この記事で紹介されている商品
シガレットケースのおすすめ14選!おしゃれなメタル素材やかわいい革素材のものなど

シガレットケースのおすすめ14選!おしゃれなメタル素材やかわいい革素材のものなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「シガレットケース」は、タバコを収納するためのアイテムです。プレゼントに選ばれることも多いシガレットケース。おしゃれなものやかわいいものなど、種類が豊富で選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで本記事では、おすすめのシガレットケースを厳選してご紹介します。選び方のポイントや使い方も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

シガレットケースとは

「シガレットケース」はタバコケースやシガーケースとも呼ばれる、タバコを収納するためのケースのことです。市販の機械巻きのタバコを入れたり、作り置きした手巻きのタバコを入れたりして使います。

シガレットケースには、金属製や革製などさまざまなタイプがあり、タバコをスマートに持ち歩くことができる便利なグッズです。

シガレットケースの使い方・メリット

シガレットケースはタバコをバラで入れたり、箱ごと入れたりして使います。

シガレットケースのメリットは、タバコを守れる点です。一度封を開けた紙巻きタバコをそのまま持ち歩いていると、タバコが潰れたり濡れたりする可能性があります。また、バッグのなかにタバコの葉が散らばってしまったという経験のある人も多いのではないでしょうか。シガレットケースを使えば、そういったトラブルを回避できます。

また、好みのシガレットケースを使うことで、よりスマートにタバコを持ち歩けるのもメリットのひとつです。仕事中に使うならきちんと感のあるもの、休日に使うならカジュアルなものといったように、シーンや服装に合わせれば、おしゃれにタバコを嗜めます。

シガレットケース選びのポイント

シガレットケースを選ぶ際に押さえておきたい5つのポイントを解説します。「愛煙家のあの人へのプレゼントにシガレットケースを選びたい!」という人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.タバコの入れ方

シガレットケースの収納方法には「バラ入れ」「箱入れ」「ポーチ」があります。タバコの種類や好み、ライフタイルに合わせて、最適なものを選びましょう。

バラ入れ

タバコをスマートに持ち歩きたい人にぴったりなのが、バラ入れのシガレットケースです。タバコの箱よりも小さいサイズのものが多く、持ち歩くときにかさばりにくく、ポケットにスマートに入れて持ち歩けます。

収納できる本数はシガレットケースによってさまざまです。「1日に吸うのはケースに入る分だけ」と決めれば、タバコの消費量をコントロールできますよ。ただし、入る本数が少ないものだとこまめにタバコを移し替える必要があるため、面倒に感じてしまう人もいるかもしれません。

また、タバコの種類によってはシガレットケースに入らない場合もあります。まずいつも吸っているタバコの長さや直径を確認してから、好みのシガレットケースを選んでくださいね。

箱入れ

紙巻のタバコを箱ごと入れられるタイプのシガレットケースは、入れ替えの手間が少なく、手軽に使えるのが魅力です。なかには、ライターを入れられるタイプのものもあります。さまざまな色柄や素材から選べるので、好みのシガレットケースを探す楽しみがありますね。

また、封を開けたソフトパッケージのタバコの持ち歩きにも、箱入れのシガレットケースは活躍してくれます。タバコをシガレットケースに入れておけば、バッグのなかでタバコの葉が散乱したり、バッグや他の荷物に匂いが移ったりするのを防げるでしょう。

ポーチ

手巻きタバコを作り置きせず、外出先でも巻きたい人におすすめなのが、ポーチタイプのシガレットケースです。ハンドロールができる人であれば持ち歩く道具も少ないため、コンパクトなポーチを選ぶといいですね。

ローラーも持ち歩く場合は、しっかり収納できるサイズを選びましょう。サイズや仕様はポーチによってさまざまなので、普段使っているペーパーやローラーが入るサイズかどうかをチェックすることが大切です。

2.サイズ

市販されている紙巻きタバコのサイズには、「レギュラー」「ロング」「キング」「スーパーキング」の4種類があり、最近主流なのは85mmのキングサイズと100mmのスーパーキングです。

そのほか、同じ銘柄でもショートとロングがあったり、「ショートピース」のようにほかのタバコより短いものがあったり、さまざまなサイズのタバコが存在します。

普段吸っているタバコよりシガレットケースが小さいと、タバコは入りません。逆にシガレットケースの方がタバコよりも縦のサイズが大きいとタバコがケースの中で動いてしまい、タバコの葉がこぼれることがあります。快適に使えるように、シガレットケースはいつものタバコのサイズと合うものを選びましょう。

3.デザイン・ブランド

スモーキングタイムを彩るシガレットケースは、お気に入りのデザインを選びたいですよね。毎日の仕事に持って行くなら、スーツ姿に自然になじむシンプルなデザインがおすすめです。休日のお出かけで使うのであれば、カジュアルなデザインがマッチします。

またシガレットケースをプレゼントとして贈るのであれば、有名ブランドのアイテムもよいですね。そのブランドらしさを感じるシガレットケースは、特別感があり、受け取った相手にも喜ばれるでしょう。

4.素材

シガレットケースを選ぶときには、その素材にも注目したいですね。素材の違いは、見た目の雰囲気や耐久性などに関係します。自分に合う素材はどれなのか、比較して見ていきましょう。

レザー

レザー素材のシガレットケースは、大人っぽさと高級感が魅力です。本革であれば、経年変化が楽しめ、長い間愛用できます。ただし、水に濡れるとシミになってしまう場合があるので、雨などで濡れないように注意しましょう。

それに対してフェイクレザー(合皮)だと、レザーのような雰囲気が味わえて水にも強いです。気軽に使えるものがいいという人はフェイクレザーがおすすめですよ。

また、なかには全体がレザーのものだけでなく、部分的にレザーが使われているシガレットケースもあります。落ち着いた雰囲気のシガレットケースを使いたい人は、レザーを採用したものをチェックしてみてくださいね。

メタル(アルミなど)

メタル素材のシガレットケースには、アルミや鉄、真鍮などさまざまな種類があります。素材によって色合いや光沢が異なり、表面に加工が施されているものや、柄が入っているものなど、デザインのバリエーションも豊富です。

また、バッグやポケットに入れて毎日持ち歩くシガレットケースには、丈夫さも必要ですよね。メタル素材は頑丈で耐久性が高いものが多いですので、気を使わずに持ち歩けますよ。

プラスチック

軽いシガレットケースがいいという人にぴったりなのが、プラスチック製です。シンプルなデザインのものが多く、男性女性問わず使えますよ。中身が見えるクリアなシガレットケースだと、タバコがどれくらい残っているのかわかるのが便利です。

価格がお手頃なものが多く、100円ショップなど身近なお店でも手に入ります。そのため、初めてのシガレットケースとしてもおすすめです。

ウッド

ウッド製のシガレットケースは、温かみのある質感が魅力です。天然の木材ならではの色合いと手触りを楽しめるため、くつろぎのスモーキングタイムにふさわしいアイテムといえますね。一つひとつ木目の出方が違うため、自分だけのシガレットケースとして愛着がわくでしょう。

木は衝撃に強いため、収納したタバコをしっかりと保護してくれるのもメリットのひとつです。ただし、ケース自体がやや大きめなものが多いので、コンパクトなシガレットケースが好みという人には不向きです。

5.密閉性・防水性

タバコが湿気を吸うと、味や香りが落ちてしまいます。それどころか、雨や水で濡れると吸えなくなることもあるので、シガレットケースの防水性や密閉性はとても大切です。

密閉性が高いと、タバコの匂いがバッグやポケットに移るのを防げるのもうれしいポイントです。また、蓋がしっかり閉まるタイプのシガレットケースは、バッグの中でタバコが散乱するのを防げます。リュックやトートバッグなど、大きなバッグにタバコをポイっと入れる習慣がある人は、密閉性に注目して選ぶのがおすすめです。

全14商品

おすすめ商品比較表

坪田パール タバコケース カジュアルメタル 20本収納 プレーン

坪田パール タバコケース カジュアルメタル 10本収納 スリム

坪田パール ポップアップケース キングサイズ 20本収納 革巻き

坪田パール タバコケース カジュアルメタル RYO CASE 真鍮古美

坪田パール タバコケース カジュアルメタル RYO CASE アラベスク

坪田パール タバコケース ロングサイズ 20本収納 エナメルクロコ型押し

柘製作所 コニー・シガレットケース ラゲージ・ブラック

柘製作所 イムコ シガレットケース

柘製作所 ロールミーアップ・シガレットケース・シルバー

カジュアルメタル タバコケース A-CASE

ラックス シガレットケース キャンディ キルティングリボン

ラックス シガレットケース キャンディ キルティングマグネット

フォム・ホッフェ タバコケース サンダー マットプレーン

コルツ 手巻きタバコ用シャグポーチ

最安値
タイムセール
¥1,650-17%
参考価格¥1,980
タイムセール
¥999-9%
参考価格¥1,100
Amazonカスタマーレビュー
4.1170
4.2331
3.719
3.981
3.992
4.37
3.9137
4.248
4.06
3.78
4.112
3.956
3.890
3.755
購入リンク

おすすめのシガレットケース14選

ここからは、編集部が厳選したおすすめのシガレットケースをご紹介していきます。さまざまなタイプを幅広くピックアップしました。ぜひ自分に合うアイテムを見つけてくださいね!

PR
坪田パール タバコケース カジュアルメタル 20本収納 プレーン

商品情報

サイズ:10.4×8.6×2cm(縦×横×幅)
本体素材:スチール
収納本数:スーパーキングサイズ20本

こちらのシガレットケースは、スーパーキングサイズのタバコを1箱分を収納できます。「タバコは1日1箱だけ!」と決めている人にぴったりのアイテムです。鏡面仕上げのベーシックなデザインで、男性女性問わず使えますよ。クセのないシンプルさで、オンオフ問わず活躍。シーンを選ばず使えるのが魅力です。

PR
坪田パール タバコケース カジュアルメタル 10本収納 スリム

商品情報

サイズ:12×5×2cm(縦×横×幅)
本体素材:合金鋼
収納本数:スーパーキングサイズ10本

こちらのシガレットケースには、スーパーキングサイズのタバコを10本収納できます。スリムなシルエットのケースなので、ジャケットの胸ポケットやスラックスのポケットに入れて持ち歩きたい人におすすめです。コンパクトなタイプなので、喫煙本数をコントロールしたいときにも活躍してくれますよ。

PR
坪田パール ポップアップケース キングサイズ 20本収納 革巻き

商品情報

サイズ:9.2×6.2×3.6cm(縦×横×幅)
本体素材:鉄、本革
収納本数:20本

タバコを立てて入れられる円柱型のシガレットケースです。手で持つ部分にはクロコ型押しのレザーを使用しており、高級感があります。持ち歩くだけではなく、職場や書斎のデスクに置いて使ってもいいですね。落ち着いた印象のデザインなので、長く愛用できるでしょう。愛煙家の方へのプレゼントにもおすすめです。

PR
坪田パール タバコケース カジュアルメタル RYO CASE 真鍮古美

商品情報

サイズ:7.4×6.8×1.4cm(縦×横×幅)
本体素材:鉄
収納本数:レギュラー(スリムフィルター使用)20本

アンティーク調のマットな仕上げがおしゃれな手巻きタバコ用のシガレットケースです。丈夫なメタル素材を使用しており、タバコが折れたり潰れたりするのを防いでくれます。ボタンを押すとワンタッチで蓋が開くため、サッとタバコが取り出せるのも魅力です。シンプルで使いやすいシガレットケースがあれば、作り置きした手巻きタバコを、スマートに持ち歩けますね。

PR
坪田パール タバコケース カジュアルメタル RYO CASE アラベスク

商品情報

サイズ:9×8.6×2cm(縦×横×幅)
本体素材:合金鋼
収納本数:キングサイズ20本

キングサイズのタバコを愛煙している人におすすめの、カジュアルなシガレットケースです。明るいシルバーカラーのケースの表面には、縁起のよいアラベスク模様(唐草模様)が施されています。丈夫なメタル素材のシガレットケースは、タバコがバッグやポケットのなかで潰れてしまう心配を解消してくれますよ。

PR
坪田パール タバコケース ロングサイズ 20本収納 エナメルクロコ型押し

商品情報

サイズ:11.5×9.3×1.8cm(縦×横×幅)
本体素材:鉄、PU
収納本数:20本

エナメル調のクロコ型押しがシックな、スーパーキングサイズのタバコに対応したシガレットケースです。ブラックとゴールドの配色で高級感がありますね。フェイクレザー素材なので、濡れたり汚れたりした際にはサッと拭くだけでお手入れできます。毎日のスモーキングタイムの相棒として、気軽に持ち歩けますよ。

PR
柘製作所 コニー・シガレットケース ラゲージ・ブラック

商品情報

サイズ:9.3×7×1.9cm(縦×横×幅)
本体素材:ー
収納本数:14本

スーツケースのようなデザインに、遊び心を感じるシガレットケースです。シックなブラックのボディで「いかにもタバコが入っていそう」という感じがしないため、タバコをさりげなく持ち歩けますね。金具を押せば開く簡単仕様で、吸いたいときにサッとタバコを出せるのが便利です。

PR
柘製作所 イムコ シガレットケース

商品情報

サイズ:9.4×6.9×2.2cm(縦×横×幅)
本体素材:ー
収納本数:85ミリシガレット16本

オイルライターやアウトドアギアでおなじみの「IMCO(イムコ)」のシガレットケースです。表面には、ブランドロゴと定番ライターの「イムコ・スーパー」に使われているプレス加工模様が施されています。丸みのある形で持ちやすく、ぜひライターとセットで使いたいアイテムです。

PR
柘製作所 ロールミーアップ・シガレットケース・シルバー

商品情報

サイズ:6.5×7.4cm(縦×横)
本体素材:樹脂
収納本数:スリム9本、レギュラー7本

手巻きタバコを収納するためのシガレットケースです。本体に蓋をかぶせるタイプで、しっかりタバコをカバーできます。クロコダイル柄の型押しがポイントの樹脂製のケースは、軽くてコンパクトなのが魅力です。シルバーのラインがアクセントになった、普段使いにおすすめのシガレットケースですよ。

PR
カジュアルメタル タバコケース A-CASE

商品情報

サイズ:9.4×8.3×1.9cm(縦×横×幅)
本体素材:スチール
収納本数:85mm18本、70mm22本、手巻きたばこ(6mm スリム)26本

硬性が高いスチール素材を使った、タフなシガレットケースです。カラーはクールな印象のガンメタ。タバコを支えるパーツに「A」の形を採用しているのが特徴的です。縦横を逆にしても使えるため、長さの違うタバコも入れられます。外出先でいろんなタバコを楽しみたいという、タバコ好きな人におすすめのシガレットケースです。

PR
ラックス シガレットケース キャンディ キルティングリボン

商品情報

サイズ:11.8×8.2×5.5cm(縦×横×幅)
本体素材:PVC
収納本数:箱

ピンクとブラックのガーリーな配色がかわいいこちらのシガレットケースは、タバコを箱ごと入れるタイプです。ライターを入れるスペースもあるので、これひとつでサッとタバコ休憩に行けますね。背面にはガムやチケット、タバコの買い足しのためのお札などを入れられるポケットが付いています。愛煙家の女性へのプレゼントにもおすすめですよ。

PR
ラックス シガレットケース キャンディ キルティングマグネット

商品情報

サイズ:ー
本体素材:キルティング生地
収納本数:箱(ロングサイズ)

こちらのシガレットケースは、ロングサイズのタバコを箱ごと入れられます。ブラックのキルティング地にホワイトのパイピングが効いた、メリハリのあるデザインがおしゃれですね。開け閉めはマグネット式で簡単。ライターもすっぽり入るので、うっかりライターを忘れて吸えない!という失敗も少なくなりそうですね。

PR
フォム・ホッフェ タバコケース サンダー マットプレーン

商品情報

サイズ:9.3×8.4×2cm(縦×横×幅)
本体素材:鉄
収納本数:85mm18本、70mm22本

ドイツのシガレットケースメーカー「VOM HOFE(フォム・ホッフェ)」による、スタイリッシュなシガレットケースです。光沢感を抑えたマットな仕上がりで、派手すぎないのがいいですね。タバコを支えるプレートは、その名前の通り「サンダー」の形になっています。年代や性別問わず使える、シンプルさが魅力のシガレットケースです。

PR
コルツ 手巻きタバコ用シャグポーチ

商品情報

サイズ: 16.8×9.3×1cm(縦×横×幅)
本体素材:ナイロン
収納本数:40gのパッケージ、ペーパー、ローラー

こちらはデンマークのタバコブランド「Colts(コルツ)」のシガレットケースで、手巻きタバコに必要なアイテムを収納できます。軽くて丈夫なナイロン製で、普段の持ち歩きに便利です。ロープで閉めるタイプなので、なかに入れるものの量を問わずいつでもスッキリまとめられますよ。

シガレットケースを使ってタバコをスマートに持ち歩こう

タバコを収納できるシガレットケースは、喫煙本数を管理したい人やタバコをおしゃれに持ち歩きたい人、また封を開けたタバコの劣化を抑えたい人におすすめです。特に、ソフトパックや缶入りのタバコ、手巻きタバコの持ち歩きに重宝します。ご紹介した選び方を参考に、ぜひ自分にぴったりのシガレットケースを見つけてみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の趣味・ホビーカテゴリー

新着記事

カテゴリー