VプリカはAmazonでも利用可能!ギフト券の購入方法や利用時の注意点を解説

VプリカはAmazonでも利用可能!ギフト券の購入方法や利用時の注意点を解説

Vプリカは、Amazonでも利用できる便利なプリペイドカードです。審査が不要で手軽に利用できるというメリットがありますが、一方で有効期限が厳しく、発行手数料がかかるなどのデメリットも存在します。Vプリカ利用の際はどのような点に注意すればよいのでしょうか?

そこで今回は、VプリカによるAmazonギフト券の購入方法や利用時の注意点について解説します。Vプリカの残高をAmazonで使いたい方や、ギフト券が買えるかどうかを知りたい方はぜひご一読ください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

Vプリカとは?メリットと特徴

Vプリカには、以下のような特徴やメリットがあります。

審査不要で手軽に入手できる

通常のクレジットカードは審査があり、条件によっては発行が難しい場合がありますが、Vプリカは18歳以上であれば誰でも取得できます。通常のクレジットカードのような審査や待ち時間なしに、購入してすぐに利用できます。

コンビニで購入できる

Vプリカはコンビニで手軽に購入できます。24時間いつでも購入できるので、必要なときに簡単に入手できるのもメリットのひとつです。

幅広いインターネット加盟店で利用できる

VプリカはVISAに加盟しているネットショップであれば利用できます大手通販サイトのほか、App StoreやGoogle Playなどでも利用可能です。サイト専用のプリペイドカードとは異なり、一枚のカードで複数のサイトでの支払いが可能です。

VプリカはAmazonで利用可能!Amazonでの使い方

Vプリカは、Amazonでのお買い物においてクレジットカードと同様に利用できます。また、Vプリカを使用してAmazonギフト券を購入することも可能です。
ここでは、VプリカをAmazonで使う方法について解説します。

なお、Vプリカの残高をすべて使い切りたい場合や、残高が中途半端になってしまった際には、Amazonギフト券の購入が便利です。Vプリカ会員専用ページ(Myページ)で確認したカード情報を、Amazonでのお買い物時に入力するだけでOKです。

Amazonでの買い物でVプリカを使う方法

AmazonでのVプリカの利用方法は、クレジットカードを登録する手順と同様です。

まず、商品をカートに入れ、レジに進みます。支払い方法は、配送方法を指定した後に「Vプリカ」を選択してください。

初めて登録するVプリカを使用する場合は、「カードを追加」をクリックし、名義人氏名、カード番号、有効期限を入力します。氏名はカードに記載されている通りに、カード番号はハイフンなしの16桁、有効期限はカードに記載されている日付を入力します。

入力が完了したら、フォームを確認し、問題がなければ「クレジットカードを追加する」をクリックして進みます。請求先住所の選択画面では、自身の住所を選択しますが、実際に請求書が送られてくることはありません。

決済が完了すると、VプリカのMyページに登録済みのEメールアドレスに利用内容についてのお知らせメールが届きます。また、Myページで、今回のお買い物の利用金額と利用後の残高が表示されるので、内容を確認しておきましょう。

VプリカでAmazonギフト券(チャージタイプ)を買う方法

チャージタイプのAmazonギフト券をVプリカで買うにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、チャージするまでの手順を解説します。

  • Amazonのホームページで「ギフト券」を選択
  • 「タイプを選ぶ」をクリックするか、一覧から購入したいAmazonギフト券タイプを選択
  • 購入したい金額を入力し、「カートに入れる」をクリック④「レジに進む」をクリック
  • 支払い方法の「変更」をクリック
  • 「カードの追加」をクリック
  • Vプリカのニックネームをカード名義人欄に、Vプリカの16桁の番号をカード番号欄に入力し、「クレジットカードを追加」をクリックして購入を完了する

なお、Vプリカのニックネームや番号が分からない場合は、自身のVプリカのアカウントにログインし、「Myページ」から確認できます。

VプリカはAmazonプライム会費の支払いもできる

VプリカはAmazonプライム会費の支払いにも利用できます。Amazonプライム会費の支払い方法にVプリカを設定する手順(スマートフォン)は以下の通りです

  • Amazonアプリではアカウントタブ(人型のアイコン)から「アカウントサービス」を開く
  • アカウントサービスの画面をスクロールして「プライム会員情報の設定・変更」を選択
  • 「プライム会員情報の管理」をタップして開き、「会員資格更新日」を選択
  • 「現在の支払い方法」を選択
  • 「お支払い方法を選択」と表示されるので、利用したい支払い方法を選び、「続行」をタップすると設定完了

VプリカをAmazonで利用する際のメリットと注意点

では、AmazonでVプリカを利用する際どのようなメリットがあるのでしょうか?また、利用する際どのような点に注意すべきなのでしょうか?ここでは、VプリカをAmazonで利用する際のメリットと注意点について解説します。

Vプリカの残高を使い切るのにはギフト券チャージが便利

Vプリカは、使用前にチャージを行うプリペイド式の支払い方法です。そのため、残高が残ってしまうことがあります。残高を完全に使い切る商品を見つけるのは難しく、再びチャージしてもまた残高が残る可能性があります。

Amazonギフト券を利用すると、1円単位で金額を指定できるため、Vプリカの残高を無駄なく消費することができるので大変便利です。

Amazonギフトカード チャージタイプ

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(89,701件)

>

商品情報

※直接アカウントに残高追加するタイプです。

ギフト券購入は残高に15円以上ないと使えない

Amazonギフト券は、1円単位で金額を指定して購入できますが、最低金額は15円以上であることが前提です。そのため、Vプリカの残高が15円未満の場合は、Amazonギフト券を購入できません。

残高が14円以下の場合は、Amazonポイントと併用してAmazonギフト券を購入するなどの方法を考える必要があります。

有効期限と休眠カード維持費に注意

Vプリカの残高は1年間有効です。放置していると、気づいた時には無効になっている可能性もあります。

また、Vプリカには休眠カード維持費というシステムが存在します。これは、Ⅴプリカを発行したor最後に利用した月から未利用期間が3ヶ月を経過した場合、毎月25日にVプリカ残高から休眠カード維持費として125円(税込)を引き落とされるシステムです。余計な維持費をかけるくらいなら、余ったVプリカ残高をすぐにでもAmazonギフト券に換えた方が賢明です。

VプリカをAmazonで利用する際は、有効期限と維持費に注意しましょう。

全1商品

おすすめ商品比較表

Amazonギフトカード チャージタイプ

Amazonカスタマーレビュー
4.589,701
最安値
購入リンク

VプリカをAmazonで利用しよう

Vプリカは、審査が不要で手軽に利用できる反面、有効期限が厳しく、発行手数料がかかるなどのデメリットも存在します。

今回ご紹介した内容に注意すれば、そのメリットを存分に生かすことができるはずです。VプリカをAmazonでぜひ利用してみてくださいね。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー