この記事で紹介されている商品
布団の収納グッズおすすめ12選!クッションや縦置きタイプなど人気アイテムをご紹介

布団の収納グッズおすすめ12選!クッションや縦置きタイプなど人気アイテムをご紹介

季節の変わり目になると、布団の収納方法に困るという方も多いのではないでしょうか?押し入れやクローゼットにかさばる布団をきちんと収納するには、収納グッズを利用するのがおすすめですが、さまざまなものがあってどれがよいのか迷う方も少なくありませんよね。本記事では、布団収納グッズの選び方を詳しく解説します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

布団収納グッズはスペースを有効活用できるアイテム

布団は季節によって入れ替えたり、収納したりする必要があります。しかし、大きくてかさばる布団はスペースを広く使ってしまうため、収納場所がなく困っている方も多いのではないでしょうか?布団収納グッズを使うことで、収納場所を綺麗に整理できたり、デッドスペースを有効活用したりすることも可能になります。

また、布団を収納する際はカビやダニなどの発生も気になるところです。通気性がよいものや清潔に保つような工夫がされたタイプもあり、カビやダニの発生を防ぐ効果も期待できます。かさばる布団を片付けて部屋をすっきりさせたい方は、布団収納グッズの選び方に注目してみましょう。

布団収納グッズの選び方

布団収納グッズは、どのような目的で使用するかによって選び方が異なります。大きくかさばる布団を適切な方法で収納できるように、効果的なグッズを選ぶことが大切です。布団の使用頻度や収納場所、布団に合った収納方法や機能性など4つのポイントから選び方を見ていきましょう。

布団の使用頻度で選ぶ

毎日使用する布団の置き場所に困っている方と、シーズンオフの布団を収納したい方では、収納方法や収納場所なども異なります。日々の生活で使う布団なら「キャスター付き」で出し入れが簡単な収納、シーズンオフでしばらく使わない布団は「取っ手付き」で押し入れの中などへの収納がおすすめです。下記では詳しく解説していくので参考にしてみてください。

毎日使うなら「キャスター付き」が便利

毎日使う布団を収納したい方は、出し入れがしやすい場所に収納できると便利ですよね。一般的には、布団をたたんで押し入れに収納する方が多くいます。しかし、押し入れは通気性が悪く、収納の仕方によってはカビが発生する可能性もあるため注意しなければなりません。キャスター付きの収納ラックなどを利用して、通気性をよくする工夫をすると布団にカビが発生しにくくなります

キャスター付きで、押し入れやクローゼットにも入れやすい布団用収納ラックです。布団の底部分を浮かせて収納できるため、通気性が抜群。急な来客時にも、キャスター付きのためサッと片付けられて便利ですよ。また、台の高さが3段階で調整ができ、下段にもアウトドア用品やこたつ布団などを収納できるので、スペースを有効活用できます。

シーズンオフは「取っ手付き」で収納場所の上段へ

シーズンオフや来客用などの普段使わない布団は、押し入れやクローゼットの上段に入れておくのがよいでしょう。手の届きやすい中段や下段にスペースができて、押入れをより有効に活用できるようになります。上段に収納する場合は、収納グッズに取っ手がついていると取り出しやすく便利ですよ。

TIANZONG 収納ボックス2点セット

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(603件)

>

商品情報

ブランド Tianzong
商品の寸法 70L x 42W x 18H cm
色 ベージュ
材質 内面:オックスフォード生地 外面:カチオン生地 芯材:PPプレート

2か所に取っ手がついており、収納場所に合わせて向きを変えられるため、押し入れの上段に収納しても取り出しやすい収納ケースです。クリアな窓があり、ファスナーを開けなくても中身が確認できるのが魅力。また、使わないときは折りたたんでコンパクトにしまっておけるため片付けるのも簡単です。

布団の収納場所で選ぶ

布団は、どこに収納するかによっても適したグッズが異なります。一般的に利用されている布団の収納場所は、「押し入れ」「クローゼット」「リビング」「ベッド下」などの4か所が主です。それぞれ場所ごとに、おすすめの収納方法とグッズをご紹介します。

「押し入れ」は布団をまとめて収納可能

押し入れにスペースの余裕があれば、布団一式をまとめて収納できる大型サイズのふとん袋が便利です。布団をそのまま入れるよりも、コンパクトになり収納スペースを抑えられます。ホコリや虫から保護してくれる効果も期待できるのが嬉しいポイント。また、まとめて入れておけば使いたい時に探す手間が省けるのでスムーズに取り出せますね。

シングルの掛け布団と敷き布団が、2~4枚入る大型サイズのふとん袋です。不織布製で通気性がよく、湿気や汚れからしっかり守り、カビの発生を防ぐ効果も期待できます。布団のかさを適度に抑えながら一式まとめて収納できるため、押し入れのスペースを有効に活用できる便利なグッズです。取っ手が2か所についており、出し入れも簡単にできますよ。

「クローゼット」は奥行を考慮したサイズを選択

クローゼットは押し入れと比較して奥行きが狭く、押し入れ用では入りきらない場合があるため、収納グッズのサイズの確認が必要です。また、クローゼットの形状もさまざまで、棚があるかどうかによっても適した収納グッズが異なります。

一般的に、クローゼットの下部分がデッドスペースになりがちなため、そのサイズに合った収納グッズを選んでみるのもおすすめです。縦型や自立するタイプであれば、デッドスペースを有効に活用できるうえ、必要なときには取り出しをスムーズに行えます。

芯材入りで自立するタイプのため、縦置き横置きのどちらも使えます。クローゼットにかけた洋服の長さに合わせて、邪魔にならないサイズを選べば、少ないスペースでも無駄なく活用することが可能です。また、取っ手がついているため、重い布団を入れても安心して取り出せますね。

「リビング」ならインテリアとして活躍するアイテムがおすすめ

一人暮らしの部屋で収納スペースが少ない場合は、アイデアグッズを利用するのもおすすめです。布団を収納してソファやクッションなどに変形させるタイプなら、リビングに置いたままにしても馴染みやすいですよね。ただし、インテリアとしての役割も果たすため、部屋の雰囲気に合ったカラーやデザインを選ぶことが大切です。

エア・リゾーム ソファになる布団収納カバーDeco敷き・掛け布団用2点セット

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(15件)

>

商品情報

ブランド エア・リゾーム
材質 コットン
色 アイボリー(サンゴマイヤー)
商品の寸法 102L x 70W x 11H cm

掛け布団と敷き布団の2枚がセットになった布団収納袋です。布団をたたんで入れるだけという簡単な作業で収納でき、一方を壁に立てかければ、ソファとしても利用ができます。ファスナーが見えにくくなっていて見栄えのよいつくりとこだわりの生地で、生活感をカバーするデザインです。

荷物を見せたくないなら「ベッド下」のデッドスペースを活用

荷物を見せたくない場合は、ベッド下のスペースを活用できる収納グッズを取り入れてみましょう。シーズンオフで使わなくなった布団をベッド下に収納することで、部屋がすっきりと片付き、生活感が出にくくなります。布団は重みがあるため、収納グッズに取っ手がついていると引き出しやすくて便利です。押し入れやクローゼットの上段よりも、手軽に取り出せるというメリットもあります。

ベッド下用のシンプルな収納グッズです。布団や枕、シーツなどをまとめてベッドの下に収納し、ホコリや汚れがつきにくくなります。コーナー部分はネットを使用しており、通気性を高めているため、湿気がこもりにくいつくりです。柄のないシンプルなデザインのため、ベッドから見える部分も気にならず、部屋の美観を邪魔しません。

布団に合った収納方法で選ぶ

布団の種類によっても、収納方法を変える必要があります。さまざまな収納方法や収納グッズがあり、それぞれの種類に適した方法で収納することにより、清潔さや耐久性を維持しながら効果的にスペースの有効活用が可能になるのです。ここでは「圧縮袋」と「不織布製」に分けて、適した布団の種類をご紹介します。

かさばる布団は「圧縮袋」で収納スペースを確保

厚みがありかさばる布団は、圧縮袋に収納するとスペースが有効に使えます。家族の人数が多い家庭や収納スペースが狭いときは、圧縮袋を使えばたくさん収納できて便利です。密閉されているため、ダニやカビも発生しにくいというメリットもあります。ただし、布団を清潔にしないまま収納した場合は、ダニやカビが繁殖する可能性があるため、保管前に手入れをしっかりするようにしましょう。

大きめの布団用の圧縮袋です。袋に入れて口をしっかり閉じた後は、キャニスタータイプの掃除機で空気を抜くことによって圧縮される仕組みになっています。シングルの掛け布団なら1~2枚、ダブルサイズなら1枚を半分以下の厚みに圧縮できるため、省スペースでの収納が可能です。ダニよけの防虫成分が練り込まれており、圧縮袋にいれておくだけでダニ対策にもつながりますよ。

羽毛布団は「不織布製」で優しく収納

羽毛布団を収納する場合は、圧縮しすぎず、コンパクトに収まるようなタイプを選ぶことが大切です。圧縮袋のようなタイプで圧縮しすぎると、羽毛特有のふんわり感が損なわれて、保温性が低くなってしまう可能性があります。羽毛布団の収納には、不織布製の収納グッズがおすすめです。通気性が高く、湿気やカビの発生を防ぐ効果だけでなく、羽毛布団のふんわりとした形状を保護してくれる効果が期待できますよ。

通気性が高い不織布を使用しており、湿気やカビの発生を防ぐ効果が期待できます。ファスナーが斜めについていて、羽毛布団を入れて閉じればキューブ型になり約1/2の大きさで収納することができます。デリケートな羽毛布団を圧縮しすぎずに、コンパクトにまとめてくれるため、押し入れやクローゼットの狭いスペースでもすっきりと収まるでしょう。また、取っ手がついており、高い位置に収納していても取り出しが簡単です。

布団収納グッズの機能性から選ぶ

布団収納グッズは、機能性がプラスされたタイプを選ぶとより快適に利用できます。「活性炭消臭」「円柱形」「収納ボックス」「布団ラック」などは、清潔に保ちながらスペースを有効に活用できるおすすめの機能です。

「活性炭消臭」でニオイやホコリを防止

布団を押し入れに収納する際は、ニオイやホコリ対策が大切ですよね。活性炭を使用した生地は、吸着性能を持っており、気になるニオイや湿気を吸収してくれます。また、湿度調節によってカビの発生を防ぐ効果が期待できるのも嬉しいポイントです。特定の物質を吸着する性質もあるため、押入れに収納した布団をホコリからも守ってくれるでしょう。

通気性のよい不織布の間に活性炭シートを挟み込んだ生地を使用した収納ケースです。活性炭の小さな孔(あな)が悪臭を吸着して、布団にニオイがつくのを防ぐ効果が期待できます。不織布製の通気性のよさも加わり、湿気やホコリからも守ってくれる収納グッズです。透明窓がついており、中身がひと目でわかるため探す手間も省けます。

出し入れしやすさなら「円柱形」が便利

円柱形タイプのグッズなら、布団をまるめて入れるだけなので、収納の手間が省けるでしょう。縦置きや横置き、重ね置きなど、デッドスペースを応じた置き方でどこにでも置きやすい形状といえます。部屋のテイストを邪魔しないデザインにして、クッション代わりにするのもおすすめです。

アストロ 活性炭消臭 羽毛布団収納袋 171-43

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(224件)

>

商品情報

ブランド アストロ
商品サイズ ‎70 x 40 x 40 cm
商品重量 150 g
素材 ‎ポリプロピレン/ポリエチレン

縦置きしやすい円柱形の収納グッズで、クローゼットのデッドスペースにも収まりやすく、取っ手つきで取り出しも簡単です。活性炭シートを挟み込んだ不織布製で、ホコリやニオイ、汚れからも守ってくれる効果が期待できます。圧縮をしすぎずに優しく収納するため、羽毛布団の羽毛を傷めにくく、ふんわり感や保温性もキープできるのがメリットのひとつです。

おしゃれな「収納ボックス」ならインテリアとして活躍

おしゃれなデザインの収納ボックスを利用し、布団を収納する方法もあります。ボックスの中に入れることでコンパクトに収納でき、部屋のスペースが有効に使えるのもうれしいポイントです。そのまま置いておくよりもホコリや湿気を防げるため、布団の清潔さを保つことにも役立ちます。収納が少ない部屋なら、収納ボックスをいくつか組み合わせて、チェストとして利用するのもおすすめです。

積み重ねも可能な収納ボックスです。シンプルなデザインでインテリアの邪魔をせず、スタイリッシュな印象を与えます。全方向から取り出せるため、場所を選ばず設置しやすく、積み重ねてチェストのように使うことも可能。使わないときは折りたたんで、コンパクトに収納できます。

収納がない部屋には「布団ラック」がおすすめ

収納がない部屋なら、カバー付きのラックを利用すると収納場所を作れます。下段のラックでは日々使用する布団を収納し、上段をクローゼット代わりにすれば、限られたスペースを利用するのに有効的です。布団ラックはキャスター付きのものが多いため、出し入れが簡単でスムーズに収納できますよ。カバー付きにすることで、ホコリや日焼けから守り、部屋の美観も維持するのにも役立ちますよ。

ベルメゾン カバー付き布団ラック

Amazonカスタマーレビュー

3.5

Amazonカスタマーレビュー

(18件)

>

商品情報

ブランド BELLE MAISON(ベルメゾン)
商品の寸法 76D x 122W x 182H cm
材質 バーチ
取り付けタイプ キャスター
特徴 調整可能


押し入れのない部屋におすすめのカバー付き布団ラックです。下段はキャスター付きの布団ラックで、たたんだ布団を乗せて簡単に出し入れすることができます。上段は洋服をかけたりアクセサリーを収納したりとクローゼット代わりとして活用が可能です。カバーがついているため、生活感が出ず、急な来客時にも慌てることなく安心。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは布団収納の種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらに布団収納を探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

全12商品

おすすめ商品比較表

ぼん家具 布団ラックキャスター付き

TIANZONG 収納ボックス2点セット

東和産業 ふとん袋

山善 敷き布団をたたんですっきり立たせる収納ボックスYTCK-CLFTL(WH)

エア・リゾーム ソファになる布団収納カバーDeco敷き・掛け布団用2点セット

IKEA SKUBB収納袋/ケース

バルサン ふとん圧縮袋L 大きめ布団用2枚入

ワイズ キューブ型羽毛ふとん収納袋シングル用

アストロ 活性炭 敷布団収納袋 171-39

アストロ 活性炭消臭 羽毛布団収納袋 171-43

XUNTAO 収納ボックス折りたたみ

ベルメゾン カバー付き布団ラック

Amazonカスタマーレビュー
4.3159
4.4603
4.0178
4.1118
4.115
4.4170
3.81,394
4.0279
4.18,234
4.1224
4.21,833
3.518
最安値
タイムセール
¥709-50%
参考価格¥1,408
タイムセール
¥2,780-7%
参考価格¥2,989
タイムセール
¥824-30%
参考価格¥1,180
タイムセール
¥778-19%
参考価格¥963

-

¥10,399
¥32,390
購入リンク

布団はライフスタイルに合った収納グッズを選ぼう

布団収納グッズは、袋やケース、ボックスやラックなどさまざまなタイプがあり、収納する場所や布団の種類などによって適したものが異なります。それぞれの用途や目的に合わせて、最適な収納グッズを選んで、布団を清潔に保管しましょう。本記事の選び方を踏まえて、自宅の収納に合ったグッズを見つけてみてください。

こちらもチェック!
布団クリーナーのおすすめ9選!コードレスタイプなど人気のアイテムをご紹介

布団をダニやホコリから守るために欠かせない「布団クリーナー」。外に干すのが難しい方や、一人暮らしで干す時間がない方の強い味方です。レイコップやアイリスオーヤマなど、さまざまなメーカーから販売されています。そこで、布団クリーナーの選び方と、おすすめの品を10点集めました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
布団収納クッションのおすすめ11選!かわいいデザインのアイテムもご紹介

「暖い…けど、かさばる!」冬用の掛け布団は、収納に困ることもありますよね。そんな時、便利なアイテムが布団収納クッション。布団収納をスマートに、そしておしゃれに行いたい方におすすめのアイテムを12選ご紹介します。布団類を収納しつつ、お部屋を素敵に彩るアイディアをチェックしてみましょう!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のインテリア・家具カテゴリー

新着記事

カテゴリー