この記事で紹介されている商品

アウトドアでも活用したい「冷凍焼き鳥」10選!おいしい焼き方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

アウトドアやおつまみなど、さまざまなシーンで活躍する「冷凍焼き鳥」。国産のものやコスパの良い業務用スーパーのものなど、種類が豊富でどれを選べばいいか悩みますよね。この記事では、冷凍焼き鳥の選び方をご紹介します。フライパンなどを使ったおいしい焼き方やアレンジレシピも解説するので、参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

冷凍焼き鳥はアウトドアでも大活躍!

冷凍焼き鳥は、解凍して焼くだけで手軽に本格的な味わいを楽しめます。鶏肉の部位や味付けによって、さまざまな味を食べ比べできるのも魅力。普段の食事やお酒のおつまみにはもちろん、串に刺さっていて食べやすいので、バーベキューやキャンプなどのアウトドアでも活躍しますよ。 購入する際は、一般的なスーパー・業務用スーパー・ネット通販などを利用してみましょう。特に業務用スーパーやネット通販では、大容量タイプも多く販売されているので複数人集まるイベントでも活用しやすいですよ。

冷凍焼き鳥を選ぶときの注目ポイントは?

冷凍焼き鳥を選ぶときは「焼き鳥の部位」「味付け」「加熱の有無」「内容量」の4つのポイントに注目してみましょう。お気に入りの冷凍焼き鳥を見つけて、普段の食事やアウトドアなど幅広いシーンに取り入れてみてくださいね。

1.【焼き鳥の部位】

冷凍焼き鳥の部位には「もも」「ぼんじり」「せせり」「むね」「ささみ」などがあります。食べ比べをしたい方は、さまざまな種類の焼き鳥がセットになった商品もおすすめ。一度にいろんな部位を試せるので、好みのものも見つけやすいですよ。ここからは、冷凍焼き鳥の部位について詳しく解説します。

もも・ぼんじり・せせり

適度に脂ののった部位が好みの方は、ももがおすすめ。焼き鳥の定番で、パサつきが少なくジューシーさを楽しめる部位です。バーベキューやおもてなしでも活躍します。 濃厚な味を求めるなら、ぼんじり・せせりにも試してみましょう。ぼんじりは鶏肉のお尻の部位を指し、脂肪分が多く肉汁もたっぷり。せせりは鶏肉の首元の部位を指し、もも肉よりも旨味がギュッと詰まっています。

むね・ささみ

むね・ささみは、あっさりとした味が好みの方に最適。もも肉に比べると脂肪分が少なく淡泊な部位なので、さっぱりと食べられますよ。ただし、脂身が少ないため、パサつきやすいというデメリットも。焼きすぎに注意し、適度な加減で火を通すと鶏肉の旨味がしっかりと感じられます。ほかの部位に比べると価格が比較的リーズナブルなので、冷凍焼き鳥を安く手に入れたい方にもおすすめですよ。

とり皮

個性的な部位のとり皮は、脂の旨味やパリパリとした独特な食感を楽しめます。丁寧に時間をかけて焼くと香ばしさがよりアップするので、試してみてくださいね。お酒との相性もよく、晩酌のお供やバーベキューにもぴったり!串から取り外して、ネギやポン酢と合わせるなど、アレンジを楽しむこともできますよ。

食べ比べるならセット品

食べ比べを楽しみたい方は、さまざまな種類が入ったセット商品がおすすめ。少量から大容量まで種類が豊富なので、パーティーやアウトドアなど、大人数で集まるシーンでも活躍しますよ。また、メーカーによっては定番のもも肉のほかに、希少部位のぼんじりやせせりが入った限定セットなどもあります。食べ比べをして、お気に入りの部位を見つけてみてくださいね。

2.【味付けの有無や好みの味】

冷凍焼き鳥の味付けは「味付けなし」「タレ味」「塩味」の3種類があります。味付けなしや塩味を選べば、アレンジを加えて違ったテイストを楽しむこともできますよ。ここからは冷凍焼き鳥の味付けについて解説するので、参考にしてみてくださいね。

味付けなしタイプ

味付けなしタイプは、自分好みに味を変えられます。焼いた鶏肉の上にピリ辛のサルサソースをかける、鶏肉と卵をとじて親子丼にする、マヨネーズと合えてサラダにトッピングするなど、さまざまなアレンジを楽しめますよ。塩分調整ができるので、気分によって味の濃さを変えられるのもよいですね。焼き鳥をアレンジしたい方は、味付けなしタイプを選んでみましょう。

タレ味タイプ

タレ味タイプは味付けがされているため、調理してそのまま食べられるのが特徴。調理の手間がかからず、もう一品おかずが欲しいというときにも重宝します。タレの旨味が鶏肉に馴染んでいるので、ごはんがより一層進みますよ。 商品によってタレの味は、甘辛だったりピリ辛だったり種類が豊富なので、好みのものを選びましょう。ネット通販などでは、秘伝のタレで漬け込んだ、有名店こだわりの焼き鳥なども販売されていますよ。

塩味タイプ

塩味タイプは、シンプルな味付けが好みの方におすすめ。もも、むね、ささみなどいろいろな部位と相性がよく、脂が多くこってりした味わいのとり皮などもさっぱりと食べられます。レモン汁やポン酢をかけたり、練り梅や柚子胡椒を添えたりと、アレンジを加えていろんな味を楽しむのもおすすめです。

3.【加熱の有無】生串か加熱調理済みか

冷凍焼き鳥には、生肉を串に刺した状態で冷凍した「生串タイプ」と、加熱調理後に冷凍した「加熱済みタイプ」の2種類があります。生串タイプは、フライパン・グリル・オーブンなどが必要で少し手間がかかりますが、好みの焼き具合に調節できるのが魅力。炭火などで焼けば、より本格的な風味に仕上げられますよ。加熱済みタイプは、焼く手間を省いて手軽に食べられて、時間がないときにも役立ちます。好みの味わいや作る手間など何にこだわりたいのかを決めて、シーンごとに適したタイプを選んでみてくださいね。

4.【内容量】大人数なら業務用が便利!

冷凍焼き鳥は一人向きの3~5本入りや大容量タイプなど、容量のバリエーションも豊富。選ぶときは、人数や利用シーンに応じて内容量を選ぶことが大切です!例えば、アウトドアやパーティーなど大人数が集まるシーンでは、業務用の大容量タイプがおすすめ。みんなでシェアしやすく、通常タイプよりもお得に購入できますよ。大容量タイプは通販や業務用スーパーなどでも購入できるので、チェックしてみてくださいね。

ただし、大容量タイプで一つのパッケージにまとめて入っているものは、余ったときの保存がしにくいというデメリットも。小分け包装されたものだと保存がしやすいので、購入時はあわせて確認するようにしましょう。

アウトドアで使いやすい!冷凍焼き鳥10選

ここからは、アウトドアで使いやすい冷凍焼き鳥10選をご紹介します。国産肉を使ったもの、職人が丁寧に仕上げたもの、バラエティー豊かなセット品など、ご自宅やアウトドアシーンで使いやすい商品をピックアップしました。

PR
焼き鳥 冷凍 国産 セット

商品情報

もも20本 皮10本 むね10本 ぼんじり10本合計50本。日本の大自然でストレスの少ない環境で 育てられた若鶏から厳選した鶏肉だけを使用しています。

国産肉を使った焼き鳥は、もも、むね、ぼんじり、鶏皮がセットになっています。串打ちは1本ずつ手作業で行われており、肉の繊維を傷つけずに旨味を閉じ込めているのがポイント。味付けなしタイプなので、アレンジもしやすいですよ。

PR
鶏肉専門店梅や 焼き鳥セット

商品情報

1セット1キロ越えの大容量!焼き鳥1本1本にボリュームがあり食べ応え抜群です。キャンプやBBQでもお楽しみいただけます。

焼き鳥やソーセージなどがセットになった、バーベキューにおすすめの商品。それぞれの具材が真空パックされているため、食べたい量だけを解凍しやすいです。プロ直伝の説明書付きなので、下準備や焼き方などに困ることもなく、おいしく仕上げられますよ。

PR
Poulet-d'Or 国産 焼き鳥

商品情報

職人が毎日手作りで刺している焼き鳥です。
【内容量】40g x 10本
【状態】冷凍品
【賞味期限】発送日より概ね60日
国産

市場の老舗精肉店「鳥久」ではスーパーでは買えない新鮮なお肉を、ご自宅へ直送してくれます。新鮮な国産の鶏肉を使ったねぎま串も、職人が1本ずつ手作業で刺していますよ。少し贅沢な焼き鳥を楽しみたい方にもおすすめです。

PR
焼き鳥 冷凍

商品情報

大人気の焼き鳥皮串です。 スチーム鶏皮串です。加熱してお召し上がり頂けます。
1本づつバラバラで冷凍されています。 ロスなく使いやすいです。

冷凍のとり皮が50本入った業務用タイプ。アウトドア、ホームパーティー、学園祭など大人数集まるシーンで活躍しますよ。1本ずつバラバラに冷凍されているので、必要な分だけ取り出して使えるのがうれしいですね。

PR
さぬき匠の若どり ネギマ

商品情報

【産地、商品名】国産(香川県産)、さぬき匠若どり ネギマ串(もも肉、長ネギ)
【内容量】約1.5kg (1本あたり約30g、10本×5袋)

香川県産のさぬき匠若どりを使ったねぎま串は、お肉の濃厚な脂とネギの甘味が絶妙なバランスです。味付けなしタイプなのでタレ、しょうゆ、塩など、お好みの味付けにして食べ比べしてみてくださいね。

PR
焼き鳥串

商品情報

ブランド 肉の卸問屋アオノ
種類 焼き鳥,焼鳥
個数 50
生物源 ニワトリ

焼き鳥好きにおすすめな50本入りの大容量タイプ。もも肉ですが脂っこさが少なくパクパクと食べられます。焼き上げると外はカリッと中はモチモチとした食感に仕上がる、肉厚さが特徴。味付けしていないため、焼き鳥丼や塩ダレ炒めなどアレンジしやすいところも魅力のひとつです。

PR
焼き鳥 50本セット

商品情報

もも串10本、むね串10本、ハツ串10本、ぼんじり10本、鶏皮串10本の計50本
1本ずつ手作業で串さしの作業を行っております。

家呑みやバーベキューなどにぴったりなバラエティーセットは、もも、むね、ぼんじり、とり皮、ハツの5種類が盛り合わせになっています。解凍後は炭火焼き、フライパン、グリルなどを使っておいしく焼き上げてくださいね。

PR
博多 ぐるぐる とりかわ

商品情報

焼いては寝かし、 焼いては寝かしを繰り返し、 秘伝のタレに漬け込みさらに寝かし、 手間ひまかけた竹乃屋自慢の一品です。

漬け込みと焼く作業を72時間繰り返して作られた、絶品の鶏皮串を堪能できます。秘伝のタレには創業160年を超える福岡のジョーキュウ醤油、旨味成分たっぷりの対馬の藻塩、コク深い三奈木の黒砂糖を使用。ご自宅用はもちろん、贈り物としても喜ばれる商品ですよ。

PR
港ダイニングしおそう 焼き鳥

商品情報

【内容量】1,鶏もも串×10本 2,鶏ももネギマ串×10本 3,純鶏串×10本 4, 鶏砂肝串×10本 5,鶏つくね肝串×10本

アウトドアやホームパーティーなど、さまざまなシーンで使いやすい鶏串の盛り合わせ。定番のもも串やねぎま串、弾力がクセになる砂肝串、食べ応えのある鶏つくね串などがセットになっています。一種類ずつ真空パックされているので、保存もしやすいですよ。

冷凍焼き鳥のおいしい焼き方をご紹介

ここでは、冷凍焼き鳥のおいしい焼き方をご紹介します。冷凍焼き鳥はコツを意識すると、より本格的な味に仕上がるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

解凍方法

冷凍焼き鳥を解凍するときは、冷蔵庫を使うのが最適。冷蔵庫を使うとムラなくじっくりと解凍できるので、おいしく仕上がりますよ。調理する前日に冷凍庫から冷蔵庫に移して、一晩~丸一日かけて解凍するのが理想です。解凍しすぎると余分な水分が出やすくなってしまうため、定期的に状態を確認するようにしましょう。
    ※パッケージの表記がある場合は表記にしたがって解凍してください。

フライパン

鶏肉の片面に色が付くまで焼きます。焼き目が付いたらお好みのタレを絡めて(味付きの場合はそのままでOK)フタをし、さらに3分ほど蒸し焼きにして中まで火を通したら完成です。フタをしないと中に火が通りにくいので、必ず使用してくださいね。

ホットプレート

みんなでワイワイと楽しみたい場合は、ホットプレートを使う方法もあります。ホットプレートは180℃に設定して温めておきましょう。薄く油を引いたプレートの上に冷凍焼き鳥を置き、片面を約2~3分焼いてひっくり返し、さらに裏面も約2~3分焼きます。中まで火が通り、お肉から油が出てきたら完成!温度を高くしすぎるとパサパサに仕上がるので注意してくださいね。

アイデア次第でおいしいアレンジレシピも!

冷凍焼き鳥は、アイデア次第でさまざまなアレンジレシピを作れますよ。 例えば味付けなしタイプの焼き鳥と甘辛いタレを煮込んで溶き卵を入れると、簡単に親子丼が作れます。お酒のおつまみなら油揚げの上にタレ付き焼き鳥、スライス玉ねぎ、マヨネーズをトッピングして焼いた照りマヨ風ピザがおすすめ。カリッと香ばしく、小腹が空いたときにもぴったりですよ。

朝食に冷凍焼き鳥を使いたいなら、オープンサンドにしてみてはいかがでしょうか?軽くトーストした食パンの上に温めた焼き鳥とスクランブルエッグをのせて、お好みでマヨネーズやケチャップなどをかけましょう。ボリュームがあり、朝から元気の出るメニューですよ。 アウトドアなら炭火で焼いた焼き鳥をごはんの上にのせて、丼ぶりとして食べるのもおすすめ。ほかにも焼き野菜や生トマトをのせるのもよいですね。

ぜひアレンジレシピに挑戦し、いろいろな味わいを楽しんでみてくださいね。

冷凍焼き鳥をさまざまなシーンに取り入れてみよう!

冷凍焼き鳥は、ご自宅はもちろんアウトドアシーンでも活躍します。焼き方によって風味が変わるので、さまざまな方法に挑戦するのもおすすめですよ。味に変化をつけたいなら、調味料をプラスしてアレンジしたり、親子丼などほかの料理に変身させたりして、冷凍焼き鳥を楽しんでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー