この記事で紹介されている商品
ヴァンズのスニーカーのおすすめ11選!定番から注目モデルまで特徴も解説

ヴァンズのスニーカーのおすすめ11選!定番から注目モデルまで特徴も解説

デザインやカラーの種類が豊富で、コーデのアクセントになりやすくリーズナブルな値段が魅力の「ヴァンズのスニーカー」。今回は、ハイカットのような定番モデルから厚底モデルまで、ヴァンズのスニーカーのおすすめ商品を11選ご紹介します。これを読めば、あなたにぴったりなスニーカーがきっと見つかりますよ。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ヴァンズのスニーカーの魅力

ヴァンズのスニーカーの魅力は、なんといっても種類の多さでしょう。デザイン、カラー、サイズなどさまざまなシーンに合わせて選べるのがポイントです。

価格もお手頃なものが多いため、シンプルな装いのときには明るめのスニーカーでアクセントに、洋服にインパクトがあるコーディネートの時にはシンプルなスニーカーで引き算するなど、トータルコーディネートもしやすくなっています。

他にも高い耐久性やグリップ力、簡単に脱ぎ履きができる点もよいですね。デザイン性の高さと使い勝手のよさが両立しているのが、ヴァンズの大きな魅力といえます。

親子コーデも楽しい!キッズモデルも充実

大人用と子ども用で同じデザインのモデルも販売されているので、親子コーデを楽しめるのもよいですね。今しかできないお揃いコーデで、親子のおでかけももっと楽しくなるでしょう。

全てお揃いにするのは恥ずかしいという方は、色違いがよいかもしれません。パッと見ただけではわからないけれど、よく見たらお揃いというさりげないおしゃれを楽しんでみてください。

ヴァンズのスニーカーの選び方

ヴァンズのスニーカーは4つのポイントを意識して選びましょう。モデルが違えば見た目も全く異なるため、普段着のテイストなどを加味しながら探してみてくださいね。

  • 定番のモデルから選ぶ
  • 注目のモデルから選ぶ
  • コラボや復刻などの限定モデルから選ぶ
  • サイズ感

1.定番のモデルから選ぶ

ヴァンズの定番のモデルは「オーセンティック」「オールドスクール」「エラ」「スケートハイ」「スリッポン」の5つあります。ヴァンズのスニーカーを初めて購入する方は、定番モデルから選ぶのがおすすめです。

ヴァンズの王道モデル!オーセンティック

最初に販売された王道モデルのAUTHENTIC(オーセンティック)は、デッキシューズとよばれる形でシンプルイズベストを体現したようなスタイルです。余計な装飾は一切されていないため、あらゆるコーディネートに馴染みやすく、つい毎日履いてしまうような汎用性の高さが魅力でしょう。

カラーバリエーションも豊富にあり、クールからキュートまで印象も幅広くなっています。

ジャズストライプが特徴!オールドスクール

オーセンティックのあとに販売されたOLD SKOOL(オールドスクール)は、かかとから甲部分に描けて伸びるストライプが印象的なスニーカーです。この線があることで、よりカジュアルな印象に仕上がっています。

靴底は滑りにくいワッフル状の独特な形を採用し、スケートボードやBMXなど強いグリップ力を必要とするスポーツで愛されてきました。耐久性にも優れ、デザインだけでなく機能面でも申し分ないモデルといえるでしょう。

素材・カラーも多彩にラインナップ!エラ

オーセンティックとよく似たモデルですが、履き口にクッションが内蔵され、より履きやすくなっているのがERA(エラ)です。丸みがあるため、オーセンティックよりはカジュアルでかわいらしい印象が強くなっています。

エラは素材やカラーが多彩なのが大きな特徴で、定番のキャンバス地はもちろん、レザーやスエードなど一癖ある製品も豊富。デザインについてもバンダナ柄やグラフィック柄など、コーディネートのアクセントになるものもたくさん販売されています。

スケボー向けのハイカット!スケートハイ

足首を守るために作られたハイカットモデルのSK8-HI(スケートハイ)は、スニーカーの面積が大きく足元にボリュームが出せます。ショート丈のボトムスと合わせるのもおすすめですが、ショートブーツのように使うのもおしゃれです。

甲部分とサイド部分の配色が異なるもの、同一のものなどバリエーションも充実しているので、カジュアルなシーンでは2色、きれいめなシーンでは1色など使い分けてもよいでしょう。

シンプルで耐久性が高い!スリッポン

靴紐がなく、サッと履ける点が魅力のSLIP-ON(スリッポン)。両手を使わずに脱ぎ履きができ、靴紐がないので靴に視線が行きづらく、洋服を目立たせたいときにも重宝します。

もちろん派手めな柄を選んで、スリッポンをコーディネートのアクセントにしてもかわいいですよ。たくさん種類があるので、さまざまな目的に合わせて集めてみるのもよいでしょう。

2.注目のモデルから選ぶ

ヴァンズは定番モデルだけでなく、流行に合わせたモデルもたくさんラインナップされています。定番モデルは持っていて2足目の購入を考えている方は、注目のモデルの中から選んでみましょう。

ボリューミーなシルエット!ニュースクール

全体的にコロンとしたボリューミーなシルエットがかわいいニュースクール。丸っこいフォルムで90年代を意識したデザインとなっています。最大の特徴はサイドストライプの形で、エンボス加工がされていて立体感のある仕上がり。

またシュータンも定番モデルと比べると厚みがあり、ボリューム感もプラスされています。足元に重さを出したい、しっかりとした履き心地を感じたい方におすすめです。

ミッドカットで動きやすい!ハーフキャブ

ハイカットとローカットの中間、ミッドカットとよばれる絶妙な丈が特徴のハーフキャブ。くるぶしまで覆うデザインで、足全体がモコっとした印象になります。

定番モデルと比較するとシューレースも太めで、スニーカーの存在感もばっちり。靴に視線が行きがちなので、ショートというよりはロングのボトムを合わせたほうがバランスが取りやすく、履きこなしやすいかもしれません。

ミニマルなシルエットが魅力!スポーツロー

ヴァンズのアイコニックなサイドストライプを、大胆にV字に変更したスポーツローは、よりミニマルなシルエットが魅力です。甲部分は2つの素材が使われていて質感が異なり、シュータンには大きな文字でロゴが印刷されています。

本体とサイドストライプの色の組み合わせが楽しめ、カジュアルスタイルにもシンプルスタイルにも合わせやすいでしょう。

厚底デザインがポイント!プラットフォーム

約2倍の厚さのソールがデザインされているプラットフォームは、インパクト大の見た目です。エラやスリッポンなどの定番モデルのプラットフォームもあれば、注目モデルのニュースクールのプラットフォームもあり、新旧さまざまなモデルの厚底が楽しめます。足を長く見せてくれるので身長が低めの方にもぴったりでしょう。

3.コラボ・復刻など限定モデルもチェック

ヴァンズは多くのブランドとコラボ商品を出したり、期間限定で復刻版を販売したりすることがあります。どちらの場合もレギュラーでの販売はないため、欲しいと思ったらすぐに購入するのがベストです。

どうしても昔の商品が欲しいという場合には、古着屋さんをチェックしてみるのもよいでしょう。思いがけないところから掘り出し物が見つかることもあり、海外限定モデルであれば、ネットのフリマサイトで検索してみても良いかもしれません。

4.サイズ感は?自分に合ったサイズで選ぶ

ヴァンズのスニーカーは、USサイズとJPサイズの2種類があり、USサイズはアメリカでの表記、JPサイズは日本でのサイズ表記を表しています。以下にUSサイズとJPサイズの対比表をまとめたので、購入時の参考にしてみてください。また、ヴァンズのスニーカーは小さめに感じる方が多いため、+0.5cmを目安に選んでもよいでしょう。

日本/アメリカJP(cm)US
サイズ224
 22.54.5
 235
 23.55.5
 246
 24.56.5
 257
 25.57.5
 268
 26.58.5
 279
 27.59.5
 2810
 28.510.5
 2911
 29.511.5
 3012
 30.512.5
 3113

ヴァンズのおすすめ11選

ヴァンズのおすすめスニーカーを11選ご紹介します。定番モデルから流行りのスタイルまで幅広いラインナップを取り揃えました。ぜひ普段のコーディネートや着てみたい洋服をイメージしながら選んでみてくださいね。

日本企画の商品で、大手シューズメーカーが独自に企画し日本で売るために作ったものです。USA規格と比較してサイドストライプが太く、つま先部分の反り返りが強めなのが特徴。他にも靴の横幅が少し狭めに作られているなどの違いがあります。USA企画のものと細かな違いがあるので、購入時はしっかりチェックしておきましょう。

モノトーンのチェック柄で、コーディネートにも意外と馴染みやすくなっています。使われている色が無彩色のため、洋服の色味を邪魔せず自然にマッチしてくれるでしょう。脱ぎ履きが簡単なスリッポンタイプで、どんな世代でも履きやすいタイプなので、親子コーデにもおすすめです。

ステッチやソールまで全てブラックで統一されたオールブラックのデザイン。足元をシンプルにまとめられるので、どのような系統の服装にも馴染みやすいでしょう。かかと部分に赤いタグが縫い付けてあり、赤をアクセントにしてトータルコーディネートを組むのもおしゃれ。履き口にクッションがあるため、履き心地もばっちりです。

ヴァンズ オールドスクール VN000D3HY28

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(749件)

>

商品情報

モデル名:オールドスクール
カラー:ブラック

USA企画の商品のため、サイドストライプが細めのすっきりとしたオールドスクールです。シンプルなブラックとホワイトの配色で、あらゆる場面で使い勝手がよいでしょう。カラーバリエーションも豊富で、オールブラック、オールホワイトなどのシックなテイストから、さまざまな色が入ったポップなものまで幅広く展開されています。

注目モデルであるリッパーは、つま先部分のキャップを無くし、凹凸を無くしたデザインが特徴。履き口にクッションパッドを追加することで、さらに履きやすくなっています。つま先部分の凹凸を無くしたことによりつるんとした印象になり、定番モデルよりもミニマルなシューズが好みの方におすすめ。

つま先部分の縫い方が特徴的で、しっかりとした主張が感じられるデザイン。ステッチがくっきりと見えるので、きれいめというよりはカジュアルでかわいらしい印象になっています。カラー展開も多彩で、ホワイトやブラックのような定番カラーからグリーンやレッドなどのアクセントになるカラーまで豊富にラインナップ。

ぷっくりとしたサイドと厚底により立体感のある印象に仕上がっています。つま先部分とサイド部分で異なる生地が使われているため、質感の違いを楽しめるでしょう。取り外しできるカップインソールとクッション性の高いミッドソールを搭載することで、より快適な履き心地を実現しています。

落ち着いた淡いグリーンがおしゃれなエラの商品です。流行のくすみカラーで、コーディネートのアクセントとしても便利に使えます。余計な装飾のないデザインなので、ボトムスはショート丈・ロング丈のどちらでも違和感なくマッチするでしょう。他にもグレー、ピンクのカラー展開があり、2色ともにペールトーンとなっています。

サイドにジェッツアイコンとよばれるロゴが縫い付けられているデザインです。つま先部分はシンプルで、かかと部分にはサイドと同じロゴが施されています。シュータンのデザインも主張が少なく、きれいめでもカジュアルでも馴染みやすいでしょう。カラーはブラック2種、ナチュラル、ネイビー、グリーン、ベージュの6色展開となっています。

レザーならではの独特の質感が高級感を演出しており、コーディネートにアクセントを加えたい、足元でシャープさを出したいときに便利なアイテム。オールブラックなので、モノトーンを活かしたコーディネートはもちろん、多彩な色を使ったカラフルな装いにもぴったり。水濡れするとシミになるため、取り扱いには注意してください。

ヴァンズ オーセンティック VN000EE3BLK

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(218件)

>

商品情報

モデル名:オーセンティック
カラー:ブラック

長年愛され続けてきた定番モデルのオーセンティック。余計な飾りが一切ないシンプルなデザインで、老若男女問わずあらゆる世代の方が気軽に履けるスニーカーです。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ネイビー、レッドなどがあります。靴底がラバータイプのものもあり、さまざまな配色が楽しめるでしょう。

全11商品

おすすめ商品比較表

ヴァンズ オールドスクール DX V36CL

ヴァンズ SLIP ON スリッポン V98CLA

ヴァンズ エラ V95CLA

ヴァンズ オールドスクール VN000D3HY28

ヴァンズ リッパー V359CL

ヴァンズ スタンス V362CF

ヴァンズ オールドスクールオーヴァートCC VN0A7Q5E1NF

ヴァンズ エラ V95CF

ヴァンズ ジェッツアイコン V320

ヴァンズ エラ VN0A4BV4X0S

ヴァンズ オーセンティック VN000EE3BLK

Amazonカスタマーレビュー
-
-
-
4.4749
-
-
-
-
-
-
4.4218
最安値
購入リンク

ヴァンズのスニーカーで毎日をもっとおしゃれに

お手頃価格でデザインやカラー展開が豊富なヴァンズのスニーカーは、何足持っていてもつい集めたくなる魅力があります。微妙なラインの違いやステッチの場所などで大きく印象が異なるため、お気に入りのデザインを探してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

靴・シューズのカテゴリー

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー