目次

Amazonをウェブサイトで開く方法は?開かない場合の対処法も紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

スマートフォンやタブレットにAmazonアプリをインストールしている場合、検索サイトなどからAmazon公式サイトにアクセスしようとしても、勝手にアプリが起動してしまうことがあります。

アプリでも手軽に買い物を楽しめますが、ブラウザ版のサイトにアクセスしたい場合は、不便に感じることもあるでしょう。

そこで今回はAmazonをウェブサイトで開く方法について解説します。また、Amazonが英語表記になった場合の対処法も紹介するので参考にしてください。

Amazonをウェブサイト(ブラウザ)で開く方法

スマートフォンにAmazonのアプリをインストールしている場合、公式サイトにアクセスしようとすると勝手にアプリが起動してしまう場合があります。Amazonのウェブサイトをスマートフォンから開きたい場合は次の方法を試してみましょう。

  • スマートフォンでリンクを長押しする
  • スマートフォンでパソコン版のサイトを指定して開く

それぞれ詳しく解説します。

スマートフォンでリンクを長押しする

スマートフォンでAmazonのリンクを長押しすることで、Amazonのウェブサイト(ブラウザ版)を開くことが可能です。

iPhoneでSafariを使用する場合

Amazonを検索して公式サイトのリンクを長押しするとポップアップメニューが出現します。その中から、[開く]もしくは[新規タブで開く]を選択することで、ブラウザ版のAmazonのページにアクセス可能です。

Androidのスマートフォンを使用する場合

chromeから検索して公式サイトのリンクを長押します。ポップアップメニューの中から[新しいタブで開く]を選択した後、画面右上のタブ切り替えボタンからタブの一覧を開き、[Amazon公式サイト]を選択すればOKです。

スマートフォンでパソコン版のサイトを指定して開く

スマートフォンでAmazonのPC版サイトを開きたい場合、PC版サイトへのアクセスを指定することでアクセス可能です。

iPhoneからAmazonの公式サイトを検索してURLを長押しし、[開く]もしくは[新規タブで開く]を選択すればAmazonのブラウザ版サイトにアクセスします。

次に、URL欄左側の[ああ]の部分をタップするとポップアップメニューが開くので、その中から[モバイル用ウェブサイトを表示]を選択すれば完了です。

Androidでも同じようにブラウザ版のAmazon公式サイトにアクセスし、画面右上にある[︙]ボタン(メニューボタン)をタップします。タップするとポップアップメニューが表示されるので、メニュー内の[PC版サイト]を選択すれば、AmazonのPC版のサイトが表示されるようになります。

ただし、各種リンクやボタンがかなり小さく表示されるため、見えにくい人は拡大して操作しましょう。

Amazonをウェブサイトで開く具体的な手順

ここではAmazonをウェブサイトで開くための具体的な手順を紹介します。

スマートフォンやタグレットなどでAmazonを利用する際に、アプリが自動的に開いて困っている場合は、いずれかの手順を参考にしてください。

iPhoneやiPad(safari)でリンクを長押しする方法

iPhoneやiPad(Safari)からリンクを長押しして、Amazonのブラウザ版のサイトを表示する具体的な手順は次のとおりです。

  • 1.Safariを起動する
  • 2.「Amazon」を検索する
  • 3.検索結果に表示されたAmazon公式サイトのリンクを長押しする
  • 4.ポップアップメニューから[開く]もしくは[新規タブで開く]をタップする
  • 5.ブラウザ版のAmazon公式サイトにアクセスできる

上記の方法でAmazonのブラウザ版サイトを表示できます。

Android(chrome)でリンクを長押しする方法

iPhoneやiPad(Safari)から、パソコン版サイトを指定して開く方法を解説します。具体的な手順は次のとおりです。

  • 1.Safariを起動する
  • 2.「Amazon」を検索する
  • 3.検索結果に表示されたAmazon公式サイトのリンクを長押しする
  • 4.ポップアップメニューから[開く]もしくは[新規タブで開く]をタップする
  • 5.ブラウザ版のAmazon公式サイトにアクセスできたら、URLが表示されている欄の左側にある[ああ]の部分をタップする
  • 6.さらにポップアップメニューが表示されるので、[デスクトップ用ウェブサイトを表示]をタップする
  • 7.AmazonのPC版サイトが表示される

上記の方法でAmazonのパソコン版サイトを表示できます。

iPhoneやiPad(safari)でパソコン版サイトを指定して開く方法

iPhoneやiPad(Safari)から、パソコン版サイトを指定して開く方法を解説します。具体的な手順は次のとおりです。

  • 1.Safariを起動する
  • 2.「Amazon」を検索する
  • 3.検索結果に表示されたAmazon公式サイトのリンクを長押しする
  • 4.ポップアップメニューから[開く]もしくは[新規タブで開く]をタップする
  • 5.ブラウザ版のAmazon公式サイトにアクセスできたら、URLが表示されている欄の左側にある[ああ]の部分をタップする
  • 6.さらにポップアップメニューが表示されるので、[デスクトップ用ウェブサイトを表示]をタップする
  • 7.AmazonのPC版サイトが表示される

上記の方法でAmazonのパソコン版サイトを表示できます。

Android(chrome)でパソコン版サイトを指定して開く方法

Android(chrome)から、パソコン版サイトを指定して開く方法を解説します。具体的な手順は次のとおりです。

  • 1.chromeを起動する
  • 2.「Amazon」を検索する
  • 3.検索結果に表示されたAmazon公式サイトのリンクを長押しする
  • 4.ポップアップメニューから[新しいタブで開く]をタップする
  • 5.画面右上にある[タブ切り替えボタン](四角い枠に数字が記載されたボタン)をタップする
  • 6.表示されたタブ一覧から[Amazon公式サイト]を選択する
  • 7.ブラウザ版のAmazon公式サイトにアクセスできたら、画面右上にある[︙]ボタン(メニューボタン)をタップする
  • 8.ポップアップメニューが表示されるので、[PC版サイト]をタップする9.AmazonのPC版サイトが表示される

上記の方法でAmazonのパソコン版サイトを表示できます。

Amazonをウェブサイト(ブラウザ)で開けない場合の対処法

スマートフォンやタブレットでAmazonのウェブサイトを開こうとしても開けない場合は、以下に挙げる対処法を試してみましょう。

  • URLをアドレスバーに貼り付けてアクセスする
  • 別のブラウザを利用する
  • ブラウザのキャッシュを削除する

それぞれ詳しく解説します。

URLをアドレスバーに貼り付けてアクセスする

スマートフォンやタブレットでAmazonのウェブサイトが開かない場合は、URLをアドレスバーに貼り付けることで、Amazonのブラウザ版サイトにアクセスできます。

iPhoneやiPad(Safari)もしくはAndroid(chrome)のアドレスバーに以下のURLをコピー&ペーストしましょう。

  • https://www.amazon.co.jp/

その後、検索ボタンや完了ボタンをタップすると、Amazonのブラウザ版サイトにアクセスできます。

iPhoneやiPadの場合は、URLをコピー&ペーストする際に[ペーストして開く]というポップアップメニューを選択すると、自動的にAmazonのブラウザ版サイトにアクセスできるようになります。

別のブラウザを利用する

スマートフォンやタブレットでAmazonのウェブサイトが開かない場合は、別のブラウザを利用することでブラウザ版サイトにアクセスできる可能性があります。

前述したアクセス方法はiPhoneやiPadであれば「Safari」、Androidであれば「chrome」を利用するものでしたが、スマートフォンやタブレットでは、アプリをインストールすることで別のブラウザを利用可能です。

よく使用されるブラウザとしては「MicrosoftEdgr」「Firefox」「Opera」「Brave」などがあります。

これらのブラウザを利用した場合でも、URLを長押しすることで[新規タブ]からアクセスできるため、Amazonのブラウザ版サイトにアクセスできるようになります。

ブラウザのキャッシュを削除する

キャッシュとは、ブラウザが表示したウェブサイトのデータを一時的に保存しておく機能のことをいいます。これは、次回同じサイトにアクセスした場合に保存されたデータを参照することで、表示されるスピードを早くするための機能です。

ブラウザのキャッシュを放置することで、ブラウザの動作が遅くなったり、ウェブサイトにアクセスしにくくなったりすることがあります。

キャッシュを削除すれば、デバイスの動作が軽くなるため、ウェブサイトにアクセスしやすくなります。

Amazonアプリの設定を変更する(Android)

AndroidのスマートフォンやタブレットからAmazonのウェブサイトにアクセスできない場合は、Amazonアプリの設定を変更する方法を試してみましょう。

Androidのデバイスを使用している場合に限り、Amazon公式サイトへアクセスした際に勝手にアプリに飛ばないようにアプリの設定を変更できます。具体的な手順は次のとおりです。

  • 1.[設定]をタップする
  • 2.[アプリと通知]をタップする
  • 3.[Amazonショッピング]をタップする
  • 4.[詳細設定]をタップする
  • 5.[デフォルトで開く]をタップする
  • 6.[対応リンクを開く]をタップする
  • 7.[このアプリで開かない]をタップして設定完了

また、Amazonアプリを頻繁に使用するようになった場合は、上記の設定から[このアプリで開く]を選択すれば、Amazonの検索からAmazonアプリに飛べるようになります。

Amazonの言語設定を英語から日本語に戻す方法

AmazonアプリやAmazon公式サイトを利用していると、言語表示が勝手に変更されて困った経験がある人がいるのではないでしょうか。

ここでは、Amazonの言語設定を英語から日本語に戻す方法を紹介します。

Amazonのアプリから日本語に戻す

Amazonアプリが英語表記になった場合は、次の手順で日本語に戻しましょう。

  • 1.Amazonアプリの画面右下にある[Ξ]ボタン(メニューボタン)をタップする
  • 2.メニュー画面をスクロールして画面下部にある[Setting]をタップする
  • 3.さらにメニューが開くので[Country&Language]をタップする
  • 4.次の画面で[Language]をタップする
  • 5.言語選択の画面で[Japanese(日本語)]をタップすれば日本語表示に戻る
  • 6.最後に[完了]を選択して完了

上記の方法で英語表記を日本語表記に戻せます。

Amazonのモバイルサイトで日本語に戻す

Amazonのモバイルサイトで日本語に戻す手順は次のとおりです。

  • 1.Amazonモバイルサイトの上部に表示されている自分のアカウントをタップする
  • 2.メニュー画面が開いたら、下部にある[Setting]欄にある[English]をタップする
  • 3.言語設定(LanguageSetting)の画面が開くので[日本語]を選択する
  • 4.言語表記が日本語に戻るので[変更する]をタップして完了

なお、以下のURLからAmazonモバイルサイトの言語設定に直接アクセスすることも可能です。

  • https://www.amazon.co.jp/-/en/gp/customer-preferences/select-language/

AmazonのPC版サイトから日本語に戻す

Amazonサイト内の言語が英語になった場合は、次の手順で日本語表記に戻しましょう。

  • 1.AmazonのPC版サイト上部にある国旗のアイコンを選択する
  • 2.言語設定の画面が開くので[日本語-JA]を選択する
  • 3.画面下部にある[変更を保存]を選択すれば完了

なお、こちらの場合も以下のURLから言語設定メニューに直接アクセス可能です。

  • https://www.amazon.co.jp/-/en/gp/customer-preferences/select-language/

Amazonの英語表記が日本語に戻らない場合の対処法

これまでに紹介した方法で、Amazon内の言語表記が英語から日本語に戻らない場合の対処法を紹介します。

具体的な対処法は次のとおりです。

  • 再度サインインをする
  • ブラウズのキャッシュを削除する
  • Amazonアプリを再インストールする
  • 使用するデバイスを再起動する

再度サインインをする

言語設定を変更しても日本語表記に戻らない場合は、Amazonに再度サインインする方法を試してみましょう。サインインしなおすことで、英語表記が日本語表記に戻る可能性があります。

Amazonアプリを使用している場合は、トップ画面の下部にある[Ξ]ボタン(メニューボタン)をタップします。次の画面の下部にある[SignOut]という項目をタップすればサインアウト完了です。

スマーフトフォンのブラウザ版サイトからなら、人型のアイコンをタップしてから[Setting]の下部にある[SignOut]をタップすれば完了です。

PC版サイトの場合は、トップ画面右側にある[Account&Lists]を選択し、下部に表示される[SignOut]を選択すればサインアウト完了となります。

サインアウトが完了したら、すぐにサインインを促す画面へと切り替わるため、改めてサインインしてサイトやアプリの表記を確認してみましょう。日本語表記に戻っていれば大丈夫です。

再度サインインしても日本語表記に戻らない場合は、もう一度サインアウトして、少し時間がたってからサインインをしなおしてみてください。

ブラウズのキャッシュを削除する

キャッシュがたまっている場合、以前にアクセスした際のデータが保存・表示されている可能性があり、日本語表記に戻らないケースがあります。

Googlechromeのキャッシュを削除する場合は、画面右上の[Ξ]ボタンから[その他のツール]、[閲覧履歴を消去]の順に選択します。

[期間を選択]と表示された画面で[Cookieとその他のサイトデータ]、[キャッシュされた画像とファイル]にチェックを入れ、[データを消去]を選択すれば、キャッシュの削除は完了です。

Safariのキャッシュを削除する場合は、Safariのメニューから[履歴を消去]を選択します。次に[履歴を消去すると、閲覧するCookieおよびその他のウェブサイトデータが削除されます]と表示されるので、消去したい期間を選択して[履歴を消去]を選択すれば、キャッシュの削除は完了です。

スマートフォンやタブレットのアプリやブラウザ版アプリでも、それぞれのメニューからキャッシュを削除しましょう。

Amazonアプリを再インストールする

Amazonアプリの言語表記が英語表記から戻らない場合は、アプリの再インストールを試してみましょう。

特に、プラウザ上では言語表記が日本語に戻ったものの、アプリ内だけは英語表記のままになっている場合は、有効な手段となります。

使用するデバイスを再起動する

上記の方法でも戻らない場合は、使用しているデバイスの再起動を試してみましょう。

デバイスを立ち上げ直すことで、日本語表記に戻るケースがあります。

Amazonをウェブサイトで開く方法を知っておこう

今回はAmazonのウェブサイトを開く方法について解説しました。Amazonアプリに自動的に飛んでしまい困っている場合は、本記事で紹介している方法を試してみましょう。

また、Amazonサイトが勝手に英語表記になる場合もいくつかの対処法があります。いずれの方法を試しても日本語表記にならない場合は、ヘルプページを参照するか、カスタマーセンターに相談しましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。

※各種セールは必ず開催があるとは限りません。本記事記載のセール・キャンペーンは予告なく終了となる場合があります。

※売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー