この記事で紹介されている商品
AmazonでおすすめのKindle端末を紹介!選び方や使い方についても紹介

AmazonでおすすめのKindle端末を紹介!選び方や使い方についても紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Kindle端末は、Amazonの電子書籍を購入・閲覧できるデバイスです。使い方は簡単で、「Kindle Paperwhite」や「Kindle Oasis」などその種類もさまざままです。

この記事では、おすすめのKindle端末と、セール時にお得に購入する方法を紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

AmazonのKindle端末とは

Kindleは、Amazonが提供する電子書籍サービスで、このサービスを利用して読書を楽しむための専用端末がKindle端末です。電子書籍専用端末として設計されているため、読みやすさにこだわりが感じられ、多くの読書愛好家に利用されています。

Amazonのkindle端末を買うメリット

Kindle端末は、書店が自宅や職場の近くにない場合でも簡単に書籍を購入できるため、特に地方に住む人にとって便利なデジタルツールです。また、書店では販売されていない書籍も多く、個人出版の電子書籍も数多くリリースされています。

Kindle端末には複数のモデルがラインナップされています。なかには電子書籍を読むだけでなく、画面への書き込みができるKindle端末もあります。

フロントライトを搭載

なお、Kindle端末はフロントライトを搭載しています。スマートフォンやタブレットのバックライト方式は、目に向けて光が発されます。一方、Kindle端末のフロントライト方式はディスプレイ表面を照らすため、光が均一に広がり目が疲れにくいのが特徴です。ブルーライトのような刺激もないため、寝る前でも目に負担をかけずに読書ができます。さらにe-inkディスプレイを採用し、紙の書籍のような読み心地が再現されている点もKindle端末の魅力です。

バッテリーの持続時間が長い

バッテリーの持続時間が長く、一度の充電で最大10週間読書を楽しめます。保存できるデータ容量もしっかりと確保されており、数千冊の本を1台の端末に収められます。タブレットより軽く、重さは単行本程度。薄いので、持ち運びも苦になりません。

ハイライト機能

Kindle端末のハイライト機能も、読書が好きな方にはうれしいポイントです。本を読んでいて気になった箇所にマーキングができ、読み返しや参照がすぐにできます。なお、Kindle端末はカラー対応ではないため、ハイライトは1色のみとなっています。

Kindle端末を使う際の注意点

ただし、Kindle端末ではKindleの電子書籍以外は読めません。また、カラー対応もしていないので、ファッション雑誌や写真集などには不向きかもしれません。また、SDカードでの容量増設には対応していないので、読書量が多い場合は容量が大きい端末を選ぶことをおすすめします。

なお、バッテリーの交換には対応しておらず不具合が生じた場合は買い替えが必要ですが、延長保証に加入していれば購入サポートを受けられます。保証内容は端末によって異なるため、購入時に確認しておくことが大切です。

kindle端末の全7種類を選ぶポイント

Kindle端末は全7種類あります。サイズや重量、機能がそれぞれ異なるので、自分が読む場面や書籍の種類を考慮して選ぶことが大切です。

  • Kindle:エントリーモデル
  • Kindle Paperwhite:防水機能や色調調整機能を備えたベーシックモデル
  • Kindle Paperwhite シグニチャーエディション:32GBの大容量とワイヤレス充電が特徴
  • Kindle Oasis:高解像度の最上位モデル
  • Kindle Scribe:書き込みができる大型ディスプレイを搭載
  • Kindleキッズモデル:子ども向け書籍コンテンツが楽しめるモデル
  • Kindle Paperwhite キッズモデル:防水機能を備えた上位キッズモデル
Kindle (16GB) 6インチディスプレイ

商品情報

より軽く、コンパクトになったKindle。300ppiの高解像度ディスプレイで、文字と画像をくっきり表示。
Kindle Paperwhite シグニチャー エディション (32GB)

商品情報

読書のための専用端末。フラットで300ppiの6.8インチ高解像度ディスプレイで、小さな文字もくっきりキレイ。大きく、紙のような読み心地のディスプレイで、反射をおさえているから目に優しい
Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi+4G 32GB 電子書籍リーダー

商品情報

色調調節ライトを初搭載。ホワイトからアンバーまで色の温かみを調節可能。7インチ、フラットベゼルのKindle史上最高のPaperwhiteディスプレイ。無料の4G回線はどんな場所でも書籍のダウンロードを可能に。
Kindle Scribe 第1世代 プレミアムペン付き

商品情報

ディスプレイ:10.2インチ
サイズ:196mm×230mm×5.8mm
重量:433g 
容量:64GB
Kindle キッズモデル

商品情報

デバイスサイズ:158.8 mm x 114.4 mm x 13.6 mm (キッズカバー含む)
ディスプレイ:6インチAmazonディスプレイ、フォント最適化技術、16階調グレースケール
解像度:300ppi
充電ケーブル:USB-C
防水機能:₋
色調調整ライト:₋
Kindle Paperwhiteキッズモデル 16GB

商品情報

大きく紙のような読み心地のディスプレイ。見守り機能で親子ともに安心。ゲーム、動画、広告などが一切なく読書に集中できるキッズモデル。

Paperwhite シグニチャーエディション、Scribe、Oasisはデータ容量が大きく、多くの電子書籍を保存できます。特にScribeは16GB/32GB/64GBの容量別のモデルが用意されており、外部ファイルのダウンロードや手書きメモにも対応しています。仕事で必要な書類の共有や確認にも便利です。

なお、販売されている7種類のKindle端末は、「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+4Gモデル」に分かれます。Wi-FiモデルはWi-Fi環境外では書籍のダウンロードができないため、外出時の利用が多い場合はWi-Fi+4Gモデルがおすすめです。なお、4Gモデルの通信料はAmazon側が負担してくれるので、データ通信量は一切かかりません。

また、広告付きモデルもあり、広告表示と引き換えに広告なしモデルよりも安く購入できます。価格と読みやすさのどちらを重視するかで選択が変わります。

お子さんがいる方には、キッズモデルがおすすめです。ペアレント設定で子どもができることを制限でき、純正カバーや長期保証などのサービスもあります。子どものアカウントを登録することで、1日の読書時間や読んだ本の確認、目標設定ができ、自然と読書習慣が身につくでしょう。使いすぎが心配なときは、保護者が使用制限をかけることも可能です。

また、防水対応や充電方式も端末によって違います。防水対応になっているのは、「Kindle Paperwhite(キッズモデル含む)」「Kindle Paperwhite シグニチャー エディション」「Kindle Oasis」。充電方式は「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」のみワイヤレス充電に対応しており、それ以外のモデルはmicro-USBやUSB-Cの充電に対応しています。

kindle端末を買うならAmazonのセールがお得

Kindle端末を購入するなら、Amazonのセール時がおすすめです。開催時期や割引金額は毎回異なるため、定期的に最新情報をチェックしましょう。なお、「ほしいものリスト」にほしい商品を登録しておくと、値下げ時に通知が来るので便利です。

毎日開催されているタイムセールは特に狙い目で、日替わりで安くなる商品が発表されます。「特選タイムセール」と「数量限定タイムセール」の2種類があり、数量限定タイムセールでは開催時間と個数が限定されている一方、特選タイムセールでは24時間割引が続きます。

ほかにも、Amazon Prime Day(プライムデー)、Amazon プライム感謝祭、ブラックフライデーなどのセールもあります。プライムデーとプライム感謝祭ではAmazonプライムの会員資格が必要ですが、ブラックフライデーはプライム会員ではない方でもお得に商品を購入できます。

また、Amazonでは定期的にクーポンも発行されています。Amazonでポイントが貯まりやすいクレジットカードを使うことでもさらにお得に買い物ができるので、セール割引だけでなく支払い方法も工夫してみるとよいでしょう。

Kindle端末を購入したら、Kindle本のセールもチェックしてみましょう。Kindle本のセールも「日替わりセール」「月替わりセール」「セレクト25」などさまざまな種類があります。日替わりは毎日開催されているため、定期的にチェックすれば思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

Kindle本も端末と同様に、読みたい本を「ほしいものリスト」に登録しておくと、値下げ時に通知が来ます。Amazonの公式SNSからも情報発信されることがあるため、情報収集目的でフォローしておくとよいでしょう。

「ほしいものリスト」は値下げ情報などを確認できるAmazonユーザーに必須のサービスです。上手く活用することでお得な買い物ができます。アカウントメニューのリスト作成項目からほしいもの登録ができ、リストの削除も可能です。リストは公開・非公開が選択できますが、共有の必要がなければ非公開で問題ありません。

全6商品

おすすめ商品比較表

Kindle (16GB) 6インチディスプレイ

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション (32GB)

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi+4G 32GB 電子書籍リーダー

Kindle Scribe 第1世代 プレミアムペン付き

Kindle キッズモデル

Kindle Paperwhiteキッズモデル 16GB

Amazonカスタマーレビュー
4.4189
4.32,569
4.22,796
4.2610
4.383
4.4329
最安値

-

¥21,980
¥40,980
¥59,980
¥14,980
¥19,980
購入リンク

Kindleで快適な読書ライフを

電子書籍に向いている本は、紙では重い本やシリーズものです。持ち運びが大変だったり、スペースを取ってしまったりするので、電子書籍を利用することで空間の確保ができます。読み終わっても捨てる必要がなく、ゴミが発生しません。つい本が多くなってしまう人に最適ですね。

Kindle端末は使いやすく、読みやすさも抜群です。カラー表示はできませんが、目が疲れにくくハイライト機能や防水機能なども搭載されているので普段使いにぴったりです。モデルによって機能や使い方が異なるため、自分のニーズに合ったKindle端末を選んでみてください。

こちらもチェック!
AmazonのKindle本が購入できない!3つの原因と解決方法

 電子書籍リーダーの定番である「Kindle」は手軽に読書を楽しむことができ、端末の種類も用途に合わせて豊富にあります。実は、Kindle本はAmazonのアプリから購入できない仕組みなっています。 この記事では、AmazonのKindle本が購入できない3つの主な原因と解決方法を詳しく解説します。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

Amazon primeを使いこなすのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー