楽天トラベルでお得なポイントサイトを比較!申し込み方法や注意点を解説

楽天トラベルでお得なポイントサイトを比較!申し込み方法や注意点を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

旅行の際のツアーや宿の予約の選択肢としてすっかり定着した楽天トラベル。楽天経済圏で便利なサービスとなっているだけでなく、日頃楽天で買い物をする人にとってはとくにお得な旅行会社として評価を得ています。ツアーや宿だけでなくレンタカーや高速バの予約なども可能、さらにアプリで予約ができるといった幅広いニーズに対応している点も魅力です。

この記事では楽天トラベルを有効に活用するために、ポイントサイトの活用方法について解説します。

楽天トラベルとは

楽天トラベルでは国内旅行だけでなく海外旅行の予約も取り扱っています。国内旅行に関してはツアーと宿の予約、さらにレンタカー、高速バス・バスツアーの予約も取り扱っています。宿と交通手段をセットにしたツアーに関しては航空機と鉄道両方での予約も可能です。

海外旅行に関してはホテルや航空券、海外ツアーの予約が可能となっており、まさにあらゆる旅行のニーズに対応したサービスと言えるでしょう。予約対象となっているホテル・旅館も幅広く、高級ホテルでラグジュアリーな時間を過ごしたい方、格安宿で旅費を少しでも抑えたい方、風情ある旅館で過ごしたい方など、目的に応じて宿を探していくことも可能です。

さらに楽天トラベルならではの特徴として後述する楽天ポイントの付与が行われているほか、「Rakuten Travel Guide(楽天トラベルガイド)」という旅行に関する情報発信のサービスを提供している点も挙げられます。

このサービスでは全国各地の観光名所に関する記事・情報が掲載されているほか、その紹介された地域で利用できる宿のページへのリンクも貼られています。ですからこれから旅行先を決めるときには、まずこの楽天トラベルガイドで情報収集を行ったうえで目的地を決めて、その記事に掲載されている宿のページで宿泊先をチェックする、といったことができるのです。

もうひとつ、宿の口コミ情報が充実している点も楽天トラベルの特徴として挙げられるでしょう。宿のサービスが期待を下回ると旅行の楽しみが大きく損なわれてしまうものです。そうならないためにも料金だけで選ぶのではなく、宿の設備やサービスを見極めることが重要になるわけですが、こうした口コミ情報はそのための情報収集の手段としても有用です。

ほかにもメリットとして楽天カードで予約をすると、オトクなクーポンがたくさん発行されている点なども挙げられます。クーポンなどはタイミングが合えばポイントアップ以上にオトクに旅行を楽しむことができるでしょう。

楽天トラベルのポイントサイト比較

そんな楽天トラベルのメリットとして、先述した楽天ポイントの付与が挙げられます。旅行ともなると利用額もそれなりになりますから、獲得できるポイントも大きくなります。

そんな楽天トラベルのポイント付与ですが、よりお得に利用できる裏技的な方法もありす。楽天トラベルの公式サイトから予約するよりも、ポイントサイトを経由して利用することでより多くのポイントを獲得することができるのです。

この裏技を利用できるポイントサイトは非常にたくさんあり、それぞれ還元率に違いが見られます。ですから少しでもお得なポイントサイトを経由して利用することでどんどんポイントを獲得していくことができます。いわば楽天トラベルそのもので獲得できるポイントと、ポイントサイトを経由することで獲得できるポイントの二重取りが可能になるわけです。

二重取りといってももちろん不正な方法ではなく、ルールに基づいたやり方で行ったうえで多くのポイントを獲得できる方法です。注意したいのはポイントサイトごとに還元率に違いがでてくること、しかも予約する種類によっても還元率に違いが出てくることです。

例えば、あるポイントサイトでは宿泊の予約の還元率は0.6%に設定されているのに対してレンタカーの場合は1.6%、高速バスは0.6%。また別のポイントサイトでは宿泊・レンタカー・高速バスいずれも1.0%に設定されていることもあります。つまり、レンタカーの予約をする機会が多い方は後者の方が、宿泊予約をする機会が多い方は前者の方が適していることになるわけです。

レンタカーの還元率に関しては、2.0%に設定されているポイントサイトもあるのでこちらもチェックが欠かせません。ほかにも高速バスの予約時の還元率にも違いがありますし、楽天会員のランクに応じたポイントアップ率にもポイントサイトごとに差が出てきます。

例えば、通常のポイント還元率はそれほど高くない一方で楽天会員のランクが高い場合にはボーナスがついてお得度が高くなるところもあります。逆に通常の還元率は高めに設定されているものの、ランクによるポイントアップのメリットはそれほどないところもあります。

ですから楽天トラベルのポイントサイトを比較する場合には、宿泊、レンタカー、高速バスなどご自身の用途に加えて楽天会員のランクも考慮したうえでどのポイントサイトを経由すればいいのかを確認することになります。せっかく二重取りのメリットの恩恵を受けるわけですから、経由先も最適なところを選びたいところです。

楽天トラベルのポイントサイトの利用方法

こうした二重取りのメリットを受けられるポイントサイトの利用方法はとくに難しいものではなく、自分が利用したいポイントサイトを選んだうえで利用登録し、そのサイトで利用できるサービスの中から「楽天トラベル」を選んで予約をします。あらかじめ楽天トラベルで利用可能なポイントサイトであることを確認しておけばとくに難しいことはないでしょう。

なお、以前は楽天トラベルをアプリ経由で利用することでさらにオトクにポイントを獲得することができましたが、2024年現在ではすでにできなくなっています。ですから楽天トラベルでポイントの二重取りを目指す場合にはポイントサイト経由一択、と考えてよいでしょう。アプリは使うと便利、くらいの感覚で利用するとよいかもしれません。

もうひとつ、楽天トラベルの利用において忘れてはならないのが各種ポイントアップキャンペーンです。単にポイントサイトとの二重取りでオトクにゲットできるだけでなく、こうしたキャンペーンを活用することでさらに2倍、3倍でゲットすることも可能です。

とくにオトクなのが「毎月5と0の日」のキャンペーンです。ポイントがなんと5倍になるだけでなく、宿の割引も実施されます。ですからうまく利用すれば安く予約がとれるうえにポイントもたくさんもらえるという一石二鳥のメリットを得ることも可能です。

先ほどアプリ予約ではポイントアップは期待できないと書きましたが、キャンペーンを利用することでポイント2倍のメリットを得ることもできます。このキャンペーンの注意点は必ず予約前にエントリーしておくこと。単にアプリで予約するだけではポイントアップできないので注意しましょう。予約後のエントリーも不可です。

楽天トラベルでポイントサイトを経由する注意点

楽天トラベルでポイントサイトを経由して予約した場合、そのポイントが反映されるまでの間に時間がかかる場合もあります。しかも数日程度の場合もあれば、1ヶ月以上かかることもあるため、そのポイントを見越して何かを購入しようと思っていた場合には要注意です。

もうひとつ、ポイントサイト経由で利用する場合にエラーが発生してポイントが加算されないケースも報告されています。しかもそうなった場合にも楽天トラベルに請求や問い合わせをすることができません。この予防・対策方法としてはCookieを消去してから利用するのがよいと言われています。あくまで念のためですが、ポイントサイトを経由する際には意識しておくとよいかもしれません。

賢くポイントを貯めて旅行を楽しもう!

今回ご紹介した通り、ポイントサイトの比較や宿泊・高速バス・レンタカーのどれをよく利用するか、アプリ予約をはじめとしたキャンペーンをいかにうまく利用するかなど、楽天トラベルのポイントゲットに関しては知っておくべきポイントがいくつかあります。

上記の注意点も踏まえたうえでポイントサイトも活用しながらどんどんポイントを貯めて旅行を楽しみましょう。そのオトクに貯めたポイントでますますオトクに旅行を楽しむことができるようになるはずです。

こちらもチェック!
楽天トラベル「5と0のつく日」とは?お得な使い方を徹底解説!

楽天トラベルの「5と0のつく日」キャンペーンは、国内や海外の旅行やツアーをはじめ、高速バスやレンタカー利用で旅行代金が割引になったり、特典ポイントが付いたりするお得な内容です。ただし、ポイント付与の条件が複数あるのでご注意ください。今回は楽天トラベルの「5と0のつく日」キャンペーンについてくわしく解説します。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天トラベルでお得に旅行を楽しむのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー