この記事で紹介されている商品
バドミントンシューズのおすすめ6選!初心者から上級者まで必見

バドミントンシューズのおすすめ6選!初心者から上級者まで必見

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

バドミントンは、小中学生など学生さんから、会社の同僚と楽しむことやママさんプレーヤーも多いレディースサークルなど大人になってからも楽しめるスポーツです。

激しく動き回るので、自分に合ったシューズ選びは重要です。定番のヨネックスでも、 初心者向け、中級者向け、上級者向けの選び方があります。

この記事ではバドミントンシューズの選び方やおすすめをご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

バドミントンシューズの特徴とは

バドミントンは、基本的に屋内の体育館で行われます。動きが激しいスポーツであり、限られた面積のコートの中を激しく駆け回るスポーツです。

ジャンプする動きも多いので、軽くて飛びやすいこともポイントになります。

そのため、バドミントンシューズは脱げにくく、動きやすく、かつ激しく動いても足を痛めないような設計になっているのが基本です。

もっとも、バドミントンシューズの形は一律ではなく、主に3種類がラインアップされています。

どの機能や特徴を重視するかにより、ローカット、ミッドカット、ハイカットから選ぶのが一般的です。

ローカットのバドミントンシューズ

ローカットのバドミントンシューズは、動きやすさを重視しています。足首の可動域が広くなるので、素早い動きに対応しやすくなります

また、靴の面積も最小限になるので、軽量で動きやすくなります。そのため、ジャンプする動きが多い方やフットワーク重視のプレースタイルの方におすすめです。

ミッドカットのバドミントンシューズ

ミッドカットのバドミントンシューズは、足首をしっかりとサポートしてくれます。そのため、安定感があり、足首をひねるなど、捻挫の予防にも役立ちます。

ローカットとハイカットの中間のデザインになるため、幅広い動きに対応しやすいです。自在なプレースタイルを得意とする方にも向いています

ハイカットのバドミントンシューズ

ハイカットのバドミントンシューズは、足首を完全に包み込むデザインになっています。そのため、安定感は抜群で、足首にかかる負担を軽減できるのがポイントです。

捻挫するクセがある方やケガを防止したい方をはじめ、安定した履き心地を求める方におすすめです。

バドミントンシューズの選び方

バドミントンシューズの選び方は、ご自身のプレースタイルやどんな動きをしたいか、ケガのしやすさなどに合わせて選ぶのがおすすめです。

もっとも、初心者の場合、自分のプレースタイルもわからず、どんな動きをするのかもイメージしにくく、バドミントンシューズを選ぶのも難しいかもしれません。

そこで、バドミントンシューズの選び方の基本をご紹介しますので、初心者をはじめ、中級者、上級者とレベルに合わせて、動きやすく、履きやすいバドミントンシューズを選んでいきましょう。

ブランド・メーカーで選ぶ

バドミントンシューズの選び方の1つ目のポイントとして、バドミントンシューズの開発や製造で有名なブランドやメーカーで選ぶ方法があります。

バドミントンシューズブランドとして有名なのはヨネックスです。ほかにも、ミズノやアシックスでもバドミントンシューズをラインアップしています。

好きなバドミントン選手が履いているブランドやメーカーで選ぶという方法もあります。

もし、迷った時には、日本バドミントン協会審査合格品から選びましょう。有名ブランドやメーカーの製品の多くは合格品になっています。

公益財団法人日本バドミントン協会では、年に1回審査を行っており、耐久性や通気性などのチェックを行っています。バドミントンの大会によっては合格品でないと出場できないケースもあるので、注意が必要です。

機能性で選ぶ

機能性は履き心地や動きやすさ、足を守る働きなどに影響するので重要なポイントです。

さまざまな機能がバランス良く備わったバドミントンシューズもありますが、1つの機能を高めようとすると、ほかの機能が弱まることが少なくありません。

そのため、自分が求める機能性に優先順位をつけ、重要度の高い機能性に着目して選ぶのも一つの方法です。

バドミントンシューズの主な機能性としては、以下の点が挙げられます。

クッション性

クッション性は、足への衝撃を吸収する機能です。バドミントンは走り回る、跳ねる、大きく腕を振り回すなど、足への負担が大きいスポーツであるため、足の負担を軽減したい方はクッション性の高いバドミントンシューズを選びましょう

グリップ力

グリップ力は、足元をしっかり掴む機能です。コートは滑りやすいため、転倒を防ぎ、足首をひねらないよう、滑りにくい素材であると安心です。

グリップ力が高いと、滑りにくいため安定して動き回れるようになります

軽量性

軽量性が高いものは、ジャンプなどの動きがしやすく、スピーディーに動き回れます

足にフィットするフィット感が高いものは、安定性に優れ、かつ軽ければ、まるで素足のように快適に走り回れるのが魅力です。

デザイン・カラーで選ぶ

同じタイプや同等の機能性のバドミントンシューズで迷ったら、デザインのかっこよさやカラーで選ぶのも一つの方法です。

レディース、メンズを問わないユニセックスタイプは、男女問わず履きやすいグレーやブルー、グリーンやイエローなどが多く見られます。デザインはストライプのラインがあしらわれていると、スッキリとかっこよく見えます。

デザインはさまざまなバリエーションがあり、シューズ本体のカラーと紐の色がまったく異なるようなデザインもおしゃれです。

たとえば、ブルーのシューズにピンクの靴紐があしらわれて、アクセントが付いているようなデザインがあります。

また、ブランドにこだわる方は、ブランドのロゴマークがどの部分にどのくらいの大きさで入っているかなど、ロゴのデザインにも着目してみましょう。

できれば試し履きをするなど、フィット感を確かめてから買うのがおすすめです。

レベルに合わせて選ぶ

初心者、中級者、上級者などレベルに合わせて選ぶことも大切です。

初心者の場合、扱いやすいのはローカットのバドミントンシューズです。軽量で動きやすく、足首の可動域が広く、素早い動きに対応しやすいです。

ただし、足首が弱いなどケガが不安な方や速い動きについていけない初心者なら、ハイカットのほうが安心かもしれません。少し重さがあったほうが安定感も増します。

中級者は、得意なプレースタイルや自分の動き方などに合わせて選びましょう

初心者の時に使っていたバドミントンシューズのワンランク上の上位モデルを選ぶことや初心者の頃とは違うタイプを選んで、動きやすさや安定感などを試してみるのも一つの方法です。

上級者は、自分のプレースタイルや足首の弱さ、ケガの履歴などに合わせて選びましょう。よりパフォーマンスアップが期待できるものを選ぶのがおすすめです。

バドミントンシューズのおすすめ6選!

バドミントンシューズのおすすめをブランドやレベル別、レディース向けなど6選ピックアップしてみました。

バドミントンシューズ選びの参考にしてください。

パワークッションコンフォート3ウィメン/ヨネックス
4.2

Amazonカスタマーレビュー(33件)

商品情報

ソール素材:ゴム
外装素材:合成繊維
クロージャータイプ:レースアップ
プラットフォームの高さ:2cm

ヨネックスの独自素材パワークッションを用いた、レディース向けバドミントンシューズです。

厚底ソールと衝撃吸収性と反発性をあわせ持ち、軽くて疲れにくい衝撃吸収反発素材のパワークッションが使われ、足への負担を軽減してくれます。

パワークッション840ミッド/ヨネックス
4.4

Amazonカスタマーレビュー(465件)

商品情報

ソール素材:ゴム
外装素材:合成繊維
クロージャータイプ:レースアップ
耐水レベル:非防水
ソールの厚さ:2.5cm

柔らかな履き心地のミッドカットタイプで、ユニセックス対応のバドミントンシューズです。

ヨネックス独自の衝撃吸収材パワークッションをはじめ、ゴムのような弾力性と強靭性、フィット性と軽量性もあわせ持つデュラブルスキンライトを搭載しています。

独自のラウンドソールや中足部とかかと部のサポート性を高めるトウアシストシェイプ設計で、シューズ内の足のズレを抑え、パワーロスのない素早いフットワークをサポートします。

パワークッションカスケードドライブ/ヨネックス

商品情報

外装素材:スエード、フェイクレザー、ポリウレタン
クロージャータイプ:該当なし
耐水レベル:非防水
素材:アッパー/合成繊維、ミッドソール/合成樹脂、アウトソール/ゴム底

俊敏なフットワークを支えるフィット感とホールド性を高めた、ユニセックスのバドミントンシューズです。

タングと履き口を一体化し、重なりをなくしたことで、足とシューズとの隙間がなくなり、フィット性を高めました。瞬時のダッシュやストップをアシストするグリップ性も向上させたモデルです。

スカイブラスター 3/MIZUNO(ミズノ)

商品情報

ソール素材:合成底
外装素材:人工皮革×合成繊維
クロージャータイプ:レースアップ
耐水レベル:非防水

屈曲しやすいソールに、足囲を3Eに広げたことで履き心地をアップさせたエントリーモデルで、初心者におすすめです。レディース、メンズ問わないユニセックスモデルです。

ウエーブクロー 3/MIZUNO(ミズノ)
4.2

Amazonカスタマーレビュー(37件)

商品情報

外装素材:フェイクレザー
クロージャータイプ:レースアップ
耐水レベル:非防水

柔らかくて反発性が高く、軽量なミッドソール素材MIZUNO ENERZY NXTを搭載した、ユニセックス対応のスタンダードモデルです。

軽量性と加速性がコンセプトのバドミントンシューズなので、素早い動きを目指したい方におすすめです。

COURT BREAK 2/アシックス
4.2

Amazonカスタマーレビュー(249件)

商品情報

ソール素材:ゴム
外装素材:人工皮革(合成皮革)・合成繊維
クロージャータイプ:レースアップ
耐水レベル:非防水

シンプルかつ耐久性を追求したユニセックス対応のエントリー用モデルです。初心者をはじめ、練習頻度が高い部活をしている学生の方にもにおすすめです。

人工皮革のアッパーが、屈曲や摩耗の多い前足部をカバーしているので、へたれにくく、耐久性に優れています。

フラットなアウトソールと小指側に巻き上げられたラバーが安定性を高めてくれるので、足への負担も軽減できます。

全6商品

おすすめ商品比較表

パワークッションコンフォート3ウィメン/ヨネックス

パワークッション840ミッド/ヨネックス

パワークッションカスケードドライブ/ヨネックス

スカイブラスター 3/MIZUNO(ミズノ)

ウエーブクロー 3/MIZUNO(ミズノ)

COURT BREAK 2/アシックス

Amazonカスタマーレビュー
4.233
4.4465
4.723
4.393
4.237
4.2249
最安値
タイムセール
¥10,560-20%
参考価格¥13,200
¥11,073
タイムセール
¥11,367-23%
参考価格¥14,850
タイムセール
¥5,669-24%
参考価格¥7,480
タイムセール
¥12,343-20%
参考価格¥15,400
タイムセール
¥5,250-23%
参考価格¥6,818
購入リンク

自分にマッチするバドミントンシューズをチェックしよう

バドミントンシューズの選び方はブランドやメーカーで選ぶ、機能性やデザイン、カラーで選ぶ方法もありますが、自分のレベルや動き方に合わせて選ぶことも大切です。

何よりも、ご自身の足へのフィット感を重視し、足を守り、理想の動きをサポートしてくれるバドミントンシューズを選びましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

靴・シューズのカテゴリー

その他のファッションカテゴリー

新着記事

カテゴリー