目次

楽天カードをJCBにするメリット・デメリットまとめ!他社との比較もご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天カードは、楽天サービス利用時の楽天ポイントの還元率が高いのが特徴です。楽天カードを作れる国際ブランドはVISA、master、JCBの約3種類あるので、どれにしようか迷うと思います。今回は、楽天カードをJCBにするメリットやデメリットをわかりやすく解説します。

楽天サービスを利用するなら楽天カード

楽天カードは、楽天グループが提供しているクレジットカードです。楽天カードは、登録費、年会費がかかりません。

楽天カードを安心して使えるように、不正使用を防ぐための3Dセキュアが付いています。今までのクレジットカードは、カード番号、セキュリティーコードの情報から本人かどうかを識別していました。

しかし、3Dセキュアのサービスでは事前に決めていた「本人認証パスワード」で本人かどうかを識別します。加盟店の中には、3Dセキュアを登録していないと使えない店舗もあります。

 楽天カードは楽天市場で高還元のクレジットカード

楽天グループ、加盟店での支払いを楽天カードにするだけで、楽天ポイントを貯められます。楽天グループで支払いをする際には、楽天カードを使用することで通常よりも多くポイントが還元されます。特に楽天市場での買い物の支払いは、ポイントの還元率を上げられる楽天カードがおすすめです。

楽天カードの申し込み方法は簡単

楽天カードの申し込み方は、短時間で簡単に行えます。

事前に準備しておくと良いものは、運転免許証などの本人確認書類です。基本情報入力時に、勤務先の情報、個人情報を入力するので、スムーズに行うためには申し込みの際に手元に置きましょう。

まず、楽天カード公式サイトから申し込みを行います。入力する内容は、基本情報とカードのブランド選択とデザイン選択のみです。入力情報を見てクレジットカードを発行しても良いのか審査されるので、間違いがないように入力・確認をしてください。

特に間違えやすい部分は、楽天会員の氏名と申し込み氏名が異なることや、住所や電話番号の間違いです。もし、氏名などを間違えてしまってもコンタクトセンターに問い合わせれば問題ありません。

また、「自動リボ」の項目には注意してください。自動リボとは、支払いが自動的にリボ払いになる設定です。手数料を抑えたい人は自動リボの項目のチェックを外すようにしましょう

申し込み後に登録すると良いものは、登録費がかからない3Dセキュアです。3Dセキュアを登録する際には、楽天カードを持っている人だけがログイン出来る楽天e-NAVIから簡単に登録できます。セキュリティの中の本人認証サービスから登録できます。

登録する際には、本人認証サービスに必要なパスワードを入力するので、事前に考えておくとスムーズに登録できます。パスワードは、半角英数字記号4~20桁なので、長めで他のパスワードの使い回しをしない様にしましょう。パスワードを忘れてしまった場合、新しいパスワードを再度設定することもできますが、忘れない様にメモをしておくと良いでしょう。

審査基準は厳しい?

楽天カードはどの国際ブランドを選んでも、審査基準は同じです。審査基準は、他のクレジットカードと同じで、年収、職業、クレジットヒストリーです。会社に勤めていなくても、世帯収入があれば審査を通過できる可能性もあるので、専業主婦(主夫)の方も申し込みがしやすいでしょう。

楽天カードをJCBで作るメリット

楽天カードをJSBで作るメリットは主に3つあります。

1つ目は、国内の加盟店が多いことです。飲食店だけではなく、公共料金、税金の支払いでも利用できるので、様々な時に使用できます。また、支払いと同時に楽天ポイントを貯められるので、楽天サービスをよく利用する人にはオススメです。

2つ目は、JCBマジカルです。エントリーすると、東京ディズニーリゾートのチケットなどが当たる可能性があります。ディズニー好きな人には嬉しい特典です。登録してあるJCBカードの利用金額によって応募口が異なります。利用が多い方は、JCBマジカルにエントリーしてみると当選確率も上がるでしょう。

3つ目は、旅行に役立つサービスが充実していることです。航空宅配、海外レンタカー、海外で利用できるWi-Fiなどを日本でレンタルしているなど、サービスが充実しています。また、人気の観光地であるハワイで利用できる、ホテルの特別優待などがあるので旅行好きな人にはオススです。

楽天カードをJCBで作るデメリット

メリットがある一方でデメリットも存在します。メリットとデメリットの両方を加味しながら、楽天カードを作るか検討した方が良いでしょう。

主なデメリットとして挙げられるのは、海外では基本的に使用できないことです。JCBは日本のブランドなので、海外では利用できる店舗が限られています。海外旅行をする方には、不便に感じるかと思います。しかし、ハワイや韓国など一部の旅行先ではJCB加盟店が多くあるので、問題なく利用できます。

楽天カードの2種類の国際ブランドを比較

楽天カードの国際ブランドは、JCB、VISA、Mastercardの3種類あります。全てのカードに不正使用を防ぐための3Dセキュアが付いているので、安心して使用できます。それぞれ比較し、異なる部分を知っていると、最適な国際ブランドを作れます。

国際ブランドの中で一番有名なVISAは、ほとんどの国・店舗で使用できます。特にアメリカでは加盟店が多いので、海外旅行でもアメリカによく行く方にはオススメです。国内で使用できる特典よりも海外優待、ホテル割引があるので、海外旅行が好きな方には嬉しい点です。

海外でATMを利用できるMastercardは、タッチ決済で支払いができます。ヨーロッパに加盟店が多いので、海外旅行でもヨーロッパによく行く方にはオススメです。Mastercardの会員のみが利用できる、優待サービスや特別な体験ができる特典もあります。VISAと同じように、海外旅行好きな方におすすめです。

このように海外に適しているのか、タッチ決済ができるのかで使いやすさが変わってきます。自分の目的に合ったカードを発行しましょう。また、同時に2種類のカードを併用できるので、お互いに補ってより便利に使用できます。

楽天カードの審査基準はどのブランドも同じ

楽天カードの審査基準は、先程も記載した通り年収、職業、クレジットヒストリーです。安定収入があり、資産がある方は審査を通過できる可能性が高いでしょう。

しかし、審査で落ちてしまう人も中にはいます。落ちてしまう原因としては、過去に借入が超過している、クレジットカードの滞納や延滞、収入がないなどが挙げられます。過去にこれらのことをしていなければ問題なく楽天カードを作れるでしょう。また、収入がない方は短期アルバイトなどで少しでも収入を上げれば審査に通る可能性があります。

JCBで楽天カードを持ちたい場合の注意点

楽天カードで支払えばポイントが貯まるので、JCB、VISA、Mastercardをそれぞれ作り使用したいと思う人もいるかと思います。しかし、楽天カードは同時に持てるのは2枚までです。2つの国際ブランドしか同時に使えないので、吟味して決めましょう。

もし、違うブランドに変更したい場合は、一度解約し、解約2日後に再度楽天カードを作りましょう。再度作る際に審査をもう一度受けますが、必ず通るとは限りません。それを理解した上で解約など行うようにしましょう。また、以前までの楽天ポイントは引継ぎの手続きを行えば、利用できます。新しく申し込みする際に手続きを忘れずに行いましょう。

楽天カードを作るならJCB

楽天カードは審査基準がどのブランドも同じなので、簡単に誰でも作る事ができます。ポイントの還元率も高いので、楽天カードを使用した方が効率良く楽天ポイントを貯められます。また、どのカードにも3Dセキュアが付いているので、不正使用を防ぐことができ、安心して使用できます。

楽天カードでJCBを選択すると、加盟店が多くポイントも貯められる、マジカルにエントリーできる、旅行に役立つサービスを利用できるなど3つのメリットがあります。一方で、海外ではほとんど使用できないデメリットもありますが、他と比較しても、国内で利用する分には問題ありません。デメリットを補いたい場合は、他のブランドのカードも併用して使うと良いでしょう。

こちらもチェック!
楽天カードの種類別の限度額はどのくらい?確認する方法や増額する際のポイントを解説

楽天カードの限度額ですが、通常の楽天カードでも100万円と高めです。ただし審査結果によって、上限額は個別に設定されます。また契約時の限度額よりも後日増枠することも可能です。もし楽天カードを利用する予定であれば、上限額の確認方法や限度額を引き上げるためにはどうすればいいかについて理解しておきましょう。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天カードや楽天ペイでお得に支払おうのカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー