この記事で紹介されている商品
洗濯機を置く台おすすめ15選!キャスター付きタイプや防水パンをご紹介

洗濯機を置く台おすすめ15選!キャスター付きタイプや防水パンをご紹介

「洗濯機を置く台」は洗濯機の振動や騒音を抑えられるアイテムで、キャスター付きや据え置き型などがあります。タイプによって設置方法や特徴が異なるため、ご家庭の洗濯機に合ったものを見つけることが大切ですよ。そこで今回は、洗濯機を置く台の選び方について解説します。おすすめ商品もご紹介するので、ぜひご覧ください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

洗濯機を置く台の選び方

洗濯機はそのまま設置すると、床に傷がついたり、水漏れを防げなかったりする恐れがあります。予期せぬトラブルを防ぐためにも、洗濯機を設置するときは洗濯機置き台を使うのがおすすめです。

しかし、洗濯機を置く台はさまざまな種類があるので、選ぶのに悩みますよね。ここからは、洗濯機を置く台の選び方について詳しく解説します。「タイプ」「ドラム式に対応しているか」「洗濯機のサイズ」「耐震性」の4つをピックアップしたので、ポイントをおさえて自宅に合ったアイテムを選びましょう。

1.タイプで選ぶ

洗濯機を置く台のタイプは大きく分けて「キャスター付き」「防水パン」「据え置き型」の3種類があります。掃除のしやすさや水漏れ防止、振動の抑制などそれぞれ特徴が異なるので、何に重点を置きたいのか決めておきましょう。

ここでは、洗濯機を置く台のタイプについて解説します。ご家庭の洗濯機に合う洗濯機置き台を見つけてくださいね。

キャスター付き

キャスター付きの洗濯機置き台は、掃除をしやすいのが魅力です。洗濯機の下や周りはホコリや衣類から出る繊維が溜まりやすく、放置していると排水口が詰まる原因にもなりかねません。キャスター付きなら掃除をする際に洗濯機を移動させられるので清潔な状態を維持できますよ。

ただしキャスターは振動で動くと危険なため、ストッパーで固定できるものを選びましょう。また、掃除をする際に動かせるスペースも必要になるので、移動スペースも確保しておいてくださいね。

防水パン

防水パンの上に洗濯機を設置しておくと、万が一水漏れした場合に被害を抑えられます。一軒家の2階以上に洗濯機を設置したいご家庭や、マンション住まいの方におすすめです。

防水パンは、フラットタイプと四隅が出っ張っているタイプの2種類があります。フラットタイプは洗濯機を設置しやすいですが、掃除がしにくいというデメリットも。四隅が出っ張っているタイプは洗濯機の下側に隙間ができるので、掃除がしやすいですよ。

据え置き型

据え置き型は洗濯機の振動やズレを抑えるので、防音を重視する方におすすめです。

据え置き型は、洗濯機に合わせて種類を選べるので使いやすいですが、水漏れを受け止められず家具や床などが傷む恐れもあります。心配な方は防水パンと併用すると水漏れを防げますよ。

2.ドラム式洗濯機に対応しているかで選ぶ

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べると重量があるため、洗濯機置き台のなかにはドラム式に対応していない製品もあります。規格に合わないものを設置すると、洗濯機の故障や転倒の原因につながるので、購入前にしっかりと確認するようにしましょう。

確認する際は、公式ホームページやパッケージの裏側を参考にしてみてくださいね。

3.洗濯機のサイズで選ぶ

洗濯機を置く台を設置する際は、洗濯機のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。確認する際は縦、横、高さのほかに排水ホースを通すスペースもチェックしましょう。サイズを確認しないと、設置できなかったり洗濯物が取り出しづらくなったりする恐れもあります。

据え置き型は横幅が長さ調整できるものもあり、洗濯機が変わったときも対応できるのでおすすめですよ。

また、サイズと併せて確認したいのが耐荷重。縦型洗濯機の重量は約30~40kg、ドラム式は約60~80kgがありますが、そこから水や衣類の重さが加わるため、少なくとも耐荷重は100kg以上のものを選んでおくと安心です。洗濯機置き台の耐荷重を超えた洗濯機を設置すると破損してしまう可能性もあるので、あらかじめ確認しておいてくださいね。

4.耐震性で選ぶ

洗濯機は脱水する際に大きく揺れる場合があり、マンションの2階以上にお住いの方は振動が気になりますよね。振動を抑えたいなら、ゴムマットが付いているタイプがおすすめです。ゴムが振動を吸収し、防音対策に役立ちますよ。

大きな振動を防げると洗濯機自体も傷つきにくいため長く愛用できます。洗濯機を置く台を購入する際は、耐震性の有無もチェックしておきましょう。

洗濯機を置く台おすすめ15選

ここからは、洗濯機を置く台のおすすめ商品をご紹介します。キャスター付き、防水パン、据え置き型に加えて、機能性の優れた商品もたくさんあるので確認してみてくださいね!

移動しやすいキャスター付き9選

まずはキャスター付きの洗濯機台をご紹介します。防音に役立つゴムパッド付きのものやジャッキが8本備わった安定感抜群のものなど幅広くピックアップしています。置くスペースを確認してご自宅にあったものを選びましょう。

縦型専用の洗濯機台は、四辺それぞれが伸縮調整可能なため幅広いサイズの洗濯機に対応しています。四隅に付いた滑り止めがズレを防ぎ、付属の保護マットを使うと床の傷も防ぐことができますよ。キャスタータイプなので洗濯機を移動させやすく掃除も簡単!前側2ヶ所のストッパーを止めるとしっかり固定もできます。

伸縮式の洗濯機台は、ドラム式にも対応した便利な商品です。耐荷重は300kgのため、ほとんどの洗濯機に使用できるのもうれしいポイント。洗濯機のほかに冷蔵庫にも対応しているので、使い勝手がよさそうですね。360度転換できるキャスターは移動させやすく、ロック用のストッパーも付いています。

耐荷重が大きいため、洗濯機以外のエアコンや冷蔵庫、衣類乾燥機などの大型機器にも使用できます。素材にはABS樹脂とステンレス鋼を採用しており、錆止め性や耐食性も高いですよ。キャスターにロック機能が搭載されていますが、パイプ部分にもセーフロックが付いているため、万が一キャスターにロックをかけ忘れても動かないように工夫が施されています。

幅と奥行きが調節できるキャスター付きの洗濯機台は、耐荷重は150kgまでで、ドラム式洗濯機にも対応しています。スリム設計なので設置がしやすいですよ。四隅には大型ジャッキが搭載されているため安定性が高く、高さ調整もできるため排水もスムーズに行えます。付属のゴムパッドは脱水時の揺れを吸収し、防音の役割も果たしてくれるので洗濯機を快適に使えますよ。

耐荷重500kgの洗濯機台は大きなジャッキが8つとキャスターが4つ付いています。置き台は伸縮が可能なので、洗濯機のサイズに合わせて調整してくださいね。洗濯機をのせる際は、製品が安全に立つのか確認するのがポイントです。滑らないように必ずキャスターのロックを締めましょう。

耐荷重500kgの洗濯機台は洗濯機のほかに、乾燥機や冷蔵庫などの大型機器にも利用できる優れものです。ジャッキ付きのため安定性に優れており、移動も楽に行えます。ユニバーサルデザインのキャスターはロックとオフブレーキが搭載されており、さまざまな方向に動かしやすいですよ。据え置きタイプのジャッキは高さ調整が可能なので、洗濯機と排水溝の間にスペースをつくりたいときにも便利です。

WEIMALL 洗濯機置き台 キャスターストッパー付

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(2件)

>

商品情報

ブランド:WEIMALL
サイズ(約):幅45〜71cm、奥行45〜71cm、高さ9.6cm
重量(約):2.2kg
耐荷重(約):200kg
材質:ABS樹脂(本体)、ステンレス(フレーム部)

キャスターとストッパー付きで、簡単に動かせる洗濯機置き台は、洗濯機周りの清掃を楽にします。かさ上げにより通気性が向上し、衛生的な環境を保つことができますよ。振動パッドが騒音を軽減し、全てのキャスターにはストッパーが付いているため、安定性にも優れています。耐久性のあるステンレス製フレームはサビに強く、目盛り付きで正確な設置が可能。付属のクッションパッドで床を保護し、さらに振動を減らすことができますよ。

キャスター付きなので動かしやすく、4輪すべてにストッパーが搭載されているのでしっかり固定できますよ。台の角にはそれぞれゴムシートが付いており、洗濯機の振動を緩和できます。幅と奥行きを伸縮調整できますが、耐荷重は120kgまでなのでドラム式洗濯機は設置しないようにしましょう。

縦型とドラム式に対応しており、荷物を運ぶ際のキャスター代わりにも使えますよ。縦と横に伸縮ができるネジは、調整後はきつく締めて固定するようにしましょう。四隅にパッドが付いているため、キャスターの下に敷くと床の傷や振動防止に役立ちます。キャスターの前側にはストッパーが付いているので、動かしたいときはオンにし、固定したい場合はオフに切り替えましょう。

使い勝手の良い据え置き型5選

据え置き型の洗濯機台は4つのパーツに分かれているものが多く、幅広い種類の洗濯機に対応できますよ。洗濯機以外にソファやベッドなど大型の家具を置ける商品もあるので、商品それぞれの特徴をよくチェックしてくださいね。

幅広い洗濯機に合わせやすい据え置き型の洗濯機台です。柱状構造の内部は洗濯機の振動の伝達を抑えられるように設計されており、ずれ落ち防止リブも設けられているため安定性が高いのもポイントです。そのまま使用できますが、防水パンと併用するのもおすすめ。防水パンの角にきれいに収まりやすく、防水性もアップするのでぜひ一緒に使ってみてくださいね。

洗濯機用かさあげ台を設置する際は、裏側の両面テープを剥がして貼り付けるだけなので簡単ですよ。かさ上げすることによって下側に空間が生まれ、排水トラップやホースなどのメンテナンスもしやすくなるのが魅力です。直接床に設置すると強力なテープが引っ付き、剥がした際に傷がつく恐れがあるので注意しましょう。

DEWELの「洗濯機台J007-WH-JS-DJ」は、巨大な吸盤脚が洗濯機の振動を減少させ、TPU脚とEVAパッドで振動や異音を吸収します。耐水耐食素材で作られているので、水回りでも錆びる心配がありません。また、3年間の安心保証が付いているところもうれしいポイントですね。

ジャッキ付きの洗濯機台は下側に傷防止パッキンが付いており、フローリングでも安心して使用できます。パイプには高品質なステンレス材を採用し、重い洗濯機でも安定して設置できますよ。台の四隅にはゴム製の滑り止めが貼り付けられているため、洗濯時や脱水時の振動を抑えられます。長さや高さを調整できるので幅広いサイズの洗濯機にも対応。高さを調整する際はジャッキを緩め、お好みの高さに合わせたら一番目のリングを回しましょう。

据え置き型の防振パッドは、重ねて高さ調節もできる便利な商品です。上部分はポリプロピレン樹脂を採用しており耐久性が強く、下側のゴム部分は滑り止めと防振の効果に優れています。耐荷重は300kgまで対応しているため、ドラム式洗濯機も使用可能です。冷蔵庫のほかにソファやベッドなどの家具にも使え、幅広い用途に対応しているのもうれしいですね。

水漏れ対策になる防水パンもチェック

自宅の2階以上や集合住宅に住んでいる方は、防水パンも検討しましょう。工事不要で置いてそのまま使用できる手軽さがありますが、伸縮調整はできないので購入の際には洗濯機のサイズをしっかり確認してくださいね。

防水パンは、万が一の洗濯機の水漏れから床を守って、腐食や結露も防ぎます。満水容量は約12Lなので、水漏れが長時間続いても対応できますよ。内面はスロープ形状になっており、結露の水が拭き取りやすいように設計されているのもポイントです。高結晶ポリプロピレンを使った素材は耐薬品性に優れており、丈夫さも兼ね備えています。

全15商品

おすすめ商品比較表

山善 洗濯機台

DEWEL キャスター付き かさ上げ台

Bexeze 洗濯機台

平安伸銅工業 洗濯機台 キャスター付

LAYADO 洗濯機台

Bexeze 洗濯機台 8足4輪

WEIMALL 洗濯機置き台 キャスターストッパー付

積水樹脂商事 洗濯機置き台

SunRuck 洗濯機置き台

因幡電工 洗濯機用防振かさ上げ台

カクダイ 洗濯機用かさ上げ台

DEWEL 洗濯機台 ‎J007-WH-JS-DJ

LUERME 洗濯機台

DEWEL 洗濯機かさ上げ台

TOTO 洗濯機用防水トレイ

Amazonカスタマーレビュー
3.9164
4.21,784
4.11,649
4.2924
3.9242
4.13,252
4.52
3.874
4.0173
4.310,197
4.2823
3.43
3.44
4.3161
4.31,376
最安値
タイムセール
¥3,199-11%
参考価格¥3,599

-

-

タイムセール
¥3,818-46%
参考価格¥7,128
タイムセール
¥1,235-16%
参考価格¥1,472
タイムセール
¥2,599-19%
参考価格¥3,199
タイムセール
¥3,873-12%
参考価格¥4,419
購入リンク

使いやすい洗濯機を置く台を見つけよう!

洗濯機は使用頻度が高い生活家電のため、騒音や水漏れ対策は必須です。かさ上げすると掃除もしやすくなるので、清潔な状態を保ちやすいですよ。サイズや重量確認も重要なので、しっかりと行うようにしましょう。この記事を参考に、使いやすい洗濯機を置く台を見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー