この記事で紹介されている商品
メンズ向け日焼け止めのおすすめ13選!必要性や選び方を徹底解説

メンズ向け日焼け止めのおすすめ13選!必要性や選び方を徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

紫外線から肌を守れる「日焼け止め」。今回はメンズの日焼け止めの必要性や選び方のポイントをまとめてみました。また、おすすめのメンズ向け日焼け止めを13個ピックアップしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。ニキビができにくいタイプやコスパに優れたものなど、いろいろな製品があるのでお気に入りが見つかるはずですよ。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

メンズも日焼け止めは必要!その理由

そもそもメンズにとって「日焼け止め」が必要なのかどうか、疑問に思っている方もいるかもしれません。日焼け止めは女性が塗るものというイメージがありますが、男性も日焼けによる肌のダメージは受けています。将来の自分のためにも日頃から日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守りましょう。

また、日焼けは軽い火傷であるため、ガードしないと肌が赤くなったり熱を持ったりします。痛みやひりつきを伴うため、日焼け止めで予防するのが大切です。

メンズ用とレディース用の違い

メンズ用の日焼け止めとレディース用の日焼け止めは、塗り心地や機能面に違いがあります。女性は日焼け止めの上からメイクをするため、肌に馴染みやすいタイプや保湿ができるもの、トーンアップが期待できる日焼け止めを求めがち。

一方メンズは汗をかきやすいので崩れにくく、さらっとしたテクスチャーを日焼け止めに求めます。また、白くなりすぎずナチュラルな質感に見えるかどうかも大切です。

メンズ用日焼け止めの選び方

メンズ用の日焼け止めを購入する前に、選び方のポイントを押さえておきましょう。メンズ用日焼け止めもたくさんの製品が販売されているため、自分にとってプラスになるメリットや使い勝手かどうかを吟味しなければなりません。以下のポイントを重視して、商品を選んでみましょう。

1.紫外線散乱剤不使用なら白くならない

ナチュラルな仕上げを求めるメンズにとって、白くなりやすい日焼け止めはなるべく避けたいもの。紫外線散乱剤を使っていない日焼け止めであれば、白浮きせずに自然な肌色をキープできます。

紫外線散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛として表示されているので、購入前に成分を確認して白くならない日焼け止めを見つけましょう。

2.タイプで選ぶ

日焼け止めにはさまざまなタイプがあるので、テクスチャーや使い心地に合わせてお気に入りのものを選ぶのがおすすめ。今回は4つのタイプそれぞれの特徴をまとめてみたので、参考にしてみてください。

さっぱり感が魅力!ジェル・ローションタイプ

肌がベタつきやすい方におすすめなのが、ジェルやローションタイプのメンズ用日焼け止め。さっぱりとしたテクスチャーなのでベタベタせず、汗をかいたり皮脂が浮いたりしても不快感を感じにくいです。

メンソール入りでひんやりするタイプも販売されているので、夏のひんやりアイテムとしても活用しやすいですよ。伸びがよくて塗りやすいのでムラになりにくく、顔や首元にも使いやすいのが魅力です。

スキンケアしやすい!クリーム・乳液タイプ

クリームや乳液タイプの日焼け止めは、スキンケア感覚で使えるのが特徴的。保湿力のあるタイプであれば、冷房や摩擦による乾燥を防げます。乾燥はニキビの原因にもなってしまうので、なるべく肌が乾燥しないように心がけましょう。

日頃からスキンケアにも力を入れているのであれば、乳液タイプの日焼け止めで美肌もゲットするのがおすすめです。

手軽に塗れる!スティック・スプレータイプ

塗りやすさを重視したい方におすすめなのが、スティック・スプレータイプの日焼け止めです。手を汚さずに日焼け止めを濡れるため、外出先での使用にも適しています。初めて日焼け止めを使うメンズにとっては、塗りやすいタイプのほうが毎日つけやすいですね。

ただ塗りムラができやすいのがデメリットなので、心配な場合は他のタイプと併用させましょう。お直し用として持ち歩くのがベストですね。

メイク派はコスメタイプが便利

普段からメイクをしているのであれば、コスメタイプのメンズ用日焼け止めがおすすめです。トーンアップするタイプならば、肌色を均一に見せたり血色感をプラスしたりできます。

また、下地と兼用できる日焼け止めもあるため、ファンデーションを塗る前に使ってみるのもおおすすめです。

3.目的に合ったSPF・PAで選ぶ

メンズ用日焼け止めは、その日の目的に合わせてSPFやPAの数値を選びましょう。普段用とレジャー用では適した数値が異なります。シーンに合わせて使い分けたい場合は、2種類購入するのもおすすめですよ。また、SPFとPAは対処できる紫外線の種類が異なるため、それぞれの数字にこだわって選んでみましょう。

普段用ならSPF20/PA++でOK

日常用として使うの場合、SPF20PA++程度のレベルで問題ありません。反対にレジャー用で長時間炎天下にさらされる場合は、SPF50PA++++のように数値が大きなものがおすすめです。

このSPFとPAはそれぞれカットできる紫外線の種類が異なるので、どちらか片方が低い数値では意味がありません。そのため、両方適度な数値の日焼け止めを購入してみてください。

4.崩れにくさをチェック

メンズは汗もかきやすく皮脂も出やすいので、日焼け止めが崩れやすいです。そのためしっかり肌に残って時間が経過しても、その力を発揮してくれるタイプがおすすめ。いろいろな種類を試してみて、時間が経ってもキープできる日焼け止めを探してみてください。

汗や水に強いウォータープルーフにも注目!

汗や水に強いウォータープルーフタイプは、メンズにおすすめです。レジャーのときだけでなく、日常的に使うようとしても崩れにくいので重宝します。ウォータープルーフの中には皮脂に強い製品もあるので、皮脂性肌や混合肌の方は積極的に探してみてください。

4.肌質に合ったものを選ぶ

日焼け止めを購入するときは、肌質に合ったものを選びましょう。特に敏感肌やニキビ肌など、刺激によって肌に影響が出てしまうタイプの方は慎重に選ぶべきです。以下にポイントをまとめてみたので、参考にしてみてください。 

ニキビが気になる人は医薬部外品もチェック

ニキビができやすい方や、すでにできている方には医薬部外品の日焼け止めがおすすめです。グリチルリチン酸ジカリウムのように、ニキビへの有効成分が配合されているものを使いましょう。

特に、ノンコメドジェニックテスト済みと書かれている日焼け止めは、ニキビができにくいことが証明されています。そのため、ニキビ肌に悩んでいるのであれば、日焼け止めも慎重に選ぶ必要がありますよ。

5.石鹸で落とせるとかどうかで選ぶ

メンズはメイクをしない人が多いため、日焼け止めのためだけにクレンジングを購入するのは手間がかかります。そのため石鹸でオフできる日焼け止めを購入してみてください。

長時間キープできる日焼け止めでも石鹸でするっと落ちるものが多いため、きっとニーズに合うものを見つけられるはずです。

6.価格で選ぶ

日焼け止めの価格はメーカーや製品によって異なります。毎日のように使うアイテムだからこそ、自分が使い続けやすい値段の日焼け止めを選びましょう。また、コスパも重要なポイントです。いろいろな日焼け止めの価格と性能を比べながら、コスパに優れたアイテムを探してみてくださいね。

メンズにおすすめの日焼け止め13選

それでは実際におすすめのメンズ用日焼け止めを見ていきましょう。今回は13個ピックアップしたので、お気に入りが見つかるはずですよ。選び方のポイントをそれぞれチェックしながら、自分に合った日焼け止めを探してみましょう。

高い紫外線カットが期待できるため、1日中外にいる日や紫外線が強い日にも活用できます。また耐汗性が高いためたくさん汗をかいても崩れにくく、レジャーのときにも使いやすいのがポイント。皮脂によるテカリやベタツキ感も抑えられるため、塗っていることで肌を綺麗に見せられますよ。

クワトロボタニコ 日焼け止め メンズ UV

商品情報

製品サイズ ‎2.5 x 4 x 10 cm; 50 g
SPF値 ‎50 SPF
商品の特徴 ‎日焼け止め・UV
香りの系統 ‎100%精油の柑橘系ベルガモットにローズマリーをブレンドした爽やかな香り
スキンタイプ ‎敏感肌
商品タイプ ‎クリーム, ジェル

国内最高レベルのSPF・PA値なので、紫外線をしっかり防げます。水や汗にも強いウォータープルーフ処方なので運動をするときや、海やプールといったレジャーシーンにも使えますね。エアリージェルタイプで軽くサラッとしたテクスチャーがポイント。初めて日焼け止めを塗る方でも使いやすいアイテムです。

SHISEIDO MEN クリアスティック UVプロテクター

商品情報

内容量:20g
SPF50+/PA++++
顔・からだ用
シトラスウッディの香り

紫外線から肌をガードできるだけでなく、乾燥・ちり・ホコリといった刺激からも肌を守れます。肌荒れしやすいと感じるメンズは、毎日のスキンケアに取り入れることで肌トラブルにも対処できますよ。先端科学を使用し、汗や水によって強くなっていくため崩れにくく、あらゆるシーンで使えるのがポイント。スティックタイプなので塗りやすくて、外出先でもさっとケアできるのが魅力です。

NULL 日焼け止め ウォータープルーフ

商品情報

香り 無香料
商品特長 べたつきにくく、汗にも強い日焼け止め
日焼け防止指数 50 日焼け防止指数(SPF)
商品の重量 40 グラム

特殊製法で従来の製品よりも高いレベルで水に強く、クリームが流れ出ていきません。汗をかいても日焼け止め成分が肌にとどまってくれるので、運動のお供として日焼け止めを使いたいときは、ぜひ利用してみてください。白くならない日焼け止めなのでメンズも塗りやすく、石鹸で簡単にオフできるため使いやすいですね。

HOLO BELL 日焼け止め ノンケミカル プロテクト保湿UV

商品情報

香り 無香料
商品特長 保湿,日焼け止め
日焼け防止指数 50 日焼け防止指数(SPF)
商品の重量 40 グラム

高持続タイプなので、なかなか塗り直せないシーンにも対応できます。紫外線ケアできるだけでなく、エイジングケア(年齢に応じたケア)にもアプローチできるのが魅力。27種類もの潤い成分が肌を保湿して、さまざまな美肌ケアをしてくれます。日焼け止めにプラスαしたメリットを求める方にぴったりです。

MULC UVプロテクター 日焼け止め

商品情報

香り 無香
商品特長 エイジングケア,日焼け,日焼け止め
日焼け防止指数 50 日焼け防止指数(SPF)
ユニット数 1.00 個
肌タイプ 全肌質

白浮きしにくい日焼け止めなので、ナチュラルな仕上がりを期待するメンズにおすすめです。そのため仕事や人と会う時など、いろいろなシーンで使いやすいですよ。汗で落ちにくいため汗っかきさんでも使いやすく、石鹸でオフできるためクレンジングを取り入れる必要もありません。また、鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤・香料・着色料もフリーなため、肌にも優しいです。

バルクオム 日焼け止め メンズ

商品情報

ブランド BULK HOMME(バルクオム)
商品の形状 クリーム
香り フローラル
特徴 ノンシリコン
対象年齢 全ての年代

メンズに特化した日焼け止めで、皮脂を分泌しやすい男性の肌でも崩れないように開発されています。肌の上に皮膜を作る処方なので撥水性が高く、汗や水にも強いためレジャーシーンにもおすすめです。また、アーチチョーク葉エキスが配合されており、紫外線による肌トラブルを抑えてくれるのもポイント。使いやすさと肌へのダメージガードを両立させています。

マニフィーク サンスクリーン メンズ 日焼け止め

商品情報

商品特長 紫外線保護
商品の個数 1
ユニット数 50.0 ミリリットル
肌タイプ 乾燥肌, 普通肌, 全肌質, 混合肌, オイリー肌
ブランド マニフィーク

国内最高レベルのSPFとPA値で、紫外線から肌をしっかりガードできます。汗や水だけでなく摩擦にも強いため、こすっても落ちにくいです。日常生活でついつい顔をこすったり触ったりする癖がある方におすすめ。塗り終わった後の肌はサラッとしており、ベタつきを感じないのも魅力。美肌成分が肌の潤いをキープしてくれますよ。

DISM オールインワン ジェル UVカット

商品情報

香り 心地よいリラックスフローラルの香り
商品特長 「紫外線と乾燥から肌を守る」「クレンジング不要」「朝に気持ちよい軽い付け心地」
日焼け防止指数 30 日焼け防止指数(SPF)
商品の重量 70 グラム

肌のバリア機能を整える成分を配合しており、紫外線ガードとスキンケアを同時進行でできるメンズ用日焼け止めです。SPF30PA+++なので、日常使いしやすい数値。毎日の通勤や外へのちょっとした外出にぜひ利用してみてください。ベタつかないように軽いジェルタイプに仕上げてあるため、朝の洗顔後にさっと塗ってケアしましょう。

リサージ メン UVプロテクターパーフェクト

商品情報

香り ウッド, レモン, ローズマリー, ゼラニウム, ラベンダー, ナツメグ, バニラ, タイム, セダーウッド, ライム, マンダリン, フローラル
商品特長 紫外線保護
商品の重量 0.05 キログラム

摩擦に強い日焼け止めで、衣類やタオルといった日常生活での擦れにも対応できます。また、80分間の耐水試験もパスするほど水に強いアイテムなので、プールや海のお供にもおすすめ。レジャーのときは1時間に1回程度塗り直しておけば、紫外線による肌へのダメージを抑えられます。

フィス ホワイト メンズ 日焼け止め

商品情報

香り 無香料
商品特長 紫外線保護
商品の重量 50 グラム

紫外線を肌の深層部分にまで届かせない処方なので、シミやシワの原因をガードしてくれます。白浮きしないので塗りやすく、みずみずしいテクスチャーは日焼け止めに対して苦手意識を持っている方にもおすすめです。保湿成分も配合されているので、スキンケアアイテムとして取り入れてみましょう。

メイコー化粧品 テニファー メンズ サンプロテクターUV

商品情報

香り やさしい香り
商品特長 肌なじみのよいクリームタイプ。乾燥する季節も、毎日しっとりUVカット。
日焼け防止指数 20 日焼け防止指数(SPF)
商品の重量 40 グラム

1年を通して使える日焼け止めです。もちろん石鹸や洗顔料で簡単に落とせるのでクレンジングを使う必要はありません。少量でも伸びがよいので隅々までカバーできて、塗りムラも少ないです。スクワラン配合で保湿力もあるため、乾燥肌さんはぜひ使ってみてください。

ひんやりとしたつけ心地の日焼け止めなので、清涼感を求める方にぴったり。屋外でのレジャー時には、ひんやり感も実感できてメリットが多いです。また、日焼け止め特有の香りはなく、爽やかなシトラスミントの香りが楽しめますよ。ニオイが苦手で日焼け止めを避けがちなメンズも多いので、こだわって選んでみましょう。耐水性も備えているので、海やプールでも使いやすいですね。

全13商品

おすすめ商品比較表

ニベアメン UVプロテクター

クワトロボタニコ 日焼け止め メンズ UV

SHISEIDO MEN クリアスティック UVプロテクター

NULL 日焼け止め ウォータープルーフ

HOLO BELL 日焼け止め ノンケミカル プロテクト保湿UV

MULC UVプロテクター 日焼け止め

バルクオム 日焼け止め メンズ

マニフィーク サンスクリーン メンズ 日焼け止め

DISM オールインワン ジェル UVカット

リサージ メン UVプロテクターパーフェクト

フィス ホワイト メンズ 日焼け止め

メイコー化粧品 テニファー メンズ サンプロテクターUV

メンソレータム サンプレイ スーパークール

Amazonカスタマーレビュー
4.21,328
4.1284
4.3222
4.0987
4.092
4.547
4.0145
4.091
4.192
4.660
3.8287
4.217
4.1180
最安値
タイムセール
¥1,900-36%
参考価格¥2,970
タイムセール
¥241-5%
参考価格¥254
購入リンク

メンズも紫外線対策が常識!日焼け止めをゲットしよう

日焼け止めは女性だけのものではなく、メンズにも必要です。紫外線を浴びると日焼けするだけでなく、数年後の自分の肌にシミやシワができてしまいます。今はメンズ専用の日焼け止めもたくさん販売されているので、そのメリットや特徴、使い心地を比較しながら自分のお気に入りを見つけてみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

コスメ・化粧品のカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー