目次

セブンイレブンで楽天ペイは使える?使い方を徹底解説!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

セブンイレブンで楽天ペイを利用すると、便利でポイントも貯まります。アプリを開いてバーコードを店員に読み取ってもらうだけで支払いできます。金券類や公共料金には利用できません。楽天ポイントをさらに貯めたいなら、キャンペーンにも参加しましょう。

セブンイレブンで楽天ペイを使ってみよう!

楽天グループが提供するバーコード決済サービスである楽天ペイは、様々な店舗で使うことができ、現在も使えるお店が増え続けています。

そんな楽天ペイは、もちろんのことながらほとんどのコンビニでも使用することができ、セブンイレブンでも利用することができます。

セブンイレブンなどのコンビニにちょっと買い物に行くならば、スマホ一つ持って出かけられる楽天ペイなどのバーコード決済サービスは非常に便利です。

ところで楽天グループのサービスはポイント還元率が高く、ポイントがどんどん貯まっていくと非常に評判ではありますが、楽天ペイを使うことでさらにポイントが貯まりやすくなるのです。楽天ペイ自体の楽天ポイントの還元率は基本的に1%ですが、楽天カードをチャージ方法に設定すれば還元率が常時1.5%になるのです。

さらにキャンペーンを活用すると、ますますポイントを獲得しやすくなりますよ。楽天では様々なキャンペーンを定期的に開催しており、過去にもセブンイレブンとコラボキャンペーンを実施していたこともあります。

この過去に行われたセブンイレブンとのコラボキャンペーンでは、店舗で一定金額以上の商品の代金を楽天ペイで支払うと、はじめて楽天ペイで支払いをした人にはポイント還元率最大10%、そうでない人も2%のポイントが獲得できました。普段、セブンイレブンでよくお買い物をするなら、参加しなければ損なキャンペーンだったと言えます。

今後も、全く同様のキャンペーンが行われるかはわかりませんが、その他のキャンペーンであっても期間中はポイントの還元率が高くなることがほとんどですので、キャンペーンに合わせて楽天ペイを利用してみると良いかもしれません。ただし、楽天のキャンペーンはエントリーが必要な場合が多いので、エントリーのし忘れには注意が必要です。参加する時はよく概要を確認して、お得なキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

セブンイレブンでの楽天ペイの使い方!超簡単2ステップ!

セブンイレブンで商品の代金を楽天ペイで支払う方法は、以下でも詳しく説明しますが、とても簡単なんです。

しかし、セブンイレブンの店頭レジで、楽天ペイのバーコード決済を行うためには、事前の準備も必要なのです。その準備とは楽天ペイにお金をチャージしておくことです。楽天ペイ自体にお金が入ってなかったら、お買い物どころではありませんからね。いざ支払いとなった時に慌てないように、事前に残高を確認して、しっかりとチャージをしておきましょう。楽天ペイにチャージする方法は、いくつか種類がありますので、順に見ていきましょう。

チャージ方法

まず、最も基本的なチャージ方法ですが、アプリを起動して、「チャージ・送る」を選択します。次に、「チャージ」を選んで、チャージしたい金額を入力します。そして、チャージ方法をあらかじめ登録したクレジットカードや銀行口座の中から選択して、「設定する」を押します。その後、金額を確認し、「チャージする」を押して完了です。

あらかじめ登録しておくクレジットカードや銀行口座ですが、楽天カードからチャージするとポイントを獲得できるので、楽天カードを設定しておくのが一番おすすめのチャージ方法です。

また、ラクマの売上金からもチャージすることが可能です。しかしながら、この方法はラクマアプリからのみ操作可能です。ラクマ上のポイントを楽天キャッシュに変換し、現金同様に使用できます。手数料もかからず、1円単位でチャージすることもできます。同様に、楽天ウォレットからの暗号資産からもチャージすることができます。

その他のチャージ方法としては、セブン銀行ATMからのチャージや楽天ギフトカードからのチャージを選択することもできます。

STEP1:アプリの支払い選択画面で「コード・QR払い」を選択

さて肝心のセブンイレブンでの楽天ペイの使い方ですが、最初のステップはアプリの支払い選択画面で「コード・QR払い」を選択することです。楽天ペイでの支払いの手順について、順番に見ていきましょう。

まずは、先ほどから言っている通りに、アプリを起動するところから始めましょう。基本的にはアプリを起動したら、デフォルトでバーコードが表示された画面になっているはずですので、そのままの画面を維持しておきましょう。もしバーコードが表示されていなかったら、「コード・QR払い」をタップして、バーコードを表示させましょう。

そして、セブンイレブンで買いたい商品を決めたら、レジまで持っていき、店員さんに楽天ペイで支払う旨を伝えます。先ほど表示しておいたアプリのバーコード画面を見せて「楽天ペイで」と伝えると良いでしょう。

楽天ペイのバーコードを店舗で読み取ってもらう

店員さんに楽天ペイで支払う旨を伝えたら、楽天ペイのバーコード画面を提示して、そのバーコードをスキャンしてもらいましょう。スマホを店員さんに手渡さなくても大丈夫で、画面を店員さんの方に向けて、スキャナーをかざしてもらうだけでOKです。

なお、セブンイレブンは楽天ポイントカードの加盟店ではないので、関係ありませんが、楽天ポイントの加盟店で支払いをする際は、先にポイントカードのバーコードを提示して、ポイントを獲得するのをお忘れなく。

店員さんにバーコードをスキャナーで読み取ってもらったら、アプリが決済完了画面に切り替わったことを確認しましょう。と同時に、支払い金額に間違いがないかも見ておきましょう。問題がなければ、これで楽天ペイでの決済は完了です。

楽天ペイは、セルフレジでも利用できるのです。画面上の案内に従って、商品をスキャンし終わったら、楽天ペイのバーコードをスキャンするだけです。セルフレジのあるセブンイレブンに立ち寄った際は、ぜひ試してみてください。

楽天ペイの残高不足で慌てないように併用できない支払い方法

楽天ペイを使えば、簡単で便利にセブンイレブンで支払いができますが、基本的に他の支払い方法と併用できない点には注意が必要です。

楽天ペイと、他のバーコード決済や電子マネーなどは併用できません。他にも現金やクレジットカードも併用できないので、もし楽天ペイの残高が足りない場合も、足りない分を現金で支払うといったことができません。そのため楽天ペイの残高不足で急いでチャージしなければと慌てないように、支払いの前には残高の確認を怠らないようにしましょう。

楽天ペイで何でも買えるわけではない!?どんな商品が支払いできないの?

楽天ペイはセブンイレブンでのお買い物で、ほとんどの商品の代金を支払うことができるので、普段は意識する必要はないかもしれませんが、楽天ペイで支払いできないものもあるので注意しておきましょう。

まず基本的に、切手や印紙、プリペイドカード、ビール券などの金券類は楽天ペイでの支払いはできません。クオカードやテレホンカードも同様です。その他にも公共料金の収納代行やマルチコピー機のサービス代金、映画券なども楽天ペイは使えません

セブンイレブンにおいて、どの支払いに使えないのかを覚えておくのは大変だと思いますので、少なくとも金券類と収納代行には使えないということだけでも覚えておくのが良いでしょう。

楽天ペイを使って、セブンイレブンでスマートにお買い物をしよう!

ここまでで述べてきたように、セブンイレブンでは楽天ペイを使うことができ、しかも使い方も非常に簡単です。楽天ペイを日常生活に取り入れることで、お得に楽天ポイントも貯めることができるので、普段現金払いをしている方はこの機会にぜひ楽天ペイのアプリをダウンロードしてみてください。

しかも楽天ペイではキャンペーンも定期的に開催しているので、通常のお買い物よりもさらに高い還元率でポイントを獲得できるので、キャンペーンに合わせて楽天ペイで支払いをすると良いかもしれません。キャンペーンに参加する時は、くれぐれもエントリーをし忘れないように気をつけてくださいね。

セブンイレブンに限らず、様々なコンビニで楽天ペイは使用でき、セルフレジの支払いにも使えますので、ポイントも貯めつつ、スマートな買い物を実現できます。慣れてしまえば財布からお金を取り出すのも面倒に感じるくらい便利ですので、まだ使ったことのない人はぜひ楽天ペイを試してみてくださいね。

こちらもチェック!
【初心者必見】楽天ペイの使い方をわかりやすく解説!設定方法から使い方までご紹介

楽天ペイは、日常の支払いをもっと手軽に、便利にする決済手段です。初めての方も安心して使え るように、基本的な設定や使い方、楽天ポイントの活用まで詳しく説明し、楽天ペイを最大限に活 用するコツを紹介します。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天カードや楽天ペイでお得に支払おうのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー