構造
保温効力:39度以上(6時間)、保冷効力:12度以下(6時間)
自動停止機能、連続使用回数:約15回

元データにアクセス

人気のライフスタイルブランドBRUNOの電動コーヒーミルです。4時間の充電で連続して15回コーヒー豆を挽けます。電動ミル・ドリッパー・真空カップが一体になっているオールインワンタイプで、豆を挽いてそのままドリップコーヒーが楽しめる優れものです。コードがない充電式でコンパクトなため、持ち運びにも便利。

PR
マクロス 電動コーヒーミル

商品情報

型番 MCK-126
色 シルバー
ブランド マクロス
スタイル 電動
商品寸法 (長さx幅x高さ) 7 x 7 x 20.5 cm
電圧 3.7 ボルト

USB充電式で手軽に持ち運びができるマクロスの電動コーヒーミル。5時間の充電で約1時間稼働するのでアウトドアシーンで活躍します。コーヒー豆を入れて電源スイッチを押せば約3〜8分で完了し、コーヒー3杯分の粉が溜まります。本体にイラストの目盛りがついており、コーヒー粉の軽量も簡単です。

PR
マクロス 電動式 オールインワン コーヒーメーカー カフェラベル MEK-83

商品情報

ブランド マクロス
色 レッド
商品の寸法 8D x 8W x 23.5H cm
特徴 コーヒーグラインダー一体型
コーヒーメーカータイプ Cezve
スタイル クラシック

コーヒー豆を挽く・ドリップ・飲むまでをこれ1台でできるオールインワンの電動コーヒーミルです。豆の量にもよりますが、豆を入れて約2〜4分で挽きたてのコーヒーが楽しめますよ。ダイヤルを回すだけで、簡単にお好みの豆の挽き方に調節できます。充電残量が一目で分かるランプが付いているのも嬉しいポイントです。

PR
ZYQ 電動コーヒーミル USB充電

商品情報

・分離式・水洗い可能電動ミル
・200wのハイパワー・70g大容量
・USB充電式(充電3~4時間)

大容量で7〜8杯分のコーヒーが一度に挽ける電動コーヒーミル。コードレスながら200wのハイパワーモーターを搭載しており、コーヒー豆を入れて蓋を手のひらで押せば数十秒できれいな粉末にできます。

粉が溜まるホッパー部分だけ取り外し、水洗いできるのも嬉しいポイント。時間をかけずに本格コーヒーを楽しめるので、複数人でのキャンプやアウトドアシーンにおすすめですよ。

コーヒーミルを使ってアウトドアで最高の一杯を!

今回はアウトドアにぴったりのコーヒーミルを紹介しました。さまざまな種類があるコーヒーミルですが、コーヒーを飲む人数や味の好み、持ち運び方法など実際に使いたいシーンをイメージしながら選ぶといいでしょう。自分に合ったコーヒーミルを見つけてキャンプや屋外でのコーヒータイムを楽しんでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー