楽天ポイントをAmazonギフト券に交換できる?手順や注意点を解説

楽天ポイントをAmazonギフト券に交換できる?手順や注意点を解説

楽天ポイントではAmazonのギフト券を購入することができません。しかし、「楽天Edy」にチャージする手順を踏むことで交換できるようになります。注意点を踏まえたうえで、楽天ポイントをAmazonギフト券に交換してみましょう。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

楽天ポイントをAmazonギフト券に交換する方法

楽天ポイントでAmazonのギフト券に交換するには、まず楽天ポイントを「楽天Edy」に交換する必要があります。何故なら、楽天ポイントで直接Amazonのギフト券を購入することができないからです。電子マネーの「楽天Edy」にチャージすることで、Amazonでの買い物もできるようになりますよ。

Amazonの商品を「楽天Edy」で直接買い物をすると、プライム会員なのに配送方法が通常配送しか選択できなかったり、電子マネーでの支払いができない場合があったり、他の支払い方法との併用ができないなどのデメリットがあります。楽天ポイントは楽天Edyにチャージして使うのではなく、Amazonギフト券に交換して使うのがおすすめです。

手順として、まずは楽天ポイントを「楽天Edy」にチャージします。そして、「楽天Edy」でAmazonのギフト券を購入します。Amazonギフト券で買い物をすれば、Amazonのサービスも利用できます。たとえば、プライム会員特典の配送方法の利用や、Amazonポイントの付与・ポイントを利用した買い物などが可能になります。

楽天ポイントを「楽天Edy」にチャージするには

楽天ポイントを「楽天Edy」に交換する手順には、いくつか方法があります。

一つは、楽天カードを使用する場合です。「楽天Edy」の公式ホームページから、ポイントチャージの申請を行います。Edyカードを選びポイント数を入れて申請し、申請完了後にEdyチャージを受け取ることで完了になります。

他には、お財布機能付スマホで楽天Edyアプリを利用する方法があります。スマホに楽天Edyアプリをインストールします。その楽天Edyアプリから、ポイントチャージを選んで、換えたいポイント数を入力して申請します。申請が完了して、「Edyを受け取る」をタップすることで、チャージが完了します。

どちらの手順でも、申請には楽天IDとパスワードが必要になります。

iPhoneでは、「Edyカード用楽天Edyアプリ」を利用して、ポイントチャージをします。「Edyカード用楽天Edyアプリ」で、ポイントチャージ申請後に、アプリ内の「Edyを受け取る」をタップすることでチャージが完了します。アプリ内で、申請から受け取りまでの手順が完結するのは、大変便利ですね。

楽天ポイントを「楽天Edy」に交換する時に「楽天Edyカード」が必要です。楽天ポイントを「楽天Edy」に交換する時に使う楽天Edyカードは、楽天ポイントが貯まる設定にしておく必要があります。

「楽天Edy」にチャージする時は、事前に楽天ポイントが貯まる設定をオンにしておくといいです。Edy機能付楽天カードは、最初からポイントが貯まる設定になっています。

楽天ポイントから「楽天Edy」へポイント交換する時の注意点

Edy機能付楽天カードを利用して、手順に沿って楽天ポイントから「楽天Edy」にチャージを完了するには、ポイントチャージ申請を行った後にチャージの受け取りをしなければなりません

チャージ方法には、「楽天Edyアプリ」や「Edyカード用楽天Edyアプリ」、またはコンビニ端末のファミポートやKステーションを利用して受け取る方法があります。

そこを考えると、お財布機能付スマホやiphoneの場合は、チャージの申請後にアプリ内で「Edyを受け取る」をタップすることで手順が完了するので、コンビニまで移動することなく、ポイント交換が完了できて便利ですね。

Edyに交換できないポイントは期間限定ポイントや交換ポイント

すべての楽天ポイントが「楽天Edy」に交換できるわけではありません。キャンペーンなどで付与される期間限定ポイントは「楽天Edy」には交換できません。提携先から楽天ポイントに交換したポイントも、「楽天Edy」に交換することはできません。楽天ポイントから「楽天Edy」に交換できるのは、通常ポイントのみと決まっているので、ご注意ください。

また、交換できる上限は決まっており、月にチャージ可能なポイント数は最大100,000ポイントです。さらに、1回にチャージできるポイント数も25,000ポイントまでと決まっているので、多くのポイント数を交換する場合は、交換回数を複数回に分けて購入する必要があります。

さらに、楽天ポイントから「楽天Edy」への交換を初めて行う場合は、交換可能ポイントの上限決まっています。「楽天Edy」への交換を初めて行う場合は気を付けてくださいね。

楽天EdyでAmazonギフトチャージする時の注意点

楽天ポイントから「楽天Edy」にチャージしてAmazonギフト券を購入するには、チャージタイプのAmazonのギフト券を購入するという方法のみです。

楽天EdyでAmazonギフトチャージする方法

Amazonサイト内のギフト券を選択し、カードチャージタイプをクリックします。金額を選び、支払い方法を「コンビニ・ATM/ネットバンキング・電子マナー払い」にします。注文が確定すると、Amazonから確認のメールが届きます。

添付されている支払い方法の手順のURLから、「楽天Edy」を選択します。「楽天Edy」払いはパソコンかスマホか選択可能なので、支払う手段を選択します。

パソコンの場合はFeliCaポートが必要になりますが、スマホの場合は支払うスマホのメールアドレスを入力することで、決済開始メールが届き、その手順に沿って支払い完了手続きをすることで完了します。

電子マネーをAmazonで使用する場合は、「楽天Edy」だと上限が決まっています。それ以上のAmazonギフト券を購入したい場合、複数回に分けて購入することになりますね。また、Amazonの買い物で、電子マネーは他の支払い方法と併用することができないのです。電子マネーで購入する時の注意点としては、残高を確認しておく必要があります。

Amazonギフト券購入時、コンビニ店頭では直接「楽天Edy」支払いができない

「楽天Edy」のような電子マネーは利用前に利用者の登録やチャージが必要なので、コンビニの店頭で直接「楽天Edy」を利用した支払いはできないのが注意点です。コンビニで決済を行う場合には、Amazonサイト内で支払い方法などをチェックして、その手順に従って決済をする必要があることを理解しておきましょうね。

全1商品

おすすめ商品比較表

Amazonギフトカード チャージタイプ

Amazonカスタマーレビュー
4.589,591
最安値
購入リンク

貯めたポイントを上手に使うために

楽天ポイントでAmazonの買い物はできませんが、「楽天Edy」にチャージしてAmazonギフト券を購入することで、お得にAmazonでの買い物ができることがわかりました。楽天ポイントを「楽天Edy」にチャージする方法と、チャージした「楽天Edy」でAmazonギフト券を購入する時の手順や注意点を踏まえ、スムーズに交換できるといいですね。

楽天ポイントの交換で「楽天Edy」の公式ホームページから申請してチャージ分を受け取る場合、コンビニ端末からもできますが、そのためにはコンビニまで行く必要があり、受け取り期間も決まっています。ですから、Edyアプリをインストールして利用するほうが、チャージ受け取りがずっと簡単にできることもおわかりになったのではないでしょうか。

こちらもチェック!
楽天ポイントのお得な使い方10選!利用方法や注意点もわかりやすく解説

楽天ポイントは楽天グループだけでなく、いろいろなお店で貯められたり使えたりするポイントプログラムです。 この記事では、楽天ポイントのおすすめの使い方をまとめて紹介してきます。ポイント利用にぴったりの期間もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天ポイント・クーポン活用術のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー