この記事で紹介されている商品
布団収納ボックスのおすすめ18選!ベッド下に収納できるものからおしゃれなタイプも

布団収納ボックスのおすすめ18選!ベッド下に収納できるものからおしゃれなタイプも

オフシーズンの羽毛布団や来客用布団などの収納に便利な「布団収納ボックス」。押し入れやベッド下に入れられるものや、クッションとして使えるおしゃれなものもあります。今回は、おすすめの布団収納ボックス18選をご紹介!布団収納ボックスの選び方についても詳しく解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

布団収納ボックスを選ぶ5つのポイント

布団収納ボックスと一口に言っても、サイズやデザインなどによってさまざまな種類があります。販売しているメーカーも豊富なので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。ここでは、布団収納ボックスの選び方を以下の5つのポイントに着目して解説します。

  • 収納場所 
  • 扱いやすさ 
  • サイズ
  • 容量 
  • 衛生面 
  • デザイン

1.収納場所で選ぶ

布団収納ボックスは収納場所に合わせて形状を選ぶのがポイントです。押し入れやクローゼットに収納するならボックスタイプがおすすめですよ。四角い形状をしているため余分なスペースができにくく、上に積み重ねて収納できます。

また、ベッド下に収納したいなら薄型タイプを選びましょう。なかにはマチが平らで芯材が入っており、立てて収納できるものもあります。クローゼットのちょっとしたすき間を布団収納として有効活用できるため、収納スペースに困っている場合にも便利です。

2.扱いやすさで選ぶ!取手付きがおすすめ

布団収納ボックスはサイズが大きいため、押し入れやクローゼットから取り出すのも一苦労ですよね。取っ手がついていると引き出しやすいため、布団を入れて重くなった収納ボックスも楽に出し入れできます。 ファスナーが2つ付いているダブルファスナータイプだと、ボックスが開けやすく布団の出し入れも簡単です。

ほかにも、前面に透明窓がついていると収納ボックスを開けなくても中身が判別できますよ。

3.サイズ・容量で選ぶ

布団収納ボックスを選ぶ際は、収納したい布団のサイズに合った容量を選ぶ必要があります。シングルやダブルなど商品によって対応しているサイズが違うため、手持ちの布団サイズをチェックしておきましょう。 一般的な掛け布団に比べて羽毛布団は厚みがあるため、羽毛布団を収納したいなら羽毛布団用を選ぶのがおすすめです。布団収納ボックス本体が収納スペースに収まるサイズかどうかも事前に確認しておいてくださいね。

4.衛生面を配慮して選ぶ!防カビ機能など

次のシーズンまで布団を保管する場合、ダニやカビなどが気になりますよね。メッシュや不織布を使用した布団収納ボックスは通気性がよく、湿気がこもりにくいため汚れやカビから守ってくれます。 ダニから布団を守りたいなら防虫機能が付いたものをチェックしましょう。防虫剤が入れられるよう、中に防虫剤ポケットを搭載したものが便利ですよ。

また、布団のにおいが気になるなら活性炭入りの素材を使用したものがおすすめです。嫌なにおいの発生を抑えて消臭する効果が期待できます。

5.デザインで選ぶ!クッションタイプなど

布団収納ボックスを保管しておくスペースが取れないなら、部屋に出しっぱなしにしておくのもひとつの方法です。収納ボックスの中には、布団を入れるとソファやクッションとして使えるようになるおしゃれなデザインのものもあります。どんなインテリアにもなじむシンプルなものから、動物モチーフのかわいいものまで、デザインのバリエーションも豊富。布団収納ボックスでおしゃれなインテリアを楽しむのもおすすめですよ。

タイプ別!おすすめ布団収納ボックス18選

布団収納ボックスの選び方についてご紹介しましたが、実際にどのような商品があるのか気になった方も多いのではないでしょうか。そこでここからは、おすすめの布団収納ボックスをタイプ別にご紹介します。ボックスタイプやクッションになるタイプなどをご紹介するので、ぜひ布団収納ボックス選びの参考にしてくださいね。

押入れなどに!ボックスタイプ5選

ボックスタイプの布団収納ボックスは、押し入れやクローゼットなどへの収納に適しています。四角い形状をしているため、衣装ケースのような他の収納アイテムと合わせて置きやすいですよ。上に積み重ねても、すっきりまとまります。狭いスペースを活用したいなら立てて収納できるものを選んでくださいね。ここでは、ボックスタイプの収納ボックスのおすすめ商品を5つご紹介します。

活性炭シートと珪藻土粒の2種類の消臭効果が期待できる、消臭機能付きの布団収納ケースです。不織布性なので通気性がよく、湿気が中にこもりにくいのも特徴です。前面に透明窓が付いているため、ケースを開けなくても中に収納しているものが分かります。シングルサイズの掛け布団と敷き布団が1枚ずつ入れられるので、布団一式をまとめて収納できて重宝しますよ。

ニトリ ふとん袋

商品情報

主な素材:ポリプロピレン
サイズ(約):幅75×奥行55×高さ30cm
保証年数:1年
重量:約170g

防虫・抗菌・防カビ効果があり、布団を害虫やカビから保護してくれます。雑菌の繁殖も抑えてくれるので清潔に保管できますよ。防虫効果の持続期間を過ぎてもそのまま保存用の収納袋として使える点も魅力ですね。上ふた開きで両開きファスナーなので布団の出し入れも簡単です。前面が透明窓になっているため、中に入っているものも一目で確認できますよ。

かさばりやすい羽毛布団の収納に困っている方におすすめの布団収納袋です。ファスナーが斜めについていて出し入れ口が大きく開き、羽毛布団を楽に入れられます。ファスナーを閉じれば2分の1ほどのサイズになるため、場所を取らずコンパクトに収納できますよ。取っ手が付いているため、高い場所への上げ下ろしも簡単です。

大型サイズでロングサイズやかさの高い布団も収納できます。不織布製なので通気性がよく、布団をカビや湿気から守ってくれますよ。持ち手が両サイドに付いているため、収納袋をクローゼットや押し入れへの出し入れもしやすいです。シングルサイズの布団が2〜4枚入るため、一式まとめて収納できるのもうれしいですね。

2枚の芯材が入れることで自立するため、縦向きでも横向きでも収納できます。クローゼットや押し入れなどのちょっとしたすき間にも立ててすっきり入れられますよ。布団が型崩れしにくいのもうれしいポイントです。芯材は後入れタイプなので、使わないときは芯材を入れずにコンパクトに折りたたんで保管できます。

ベッド下に収納できるおすすめ3選

薄型のスリムな布団収納ボックスなら、押し入れやクローゼットなどにすっきり収納できるのはもちろんベッド下にも収納できます。押し入れやクローゼットなどに十分な保管スペースが確保できない方にもおすすめです。取っ手が付いているものならベッド下から引き出しやすいため、使い勝手も抜群ですよ。ここでは、ベッド下への収納もできる布団収納ボックスのおすすめ商品を3つご紹介します。

イニコライフ 収納ケース

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(2,203件)

>

商品情報

サイズ:約幅102x奥行65x高さ23cm 約280g
素材:ポリプロピレン不織布/活性炭シート/ポリエチレン

全長約220cmのロングファスナーで口がガバッと大きく開き、ロングサイズの敷き布団でも簡単に出し入れできます。シングルからシングルロングサイズの敷き布団に対応しており、毛布や枕などの収納にも重宝しますよ。軽くて丈夫な不織布製で通気性もよく、湿気がこもりにくいため布団をカビから守ってくれるのもおすすめポイントです。

クラスアップ 布団収納袋

シーズンオフの布団をクッションとして有効活用できるのが、こちらの布団収納袋です。ソファの生地のようなしっかりとしたファブリック生地のケースになっており、ファスナーも生地の色に合う色味なのでインテリアにおしゃれになじみます。さらにファスナーはカバー生地で隠せるため、ファスナーが床に触れて傷つけてしまう心配もありません。

かさばりやすい羽毛布団の収納にぴったりな収納ケースです。ケースに羽毛布団を入れて中ベルトで厚みを抑えるだけで、簡単にすっきりと収納できます。ベルトで抑えるだけの軽圧縮なので、使いたいときにすぐ使えるのもうれしいですね。ネイビーやグレー、ブラウンなど豊富なカラーバリエーションから選べますよ。

出し入れがしやすい!取手付き5選

サイズが大きく布団を入れると重くなる布団収納ボックスは、押し入れやクローゼットへの出し入れがしにくいのが難点です。そんなときでも取っ手があれば力が入りやすく、重い布団収納ボックスでも出し入れしやすいのでおすすめです。縦向きと横向きのどちらにも収納できるタイプの布団収納ボックスを選ぶなら、収納したい方向に取っ手が付いているかもチェックしてくださいね。ここでは、取っ手付きの布団収納ボックスのおすすめ商品を5つご紹介します。

三つ折りした敷き布団とほぼ同じ大きさに作られており、敷き布団をすっきりと収納できます。ダブルジップタイプのファスナーで大きく開き、布団を出し入れする際もスムーズに開閉できますよ。持ち手がついているため持ち運びやすく、収納や部屋間を移動させたいときにも重宝します。使わないときはコンパクトに折りたためるので保管場所にも困りませんね。

こちらの布団収納ケースは、活性炭シートを挟み込んだ3層構造の不織布を使用しています。通気性がよいだけでなく消臭効果も期待でき、空気中のにおいの元となる物質を吸着して消臭してくれます。不織布は厚みがあるため耐久性があり、型崩れしにくいので積み重ねて収納することもできますよ。前面に透明窓が付いているため、積み重ねても中の物が確認できて便利です。

ニトリ 布団収納バッグ タクミ(L)

商品情報

色:ホワイト
主な素材:ポリプロピレン
サイズ(約):幅100×奥行70×高さ18cm
保証年数:1年
重量:約740g

真ん中の仕切り板を立てたらシングル掛け布団が左右1枚ずつ収納でき、仕切り板を倒せば三つ折りのシングル敷き布団が1枚収納できます。変身ファスナーを開ければ二つに折りたためるため、シングル敷き布団もコンパクトに保管できますよ。芯板が入っているため型崩れしにくく、防虫剤が入れられるポケットが付いているのも便利ですね。

クローゼットや押し入れなどのちょっとしたすき間を収納スペースとして有効活用できる収納ケースです。側面に芯材が入っていて自立するため、立てて収納できます。引き手と持ち手が付いているため、どの方向に収納しても出し入れしやすいのが魅力です。外側にはネームホルダーも付いているため、家族で使い分けたいときにも重宝しますよ。

イニコライフ 羽毛布団収納

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(189件)

>

商品情報

サイズ:約幅70x奥行30x高さ50cm
重量:約300g
素材:ポリプロピレン不織布/活性炭シート/ポリエチレン

不織布に活性炭シートを挟んだ3層構造の生地を全面に使用しています。布団をホコリや汚れから防ぎ、湿気もこもりにくいため、きれいに保管できますよ。ダブルファスナーで開け閉めしやすく、出し入れ口がガバッと大きく開くので布団の出し入れもスムーズに行えます。持ち手は長めなので肩にかけて持ち運べますよ。

出しっぱなしでもおしゃれ!5選

布団収納ボックスを保管するスペースが取れないなら、出しっぱなしにしていてもおしゃれなものを選びましょう。布団を入れたときにソファやクッションとして使えるものなら、保管スペースが必要ないだけでなくおしゃれなインテリアにもなりますよ。デザインやカラーバリエーションも豊富なので、家具やインテリアとの相性を考えて選んでくださいね。ここでは、出しっぱなしでもおしゃれな布団収納ボックスのおすすめ商品を5つご紹介します。

かさばる布団や衣類を入れるだけでクッションとして使えるようになる収納袋です。押し入れやクローゼットなどに収納する手間が省け、アウトドアシーンでも役立ちます。三角形の形状は、背もたれや枕として使うのにもぴったりです。サイドポケットが付いており、リモコンやスマートフォンなどの小物が入れられるのも便利なポイントですよ。

ソファと同じファブリック地の収納袋で、シングルサイズの掛け布団を入れたらクッションとして使えます。シンプルなデザインなのでどんなインテリアにもなじみ、ブラウンやネイビーなどカラーバリエーションも豊富です。持ち手がついているので、持ち運びや収納もしやすいですよ。座布団やこたつ布団の収納にも使えます。

四つ折りにして丸めた布団を入れると、ねこ型のクッションとして使えるようになるアイテムです。ぶちねこやとらねこ、しば犬など豊富なバリエーションからインテリアや好みに合わせてデザインが選べます。収納袋は洗濯機で丸洗いできるため、汚れが気になってもお手入れがしやすいですね。

どら焼きをモチーフにした見た目にもかわいらしい布団収納袋です。シングルサイズの羽毛布団を収納でき、クッションとして使えて見せる収納にもなります。リバーシブルになっており、気分やお部屋の雰囲気に合わせてデザインを変えられますよ。やわらかく伸びる生地なので、中に入れるものの量でクッションの厚みを調節できます。

エア・リゾーム ソファになる布団収納カバー Deco

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(15件)

>

商品情報

【掛け・敷き布団用カバー セット販売】
【布団収納時のサイズ】掛け布団カバー/約幅102×奥行き70×高さ30cm、敷き布団カバー/約幅102×奥行き67×高さ22cm
【製品重量】各約0.6kg 【材質】デニムデザインタイプ/綿100%、サンゴマイヤータイプ/ポリエステル100%、裏地/不織布

掛け布団と敷布団を収納できる収納袋2枚セットで、2つ合わせて置けば一人用のソファとして使えます。単体でクッションとして使うのはもちろん、組み合わせを変えてカウチソファやお昼寝用ベッドとしても使えますよ。きめ細やかな毛並みが特徴のサンゴマイヤー生地を使用しており、ふんわりなめらかな肌触りが魅力です。

全17商品

おすすめ商品比較表

アストロ 収納ケース 珪藻土入り

ニトリ ふとん袋

ワイズ キューブ型羽毛ふとん収納袋

東和産業 ふとん袋

山善 布団収納袋

イニコライフ 収納ケース

アストロ 羽毛布団 収納袋

エムール 布団収納ケース

アストロ 敷布団収納ケース

ニトリ 布団収納バッグ タクミ(L)

東和産業 収納袋

イニコライフ 羽毛布団収納

コジット おふとん変身 収納袋

サンベルム かけ布団がクッションになるふとん収納袋

オリエント ふとんdeクッション

アストロ ドラえもん どら焼きクッション

エア・リゾーム ソファになる布団収納カバー Deco

Amazonカスタマーレビュー
4.2928
-
4.0279
4.0178
4.1118
4.12,203
4.22,004
4.1107
4.18,240
-
4.2723
4.2189
4.0162
4.2673
4.1538
4.4763
4.115
最安値
タイムセール
¥778-19%
参考価格¥963
タイムセール
¥709-50%
参考価格¥1,408
タイムセール
¥2,780-7%
参考価格¥2,989
タイムセール
¥950-44%
参考価格¥1,690
タイムセール
¥1,368-8%
参考価格¥1,480
タイムセール
¥1,853-33%
参考価格¥2,750
タイムセール
¥1,345-9%
参考価格¥1,482

-

購入リンク

布団収納ボックスでかさばる布団をすっきり収納しよう

おすすめの布団収納ボックスと、布団収納ボックスの選び方について詳しくご紹介しました。布団収納ボックスがあればかさばる布団もすっきりとまとめられるため、オフシーズンの羽毛布団や来客用布団の保管に便利ですよ。ぜひこの記事を参考にして、ご自宅にぴったりな布団収納ボックスを選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
布団の収納グッズおすすめ12選!クッションや縦置きタイプなど人気アイテムをご紹介

季節の変わり目になると、布団の収納方法に困るという方も多いのではないでしょうか?押し入れやクローゼットにかさばる布団をきちんと収納するには、収納グッズを利用するのがおすすめですが、さまざまなものがあってどれがよいのか迷う方も少なくありませんよね。本記事では、布団収納グッズの選び方を詳しく解説します。

こちらもチェック!
掃除機不要の布団圧縮袋おすすめ11選!ポンプタイプなど人気のアイテムをご紹介

かさばる掛け布団や敷布団を圧縮できる「布団圧縮袋」。掃除機不要のタイプなら、手やポンプを使っていつでもどこでも手軽に圧縮でき便利です。最近はニトリなどの生活雑貨店や、ネットショップでも数多く販売されています。今回は布団圧縮袋の選び方やおすすめアイテムをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー